Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/10/07
Update

韓国映画『毒戦 BELIEVER』あらすじ解説と考察。 姿無き麻薬王を追う刑事の執念が行きつく先は?|サスペンスの神様の鼓動22

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回ご紹介するのは、2012年の香港映画『ドラッグ・ウォー 毒戦』をリメイクし、韓国で記録的な大ヒットとなった、正体不明の麻薬王を追う、刑事の決死の潜入捜査を描く、クライムサスペンス『毒戦 BELIEVER』です。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『毒戦 BELIEVER』のあらすじ


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.
巨大な麻薬組織のボスとして君臨しながらも、誰も正体を知らない、謎多き麻薬王「イ先生」。

麻薬取締局のウォノ刑事は、長年「イ先生」を追っていますが、全く情報を掴むことが出来ません。

「イ先生」逮捕へ執念を燃やすウォノを、上司は厄介に感じ、煙たがっています。

ある時、ウォノが「イ先生」逮捕の為に、おとり捜査に使っていた女性、スジョンが殺されてしまいます。

スジョンの死にショックを受け、「イ先生」の捜査に行き詰まりと限界を感じていたウォノは、麻薬製造工場が爆破され、唯一の生き残りとなった青年、ラクと出会います。

「イ先生」の君臨する組織で、ラクは麻薬取引の連絡係を担当していた事を知ったウォノは、ラクを釈放する代わりに「イ先生」が現れる可能性のある取引現場への、案内をするように取引を持ち掛けます。

ラクがウォノの提案を承諾した事から、ウォノは麻薬取引現場への潜入捜査を開始します。

それは、狂気が支配する、危険な世界への入り口でした。

死と隣り合わせの、ウォノの執念の捜査の結末は?

そして「イ先生」とは何者なのでしょうか?

サスペンスを構築する要素①「正体不明の麻薬王」


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.
本作の物語の主軸は、主人公のウォノ刑事が追う謎の麻薬王、「イ先生」が何者なのか?という点です。

「名前だけが一人歩きしている謎の男」というと、有名な作品では『ファイトクラブ』の「タイラー・ダーデン」であったり、『ユージュアル・サスペクツ』の「カイザー・ソゼ」などが連想されるのではないでしょうか?

そして、その正体は必ず作品中の誰かであり、『毒戦 BELIEVER』も「イ先生」の正体は、登場人物の誰かなのですが、本作の登場人物は、全員が強烈な個性を放っており、全員が怪しいのです。

ウォノ刑事が最初に接触する、闇マーケットの大物ハリムは「自分の宿泊した部屋の電球がLEDだった」という理由で、部下を血まみれにする危険な男で、グラスにお酒を注ぐ際には、震えた手でグラスからお酒が溢れても注ぎ続け、次の瞬間には怒鳴り始めるという、情緒不安定さを見せます。

ラクの上司で、麻薬の売人を担当しているパク・ソンチャンも、抜け目の無い狡猾な男ですが、更にパクの上司となるブライアン理事は、クリスチャンでありながら、相手の顔面に何の躊躇もなく、何発も拳を叩きこむ異常な人間です。

強烈な個性を持つ登場人物の誰かが「イ先生」である可能性があり、作品前半の見どころになっています。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「狂気が支配する世界への潜入」


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.
本作では、前述したように個性の強いキャラクターが多数登場しますが、「イ先生」を捕らえる為に、麻薬中毒者の世界に潜入した、ウォノ刑事の立ち回りにも注目です。

ウォノ刑事は、麻薬捜査の現場に潜入する為、時にはハリムやパク・ソンチャンに変装するという、危険な手段にも出ます。

ハリムの容姿や、立ち振る舞いは真似る事が出来ますが、潜入したのは麻薬の世界。

ウォノ刑事が、麻薬を吸引しなければならない状況にも直面します。

常人とは一線を超えてしまい、狂気の支配する世界の住人となった人々は、何を見て何処で判断をしているのか、一般の人間には未知の領域です。

1つのミスが、命さえも失う可能性があり、特に中盤は緊迫した展開が続きます。

サスペンスを構築する要素③「はみ出し刑事と捨て犬」


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.
「イ先生」を追い詰める為に、命がけの潜入捜査を開始するウォノ刑事。

主人公である、ウォノも「イ先生」逮捕に執念を燃やすあまり、まともな感覚ではなくなっています。

長年の捜査も実らず、「イ先生」の正体を全く掴めないウォノは、組織の中でも煙たがられている存在です。

ウォノは、自身の一方的とも思える捜査方法に周囲を巻き込んでおり、おとり捜査に協力させていた一般人であるスジョンを失って尚、麻薬組織の情報を持ってはいますが、一般人であるラクに捜査協力をさせます。

ウォノの中に宿る、自分の目的の為であれば、手段を選ばない「執念」言い換えれば「異常さ」を感じます。

そして、ウォノに協力する事になったラクも、「イ先生」の組織一掃に巻き込まれ、組織から捨てられたばかりか、母親も失い、拠り所を失った人間です。

強引とも言えるウォノの捜査に、協力するしかなくなったラク。

組織の厄介者の刑事と、組織から見捨てられた男。

同じタイプに思えますが、感情の起伏が激しく、時に暴力的なウォノに対し、ラクは感情を表に出さず、常に無表情で、実際は正反対の2人です。

「イ先生」を探るタイプの違う2人が、行きつく結末とは?

スポンサーリンク

映画『毒戦 BELIEVER』まとめ


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.
本作の物語の主軸は「正体不明の麻薬王が誰なのか?」という部分ですが、主人公のウォノの生きざまにも注目していただきたいです。

正体を見せない「イ先生」を逮捕する為、ウォノは執念を燃やしていますが「実態の無い相手の捜査」という下手をすると、ゴールの見えない捜査を続けている事になります。

上司から呆れられていますが、ウォノは部下には慕われているように見えます。

しかし、部下たちも「イ先生」を逮捕するというよりは、ウォノの執念に突き動かされており、疑問を挟む余地が無いという見方も出来ます。

都市伝説レベルの相手を逮捕するという、この捜査の終着点を、ウォノ自身が見えていないのではないでしょうか?

ただ、本作の後半で「イ先生」は姿を見せます。

そして「イ先生」の正体に、意外な形で気付くウォノは、1人で決着をつける事を決断し、部下たちに、別れの言葉を送るのですが、この時の内容が、ウォノ自身を自分で否定するような言葉で、見えないはずだった終着点を、突然、意外な形で迎えてしまった、ウォノの虚無感のような部分を感じます。

そして「イ先生」と対峙したウォノの行動は、どちらとも解釈できるラストシーンとなっております。

麻薬と言う毒に狂わされた世界に、執念という狂気に毒された刑事が立ち向かう、映画『毒戦 BELIEVER』。

シネマート新宿、シネマート心斎橋他にて10月04日(金)よりロードショー公開となっています!

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

「ワールド・エクストリーム・シネマ2019」公開作品の、パニック障害を抱える女刑事が、連続殺人犯に立ち向かう、クライムサスペンス『X(エックス)謀略都市』を、ご紹介します。

関連記事

連載コラム

映画『空の青さを知る人よ』ネタバレ感想と評価。ガンダーラの真の場所と30代に贈る貴重な応援歌|映画道シカミミ見聞録42

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第42回 こんにちは、森田です。 今回は10月11日に全国公開されたアニメーション映画『空の青さを知る人よ』を紹介いたします。 監督は『あの日見た花の名前を僕達はまだ …

連載コラム

映画『ノクターナルアニマルズ』解説 と考察。ラストに向かうミスリード意味とは|偏愛洋画劇場15

連載コラム「偏愛洋画劇場」第15幕 今回の連載はファッションデザイナー、映画監督として活躍するトム・フォードによる映画第2作品目『ノクターナル・アニマルズ』(2016)です。 オースティン・ライトによ …

連載コラム

映画『彼らは生きていた』感想とレビュー評価。ピータージャクソンが第一次大戦の記録を映像マジックで綴る|だからドキュメンタリー映画は面白い34

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第34回 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのピーター・ジャクソン監督が綴る戦争の記録。 今回取り上げるのは、2020年1月25日(土)よりシアター・ …

連載コラム

映画『マローボーン家の掟』あらすじと感想。結末まで青春とホラーの新感覚が織り成す後味とは|SF恐怖映画という名の観覧車43

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile043 以前、「ホラー映画は嫌い」と言っていた知人がいました。 その理由を詳しく訪ねてみると、ドキッとさせられる描写が苦手なのかと思いきや、ホラ …

連載コラム

映画『ふたりのJ・T・リロイ』あらすじと感想レビュー。ベストセラー作家の裏の裏や、海外の出版業界の様子が垣間見られる|銀幕の月光遊戯 53

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第53回 映画『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』が2020年2月14日(金)より新宿シネマカリテほかにて全国公開されます。 2000年代の半ば、アメリカ文 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP