Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/12/10
Update

柄本佑映画『痛くない死に方』公開日/上映館/特報予告動画。在宅医療の課題と現状を描いたベストセラーを映像化!

  • Writer :
  • 大塚まき

特報&場面写真、長尾和宏&坂井真紀&奥田瑛二のコメント解禁!

柄本佑主演・高橋伴明を監督に迎えた、在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラー「痛くない死に方」「痛い在宅医」の映画化『痛くない死に方』が2021年2月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにて公開されることが決定しました。


(c)「痛くない死に方」製作委員会

この度、特報、場面写真、原作・医療監修の長尾和宏、出演の坂井真紀及び奥田瑛二のコメントが届きましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

映画『痛くない死に方』について


(c)「痛くない死に方」製作委員会

『痛くない死に方』は、日々仕事に追われ、家庭崩壊の危機に陥っている柄本佑演じる河田仁が、大病院でなく在宅医だからこそできる医療を模索し、人と向き合うことを実践していく成長物語です。

父親のために、痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく“痛くない在宅医”を選択したのに、父親が苦しみ続けてそのまま死んでしまい、自分を責める智美役に坂井真紀

「カルテでなく人を見ろ」がモットーの、柄本演じる在宅医の先輩・長野浩平役に、奥田瑛二

奥田演じる長野と在宅医療を支える看護師・中井春菜役に余貴美子

そして、柄本が新たに担当することになる明るい末期の肺がん患者・本多彰役に宇崎竜童その妻・しぐれ役に大谷直子と、実力派俳優が勢ぞろいしました。

原作・医療監修の長尾和宏のコメント


(c)「痛くない死に方」製作委員会

この映画は拙書「痛くない死に方」と「痛い在宅医」が原作である。しかし高橋伴明監督には他の本も読んで頂き、とても練られた脚本を書いて頂いた。秀逸な川柳はもちろん監督の作品だ。国策である在宅医療はこれまで美談でしか語られてこなかった。リアルを語るとすぐに矢が飛んできた。でも僕は美談が大嫌い。患者目線、家族目線から見た在宅医療とはどんなものなのか。どうすれば望む最期が本当に叶うのか。どんな医者を選べばいいのか。百聞は一見にしかずというが、まさにこの映画に在宅医療の本質が凝縮されている。僕の夢はこの映画を大病院の医師・看護師だけでなく医学生・看護学生にも観てもらうことだ。そのためにはまずは多くの市民に観てもらい評価されないと叶わない。どうか応援よろしくお願いします。

スポンサーリンク

坂井真紀のコメント


(c)「痛くない死に方」製作委員会

「死」というものへと向かっていく家族と向き合う日々は、演じていることという枠をこえて、言葉にできない感情との闘いでした。高橋監督の生命力あふれる演出に助けられ、智美という女性の人生を歩かせていただきました。人生の終わりに近づいた時までも、私たちはたくさんの選択を迫られますが、この作品が、私たちの未来への希望となり、人生最後の時がよりあたたかいものになればと願います。

奥田瑛二のコメント


(c)「痛くない死に方」製作委員会

人が人として向き合う。それは己と向き合うことではないだろうか。
一人の医師として患者と向き合う。人には必ず死が訪れる。
「生きるとは、食べること」この台詞、小生、NGを連発してしまった。
撮影時を思い出すために書棚に納めてある台本を一年半ぶりに手に取りページをめくった。「生きるとは、食べること」そこに線が引いてあり、さらに上部の空白に大きく自筆で書いてあった。なのに撮影時のNG連発、原因はいかにその台詞がこの映画にとって大切な言葉であるかという証しである。それを一人の医師として表現する。己と役の医師、長野浩平、さらに原作者であるこの役のモデルでもある長尾和宏先生、一体感を持ち現場に満々と臨んでいるつもりだったのであるが上手くいかない。不思議と自律神経が崩壊してナーバスになることはなかったが、その日のビールはいつもと違う苦さだった。恐る恐る完成試写に臨んだ。その日のビールは珠玉の苦味、美味かった。

スポンサーリンク

映画『痛くない死に方』の特報


この度解禁された特報では、在宅医の河田が末期の肺がん患者である敏夫の娘・智美から「とにかく苦しまずに逝かせてあげたい」という話を聞くことから始まります。

在宅医を選択したものの、苦悩する家族の姿や、在宅医の先輩・長野、看護師の中井が患者とその家族に向き合う姿が切り取られています。

そして、河田が「在宅医に一番大事なことってなんなのか」という問いで締めくくられ、物語の核心をつくかのような特報となっています。

映画『痛くない死に方』の作品情報


(c)「痛くない死に方」製作委員会

【日本公開】
2021年(日本映画)

【原作】
長尾和宏

【監督・脚本】
高橋伴明

【キャスト】
柄本佑、坂井真紀、余貴美子、大谷直子、宇崎竜童、奥田瑛二、大西信満、大西礼芳、下元史朗、藤本泉、梅舟惟永、諏訪太朗、田中美奈子、真木順子、亜湖、長尾和宏、田村泰二郎、東山明美、安部智凛、石山雄大、幕雄仁、長澤智子、鈴木秀人

映画『痛くない死に方』のあらすじ


(c)「痛くない死に方」製作委員会

在宅医療に従事する河田仁(柄本佑)は、日々仕事に追われる毎日で、家庭崩壊の危機に陥っていました。

そんな時、末期の肺がん患者である井上敏夫(下元史朗)に出会います。

敏夫の娘の智美(坂井真紀)の意向で痛みを伴いながらも延命治療を続ける入院ではなく“痛くない在宅医”を選択したとのこと。

しかし、河田は電話での対応に終始してしまい、結局、敏夫は苦しみ続けてそのまま死んでしまいます。

「痛くない在宅医」を選んだはずなのに、結局「痛い在宅医」になってしまいました。

それなら病院にいさせた方が良かったのか、病院から自宅に連れ戻した自分が殺したことになるのかと、智美は河田を前に自分を責めます。

在宅医の先輩である長野浩平(奥田瑛二)に相談すると、病院からのカルテでなく本人を見て、肺がんよりも肺気腫を疑い処置すべきだったと指摘される河田。

結局、自分の最終的な診断ミスにより、敏夫は不本意にも苦しみ続け生き絶えるしかなかったのかと、河田は悔恨の念に苛まれます。

長野の元で在宅医としての治療現場を見学させてもらい、在宅医としてあるべき姿を模索することにする河田。

大病院の専門医と在宅医の決定的な違いは何か、長野から学んでゆきます。

2年後、河田は、同じく末期の肺がん患者である本多彰(宇崎竜童)を担当することになり、以前とは全く違う患者との向き合い方をする河田。

ジョークと川柳が好きで、末期がんの患者とは思えないほど明るい本多と、同じくいつも明るい本多の妻・しぐれ(大谷直子)と共に、果たして、「痛くない死に方」は実践できるのでしょうか…。

まとめ


(c)「痛くない死に方」製作委員会

在宅医療のスペシャリスト・長尾和宏のベストセラー映画化『痛くない死に方』は、2021年2月20日(土)よりシネスイッチ銀座ほかにてロードショーです。

また、柄本佑がナレーションを務める、これまでに2500人を看取ってきた在宅医・長尾和宏の命の駆け引きの現場を収めたドキュメンタリー映画『けったいな町医者』は2月13日(土)にシネスイッチ銀座ほか全国順次公開されます。

あわせて、ご期待ください。


関連記事

新作映画ニュース

映画『ジェシカ』あらすじ。キャストのアオミ・ムヨックが女戦士を演じた近未来SFアクション【未体験ゾーンの映画たち2020】

謎に満ちたニューヒロインが降臨する近未来SFアクション。 ベルリン映画祭短編部門金熊賞受賞のキャロリーヌ・ポギ&ジョナタン・ヴィネル監督長編デビュー作『ジェシカ』。 (C) 2018 Ecce fil …

新作映画ニュース

エイミーアダムス映画『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』あらすじ/キャスト/公開日。Netflix配信前に劇場にて先行上映!

ロン・ハワード監督最新作 エイミー・アダムス×グレン・クロース出演 実話に基づいた3世代にわたる家族の“愛”と“再生”の物語が誕生しました。 Netflix映画『ヒルビリー・エレジー 郷愁の哀歌』が、 …

新作映画ニュース

『餓鬼が笑う』あらすじ/キャスト/映画公開日/上映館。平波亘監督が田中俊介を主演に描くモスクワ国際映画祭出品!

第44回モスクワ国際映画祭正式出品作 「第44回モスクワ国際映画祭」アウト・オブ・コンペティション部門に正式出品された平波亘監督『餓鬼が笑う』。 (C)OOEDO FILMS この度、映画『餓鬼が笑う …

新作映画ニュース

映画『アウシュヴィッツ・レポート』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。実話の12万人の命を救った脱走者を描く

アカデミー賞国際長編映画賞<スロバキア代表>作品! 2021年(第93回)アカデミー賞国際長編映画賞のスロバキア代表作品である『The Auschwitz Report』。 (C)D.N.A., s. …

新作映画ニュース

映画『HAKONIWA』あらすじ/キャスト。秋元龍太朗が主演する若松宏樹監督の長編SFが制作開始!

映画『HAKONIWA』は2020年完成予定。 アメリカの大学院で監督専攻のMFAを取得した若松宏樹監督。 若松宏樹監督 卒業制作のSF短編映画では国内外で高い評価を得た若松監督が、秋元龍太朗と佐藤乃 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学