Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ブルーノ』感想とレビュー評価。サシャ・バロン・コーエンが仕掛ける過激なドッキリ|だからドキュメンタリー映画は面白い31

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第31回

『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンが、ゲイのファッション・レポーターに扮して大暴れ!

今回取り上げるのは、サシャ・バロン・コーエン主演の2010年公開作品『ブルーノ』。

ハリウッドの問題児、サシャ・バロン・コーエンが、『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』(2007)に続き、突撃ゲリラ取材を敢行します。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ブルーノ』の作品情報

(C)2009 MRC II Distribution Company LP

【日本公開】
2010年(アメリカ映画)

【原題】
Bruno

【監督】
ラリー・チャールズ

【脚本】
サシャ・バロン・コーエン、アンソニー・ハインズ、ダン・メイザー

【キャスト】
サシャ・バロン・コーエン、グスタフ・ハマーステン、ボノ、エルトン・ジョン、スティング、スヌープ・ドッグ、スラッシュ

【作品概要】
『ボラット 栄光ナル国家カザフスタンのためのアメリカ文化学習』でブレイクしたサシャ・バロン・コーエンが、ブルーノというゲイのオーストリア人ファッション・レポーターに扮したコメディドキュメンタリー。

『ボラット』同様にコーエンが脚本、製作総指揮を兼任し、アメリカのみならず中東にも赴き、テロリストをもターゲットに、各方面で大暴れします。

監督のラリー・チャールズとは、『ボラット』や『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』(2012)でもタッグを組んでいます。

映画『ブルーノ』のあらすじ

(C)2009 MRC II Distribution Company LP

オーストリア出身のファッション番組の司会をするブルーノは、ミラノ・コレクションで全身マジックテープ状の服を着て取材に臨みショーをメチャクチャにしたことで、業界から追放されてしまいます。

しかし、ハリウッドでセレブ入りを目論む彼は、有名人や政治家らを相手に、次々と過激な行動に出るのでした…。

スポンサーリンク

やりたい放題なブルーノに密着


(C)2009 MRC II Distribution Company LP

前作『ボラット』ではカザフスタンのテレビリポーターに扮して、アメリカ国民のリアルな反応を笑い者にしたサシャ・バロン・コーエン。

本作『ブルーノ』では、ブルーノという名のオーストリア出身のゲイのファッション・レポーターとなり、さらに過激な笑いを追求します。

今回はアメリカのみならず、海外にも足を運びます。

紛争激しい中東レバノンのテロリストに「私を誘拐して」と頼みこめば、アルカイダのオサマ・ビン・ラディンを「ホームレスのサンタ」と一刀両断。

ほかにも、半裸に近い格好でイスラエル原理主義のメッカを歩き回る、アメリカ南部に行って同性愛者を嫌う猟銃ハンターに全裸で迫る、あげくの果てには金網のオクタゴン(格闘場)で、男同士のラブシーンを観客に見せるという、ゲイキャラクターを生かした様々なドッキリを仕掛けます。

それでいて、「有名人になるためのお約束事」とばかりに、イスラエル人とパレスチナ人の間に入って和平交渉の場を設けたり、アフリカの貧困問題解決としてiPodと交換に幼児を養子にするといった人道行為(という名の嫌がらせ)も。

ハリウッドセレブになるべく、ブルーノは世界を奔走するのです。

命がけで人を怒らせる精神力

参考動画:『ブルーノ』の撮影裏側について語るサシャ・バロン・コーエン

基本的にゲリラ撮影を敢行した本作は、当然ながら危険と隣り合わせの連続だったようです。

警察に逮捕されないよう、コーエンのみならず撮影クルーは常に「逃げる」ことを念頭に置いて臨んでいたそうですが、パレスチナでの撮影ではテロ組織に脅迫声明を出されています。

また、オクタゴンでの男同士のラブシーンは、実際に使用された映像は2回目の撮影バージョンで、最初の撮影時は、怒りが頂点に達した観客の暴動が起こる寸前までいったのだとか。

「怒らせる」ことを前提でその場に赴いているわけですから、そうなるのも当然なのですが、そんな状況下にあっても、ブルーノというキャラクターを貫き通すコーエンの精神力はすごいの一言に尽きます。

SNSやYoutubeに過激な動画をアップする者は今も絶えませんが、コーエンが彼らと違うのは、数々のドッキリを通して、世間が密かに抱える潜在意識や妙な価値観をさらけ出す点でしょう。

そして本作のエンドロールでは、ブルーノがボノやスティング、エルトン・ジョンといったミュージシャンに交じって、バンドエイドの「Do they Know it’s Christmas?」ばりのチャリティソングを合唱。

顔ぶれの豪華さとは不釣り合いな、バカバカしさ満載の歌詞も必聴です。

スポンサーリンク

サシャ・バロン・コーエンの現在

参考動画:『ザ・スパイ -エリ・コーエン-』予告

本作『ブルーノ』を製作して以降のサシャ・バロン・コーエンは、コメディ『ディクテーター 身元不明でニューヨーク』で北アフリカのハチャメチャな独裁者役を演じるかたわら、ミュージカルの『レ・ミゼラブル』(2012)では意外ともいえる美声を披露。

『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)では、フレディ・マーキュリー役の第一候補にも挙がっていました。

2019年のNetflixドラマ『ザ・スパイ -エリ・コーエン-』では実在したイスラエル人スパイを演じるなど、演技面での活躍も目覚ましいコーエンですが、本業(?)のコメディアンとしての顔も忘れてはいません。

2018年に、2002年の『アリ・G』以来のテレビバラエティとなる『Who Is America?(アメリカって誰?)』を発表。

この番組でのコーエンは、特殊メイクで架空の人物に扮して全米中にドッキリを仕掛けるという、やっていること自体は『ボラット』や『ブルーノ』と変わっていません。

しかし、ドナルド・トランプ政権下となったアメリカにおいて、彼のドッキリは以前よりも毒っ気が増した感があります。

例えば、イスラエルの政府高官に扮したコーエンが、銃規制に反対する団体を通じて幼児に銃の訓練をさせる法案の提出を促したり、映画『バイス』(2019)の主役にもなったディック・チェイニー元副大統領に、イラク戦争の正当性を自身の口で認めさせたりします。

さらには、元共和党議員と黒人ギャングスターラッパーを招いて対談を設け、そこで議員の持つ人種差別意識を引き出し、これまた物議を醸しました。

多彩な顔を持つサシャ・バロン・コーエンの、次なる仕掛けに期待しましょう。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ソニータ』レビュー解説。元難民の女性がラップに込めた思いとは|だからドキュメンタリー映画は面白い3

アフガンから逃れイランで暮らすラッパー志望の少女が、古い慣習による結婚を強要され、その反発心をラップにぶつける―。 『だからドキュメンタリー映画は面白い』第3回は、サンダンス映画祭ワールドシネマ・ドキ …

連載コラム

映画『デスマッチ 檻の中の拳闘』ネタバレあらすじと感想考察。ジェイミーベル×フランクグリロのやばいアクションムービー|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録2

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第2回 ポスト・コロナの映画界で敢然と、世界の埋もれた佳作から迷作、珍作まで紹介する、「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第 …

連載コラム

映画『Mr.&Mrs.フォックス』あらすじネタバレと感想。「ピンクパンサー」シリーズを彷彿させたコメディ作品|未体験ゾーンの映画たち2019見破録50

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第50回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催された“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は豪華キャストで描く、ブラックなコメディ映 …

連載コラム

映画『ザ・ヒストリー・オブ・シカゴ』感想とレビュー評価。バンド結成50年超の軌跡を追う|だからドキュメンタリー映画は面白い26

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第26回 看板ギタリストの事故死、リードボーカルの突然の脱退、幾多のメンバー交代劇…。 転落と低迷を繰り返しつつ、それでも何故バンドは今もなお続いている …

連載コラム

映画『マッド・ハウス』ネタバレ感想と考察評価。ホラーなガチヤバイ物件に隠された恐怖の真相とは|未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録21

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」第21回 日本劇場公開が危ぶまれた、名作から珍作・怪作映画まで紹介する、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020【延長戦】見破録」。第 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP