Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/02/27
Update

映画『アンフレンデッド:ダークウェブ』感想と考察。幽霊よりも恐ろしい新たな犯罪の形|SF恐怖映画という名の観覧車38

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile038

皆さま、申し訳ありません。今回のコラムではホラー映画やホラー動画を集めた新配信サービス「OSOREZONE」についてご紹介する予定でした。

しかし、2019年3月1日(金)、映画界での革命児的な作品であるホラー映画『アンフレンデッド』(2014)の続編が公開されることを受け、急遽予定を変更させていただくことにしまいた。

映画『アンフレンデッド:ダークウェブ』は、2019年3月1日(金) 新宿シネマカリテ、なんばパークスシネマほか全国順次公開となっています。

今回は、「全てのシーンをパソコン画面上で描いた」ホラー映画の続編『アンフレンデッド:ダークウェブ』(2019)をご紹介致します。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『アンフレンデッド:ダークウェブ』の作品情報


(C)2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

【原題】
Unfriended: Dark Web

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【監督】
スティーヴン・サスコ

【キャスト】
コリン・ウッデル、ステファニー・ノゲーラス、ベティ・ガブリエル、レベッカ・リッテンハウス、アンドリュー・リース、コナー・デル・リオ

映画『アンフレンデッド:ダークウェブ』のあらすじ

新しいパソコン欲しさに落とし物のパソコンを盗んだマタイアス(コリン・ウッデル)は、そのパソコンの持ち主を名乗る男にFacebookを通じて脅迫されます。

仲間たちとビデオ通話で真相を探るうちに、持ち主を名乗る男が「ダークウェブ」に存在する犯罪集団の一員であることが分かり…。

スポンサーリンク

「ダークウェブ」とは


(C)2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

今作のサブタイトルにもなっている「ダークウェブ」。

これは、GoogleやYAHOO!と言った「検索エンジン」での検索にかからない領域である「深層ウェブ」の一角であり、ある特定の条件下においてしかアクセスできないサイトなどの事を指します。

このダークウェブは実在し、様々なコアな集まりなどに使用されるだけでなく、違法な品物や情報の交換などが日夜行われているとされています。

ダークウェブと『アンフレンデッド:ダークウェブ』


(C)2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

「ダークウェブ」にはある恐ろしい都市伝説があります。

それは「赤い部屋(Red Room)」と呼ばれる領域で、ビットコインなどの「仮装通貨」を使って受注される「殺人や拷問のライブ中継」があると言う噂話です。

『アンフレンデッド:ダークウェブ』ではそんな殺人や拷問のライブ中継を行う危険な犯罪集団との恐ろしい接触が描かれており、ダークウェブの1つの顔を垣間見ることが出来ます。

「赤い部屋(Red Room)」の存在を指し示す証拠は現在、全て否定されていますが、相手はダークウェブ。

何がそこに潜んでいてもおかしくない領域であり、我々の知っている事実ですらあっさりとひっくり返ってしまう恐ろしい場所なのです。

全てのシーンをパソコン画面上で描いた映画


(C)2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

大名作サスペンス『search/サーチ』(2018)。

映画の始まりからラストまで「全てのシーンをパソコン画面上で描いた」作品として大きな話題を呼び、その演出やサスペンスとしての物語の完成度が評価され、SNSやレビューサイトで高評価が相次ぎました。

しかし、実は「全てのシーンをパソコン画面上で描いた」作品は『search/サーチ』よりも前に、『アンフレンデッド:ダークウェブ』の前作に当たる『アンフレンデッド』が既に開拓したジャンルだったのです。

『アンフレンデッド』で製作を担当したティムール・ベクマンベトフが『search/サーチ』にも製作として関っているため単なる二番煎じではなく、ブラッシュアップした作品として『search/サーチ』も魅力的。

パソコンを触る時間が増えた現代だからこそ、様々な点で「あるある」と言いたくなるようなシーンの多さが両者にはあります。

スポンサーリンク

『アンフレンデッド』と『アンフレンデッド:ダークウェブ』


(C)2014 Universal Studios. All Rights Reserved.

2014年に公開された前作の『アンフレンデッド』では、1年前に自殺した親友が突如仲間同士のビデオ通話に現れ、次々と仲間たちを死に追いやっていく物語が描かれていました。

ここで気になるのは前作と今作で全くと言っていいほど違う2つの要素です。

ジャンル性の違い

参考映像:『アンフレンデッド』予告編

前作が「自殺したはずの友人」が恐怖の対象となっているのに対し、本作は「正体不明の犯罪組織」が恐怖の対象となっています。

そのため前作では心霊ホラーとしての怖さがありますが、『アンフレンデッド:ダークウェブ』で描かれるのはまるで映画『ホステル』(2005)のようなサスペンススリラー。

恐怖の対象が「幽霊」か「人間」かで、これほどまでに「恐怖」の感じ方に種類があるのかと1つのシリーズを通して理解させられます。

「アンフレンデッド」の意味


(C)2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

実は前作と本作ではタイトルである「アンフレンデッド」の意味すら違うようです。

前作では、主人公が自殺した親友のFacebookアカウントを友達解除(Unfriend)をする行動から、親友にリアルな意味での友達解除をされる「恐怖」の意味を指していると考えていましたが、本作では主人公のマタイアスは誰も友達解除をしていませんでした。

なので、今作では「Unfriended」の持つ本来の意味である「友のいない」や「寄る辺ない」と言った「孤立無援」のような意味合いが強く、このことからも2作の大きなジャンルの違いが分かります。

まとめ


(C)2018 Universal Studios. All Rights Reserved.

『アンフレンデッド:ダークウェブ』に興味はあるけど、前作を観てないし…という方もいるかもしれません。

しかし、今回のコラムでも説明した通り前作と本作では「全てのシーンをパソコン画面上で描いたホラー映画」と言う以外は、細かなジャンルが違うだけでなく、登場人物にも一切の繋がりがありません。

そのため前作知識は一切必要なし!

前作を観ていない方でも気楽に観に行ける、情報社会の闇を描いたホラー『アンフレンデッド:ダークウェブ』は2019年3月1日(金)より全国の劇場にてロードショーです。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile039こそ、配信サービス『OSOREZONE』をご紹介。

月額500円(税別)で味わうことの出来る恐怖映画体験の世界から、オススメの作品をピックアップ致します。

3月6日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

韓国映画『なまず』あらすじと感想。OAFF2019グランプリに輝いたイ・オクソプ監督のユニークな青春不条理劇|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録13

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第13回 10日間に渡って催された第14大阪アジアン映画祭も、グランプリを始め各賞の発表を終え、無事閉幕しました。 アジア圏の様々な国の多種多様な作品51 …

連載コラム

映画『ダーリン』ネタバレあらすじ感想と結末ラストの考察。野生少女をローリン・キャニーが熱演し“人間の本質”に迫る|未体験ゾーンの映画たち2021見破録10

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第10回 埋もれかけた映画の中から、時に危険すぎる作品すら上映する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第10回で紹介するのは人間に秘められた本質 …

連載コラム

映画『プロジェクトユリシーズ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。SFサバイバルで“白人の救世主”物語へのアンチテーゼと破壊【未体験ゾーンの映画たち2022見破録21】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第21回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作にSF映画な …

連載コラム

『仮面ライダー鎧武』感想評価とキャスト紹介。高杉真宙&佐野岳らの魅力×名キャラクターたちが勢揃い|邦画特撮大全60

連載コラム「邦画特撮大全」第60章 今年2019年10月25日から劇場公開される『超・少年探偵団NEO –Beginning-』。江戸川乱歩の『少年探偵団』シリーズを翻案した作品で、主人公の小林少年役 …

連載コラム

映画『アンダードッグ』あらすじと感想評価レビュー。武正晴監督が最新作でキャストと見せたボクシング活劇!|TIFF2020リポート2

『アンダードッグ』は、東京国際映画祭2020のTOKYOプレミア2020にてワールド・プレミア上映! 2020年実施の東京国際映画祭。そのオープニングを飾った作品が、森山未來・北村匠海・勝地涼をキャス …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学