Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【ネタバレ】フューリアス ワン|あらすじ感想評価とラスト結末解説。おすすめアクションで潜入捜査官は謎のドラッグの正体を追う【B級映画 ザ・虎の穴ロードショー86】

  • Writer :
  • 秋國まゆ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第86回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」。第86回は、2021年製作のロシアのハイスピードアクション映画『フューリアス ワン』です。

両親と恋人を殺された過去を持ち、強盗殺人の罪をなすりつけられ起訴された男イゴール。仲間の手助けによって護送途中に逃亡した彼は、街を牛耳る麻薬ディーラーの仕事を手伝い、高級車を乗り回す派手な逃亡生活を送ります。

しかしそんな彼の正体は、「新種のドラッグの出どころを探る潜入捜査官」だったという物語は、具体的にどんな内容だったのでしょうか。

パヴェル・プリルチニー主演のハイスピードアクション映画『フューリアス ワン』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

映画『フューリアス ワン』の作品情報


(C)Crub’s Film LLC

【公開】
2021年(ロシア映画)

【英題】
Silver Spoon:The furious One

【監督】
ニコライ・ブルイギン、マックス・ポリンスキー

【脚本】
セルゲイ・カルチュラノフ、オレグ・マロヴィチコ

【キャスト】
パヴェル・プリルチニー、イフゲニー・スティチキン、アグニア・ディコフスキーチェ、ダニエル・ヴォロビョフ、ウラジミ-ル・セレズニョウ、ドミトリー・シェフチェンコ、アレクサンダー・オブラソフ、イゴール・ジジキン、パヴェル・シャニョフ、エレナ・ドロニナ、アナスタシア・ドゥブロビナ、オルガ・ドゥブロビナ、ダリーナ・アーヴィン、セルゲイ・ガラホフ、エヴゲーニィ・ハリトーノフ、ルスタム・ハジエフ、ジュンスケ・キノシタ、ミハイル・クリヤエフ

【作品概要】
ロシアの犯罪テレビドラマ「シルバースプーン」シリーズ(2014)のニコライ・ブルイギンとマックス・ボリンスキーが監督を務めた、ロシアのハイスピードアクション作品です。

フロンティア』(2017)のパヴェル・プリルチニーが主演を務めています。

映画『フューリアス ワン』のあらすじとネタバレ


(C)Crub’s Film LLC

ロシア。両親と恋人を殺された悲しき過去を持つ男イゴール・ソコロフスキーは、仲間のエフゲニー・アヴェリャノフとアンドレイ・プリャニコフ、アルカジー・イグナチェフ、イヴァン・ソロヴィヨフと共にフェニックス銀行強盗殺人の罪を着せられ、起訴されてしまいました。

エフゲニーたち4人は有罪で懲役10年と判決が下されましたが、裁判が確定した日から1年間、保護観察つきで刑の執行が猶予され、すぐに釈放されることに。

対してイゴールは懲役20年の実刑判決が下され、拘置所から重犯罪者が送られる厳重警備の連邦刑務所に移送されることになりました。

ところが護送途中、イゴールはアルカジーとイヴァンの手助けによって逃亡。助けてくれた2人を置き去りにしてまで向かった先は、街を牛耳る麻薬ディーラーのヴラドの元でした。

ヴラドは妻のゾーイのアートギャラリーを隠れ蓑にして、密売人と新種の合成麻薬「クリスタル」を購入する金のやり取りを行っていました。

ですがこの日は、同業者のキャッシュから、他の売人を紹介して欲しいと頼まれます。

理由は、クリスタルがもたらす利益をヴラドに独占させないためです。ヴラドは「自分でなければ先方は取引しない」と断り、キャッシュとその手下たちを追い払いました。

その直後、現代美術家メイ・リーの彫刻作品を競売しているオークション会場にいるゾーイの元に戻ったヴラドは、ボーイに扮していたイゴールと7年ぶりの再会を果たしました。

するとそこへキャッシュが乱入し、大量のクリスタルが入った鞄をヴラドの足元に置いて、その場を後にしました。

キャッシュとその一味とすれ違うように、オークション会場にロシア警察の麻薬取締官ミハイル・ポコージンと彼のチームが、麻薬捜査しにやってきます。

クリスタルは今、モスクワの街で若い男女を中心に流行しており、麻薬中毒に陥り死亡する事件が多発しているのです。

すぐにキャッシュの仕業だと悟ったヴラドは、のらりくらりとポコージンの追及をかわし、煙に巻こうとしました。

イゴールはポコージンがヴラドに声をかけるより先に、メイの彫刻作品を利用してクリスタルを燃やします。

これによりヴラドを逮捕することも、クリスタルを押収することもできなかったロシア警察。ですが、ただ黙って帰るわけにはいきません。

ポコージンは去り際に、「クリスタルの依存性は胎児に遺伝する。そんな赤ん坊が今も病院で生まれている」と言い、ヴラドとゾーイの夫婦関係に亀裂を生じさせました。

翌日。ヴラドがイゴールを匿い、逃亡先を手配する代わりに、イゴールは彼の仕事を手伝うことにしました。最初の仕事は、ヴラドの腹心であるボリス・フェドロフと共に、ギャラリーで仕事をするゾーイを護衛することです。

しかしキャッシュの手下2人が配送業者に扮し、ギャラリーを襲撃。取引のために利用しようと、ゾーイを拉致しようとします。

ボリスたちより先に異変に気づいたイゴールは、殺されたヴラドの手下数人の亡骸を飛び越え、彼らをたった1人で撃退。ゾーイを無事救出します。

遅れて現場に駆けつけたボリスは、瀕死状態のキャッシュの手下を拘束し、イゴールたちと一緒に屋敷に戻って、このことをヴラドに報告。

報告を聞いたヴラドは激怒し、ゾーイの護衛という役目をきちんと果たせていなかったボリスを叱責します。そして縛りつけられたキャッシュの手下を、ボリスの銃で撃ち殺し、皆に「仕返しに行くぞ」と言いました。

その日の夜。ヴラドたちはキャッシュが持つクリスタルの密売所を襲撃。そこにいたキャッシュの手下を全員皆殺しにした上で、密売所にガソリンをまいて燃やしました。

ですが、この同業者同士で戦争を始めたことがメイの耳に入り、ヴラドは「こんな状況が続くようなら、あなたにうちの商品を任せられない」、「私との取引を続けたいならキャッシュと和解して」と言われてしまいました。

実はメイの正体は、韓国の巨大な犯罪グループの一員であり、ヴラドのビジネスパートナーでした。

クリスタルの元締めがメイだという情報を掴んだイゴールは、ストリップクラブでポコージンと密会し、このことを報告しました。

実はイゴールの正体は、クリスタルの出どころを探るために潜入している特別捜査官でした。

ヴラド・ボリス・ゾーイはイゴールが警察関係者だと気づいていましたが、ヴラドの命により、黒幕が誰なのか分かるまで彼を泳がせていました。

一方エフゲニーは、イゴール捜しの指揮を執っている連邦保安庁(FSB)の職員シモネンコに協力を求めました。その際、エフゲニーは疑問に思っていたことを彼に打ち明けます。

それはフェニックス銀行強盗殺人の罪を着せられ、起訴されたはずのエフゲニーたち4人は即釈放され、同罪で実刑判決を受けたはずのイゴールがあっさりと逃亡できたこと。

加えて同罪であるはずのシモネンコが、なぜか裁判を免れ、FSBの管轄外である逃亡犯の逮捕に動いていることについてです。ですがシモネンコはエフゲニーの疑問には答えず、彼に協力することを断りました。

エフゲニーはアンドレイと共にアルカジーたちの元へ行き、イゴールの居場所を知らないかと尋ねます。ですが2人は、逃亡を手助けした途端にイゴールにその場に置き去りにされてしまったため、彼の居場所は知りませんでした。

フェニックス銀行強盗殺人事件後、イゴールは1人で行動していると聞いたエフゲニーは「あの事件後、(アルカジーの)娘さんは精神病院に送られ、俺たちは執行猶予で、イゴールは実刑だ。変だと思わないか?」「何かに巻き込まれているんだ、イゴールには借りがある」と言ってイゴール捜しに協力してくれないかと頼みます。

しかしアルカジーたちはイゴールに裏切られたと憤っていたため、断られてしまいました。

翌日。病院に行って、母親が妊娠中にクリスタルを使ったことで、生まれたばかりの胎児が遺伝による薬物中毒で苦しんでいる現実を目の当たりにしたゾーイは、それを知っていながら、クリスタルを売っていたことを隠していたヴラドを糾弾します。

気が短いヴラドはカッとなってゾーイに手を上げ、止めに入ったイゴールを殺そうとしましたが、ゾーイの声で我を取り戻し彼女に泣いて縋りました。

その日の夜。クリスタルのせいで突如豹変してしまったヴラドの姿にショックを受けたゾーイに、イゴールは「あまり考えすぎない方がいい。気晴らしにまたギャラリーでオークションをやったら?」と言って慰めようとしました。

これに対しゾーイは、「あれはクリスタルの代金として、密売人たちがメイの彫刻作品を買っているだけ。楽しいものではない」と言いました。

イゴールがクリスタルの売買もオークションで行われているのかと聞くと、「ギャラリーではお金のやり取りしかしていないから、クリスタルの製造や取引について詳しいことは何も知らない」とゾーイは答えました。

以下、『フューリアス ワン』ネタバレ・結末の記載がございます。『フューリアス ワン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)Crub’s Film LLC

2人がそんな会話をしているとは知らないヴラドの元に、あるニュースが届きました。それはキャッシュがクリスタルの輸送車だと勘違いして、救急車を襲撃した事件を報じたニュースでした。

それを見て不敵な笑みを浮かべたヴラドは、ボリスと共にイゴールの部屋に行き、彼に逃亡生活に必要な免許証・パスポート・金を渡しました。

それでイゴールをここから追い出すつもりでしたが、彼は正式に仲間に入れて欲しいと頼んできたのです。ヴラドはそんなイゴールを歓迎し、正式に仲間にしました。

ヴラドたちが去った後、イゴールの元にアルカジーとイヴァンがやって来ます。イゴールが乗り回していた赤いBMWの車のナンバーから、彼の潜伏先を突き止めたのです。

そして2人は、自分たち4人の自由と交換条件で、イゴールがロシア警察に協力していることを知りました。

その後、イゴールはヴラドから、キャッシュのもう1つのクリスタルの密売所を襲撃し、キャッシュを殺して彼の顧客を奪うことを計画していると伝えられます。

翌日。イゴールはポコージンと密会し、盗聴器を入手。しかしその現場をボリスに見られてしまい、ヴラドはキャッシュとやり合う際、どさくさに紛れてイゴールを殺すようボリスに命じました。

その会話を偶然聞いてしまったゾーイは、イゴールにそのことを伝え、荷物をまとめて早くここから立ち去るよう言いました。

ところがイゴールは聞く耳を持たず、逆にポコージンから入手した盗聴器を利用し、彼に任意聴取を受けているボリスを裏切り者に仕立て上げるのです。

しかしここで予想外の問題が起きます。激怒したヴラドはイゴールの制止を聞かず、ボリスを射殺。イゴールもこちらに銃を向けたポコージンを殺すしかありませんでした。

ヴラドと別れた後、イゴールはたった1人でキャッシュの元に赴き、和解を申し出ました。当然、キャッシュの答えはノーです。

イゴールはアルカジーたちに協力を仰ぎ、警察に通報。さらにキャッシュの車のトランクにボリスたちの遺体を隠し、駆けつけた警察に彼を殺人容疑で逮捕させます。

次にイゴールはアルカジーたちに頼んで武器を調達し、クリスタルの密売所を襲撃。イゴールへの怒りに燃えているキャッシュの手下たちと激闘を繰り広げていきます。

激闘の末、クリスタルの密売所を制圧し乗っ取ったイゴールは翌朝、ヴラドにキャッシュが持っていた金を渡し、彼の手下たちはこちら側に寝返ったと報告。これに気分を良くしたヴラドは、イゴールを信頼して、救急車を使ってクリスタルを売人の元へ運んでいることを打ち明けます。

しかもクリスタル自体も、ベビーフードに偽装しているため誰も怪しみません。売人が買えるのは週に一缶までですが、カフェや薬局でも簡単に受け取れてすぐに売り切れます。

イゴールがクリスタルの製造場所を尋ねると、ヴラドは「じきに話す。俺の相棒だからな」と返しました。

クリスタルの出所を突き止めるまであと一歩まできたイゴールは、列車が通る鉄橋でポコージンと密会し、メイと会うことになったと伝えます。実はイゴールは事前に打ち合わせしたとおり、急所を外し、致命傷にはならない3箇所を撃ってポコージンの死を偽装したのです。

イゴールが逃亡して2週間後。ヴラドがやっていることに良心が痛み、精神的に限界を感じたゾーイは警察に通報。自分が知っている情報を全て話し、自首しようとしました。

しかし通報により駆けつけた刑事は、ヴラドが既に買収していた刑事でした。ゾーイの裏切りを知ったヴラドは激怒し、彼女を殴りました。

怒りと同時に、ゾーイを信じたい気持ちが強かったヴラドは、誰かに唆されて自分を裏切ったのではないかと彼女に尋ねます。ですがゾーイは、「誰かに唆されて裏切ったんじゃない。全部あんたのせいよ、愛も冷めた、大嫌い」と答えてしまい、さらに火に油を注いでしまう始末です。

ヴラドがゾーイを殺そうとするのを見て、堪らずヴラドに襲い掛かるイゴール。ヴラドはゾーイを唆し、裏切らせたのはイゴールだと勘違いし、彼を殺そうとします。

ゾーイは震える体を奮い立たせ、イゴールを助けるためにヴラドの後頭部を酒のボトルで殴りました。ですが、ヴラドをこのまま死なせるわけにはいきません。

イゴールはヴラドを急いでプールから引き上げ、彼の携帯を没収。そしてゾーイに、「必ず君を助けるから、俺の指示に従ってくれ」と協力を求めました。

イゴールはゾーイと協力してヴラドの体をBMWの車まで運び、屋敷から逃走。ゾーイを病院の前で降ろし、メイトの待ち合わせ場所に向かいます。

ヴラドの手下たちはイゴールたちを追いかけようとしますが、シモネンコたちFSBに屋敷を包囲され、身柄を拘束されてしまいました。


(C)Crub’s Film LLC

メイが指定してきた場所は、街の北にある立体駐車場でした。イゴールとメイが話していると、ポコージンたちロシア警察が現場に乗り込んできます。

実はここへ来るまでの間、イゴールはポコージンに、メイとこの場所で会うことになったと報告していたのです。

メイはいきなり現れたポコージンを見て、イゴールに「あなたこいつと手を組んでるの?私の商売敵よ」と言いました。

それに疑問を持ったイゴールの言葉を遮り、ポコージンは「韓国にいるメイの父親と息子は自分たちが”救出して”保護した」と告げました。その会話の最中、意識を取り戻したヴラドは、トランクから機関銃を取り出してイゴールを殺そうとします。

その銃声を聞いて、立体駐車場の外にいたシモネンコたちは現場に急行。ヴラド、イゴール、巨大な犯罪グループ、ロシア警察とFSBそれぞれの思惑が交錯しながら銃撃戦を繰り広げていきます。

銃撃戦の末、薬物摂取によるアドレナリンの過剰分泌で体中撃たれても銃を撃ち続けたヴラドでしたが、イゴールの目の前で後ろからシモネンコに撃たれ死亡。

ポコージンたちは危うくメイの仲間に間違えられて逮捕されそうになりますが、シモネンコが彼のIDを確認。ひとまず、どさくさに紛れて車で逃走したイゴールとメイを追いかけることにしました。

イゴールたちはカーチェイスの末、立体駐車場の屋上から隣のオフィスビルにダイブ。車を乗り捨て走って逃げようとしました。

そんな2人の前に立ち塞がったアンドレイ。警察無線を傍受し、エフゲニーと共にここまで追いかけてきたのです。

互いに銃を突きつけ合うイゴールとアンドレイ。「ポコージンに用があるから邪魔をしないでくれ」と言うイゴールに対し、アンドレイは「あいつは死んだ。それでも行くと言うなら俺を撃て」と言いました。

やむを得ず、イゴールは銃を発砲。関節痛で足が悪いエフゲニーはそれを目の当たりにして、慌てて倒れたアンドレイの元に駆け寄ります。

アンドレイは服の下に防弾ベストを着ていたため無事でした。イゴールにもそれを伝えた上で、彼に撃たせたのです。

イゴールは逃げたメイを探すのを諦め、連絡がとれないゾーイの元へ向かいましたが、彼女は病室にいませんでした。

ポコージンはイゴールに電話をかけ「女を預かった。メイを逃したことを不問にしてほしければ、24時間以内に指定した場所に彼女を連れてこい」と脅迫します。

その日の夜。イゴールはヴィクリア・ロデオノワという女性の墓前で「全部俺のせいだ。友達もゾーイも君も、全員裏切った」と弱音をこぼしました。

そこへイゴールの仲間が現れ「それをいうなら俺も大勢死なせた、お前の家族もな」「ここまできたら最後まで付き合うよ。復讐でもなんでも」「言ってくれ、俺たちは何をすればいい?」と言いました。

翌日。イゴールたちはイヴァンたちが潜伏していた隠れ家に集まり、今後の作戦について話し合いました。

イゴールは、ポコージンとモスクワの中心部にあるビル「モスクワシティ」の屋上で会う約束をしています。

問題なのは、屋上への行き方です。普通に階段で屋上へ行っても、武器を取り上げられ丸腰にされ、殺されてしまう可能性があります。

するとそこへ、シモネンコたちが登場。シモネンコ曰く、ポコージンはクリスタルの利権を掌握しようと企んでいるといいます。

シモネンコが指揮を執るFSBの捜査本部は長年、そんなポコージンの動向を探っていて、先日の取引現場で一網打尽にする予定でした。

それをイゴールの暴走のせいで失敗したと非難するシモネンコに対し、イゴールは「ポコージンに拉致されたゾーイが証拠になる」と言いました。

アルカジーが「メイも必要だ」と言うと、イゴールは「彼女はいない」と回答。するとシモネンコが、「メイはいる」と言うのです。

実はメイは、ビル内のカフェに逃げ込みましたが、家族の訃報を聞いて隙を作ってしまい、駆けつけたシモネンコたちに逮捕されてしまいました。

その後、イゴールはメイを連れてモスクワシティへ行き、今度は敵としてポコージンと対峙しました。ポコージンの正体は、麻薬組織のボスだったのです。

正体を知られたポコージンは態度を豹変し「クリスタルの利権を掌握することは国益の問題だ」「ロシアにとって薬物は国の文化と並ぶ産出物。だから”輸入品”は私が取り締まる」と言いました。

この間、イゴールの仲間とシモネンコは、ゾーイの救出に向かいます。

アルカジーとイヴァンは宅配業者に扮して正面玄関から、アンドレイとシモネンコは清掃業者に扮してそれぞれビル内に潜入。

エフゲニーはシモネンコたちのサポートに回り、手分けしてゾーイが監禁されているであろうビル内の空きオフィスを捜索。その結果、ゾーイがいる空きオフィスを探し当てたエフゲニー・アンドレイ・シモネンコが、ポコージンの手下を撃退し、彼女を無事救出しました。

その連絡が届いた直後、イゴールは屋上に駆けつけたアルカジーとイヴァンと一緒に、勝ち誇った気でいるポコージンたちを強襲。

ポコージンの手下を排除することはできたものの、肝心の彼はメイを人質に取り、ビルの端の方へ後退。そしてイゴールたちに、「メイと彼女のラボは私が押さえてある、つまりクリスタルの利権は私のもの、麻薬取締官であるこの私が支配するのだ」と笑いながら告げるのです。

ですがイゴールたちは無反応でした。それもそのはず、ここへ来る途中にメイがイゴールに、クリスタルに関して話していたからです。

メイ曰く、ラボなんてものはなく、クリスタルの製造方法はメイの明晰な頭脳の中にあること。

クリスタルは強力な薬物で世界中で安く作れますが、精製法が特殊だからメイがその利権を独占できたこと。クリスタルがたくさんの人の命を奪うものだと知りながらも、マフィアに父と息子を人質に取られていたから、メイはクリスタルを作るしかなかったこと。

そして、メイの父はクリスタルの精製法を盾に家族を守ろうとしましたが、それが逆に災いを招いてしまったといいます。

メイは「私のラボが欲しいならあげる」と言って、自らビルの屋上から飛び降り自殺しました。手錠で繋がったポコージンを道連れにして。

その後、ゾーイは救急搬送され、イゴールたちはシモネンコに事件の後始末を任せてその場から去りました。

イゴールは歩きながら、この5人で「暴走屋」という探偵社を起こそうと提案します。4人の答えはもちろん、イエスです。

映画『フューリアス ワン』の感想と評価


(C)Crub’s Film LLC

最難関の任務に挑む男たち

両親と恋人を殺された過去を持ち、銀行強盗殺人の罪を着せられてしまったイゴールとその仲間たち。彼らの正体は作中で明確に描かれていませんが、FSBのシモネンコとの会話から察するに、彼らはFSBの特別捜査官だったのでしょう。

イゴールたちがなぜ銀行強盗殺人の罪を着せられたかも、作中では誰も明言していません。イゴールとヴラドが旧知の間柄であったことと、イゴールが事件後に単独で潜入捜査を行っていたことから、クリスタルに関する潜入捜査の一環で致し方なくしてしまったことなのではないかと考察できます。

ただいずれにせよ、FSBからも追われる身となってしまったイゴールとしては、ポコージンたちロシア警察に協力して潜入捜査を続行するしかありません。

それには、4人の仲間の自由がかかっているのですから。エフゲニーたちは、イゴールを見つけ出してそのことを知らされました。

一度は任務のためバラバラになってしまったイゴールたちでしたが、物語の最後の最後でまた1つのチームとなって事件を解決した場面は、彼らの信頼関係を感じられる格好良いアクション場面で、観ているだけで胸が熱くなります。

驚くべき黒幕の正体


(C)Crub’s Film LLC

物語の後半にイゴールがメイト立体駐車場で対峙するまで、ポコージンたちロシア警察は彼の味方だと誰もが思ったことでしょう。

ですが物語の終盤で、実はポコージンとその手下たちが事件の黒幕であったことが発覚。ポコージンは自らの野望のために、イゴールを利用していたのです。

ポコージンの野望とは、クリスタルの利権を掌握し市場を独占、支配すること。

しかもシモネンコからポコージンの情報を聞いたであろうイゴールの口から明かされた、麻薬組織のボスという恐るべき裏の顔を持っていたこともとても衝撃的でした。

まとめ


(C)Crub’s Film LLC

クリスタルの出所を突き止めるべく潜入捜査をしていた特別捜査官、ロシア警察、FSB、巨大な犯罪グループと麻薬ディーラーのそれぞれの思惑が交錯するクリスタルの利権争奪戦を描いたロシアのハイスピードアクション作品でした。

イゴールたちが繰り広げるクリスタルの利権争奪戦は、1つ先の未来すら誰も予想できないほど、誰が何をするか分からないスリルがあります。

また高級車を使ったカーチェイスに、イゴールが立体駐車場から隣のオフィスビルに飛び移った場面はとても迫力があり、カーアクション好きの人は特に心躍る場面でしょう。

自ら死を選んだメイが、ポコージンを道連れにして飛び降り自殺をするという、彼女と彼女の家族の身に起きたことを考えれば何とも複雑で後味の悪い結末で事件は幕を引きました。

ですが彼女の死は決して無駄なことではありません。クリスタルが作られないことで、これ以上犠牲者が出ない、誰もクリスタルを巡って争うことがなくなるのですから。

危険薬物の恐ろしさを物語を通して知ることができ、それを捜査する男たちの熱き戦いが観られるハイスピードアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

【連載コラム】「B級映画ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

配信状況などはU-NEXT公式サイトをご確認ください。




関連記事

連載コラム

『ランディ・ローズ』映画考察評価。没後40年の永遠のギタリストの軌跡をたどる【だからドキュメンタリー映画は面白い75】

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第75回 今回取り上げるのは、2022年11月11日(金)から新宿シネマ・カリテ、渋谷シネクイントほか全国ロードショーの『ランディ・ローズ』。 80年代 …

連載コラム

【ネタバレ】シン仮面ライダー|第2号ラストシーン/最後/結末を考察解説!シンゴジラで探る自分の“好き”×他者の“幸せ”を貫くための“自由を守る者”|仮面の男の名はシン9

連載コラム『仮面の男の名はシン』第9回 『シン・ゴジラ』『シン・エヴァンゲリオン劇場版』『シン・ウルトラマン』に続く新たな“シン”映画『シン・仮面ライダー』。 原作・石ノ森章太郎の特撮テレビドラマ『仮 …

連載コラム

『ディヴァイン・ディーバ』LGBT映画から学ぶ、生き方と愛の多様性|映画と美流百科6

連載コラム「映画と美流百科」第6回 今回は、9月1日(木)から公開予定の『ディヴァイン・ディーバ』をご紹介します。 キャッチコピーは、ブラジル発“ドラァグクイーン版”「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ …

連載コラム

【ネタバレ考察】君たちはどう生きるか|インコ大王(声優/國村隼)ら正体/意味は“宮崎駿”の絶望?“空飛ぶ夢”を破壊する空想が“退化”する現実|君たちはどう観るか4

連載コラム『君たちはどう観るか』第4回 『風立ちぬ』(2013)を最後に「長編アニメーション作品の制作からの“引退”」を表明した宮崎駿が、「宮﨑駿」に改名して挑んだ映画『君たちはどう生きるか』。 奇想 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第2講「悲劇的な行為について:アリストテレスの詩学から映画を見る」

講義「映画と哲学」第2講 日本映画大学准教授である田辺秋守氏によるインタネット講義「映画と哲学」。 第2講でも、クシシュトフ・キェシロフスキ監督の名作『デカローグ』(1989~90)を題材に、「悲劇的 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学