Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/05/18
Update

映画『息子のままで、女子になる』感想評価とレビュー。サリー楓に密着したLGBTドキュメンタリーは“You decide.”の言葉が意味を解く|映画という星空を知るひとよ65

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第65回

新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓。男性として生まれた楓が、“女性”として踏み出した瞬間を追ったドキュメンタリー映画『息子のままで、女子になる』をご紹介します。

『選挙フェス!』の杉岡太樹が手掛けた本作は、日本映画史上初、ロサンゼルス・ダイバーシティ・フィルムフェスティバルでドキュメンタリー賞を受賞し、数多くの海外映画祭にて評価・注目された作品です。

映画『息子のままで、女子になる』は、2021年6月19日(土)より渋谷ユーロスペースにて公開予定。

慶應義塾大学で建築を学び、大手建設会社に内定し、8歳からの夢だった建築家としての未来を歩み始めた楓。男性として入学し、女性として卒業し、社会に出ていく中で、楓は世間にある“トランスジェンダー”という既成概念に疑問を抱きます。

新しい自分、本当の自分として世に出た時、家族はそれをどう受け止めるのでしょう。カメラは楓と家族の対話にも同行していきます。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『息子のままで、女子になる』の作品情報

(C)2021「息子のままで、女子になる」

【公開】
2021年(日本映画)

【英題】
You decide.

【監督・制作・撮影・編集】
杉岡太樹

【エグゼクティブプロデューサー】
スティーブン・ヘインズ

【キャスト】
サリー楓、スティーブン・ヘインズ、西村宏堂、JobRainbow、小林博人、西原さつき、はるな愛

【作品情報】
新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓が、女性として踏み出した瞬間を追ったドキュメンタリー。監督は三宅洋平の選挙活動を追った『選挙フェス!』(2015)の杉岡太樹。

男性として大学に入学し、女性として学校を卒業。社会に出ていく中で女性としての実力を試そうと、ビューティーコンテストへ出場し、LGBT就職支援活動や講演活動などにも参加する楓。それらの活動を通して、世間のトランスジェンダーに対する既成概念に疑問を抱き、新しいリアルな一個人としてのトランスジェンダー女性像を目指します。

映画『息子のままで、女子になる』のあらすじ

(C)2021「息子のままで、女子になる」

きりりとしたスレンダーな楓が「今度映画を撮るから出てくれない?」と両親に電話をしています。

誰もが女性と認識する容姿を持った楓ですが、実は彼女の戸籍上の性別は男性です。

楓は、8歳からの夢だった建築家になるために大学で建築を学んでいたのですが、男性として生きることに違和感を持ち続けてきました。

在学中にその違和感を取ろうとし、就職を目前に、これから始まる長い社会人生活を女性としてやっていこうと決断。

幼い頃から夢見ていた建築業界への就職も決まり、卒業までに残された数か月のモラトリアム期間に、楓は女性としての実力を試そうとするかのように動き始めます。

ビューティーコンテストへの出場や講演活動などを通して、楓は少しずつ注目を集めるようになりました。

メディアに対しては、自身が活躍することでセクシャルマイノリティの可能性を押し広げたいと語る楓ですが、その胸中には、父親の期待を受け止めきれなかった息子というマイナスなイメージが根強く残っています。

社会的な評価を手にしたい野心的なトランスジェンダー女性と、父親との関係に自信を取り戻したいとひそかに願う息子。

2つの狭間を揺れながら、楓はどんな未来をつくり上げていくのでしょう。

スポンサーリンク

映画『息子のままで、女子になる』の感想と評価

(C)2021「息子のままで、女子になる」

トランスジェンダーの悩み

トランスジェンダーの楓は、幼い頃から男性の自分に疑問を抱いていたそうです。建築家になりたいという夢を叶えるべく慶応義塾大学へ進学しますが、大学在学中に‟女性”になる決意をしました。

映画『息子のままで、女子になる』は、楓が両親に映画出演を依頼するために電話を掛けるシーンで始まります。

女性として生きる決意をした楓は、これまでとは違った新しいリアルな“一個人”としてのトランスジェンダー女性像を打ち出そうと、ビューティーコンテストに出場したり、LGBT就職支援活動、講演活動などもこなしました。

そんな中でいつも気になっていたのは、楓を男性として育てた両親のこと。

新しい自分、本当の自分として女性を選んだ時に、家族はそれをどう受け止めるのでしょう。

楓が電話で両親に話した映画出演とはもちろん本作のことです。楓はこれを機に、両親との話し合いに出向きます。

初めて楓と面と向かって話し合い、楓のこれまでの自分自身との葛藤を聞いた時の父親の反応……。

楓と両親の対話は実にリアルで切実なものでした。

トランスジェンダーがみな抱える悩みの中で、最も大きな難問が浮き彫りにされた場面と言えるでしょう。

女子として生きたい。息子として父の期待に応えたい。

こんな複雑な胸中を、楓は同じトランスジェンダーのはるな愛に語ります。同胞だからこそわかる悩みを、はるな愛のおおらかな包容力が包み込みます。

素のままで生きる

(C)2021「息子のままで、女子になる」

トランスジェンダーであることをカミングアウトし、LGBTの就職支援や講演活動をする反面、建築家として仕事を始めた楓。

りっぱに社会の中で生きている楓ですが、世間の理解度には、彼女が受けていた心の傷を逆なでするものがありました。

それに対して、楓は「世の中は私たちをステレオタイプに捉え、知っているカテゴリーに分類する。カテゴリーがあることで得られる理解もあれば、カテゴリーがあることで受ける苦痛もある」と述べています。

また、本作のエグゼクプロデューサーであるスティーブン・ヘインズと出会った時も、「あなたは自分が美しいと思いますか?」と聞かれ、「あなたが決めてください」と言います。

カテゴリーごとには分類できない存在との認識した発言をする楓ですが、少しも卑屈になっていません。

美しいかどうかは、見る人次第でしょうから、自分でなく見る人が決めてくださいと、これまたきっぱりと言い切ります。

自分の人生を納得できるように歩んでいくという決意に満ちた堂々とした態度。

これまでの過程を考えると、傷つき悩み苦しんだことでしょうが、なぜ彼女はこんなにも毅然としているのでしょう。

子供の頃の思い出も写真も、男であった過去を全部捨てたと言い切る楓。

楓のカミングアウトの軌跡を辿れば、‟素の自分”でいることがどんなに大切なことかが分かります。

まとめ

(C)2021「息子のままで、女子になる」

『息子のままで、女子になる』は、新世代のトランスジェンダーとして注目されるサリー楓が女性として社会に踏み出す瞬間を追ったドキュメンタリーです。

息子として父親に対して背徳感を抱く楓が、ありのままの自分を見せて父親と話します。その時の父親の反応はいかに?

主人公・楓の生き様を追う本作には、トランスジェンダーとして生きる決意をする楓を秘かに応援する仲間たちも多く登場します。

エグゼクプロデューサーには、世界トップ5のビューティコンスデレクタのスティーブン・ヘイズ。

人生の先輩として、楓の心に寄り添うタレントはるな愛。楓と共に、LGBT就職支援活動を行う株式会社「JobRainbow」代表の星賢人・星真梨子。

2021年日本アカデミー賞2冠に輝いた映画『ミッドナイトスワン』の脚本監修を務め、女子になりたい男性を応援する「乙女塾」を主宰する西原さつき。

浄土宗の僧侶でミス・ユニバース世界大会メイクを担当した西村宏堂など。

そうそうたるメンバーであり、LGBTの象徴であるレインボーフラッグを高々と掲げる新時代の旗手たちです。

我が道を歩み始めたサリー楓と、楓を見守る仲間たち。その登場と活躍ぶりもまた見逃せません。

映画『息子のままで、女子になる』は、2021年6月19日(土)渋谷ユーロスペースにて公開予定。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『シュヴァルの理想宮』レティシア・カスタとニルス・タベルニエ監督へのインタビュー【作ることで詩は訪れる】FILMINK-vol.30

FILMINK-vol.30「The Ideal Palace: Build It and They Will Come」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cin …

連載コラム

【東京国際映画祭2019】のん×片渕須直ほかレッドカーペットに登場!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』|TIFF2019リポート2

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催! 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に …

連載コラム

クワイエット・プレイス2|ネタバレあらすじと結末の感想解説。サバイバルホラーでどんでん返し逆転の破られた沈黙とは|SF恐怖映画という名の観覧車145

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile145 『ドント・ブリーズ』(2016)から着想を受け製作され、本国で大ヒットを記録しただけでなく「音を立てたら、即死」と言うキャッチコピーが日 …

連載コラム

映画『ミナリ』感想評価と解説レビュー。韓国系移民の物語でサンダンス映画祭グランプリと観客賞2冠達成!|銀幕の月光遊戯 73

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第73回 映画『ミナリ』が2021年3月19日(金)よりTOHOシネマズシャンテ他にて全国ロードショーされます。 1980年代のアメリカ南部を舞台に、成功を夢見てやってきた …

連載コラム

どんでん返し映画『無明長夜の首無しの怪獣』感想考察。ウルトラセブンや怪奇大作戦などの往年の名作特撮ドラマを彷彿|邦画特撮大全68

連載コラム「邦画特撮大全」第68章 若手コント芸人「そんたくズ」のコンビ結成3周年記念コントライブが、2020年5月16日19時よりYou Tube内の「そんたくズコントチャンネル」にて生配信されます …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学