Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ドントイットTHEEND』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。子供が行方不明の未解決事件の20年後の恐怖ホラー|未体験ゾーンの映画たち2020見破録49

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第49回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第49回で紹介するのは、モロッコを舞台にしたモンスター・ホラー映画『ドント・イットTHE END』

世界の様々な地域には、風土とそこに住む人々の文化に根差した怪物が潜んでいます。アラブ文化の影響が強いモロッコの怪異の主役は、超自然な存在の総称である魔神、”ジン”です。

モロッコには様々な”ジン”にまつわる怪談、都市伝説が存在します。そんな存在を映画的に描き、モロッコ版『 IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)と呼ばれている、異色のホラー映画が誕生しました。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ドント・イットTHE END』の作品情報


(C)2019 Overlook Films, Moon & Deal, Orange Studio

【日本公開】
2020年(フランス・モロッコ映画)

【原題】
Achoura

【監督・脚本・製作】
タタル・シェルハミ

【キャスト】
ソフィア・マヌーシャ、オマール・ロトフィ、アイヴァン・ゴンザレス、ムーサ・マースクリ

【作品概要】

モロッコで行方不明になる子供たち。その背後に潜む恐るべき存在を描いたサスペンス・ホラー映画。この映画はシッチェス・カタロニア国際映画祭で作品賞にノミネートされ、審査員特別賞を受賞など、世界の映画祭で高い評価を獲得しています。

監督はプロデューサーとしても活躍してきたタタル・シェルハミ。『死霊院 世界で最も呪われた事件』(2017)や『コールド・スキン』(2017)のアイヴァン・ゴンザレス、リュック・ベッソン製作の『インターセクション』(2013)など、様々な映画で活躍するムーサ・マースクリが出演しています。

映画『ドント・イットTHE END』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Overlook Films, Moon & Deal, Orange Studio

その昔モロッコのとある町は、子供たちの日である”アシュラの日”(イスラム教の祝祭の日。モロッコでは子供にプレゼントを与える風習がある)を迎えていました。

その夜の祭で、ある男の子がバシーラと呼ばれる女の子に目を留めました。モロッコでは慣習となっている児童婚の影響か、バシーラとは親しい間柄のようですが、年のはるかに離れた男に従わされているようです。

見かねた男の子は、彼女を連れて逃げ出しました。無人の館に逃げ込みますが、彼は男に捕まり首を絞められますが、バシーラによって助け出されます。

しかしその館の闇の中には、子供を狙う何かが潜んでいました。

現在。刑事のアリは、子供が行方不明になる事件を追っていました。捜査に熱中するあまり家庭をかえりみず、教師をしている妻のナディア(ソフィア・マヌーシャ)とも疎遠になっていました。

彼は残されたビデオの映像や、子供の証言を繰り返し調べます。見かねた上司のマジットが帰宅して、子供の顔を見るように促しても、憑かれたように事件を捜査をさせてくれと望むアリ。

そんな折、街の中の廃墟となったビルに、サッカーボールを持った1人の少年が入って行きます。暗闇の中に転がったボールは、少年の元に帰ってきました。

誰かが入ると中に入ろうとした少年の前に、年配の男(ムーサ・マースクリ)が現れます。男は少年に強い態度で、すぐに立ち去るよう促します。

男は1人の若者(オマール・ロトフィ)に口かせを噛ませて監禁していました。そして若者の足を鎖で縛り、逃げられないように拘束します。

若者の腹の中で、何かがうごめいているようです。男は番人のように彼の前に座り、それをじっと見つめていました。

警察署を出たアリは、ナディアと息子ユーセフのいる家に帰りますが、息子には荷物を取りに来ただけだと告げ、早々に家から出て行きます。

アリとナディアが向かった先は、今は画家として活躍する幼なじみの友、ステファン(アイヴァン・ゴンザレス)の展覧会でした。

得体の知れない怪物のようなものを描くステファンの絵は、見る者を不安に陥れるものでした。アリに対し、絵のインスピレーションとなっているのは、自分の見る悪夢だと語るステファン。

夢の中では子供の彼に、何かが襲いかかり首を絞めます。その悪夢を見て、目を覚ますのだとステファンは打ち明けます。

記憶から消せない怪物を描き始めたステファン。怪物は社会の中に潜む、悪を映し出す存在だと考えていました。

しかし彼は同時に、この怪物は決して妄想の産物ではなく、かつて自分がどこかで目撃したものだと自覚していました。

彼はその悪夢と向きあうことにしたと告げます。我々が出会ったのは人間じゃなかったと言い、ナディアに記憶と向き合う協力を願うステファン。

20年前。幼いナディアとステファン、そしてアリと弟のサミールの4人は仲良しで、いつも行動を共にする間柄でした。

ある日、かつてモロッコが植民地支配された時代にフランス兵たちが使用していたことから、大人たちが”フランス屋敷”と呼んでいる廃墟に行ってみようと4人は話します。

アリは今日こそ思いを寄せているナディアに、ペンダントを渡そうと考えていました。しかしナディアとステファンの親しそうな姿を見て、思わずペンダントを捨てました。

そのペンダントは今は、廃墟の中で口かせを噛まされ、拘束された若い男が持っていました…。

その男の前に、あのサッカーボールを持った少年が現れます。好奇心に駆られた少年は、また同じ廃墟に現れたのです。

鎖につながれた男を助けようと、少年は彼に口かせを外します。しかし男は少年に、「逃げろ」と叫びました。体に何か異変が起き始めている男。

その日は”アシュラの日”でした。子供たちが仮面を付け街中を走り回る中、アリは上司のマジットとともに通報があった廃墟に入ります。

そこには確かに人を拘束する鎖が残されていました。少年が見たという若者の姿はありません。

そして廃墟の周囲に住む住民は、若者の存在は知りませんでした。この廃墟に住みついた老人を目撃していましたが、その老人も姿を消しています。

とある家では1人ベットで休む子供が、何かの怪しい気配に怯えていました。母親はベットの下にも、クローゼットの中にも何もいないと示し安心させ、子供を寝かしつけました。

しかし少年の前に、どこからともなく現れた、奇怪な姿の魔物が現れます。少年を捕えると姿を消す魔物。その家に何か目的があったのか、あの拘束されていた若者が姿を現します。

また子供が行方不明になったとの連絡が、アリの元に入ります。しかし今回は、その現場で不審な男が逮捕されました。男の取り調べに向かうアリとマジッド。

身元不明の判らない不審な男は、少年の行方について何も語りません。厳しく追及しようとしたアリは、男の身に付けたペンダントに目を留めます。

それは20年前のあの日彼がナディアに渡せずに捨て、その後にそれを拾った、弟のサミールに与えたものでした。

ペンダントについて聞かれ、男は目の前にいる刑事こそ自分の兄アリだと気付きます。20年ぶりに再会した兄弟は抱き合い、マジッドはアリに捜査を委ねます。

アリはナディアとステファンも健在だと弟に知らせます。兄に対して子供たちを行方不明にした者の正体は、”ブガタトゥ”と呼ばれる魔物だと教えるサミール。

何としても”ブガタトゥ”を止めなければならない、とサミールは兄に訴えます。20年も失踪していた彼と、子供を襲う魔物”ブガタトゥ”とは、いかなる関係にあるのでしょうか。

以下、『ドント・イットTHE END』のネタバレ・結末の記載がございます。『ドント・イットTHE END』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Overlook Films, Moon & Deal, Orange Studio

20年前のあの日、大人たちが”フランス屋敷”と呼ぶ廃墟の前に、まだ幼い彼らがいました。サミールの手には、兄アリが捨てたペンダントがありました。

サミールの前に女の子が現れ、自分の名をバシーラと名乗ります。サミールは仲間に彼女を紹介しますが、彼らはバシーラの正体は、その昔アシュラの日”に、魔物に襲われた人物であるとは知るよしもありません。

アリとサミール、ナディアとステファンは、バシーラに導かれるように”フランス屋敷”に入っていきます…。

大人になった彼らが、あの日の出来事を振り返ろうとしても、不思議なことに記憶は失われ混乱していました。

ナディアはこの件を全て忘れており、あの”フランス屋敷”の中で人間ではない、何かに襲われたとだけ覚えているステファン。

改めてあの日を思い浮かべます。屋敷の中に入った4人は、彼らを導いたバシーラの姿を見失います。そこには男がいて子供たちを追い、彼らは逃げ回りましたが、廃墟には彼らと男以外にも、何かが潜んでいるようです。

アリは当時の出来事を思い出しましたが、自分の息子ユーセフを学校に迎えに行く時間から、ずい分遅れてしまったことに気づきました。

学校ではユーセフと女の子が、教師と共に親の迎えを待っていました。トイレに行った女の子は、壁に”アシュラの日”の夜に現れる、子供を襲う魔物”ブガタトゥ”について記した落書きに気付きます。

そこに”ブガタトゥ”が現れ、女の子も教師も襲われました。そしてユーセフの身にも迫る魔物。そこにサミールを監禁していた、あの老人が現れました。

老人はスプリンクラーを作動させ、魔物を苦しめますが倒すことはできません。アリたちも到着しましたが、魔物の前には銃も無力で、老人は誤って撃たれます。するとサミールの前で笛を吹き始めた老人。

すると”ブガタトゥ”の姿は煙となり、サミールの口へと吸いこまれます。余りの出来事に驚くアリ。サミールは魔物を飲んだことも笛の力も、全て理解しているようでした。

アリたちは学校を後にします。息子ユーセフに今まで姿を消していた叔父だと説明して、サミールを紹介するアリとナディア。

ステファンとも合流し、4人は改めて20年前の出来事を振り返ります。”フランス屋敷”の2階には、口かせをされて、縛られた男がいました。

子供たちはその姿に驚き、アリは男の口かせを外してやります。突然男の体は痙攣し、口から蝿が飛び出します。蝿は群れをなして口から現れると、何かの形をなしていきます。

男の体から現れたものは、魔物”ブガタトゥ”となって子供たちに迫ります。追い詰められたその時、あの男が現れました。彼が笛を吹く”ブガタトゥ”は苦しみ出しました。

煙となった魔物は、男に操られるようにサミールの口へと入っていきます。そして男はサミールの口に、口かせを噛ませました。

男は滅ぼせない”ブガタトゥ”を人の体内に封印する、魔物の番人のような存在でした。彼は逃れ出た”ブガタトゥ”を封じる器として、新たにサミールを選んだのです。

男はアリやナディア、ステファンに何も告げず、サミールを連れて出て行きました。男は20年たった現在まで、廃墟に隠したサミールの体に魔物を封印し続けていたのでした。

残された3人の記憶は何故か薄れ、全ては”アシュラの日”の夜の悪夢のように思われていました。ナディアの記憶からは消え、その夫で刑事となったアリは、行方不明の子供の捜査に没頭し、心に焼き付いた魔物の姿を、ひたすら描くことに熱中したステファン。

サミールは自分が”ブガタトゥ”を封印したまま死ねば、魔物も滅びるはずだと言うと、幼なじみの彼らとユーセフの前で身を投げます。

しかし彼の身を捨てた行為も空しく、”ブガタトゥ”は再び邪悪な姿を現すと、幼いユーセフをさらって姿を消しました。

残されたアリとナディア、ステファンは、自由になった魔物はあの”フランス屋敷”に潜んでいるはずで、ユーセフが無事ならそこにいるはずだと考え、車でそこに向かいます。

“フランス屋敷”に連れ去られたユーセフに、今まで魔物の犠牲となった者の囁きなのか、子供の声が聞こえてきました。

アリたちも到着し屋敷に入ると、中には無数の小さな白骨があります。全て”ブガタトゥ”の餌食になった子供のものでしょうか。

アリは息子ユーセフの姿を見つけることが出来ました。彼らの前に姿を現すと、翻弄し始める魔物”ブガタトゥ”。

魔物は犠牲者を体内に取り込んでいるのか、最初に犠牲とした女の子、バシーラの姿を見せるなどして彼らを惑わします。

ステファンも犠牲となり、ようやくアリは魔物を封じる唯一の方法に気付きます。そして彼が笛を吹くと”ブガタトゥ”は煙になり、傷付いたナディアは気を失います。

20年前、サミールが姿を消した夜の翌朝でした。アリとナディアとステファンは、この出来事をいつまでも忘れず、必ずサミールを見つけ出そうと誓っていました。

その記憶は何故か失われていました。しかし今夜ついに”フランス屋敷”で、幼い日に出会った”ブガタトゥ”と対決を終えて、翌朝を迎えたアリ。

アリと頭に包帯を巻いたナディアは、黙って車に乗っていました。そして夫婦の傍らには、口かせをはめられた息子ユーセフの姿があります。

アリは煙となった魔物”ブガタトゥ”を、息子の体に封じるしかなかったのです。車は何処に向かうのか、廃墟の”フランス屋敷”から走り去って行きました。

スポンサーリンク

映画『ドント・イットTHE END』の感想と評価

参考映像:『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』(2017)

幼き日の出会った怪物と、大人になってから再度対決するストーリーは、将にスティーヴン・キング原作の映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』、『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』(2019)2部作を思わせる本作。

それっぽい邦題がつく訳ですが、本作が撮影されたのは2015年の1月から2月の間。影響を受けたのはこの2部作ではなく、それ以前の映像作品かキングの小説そのものでしょう。

撮影から3年後、ようやく2018年に完成したこの映画は、モロッコ系フランス人監督タタル・シェルハミによる、モロッコを舞台にした異色のホラー映画です。

完成まで長期化した理由は、ポスプロ作業で特殊効果で描く魔物に満足できず作り直し、さらにフランス側の製作会社の破産という、思わぬトラブルに見舞われたシェルハミ監督。

プロデューサーの尽力で映画は完成したものの、結局製作に3年以上の激動の月日を費やした監督は、その日々のおかげで随分白髪が増えたと、今は笑って振り返っています。

モロッコの風土で描かれた怪奇


(C)2019 Overlook Films, Moon & Deal, Orange Studio

本作のプロットは『IT/イット』と同じですが、監督がモロッコを舞台に描いたことで、他の映画にない独特の雰囲気を出すことに成功しています。

まず”ブガタトゥ”という魔物。実際に伝承されているものか、監督による創作した怪物か判りませんが、イスラム教文化圏に根付いた魔物(精霊)である、ジン(ジーニー)の影響を受けた存在として登場します。

正体が明確でない、身近に潜む超自然的な存在という設定は日本の妖怪に近く、西洋的なモンスター像とは一線を画すキャラクターとして登場しました。

また現在もモロッコで社会問題となっている児童婚を匂わす描写や、かつて植民地支配したフランス軍の存在の示唆など、モロッコの文化的・歴史的要素を怪談に取り入れています。

もっとも監督は本作で、モロッコのエキゾチック要素や社会的問題の追求する意図はなく、都市伝説的な怪奇を描く娯楽映画の枠内で、バランス良く描くことに配慮しています。

こうして描かれた不条理な存在の魔物”ブガタトゥ”は、妖怪を知る日本人には、どこか身近に感じられるのではないでしょうか。

人知を超えた魔物に翻弄される人々


(C)2019 Overlook Films, Moon & Deal, Orange Studio

劇中に登場した魔物”ブガタトゥ”は、多くの妖怪がそうであるように、正体も理由も遭遇する人との因果関係も明かされない、不条理に満ちた存在として映画に君臨しました。

魔物の正体や目的だけでなく、なぜ人の体に封印できるのか、それを果たす「番人」とは何者なのかも、全て明かされません。なぜ子供時代の記憶を失ったのかも不明のままです。

現代になり、主人公の弟が魔物を宿して現れると、映画の中で警察は機能停止状態。この怪談話は、現実社会をベースにした物語とは思えなくなります。

さらに現在と過去のシーンが交互に繰り返し登場します。様々な謎を説明も解明のせず物語が進行していくことと重なり、何とも展開が掴みにくい物語になってきます。

謎を解きながら物語を楽しみたい方には、何とも不親切に思えるこのホラー映画。しかし雰囲気を楽しむ作品だ、と割り切ればと存分に楽しめる内容です。

まとめ

参考映像:『Le complexe de Frankenstein』(2015)

モロッコを舞台に独自の恐怖世界を描いた『ドント・イットTHE END』。『IT/イット』に似ていながら、子供時代への郷愁や大人になってから怪物との対決するという、もっとも大事な核となる部分は存在しません。

それこそが本作の魅力です。もやっとした、不条理で救いのない恐怖を好む方、そして異境の地で異なる設定で描いた作品に、興味を持つ方にお薦めします。

しかしこの作品、モンスター映画好きなら絶対に気にいるはずです。タタル・シェルハミ監督は本作の魔物の当初の出来に満足せず、完成までに多くの時間を費やしたと紹介しました。

監督はモンスター映画の監督や造形作家を紹介したドキュメンタリー映画、『Le complexe de Frankenstein』の製作に参加している人物です。

そんな彼がこだわりと愛情の詰めこんで創作した魔物、”ブガタトゥ”。その姿をモンスター映画ファンなら、絶対に憎めない存在だと受け取るでしょう。

自分のイメージをデザイナーに伝え、モンスターを作り上げていった監督。しかし敬愛するギレルモ・デル・トロ監督の『ミミック』(1997)のモンスターが似たデザインだと気付いて、軌道修正して作り上げたそうです。

モンスターに関しては全てをやり遂げたに等しい、デル・トロ監督の後を追うのは難しい、と笑って語るシェルハミ監督。その気持ち、モンスター映画フャンなら大いに共感するでしょう。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)Firefly Films

次回の第50回はイライジャ・ウッド主演のサスペンス・スリラー映画『プライス—戦慄の報酬-』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『どこへ出しても恥かしい人』感想とレビュー評価。友川カズキの家族と競輪が人生をあぶり出す|だからドキュメンタリー映画は面白い37

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第37回 生まれたときから、途方に暮れている── 今回取り上げるのは、2020年2月1日(土)より新宿K’s Cinemaほか全国で公開の、佐々木育野監 …

連載コラム

映画『名も無き世界のエンドロール』あらすじと感想評価レビュー。キャストの岩田剛典×新田真剣佑が描き出す“世界の終わり”の顛末|映画という星空を知るひとよ43

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第43回 第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説を、『キサラギ』の佐藤祐市監督が映画化した『名も無き世界のエンドロール』が、2021年1月29日(金 …

連載コラム

【大阪アジアン映画祭インタビュー】暉峻創三プログラミング・ディレクターに聴くアジア作品の現在|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録7 

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第7回 いよいよ開幕した第14回大阪アジアン映画祭。 2019年はアジアの17の国と地域から51作品が集まり、プログラムにはスリランカや香港の有名監督の最 …

連載コラム

映画『どうにかなる日々』感想レビューと解説。アニメ化で際立つ志村貴子作品の魅力を分析|映画道シカミミ見聞録47

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第47回 こんにちは、森田です。 今回は2020年10月23日(金)全国公開のアニメーション映画『どうにかなる日々』を紹介いたします。 原作者の志村貴子は、学園ドラマ …

連載コラム

映画『貞子』のあらすじと解説。「リング」シリーズから2019年版までを紹介|SF恐怖映画という名の観覧車49

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile049 今回のコラムでは「死後の世界」を題材にした韓国映画『神と共に』(2019)をご紹介する予定でしたが、本コラムで語らざるを得ない作品の公開 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP