Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/03/28
Update

映画サイレンサー4破壊部隊|ネタバレあらすじ感想と結末解説。ディーン・マーティンが沈黙部隊で魅力を発揮するスパイアクション|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー30

  • Writer :
  • タキザワレオ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第30回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第30回は、フィル・カールソン監督が贈る、スパイアクション映画『サイレンサー第4弾/破壊部隊』(1968)です。

ディーン・マーティンが遊び人の諜報部員を演じ大人気となったスパイアクションコメディ「サイレンサー」シリーズ。シリーズ第4弾となる本作では、強奪された金塊を取り戻すためにデンマークの首都コペンハーゲンを奔走します。

2019年に公開されたタランティーノ監督作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』において、劇中に登場するシャロン・テートの出演作品として本作はフィーチャーされており、近年再び注目度が上がった作品でもあります。

今回はシャロン・テートも出演していた人気スパイアクションコメディ「サイレンサー」シリーズ第4弾『サイレンサー第4弾/破壊部隊』のネタバレあらすじと作品情報をご紹介します。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『サイレンサー第4弾/破壊部隊』の作品情報


(C)1968, RENEWED 1996 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.
【公開】
1968年(アメリカ映画)

【原題】
The Wrecking Crew

【監督】
フィル・カールソン

【キャスト】
ディーン・マーティン、エルケ・ソマー、シャロン・テート、ナンシー・クワン、ナイジェル・グリーン、ティナ・ルイーズ、ジョン・ラーチ

【作品概要】
ドナルド・ハミルトンのスパイ小説マット・ヘルシリーズの映画化作品。

本作公開から半年後に「マンソン・ファミリー」のよるシャロン・テート殺害事件が起きたため、製作が予定されていた5作目(原題:The Ravegers)も急遽中止となり、事件にショックを受けたディーン・マーティンは本作をもってマット・ヘルを演じ終えてしまいました。

また本作のカラテ・アドバイザーとして、ブルース・リーが武術指導を担当、後に『ドラゴンへの道』で彼と共演することになるチャック・ノリスの映画デビュー作品としても知られています。

映画『サイレンサー第4弾/破壊部隊』のあらすじとネタバレ


(C)1968, RENEWED 1996 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

デンマークを走る貨物列車は10億ドル金塊を乗せていました。列車は突如、コンティーニ伯爵一味の攻撃を受け、金塊は強奪されてしまいます。

ワシントンを出発したICEのマクドナルドはマット・ヘルムを迎えに行きます。車両は、伯爵一味の妨害を受けながらも、ヘルムとの連絡を試みます。

一向に連絡のつかないヘルムは、ちょうどその頃、野原でコールガールと夢見心地でした。

ヘルムを迎えに到着したマクドナルド。ロンドンへ輸送中の金塊がテロ組織に強奪された事を伝え、彼に内密に操作を依頼しました。

金塊を豪邸へと運び込んだ伯爵。伯爵はレインボー作戦を第3段階まで実行する旨をつたえます。

金塊が強奪されたデンマークへと飛んだヘルムは、ホテルでローラと名乗る美女の歓迎を受けます。

部屋へ招待され、2人は良いムードになったかと思えば彼女の注ごうとしたスコッチが爆発し、ローラは爆死。警察沙汰の騒ぎになってしまいました。

先ほど、ロビーで出会ったデンマークを案内するという観光局員フレヤの機転により、ヘルムは逮捕を免れます。

翌日コンティーニ伯爵の屋敷へ招かれたヘルムとフレヤは、「2人が金塊を追ってきたことはすでにお見通しである」と伝えられます。

伯爵はヘルムに100万ドルで手打ちにしないかどうか、と提案しますが、ヘルムはそれを拒否。伯爵は口封じの為に2人をその場で始末するよう部下に命じました。

屋敷から脱出したヘルムとフレヤは、ロープウェイ乗り場まで逃げたものの、そこで伯爵の手下達と乱闘に。

しばらくしてホテルへ戻ると、ユーランと名乗る女がヘルムの部屋で待ち構えていました。フレヤが部屋に押し入ったことで、彼女の暗殺は失敗に終わります。

英国首相官邸では、ヘルムが任務を期日までに遂行できるか会議が行われていました。月曜までに金塊の奪還が叶わなければポンドの価値は暴落する。彼が間に合わなければ特殊部隊の準備が検討されていました。

ヘルムはリンカの部屋へ呼び出され、デート気分で向かいます。後をつけてきたフレヤはムードを壊すため、部屋の外からクラクションを鳴らします。ヘルムは仕方なくフレヤとホテルへ戻りました。

リンカはヘルムの処分に失敗した事を伯爵から責められます。リンカは明日までには必ずヘルムを処分すると約束しました。

一方ホテルでマクドナルドと合流したヘルムはフレヤがイギリス諜報員である事を知ります。リンカから掛かってきた電話でヘルムは金塊の在処を知っていると告げました。

以下、『サイレンサー第4弾/破壊部隊』ネタバレ・結末の記載がございます。『サイレンサー第4弾/破壊部隊』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その後ヘルムは「7つの歓びの家」というレストランへ向かいました。そこでユーランと手を組んで、金塊を山分けしないかと交渉を持ちかけます。

「伯爵を裏切れば命はない」と言うユーラン。彼女が席を立った途端、ヘルムの座っていたテーブルが回転しだし、伯爵の秘密基地内に閉じ込められてしまいました。

その様子をカウンター席から見ていたフレヤも助けに駆け寄ろうとしますが、伯爵の一味であるバーテンダーが彼女を制します。

金塊の在処を知っていると言うのは嘘だと見破る伯爵に、ヘルムが「マクドナルドもいるこちらの方が優勢だ」と息巻きます。

再びテーブルが回転し、ヘルムは店内に戻されるとそこにいたのは銃を突きつけられたマクドナルドとリンカでした。マクドナルドも席に座らされ、ヘルムと2人で伯爵のもとへと向かわせられます。

ヘルムは、伯爵がホテルで殺したローラの事を責め立てると、伯爵は逆上。レインボー作戦を第8段階まで移行することを部下に告げ、2人の抹殺を命じました。

レストランではフレヤがバーテンダーへの反撃に成功し、一味を倒していました。リンカは愛想を尽かした伯爵により射殺されてしまいます。

一味は金塊をルクセンブルクに移動させる手はずを整えます。

彼らの後を追いかけるヘルムとフレヤ。フレヤのミスにより車は大破してしまい、2人は荷台に積んであった簡易ヘリコプターでの追跡を始めました。

伯爵の屋敷まで到着した2人をユーランと伯爵の部下たちが待ち構えています。伯爵は金塊と共に屋敷を脱出していました。

ユーランと一騎打ちになるフレヤ。一味を倒した2人は、再びヘリコプターへと乗り込み、ルクセンブルクへと向かう伯爵の貨物列車に追いつきました。

車内で伯爵と対決するフレヤとヘルム。仕掛けられた罠に戸惑う2人でしたが、見事伯爵を倒し、金塊と共に優雅な列車旅へ。

ヘルムの任務は見事成功を収めました。

スポンサーリンク

映画『サイレンサー第4弾/破壊部隊』の感想と評価


(C)1968, RENEWED 1996 COLUMBIA PICTURES INDUSTRIES, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

無邪気さを放っていたかつてのハリウッド作品

本作は、60年代末期「0011ナポレオン・ソロ」シリーズや『FBIアメリカ連邦警察』といった映画顔負けのクオリティのテレビドラマが台頭するようになり、ドラマと映画の線引きが困難になった時代の作品です。

本作が特にドラマらしいと感じるのは、ほぼ全編通してスタジオ撮影がされた映画であるため。

それは、現在の映画に対するビジュアルが、70年代以降のロケを多用したニューシネマのイメージによっているからではないかと考えられます。

加えて、スパイコメディという時代性を感じさせるジャンルそのものが醸し出す軽妙さ、前面に押し出されたカラッとした明るい作風が、今でいうドラマ的なルックに見えてしまうのでしょう。

本作の軽妙なコメディタッチの語り口は、主人公マット・ヘルムの能天気なイメージと重なり、『続・夕陽のガンマン』などの楽曲で知られるウーゴ・モンテネグロ楽団の手掛ける軽やかな音楽と合わさって映画にメリハリを利かせています。

ヘルムが行く先々で出会った魅力的な女性を、気の向くままに口説いていく場面では、毎回彼の心情に沿った歌が流れ、そこから女性とのコントのような掛け合いが始まってしまいます。

ヘルムのこういったイメージは、映画シリーズと共にそれほどメジャーなイメージではないと思います。

というのも、彼の軽やかなイメージは同時代にジョーン・コネリーが演じた「007」シリーズの主人公ジェームズ・ボンドに対するぼんやりとしたイメージと混同されているのではないでしょうか。

ジェームズ・ボンドといえば誰もが知るイギリスの諜報員で、高級スーツに身を包み、世界中をまたにかけ、犯罪組織とガジェットを駆使したスパイアクションを繰り広げるといったイメージでしょう。

これは他のスパイアクションシリーズとも共通するものですが、ことボンドが誤解されがちなのが、好色で女にはめっぽう弱いといった人物像です。

これがまさに、本作の主人公ヘルムと勘違いされたイメージで、実際のボンドは他の紳士スパイと比べ、女性に冷徹です。

ジェームズ・ボンドは、ボンドガールと呼ばれる、彼に協力する女性たちを駒として利用するだけ利用し、必要とあらば見殺しにするほどの非情な一面を持っています。

後年のロジャー・ムーア版ボンドのような、ドライでユーモラスな人物像と「サイレンサー」シリーズのヘルムのイメージとが重なってしまったことに起因する誤解なのではないでしょうか。

映画「サイレンサー」シリーズは、その主人公ヘルムの人物像と併せて、60年代末期の軽やかな元気さ、無邪気さを象徴するかのような作品で、まさに物見遊山という言葉がしっくりくるような、常に陽気でゴキゲンな映画でした。

60年代の終わりを象徴するシャロン・テート

映画「サイレンサー」シリーズが、というよりも、とりわけこの4作目が現在注目されているのは、本作公開から半年後シャロン・テートの身に起こった悲劇と、タランティーノ監督がシャロン・テートへ向けて作った映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』の影響でしょう。

同作でシャロン・テートを蘇らせたタランティーノ監督は、「彼女は60年代の終わりを象徴する存在だ」と語っています。それは彼女が背負わされる必要のなかったイメージのことを意味していました。

1969年8月9日。チャールズ・マンソンの「金持ちを殺せ」という指令を実行するために当時ハリウッドにあったロマン・ポランスキーの邸宅へやってきた「マンソン・ファミリー」の4人の男女。

彼らの凶行の被害に遭ったのは、留守中のポランスキーの家に残っていた、彼の恋人である妊娠8か月のシャロン・テートとその友人3人でした。

家出してきたヒッピー少女たちを囲った「マンソン・ファミリー」は、前年に行ったマリファナ・パーティにより、その存在は既に広く知られており、この事件が報道されたことで、カルト教団がハリウッドで起こした惨劇として世間に更なる衝撃を与えました。

まだ駆け出しであった若い女優シャロン・テートは、被害にあったロマン・ポランスキーの恋人として、その名が知れ渡り、シックスティーズに抱くラブ&ピースのイメージは、この事件をきっかけにハリウッドから幻想として消滅してしまいました。

長らくその存在が事件と結び付けられる形のみで語り継がれてきた彼女を救済するということは、本作の中で輝く、お茶目なセクシーコメディエンヌの姿を取り戻すということでした。

本作には、シャロン・テートという魅力的な女優が出演しています。それだけが彼女について覚えておくべきこと、語らうべきことだと思います。

まとめ

本作は、呪われた映画などではありません。映画の外の世界で、その後に起きた悲劇によりエンドクレジットで予告される第5作目の製作は叶いませんでしたが、映画は変わらぬ楽しさ、明るさ、無邪気さを放っており、「サイレンサー」シリーズの世界を堪能するに十分な見どころは数多く存在します。

シャロン・テート存命中に公開された最後の映画といった尾ひれが付きまとったせいで、その儚さ、やるせなさを感じてしまうかもしれません。

しかし、一度映画を観れば、そこにいるのは切ないシャロン・テートではなく、天真爛漫なイギリス諜報員フレアだと分かります。

彼女とディーン・マーティンの丁々発止やりとりが面白く、敵を追う道中のドタバタした展開に目が離せません。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

配信状況などはU-NEXT公式サイトをご確認ください。

関連記事

連載コラム

講義【映画と哲学】第6講「重喜劇とは何か:ベルクソンから今村昌平の重喜劇を見る」

講義「映画と哲学」第6講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 今村昌平『映画は狂気の旅である 私の履歴書』(日本経済新聞社、2004年) 第6講では、アンリ・ベル …

連載コラム

フィリピン映画『マニャニータ』あらすじと感想レビュー。監督ポールソリアーノが注視した時間に癒される闇を抱えた軍人女性|TIFF2019リポート31

第32回東京国際映画祭・コンペティション部門『マニャニータ』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間 …

連載コラム

映画『コスモボール』ネタバレ感想と結末あらすじ評価。ロシアSFアクションが描くのは銀河を救うスポーツ!?|未体験ゾーンの映画たち2021見破録17

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第17回 世界各国で誕生した様々な映画をお届けする「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第17回で紹介するのは、ロシア発のSFアクション巨編『コス …

連載コラム

鬼滅アニメ2期|テレビ放送日と局は? 放送中止/1期再放送の可能性から予想をより深める【鬼滅の刃全集中の考察6】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第6回 2020年、新型コロナウイルスの蔓延によって世界は未だかつてない脅威に晒され、いつ終わるとも知れない不安と隣り合わせの日常を強いられることとなりました。 だか …

連載コラム

イラン映画『死神の来ない村』あらすじと感想レビュー。老人の“終の姿”にこそ生きる希望を見出す|TIFF2019リポート30

第32回東京国際映画祭・アジアの未来『死神の来ない村』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学