Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2020/08/27
Update

映画『ウルフズ・コール』あらすじ/キャスト/公開日/予告動画。フランス発潜水艦アクションが劇場上映!

  • Writer :
  • 石井夏子

セザール賞3部門ノミネート(第一回監督作品賞/美術賞)1部門受賞(音響賞)。
新たな極限を突きつける緊迫の潜水艦サスペンス&アクション大作!

昨年開催された「フランス映画祭 2019」で公開され、喝さいを浴びた映画『ウルフズ・コール』。

(C) 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

本国アカデミー賞(セザール賞)3部門ノミネート、1部門受賞(音響賞)の、“フランス発潜水艦ムービー”が、遂に2020年9月25日(金)より劇場公開となります。

併せて予告編・ポスター・場面写真を一挙解禁します。

スポンサーリンク

映画『ウルフズ・コール』について

(C) 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

本作は、“黄金の耳”と呼ばれる人並み外れた聴覚を持つ、フランス海軍潜水艦分析官・シャンテレッドの物語です。

彼が謎のソナー音“狼の歌”を持つ船艇に翻弄されるさまや、その船艇からフランスに向け核ミサイルが発射されるという一大事を描き出しました。

監督と脚本は、本作が初めての長編監督となる、外交官出身のアントナン・ボードリー

キャストにはフランソワ・シヴィル、『野性の呼び声』のオマール・シー、『ミュンヘン』のマチュー・カソヴィッツら実力派俳優が結集し、潜水艦の中での緊張感をリアルに演じました。

映画『ウルフズ・コール』のポスタービジュアル

(C) 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

完成したポスタービジュアルでは、「それは、人類滅亡への呼び声」というキャッチコピーと共に、潜水艦が炎上するデザインが描かれいます。

シャンテレッドたちの行末を予見しているのか、気になるデザインに仕上がりました。

スポンサーリンク

映画『ウルフズ・コール』の予告編

今回到着した日本版予告編では、フランス軍の潜水艦・チタン号に乗船する、特殊分析官・シャンテレッドの奮闘が映し出されていきます。

“黄金の耳”と呼ばれる人並み外れた聴覚を持つシャンテレッドは、僅かな音を探知する分析官として活躍を果たしていました。

本映像内では、突如深海に鳴り響いた謎の音“狼の歌”を聞き取ってしまったシャンテレッドの姿と共に、どんどん危機に直面していく様子が描かれていき、本作の緊迫感が伝わる映像となっています。

ベーリング海から発射されるミサイル、海中に潜む正体不明の艦影といったスケールが大きいアクシデント、さらに何度も鳴り響く不気味な“狼の歌”など、得体の知れない恐怖が目白押しで、観客の期待値を高める演出が散りばめられました。

果たしてシャンテレッドは、“狼の歌”の正体を突き止めて、危機を脱する事が出来るのか…。

“フランス発潜水艦ムービー”の出来栄えに、期待が高まりますね。

映画『ウルフズ・コール』の作品情報

(C) 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

【日本公開】
2020年(フランス映画)

【原題】
Le Chant du loup

【監督・脚本】
アントナン・ボードリー

【キャスト】
フランソワ・シヴィル、オマール・シー、マチュー・カソヴィッツ、レダ・カテブ

【字幕翻訳】
大城哲郎

スポンサーリンク

映画『ウルフズ・コール』のあらすじ

(C) 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

フランス軍の潜水艦で、並み外れた聴覚を活かし「黄金の耳」と呼ばれる特殊分析官として従事するシャンテレッド。

それは僅かに聞こえる音から敵の動向を探る重要なポジションです。

しかしシリアでの潜航任務中、彼は怪しげな音に気づくも識別に失敗し、その判断ミスから甚大な危機を招いてしまいます。

彼の耳を惑わせたのはまるで“狼の歌(呼び声)”のような正体不明のソナー音。

やがて再びその音が聞こえたとき、シャンテレッドは人類滅亡の危機を賭けた決断を迫られ…。

まとめ

(C) 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR

新たな極限を突きつける緊迫の潜水艦サスペンス&アクション大作にご期待ください。

映画『ウルフズ・コール』は2020年9月25日(金)より公開です。

(C) 2019 – PATHE FILMS – TRESOR FILMS – CHI-FOU-MI PRODUCTIONS – LES PRODUCTIONS JOUROR – JOUROR


関連記事

新作映画ニュース

石井裕也映画『生きちゃった』あらすじ。キャストに仲野太賀と若葉竜也を迎え2020年公開!

日本映画界を牽引する石井裕也監督の最新作 国内外の数々の映画賞を受賞してきた石井裕也監督待望のオリジナル脚本による新作『生きちゃった』。 映画『生きちゃった』 映画『生きちゃった』が2020年に全国公 …

新作映画ニュース

映画『ANNA/アナ』予告編/上映館。リュック・ベッソンが戦うヒロインを描くエンターテインメント!

『ニキータ』『レオン』に続く最強にして美しいヒロインが登場。 『ニキータ』(1991)、『レオン』(1995)、『LUCY/ルーシー』(2014)で魅力的な“闘うヒロイン”を次々生み出してきたリュック …

新作映画ニュース

映画『真夏の夜のジャズ4K』日本公開日/上映館。音楽ドキュメンタリーのデジタルリマスター版がスクリーンに蘇る!

『真夏の夜のジャズ』初公開から60周年。 ジタルリマスターされた4K版が本邦初公開! 日本のジャズシーンの方向性を決定づけたと言われる伝説の夏フェス(アメリカ最大級の音楽フェスティバル「ニューポート・ …

新作映画ニュース

オンライン映画館でビー・ガン新作『凱里ブルース』配信!おすすめ動画が見られるリビングルームシアター開設

『凱里ブルース』『ロングデイズ・ジャーニー』『黒四角』などを上映。 ビー・ガン監督と奥原浩志監督からビデオメッセージも到着。 2020年4月18日より東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムで公開を予 …

新作映画ニュース

【2020年2月7日〜2月8日公開】Cinemarcheおすすめ映画情報

< あなたと映画の結び目。 チョッとだけツウ好みな映画WEBマガジン【Cinemarche:シネマルシェ】 photo by 田中舘裕介 映画感想レビュー&考察サイト「Cinemarche( ...

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学