Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/10/29
Update

梅舟惟永(うめふね ありえい)映画『夏の夜の花』あらすじ感想と評価解説。母と子の触れ合いと“子どもの視点”|インディーズ映画発見伝23

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第23回

日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い秀作を、Cinemarcheのシネマダイバー 菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」

コラム第23回目では、高橋伸彰監督の映画『夏の夜の花』をご紹介いたします。

中国の中央戯劇学院に留学経験のある高橋伸彰監督が大阪芸術大学と中央戯劇学院の学生と協力し自身の卒業制作として制作。

大阪に住む中華系の親子のすれ違いと愛の再生を描いたヒューマンドラマ。

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『夏の夜の花』の作品情報

【公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
高橋伸彰

【キャスト】
梅舟惟永、ジャック・リー(李遠)、林恒毅、谷原広哉

【作品概要】
高橋伸彰監督は大阪芸術大学映像学科卒業後、『葛城天使』(2007)、『地上からの観測』(2009)などを手がけました。2012年、中国に留学、中央戯劇学院の映画学科演出シナリオコースに在籍します。

中央戯劇学院の卒業制作として『夏の夜の花』(2019)を制作。本作は2019年の東京神田神保町映画祭ファンタスティックフィルムコンペティションにて、グランプリを受賞し、第21回ハンブルク日本映画祭に正式出品されました。

母親を演じたのは演劇ユニット「ろりえ」で活動し、『痛くない死に方』(2021)、『寝ても覚めても』(2018)などに数多くの作品に出演している梅舟惟永。待機作は『成れの果て』(2021年公開予定)。

映画『夏の夜の花』のあらすじ


(C)中央戯劇学院(中国)

大阪で生活する中華系の母子。

絵描きの夢を追い、絵のために旅行すると嘘をつき父は近くに部屋を借りています。そんな父に母は我慢ができず、4歳になる息子のヤンヤンに会わせないでいます。

ヤンヤンの世話をしながら遅くまで働く母は毎日くたびれ、ヤンヤンと花火に行くという約束も忘れてしまいます。

ある日、保育園から目を離した隙にヤンヤンがいなくなったという連絡がきて……。

スポンサーリンク

映画『夏の夜の花』の感想と評価


(C)中央戯劇学院(中国)

“ママ大好き、パパも大好き”

本作は大阪に住む中華系の親子を描いていますが、母親一人で子供を育てる大変さ、子供の気持ちにまで余裕を持てない姿など親子のすれ違いや互いを思い合う心は普遍的なものなのだと感じさせてくれます。

幼いヤンヤンは父親と母親関係が良くないのも、母親が大変なのも幼いながら理解しています。しかしヤンヤンにとっては父親も母親も大切で、一緒にいたい気持ちに変わりはないのです。

ヤンヤンが思わず取ってしまった行動、母親に言えなかったこと、ヤンヤンの健気さに胸がいっぱいになります。

父親がヤンヤンを連れ去ったのではないかと疑う母親は父親の元に押しかけ、怒鳴ります。毎朝7時に起きて、夜遅くまで働いて、週末はずっと一緒に遊んで、あなたにそれができるのか、と。一人で子育てしていくことの大変さが強く伝わってきます。

それでもヤンヤンのために頑張る母親ですが、いつしか忙しくてヤンヤンの気持ちに気付いてあげられていなかったことに気づくのです。

子が親を思う気持ち、親が子を思う気持ち。すれ違っていた親子の愛が再生していく姿にあったかい気持ちになります。

一方で父親はどうでしょうか。あまり父親の心情は多く描かれていませんが、ママが怒ったら、“ママ大好き、パパも大好き”と言うんだぞとヤンヤンに言ったのは父親でした。

一人でヤンヤンを育てている母親の大変さ、そして自分の不甲斐なさもどこかでわかっているのかもしれません。

更に、子供のヤンヤン目線で語ることにより、その健気さがより胸を打つ映画となっています。

タイトルにある“夏の夜の花”とは“花火”のことであり、母親は忙しさに花火大会に行く約束を忘れてしまいます。商店街を駆け抜けるヤンヤン、そしてヤンヤンの元へ走り出す母親。

すれ違っていた母子の気持ちが結びつくクライマックスと共にある花火にも注目です。

まとめ


高橋伸彰監督(C)Cinema Discoveries

中国に留学経験のある高橋伸彰監督が大阪芸術大学と中央戯劇学院の学生と日中合作で制作した映画『夏の夜の花』。

大阪で暮らす中華系親子のすれ違いと愛情の再生を4歳の息子ヤンヤンの視点で描きます。

“ママ大好き、パパも大好き”

不仲の両親の事情を理解しながらも、親を思い一緒にいたいと思うヤンヤンの健気な気持ち。一方で、毎日必死に働き何とか一人でヤンヤンを育てていこうと奮闘する母親。

親を思う気持ち、子を思う気持ちは万国共通であり、その普遍的な日常と親子の愛情に心が温まります。

高橋伸彰Twitter

次回のインディーズ映画発見伝は…

次回の「インディーズ映画発見伝」第24回は、河内彰監督『光関係』『幸福の目』を紹介します。

次回もお楽しみに!

【連載コラム】『インディーズ映画発見伝』一覧はこちら

関連記事

連載コラム

若手映画監督(20代・次世代・学生ら)の登竜門!SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019が閉幕【国内外の各賞受賞者のコメント収録】2019SKIPシティ映画祭10

第16回を迎えるデジタルシネマのイベントが閉幕、受賞者堂々の発表! 7月13日に開幕したSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019が閉幕。最終日の21日にはそのクロージング・セレモニーと各賞の表彰が行わ …

連載コラム

映画『嵐電』鈴⽊卓爾監督の舞台挨拶と開幕セレモニーリポート|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録1

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第1回 2019年3月8日(金)から3月17日(日)まで開催される、第14回大阪アジアン映画祭。 本コラムではCinemarcheの専属ライターたちのレポ …

連載コラム

映画『椿の庭』感想評価と内容解説レビュー。ロケ地の葉山で富司純子×シムウンギョンの演技力が光る|映画という星空を知るひとよ56

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第56回 広告写真を手掛けてきた上田義彦の初めての監督作品『椿の庭』が、2021年4月9日(金)、シネスイッチ銀座他全国順次ロードショーされます。 風光明媚な葉 …

連載コラム

『エンド・オブ・ロード』ネタバレ結末あらすじと感想評価の解説。激突とヒッチャーを足して求める“命題”とは⁈|Netflix映画おすすめ110

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第110回 今回ご紹介するNetflix映画『エンド・オブ・ロード』は、テレビドラマやミュージックビデオを多く手掛けてきた、ミリセント・シェ …

連載コラム

中国アニメ『DAHUFA 守護者と謎の豆人間』感想評価とレビュー解説。“すごいと面白さ”は人間への皮肉満載のバイオレンスで大人をターゲットにした異色作|SF恐怖映画という名の観覧車146

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile146 中国映画市場ではアニメ映画は「子供向け」と考えられ、大人をターゲットとしたアニメ作品の製作は行われていませんでした。 しかし、2020年 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学