Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『人生、ただいま修行中』感想とレビュー評価。ニコラ・フィリベールが看護師の卵に密着|だからドキュメンタリー映画は面白い29

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第29回

“誰かのために働くこと”を選び、学んでいく看護師の卵たちに密着。

今回取り上げるのは、2019年11月1日(金)より新宿武蔵野館ほかで全国順次公開の『人生、ただいま修行中』。

『ぼくの好きな先生』(2002)のニコラ・フィリベール監督が、人命を預かる看護師たちの卵に140日間密着した奮闘の記録です。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『人生、ただいま修行中』の作品情報


(C)️Archipel 35, France 3 Cinema, Longride – 2018

【日本公開】
2019年(フランス映画)

【原題】
De chaque instant

【監督・撮影・編集】
ニコラ・フィリベール

【製作】
ドゥニ・フロイド

【作品概要】
『パリ・ルーヴル美術館の秘密』(1990)、『音のない世界で』(1992)、『ぼくの好きな先生』などで知られるフランスのドキュメンタリー映画監督ニコラ・フィリベールが、看護学校の生徒たちに140日間密着。

フィリベール自らカメラを回し、彼らが壁にぶつかりながらも、如何にして成長し学んでいくのかを、独自の温かい視線で追っていきます。

本作は、フィリベールにとっては2007年の『かつて、ノルマンディーで』以来、11年ぶりの日本公開作となります。

映画『人生、ただいま修行中』のあらすじ

(C)️Archipel 35, France 3 Cinema, Longride – 2018

フランス、パリ郊外にある看護学校で学ぶ40人の生徒。

年齢、性別、出身も異なる看護師の卵たちは、採血も点滴も抜糸もギブスを外すことも、全てが初体験。

最初こそ、右も左も分からなかった彼らも、やがて実践の現場に駆り出されます。

彼らはつまずき、時に笑い、苦悩し、それでも「誰かの役に立ちたい」と、少しずつ成長していくのです。

そうした実習の現場で、彼らが患者と自分に向き合う150日間を、フィリベール監督はつぶさにレンズ越しに見つめていきます。

スポンサーリンク

製作のきっかけは監督の生命の危機から


(C)️Archipel 35, France 3 Cinema, Longride – 2018

本作『人生、ただいま修行中』が製作されるきっかけとなったのは、監督のニコラ・フィリベールの体験に基づいています。

2016年に、フィリベール自身が塞栓症で救急救命室に運ばれてしまい、あわや生命の危機に陥ったのだとか。

九死に一生を得た彼はそこで、医療関係者、とりわけ看護師に密着した映画を撮れないかと考えたのち、本作を着想しました。

3つの構成で進行

(C)️Archipel 35, France 3 Cinema, Longride – 2018

本作は、大きく分けて3部構成となっています。

最初のパートは、入学間もない看護師の卵たちが、先生の講義を受ける様子を追います。

看護の知識がない彼らが先生の話に熱心に耳を傾けるのですが、中にはクラスメイトに抱きついたり、手を絡ませながら聞く生徒も。

要は、生徒と先生の関係がとてもフレンドリーなのです。

こうした光景は日本の看護学校ではありえないのかもしれませんが、彼らの目は至って真剣。

このあたりは、人どうしのスキンシップを大切にするフランス人気質といえるかもしれません。

(C)️Archipel 35, France 3 Cinema, Longride – 2018

次のパートでは、本格的な実習講座を映していき、人口呼吸法やギブスの外し方などを学んでいきます。

この実習で注目すべき点は、フランスでは血圧測定や採血、点滴方法といった臨床経験を早い段階から生徒に積ませるということです。

というのも、日本の病院では、臨床経験が3年未満の看護師には点滴などの施術をさせなかったり、就職の面でも「臨床経験3年以上の看護師」という条件を出す所が多いです。

実はこの条件は法律で決められているというわけでもなく、あくまでも目安として定められていたり、中にはその定義自体があやふやだったりするのだとか。

そんな日本を反面教師にしているというわけではないでしょうが、フランスではそれだけ即戦力となる人材育成に力を注いでいることとなります。

そのため、時には実際に入院している患者に協力を仰ぐことも。

つまり、本物の患者の体を使っての実習を行うのです。

初めて注射を打つ生徒の“実験体”になったと知り、明らかに不安な表情になってしまう患者などは、気の毒に思いつつも笑ってしまいます。

スポンサーリンク

病院とは社会の縮図


(C)️Archipel 35, France 3 Cinema, Longride – 2018

一方でフィリベール監督は、生徒たちのパーソナルな面にも触れていきます。

それが、3部構成の中で最後のパートにあたる、生徒へのカウンセリング。

生徒たちには、実習先での苦労や辛さを先生に相談する場が与えられています。

容易に習得できるわけでない医療技術の壁に直面したり、精神疾患や末期がんで苦しむ患者と接するうちに、次第に心が折れていく者。

中には、院内での人間関係が上手くいかない者や、泥棒に入られて落ち込む者、アルバイトの掛け持ちがきついと嘆く者など、悩みは十人十色です。

そんな彼らの率直な言葉を、カウンセリングの先生は上手く引き出し、自ら答えを見つけるよう導いていきます。

このパートに関してフィリベールは、実に60ものカウンセリング模様を収録し、その中から13を採用。

「看護学校、そして病院はいろんな人々が否応なく集まってくる場所。社会的には一番多くの種類の人々が集う、まさに社会の縮図」とフィリベールが言うように、本作はさまざまな性別、人種が暮らすフランス社会を映してもいるのです。

どんな職においても、求められるのはプロフェッショナルな人材。

その中でも、人命を預かる看護師は、常に100%の技術を要します。

いみじくも、生徒の一人がカウンセリングの場で言います。「自分が誰かの役に立つ人間だと感じたかったから、この職を選んだ」。

失敗や挫折を繰り返した卵たちが一人前となっていく過程が、胸に迫る作品です。

(C)️Archipel 35, France 3 Cinema, Longride – 2018

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【操演怪獣特集】日本の特撮技術はゴジラの着ぐるみだけではない!ワイヤーワークでシャープな造形美を活かす|邦画特撮大全28

連載コラム「邦画特撮大全」第28章 ゴジラシリーズの特集はひとまず今回で終了します。最後に特集するのが操演怪獣です。 東宝作品『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』(1967) 読者の皆様は怪獣というと、着ぐ …

連載コラム

映画『マーウェン』あらすじと感想。ロバート・ゼメキスの集大成にして赦しを自ら見つけ出す物語|シニンは映画に生かされて11

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第11回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第11回にてご紹介する作品は、『バック・トゥ・ザ・フ …

連載コラム

映画『テッド・バンディ』あらすじと感想レビュー。疑心を抱いた恋人と“もう1人の殺されなかった女性”|メランコリックに溺れたい3

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第3回『テッド・バンディ』 「シリアル・キラー」はお好きですか? 今日取り上げるのは、その語源となった連続殺人犯を描く、 ジョー・バリンジャー監督の映画『テッド・ …

連載コラム

NETFLIX映画『iBOY』ネタバレあらすじと感想。ヒーロー作品としてイギリスの現状を真正面から描く|SF恐怖映画という名の観覧車94

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile094 「携帯の破片が頭の中に入ったことで電子機器を操れるようになる」と言うスーパーヒーローのような設定で話題となったイギリス映画『iBOY』( …

連載コラム

『ヘルボーイ』感想と評価。ギレルモ・デル・トロのアカデミー賞の原点とは|最強アメコミ番付評9

連載コラム「最強アメコミ番付評」第9回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はギレルモ・デル・トロ監督の映画『ヘルボーイ』を考察していきます。 後に映画『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)でアカデ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP