Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/10/03
Update

韓国映画『毒戦 BELIEVER』感想とレビュー評価。リメイクで本家元ネタをしのぐ大胆な脚色は必見!|コリアンムービーおすすめ指南14

  • Writer :
  • 西川ちょり

姿なき麻薬王を追え!

韓国で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウオー』、『デッドプール2』を抑え、初登場1位! 観客動員500万人突破の大ヒットを記録。

ジョニー・トー監督の香港ノワール作品の代表作『ドラッグ・ウォー 毒戦』を大胆な脚色でリメイクした『毒戦 BELIEVER』が2019年10月4日よりシネマート新宿他にていよいよ全国公開されます!

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『毒戦 BELIEVER』の作品情報


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.

【公開】
2019年公開(韓国映画)

【監督】
イ・ヘヨン

【キャスト】
チョ・ジヌン、リュ・ジュンヨル、キム・ジュヒョク、チャ・スンウォン、パク・ヘジュン、チン・ソヨン、キム・ドンヨン、カン・スンヒョン

【作品概要】
2012年のジョニー・トー監督作『ドラッグ・ウォー 毒戦』を、『お嬢さん』など、パク・チャヌク監督とのタッグで知られる脚本家チョン・ソギョンが大胆に脚色。

韓国映画界を支える実力派俳優の一人チョ・ジヌンと、韓国若手俳優の中でも卓越した演技力を持つリュ・ジュンヨルがW主演した韓国ノワール。

闇マーケットの王・ハリムを演じたキム・ジュヒョクは、本作が遺作となった。

映画『毒戦 BELIEVER』のあらすじ


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.

麻薬取締局のウォノ刑事は長年にわたって麻薬王の“イ先生”を追いかけていました。

“イ先生”は、麻薬組織のボスとして悪名をとどろかせながらも、誰一人としてその顔も本名も経歴も知らない謎の人物です。追っても追っても、その尻尾すらつかむことができません。

ある日、麻薬製造工場が爆破され、事故現場から唯一の生存者が発見されます。男の名はラク。彼は意識不明で病院に運ばれますが、刑事が医師と話すために3分間席をはずした間に、姿が見えなくなります。

あわてて防犯カメラで行方を追うと、彼は麻薬製造工場で下働きをしていて爆発に巻き込まれた母の遺体が安置されている場所にたたずんでいました。

取り調べの結果、ラクは麻薬の取引の連絡係をしていたことが判明。ウォノ刑事は組織に見捨てられたラクと手を組み、潜入捜査に乗り出します。

ウォノ刑事たちの前に現れたのは、闇マーケットの王、狡猾なドラッグディーラー、ジャンキーの毒婦、麻薬作りの天才姉弟、残虐なクリスチャンといった麻薬に魅入られた狂気の人々でした。

それぞれの思惑が交錯し、絡み合い、物語は思わぬ展開へと突入していきます。

スポンサーリンク

映画『毒戦 BELIEVER』の解説と感想


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.

大胆な脚色の中に浮かび上がる本家の香り

韓国映画において、ある作品をリメイクするということは、その作品を最大限にリスペクトしつつ、さらに面白いものに仕上げてみせるという意味合いを持っています。

勿論、それは韓国映画に限らずどこの国の製作者にも言えることなのですが、韓国映画の場合、リメイクするということは“自分たちならもっと面白くできる(作る)”という一点につきるのです。そのためには大胆な脚色も厭いません。

ジョニー・トーの『ドラッグ・ウォー 毒戦』は序盤の怪しげな人物が乗ったバスシーンの緊張感や、クライマックスの何の盾もなく超至近距離で行われる無謀な銃撃戦など、異様にパワフルな作品でしたが、本作ではこうしたシーンはひとつも採用されていません。

『親切なクムジャさん』、『お嬢さん』など、パク・チャヌク監督作品の脚本でよく知られているチョン・ソギョンが描く世界は、ジョニー・トー作品の骨格だけを採用し、あとは別物と言ってもいい展開を見せます。リメイクとことわらなくてもいいのでは?と思えるくらいに大胆です。

しかし、不思議です。見終えたあと、確かにジョニー・トー作品の、香港ノワールのほのかな香りが感じられるのです。

この感情を具体的に説明するのは難しいのですが、まったく別ものの、韓国アクションらしい作品でありながら、そこにきっちりとジョニー・トー作品の精神を宿らせているのです。

これこそまさに、究極のリメイク作品と言えるのではないでしょうか。

狂気を秘めたキャラクターたち


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.

本作の最大の魅力は強烈な個性を発揮するキャラクターの面々です。

キム・ジュヒョク扮する闇マーケットの王ハリムの何をしでかすかわからない狂気溢れる様、パク・ヘジュン扮するドラッグ・ディーラーの狡猾で姑息なふるまい、麻薬作りの天才姉弟の不敵で独特なたたずまい、手段を選ばない残酷さを秘めたクリスチャンの御曹司など、油断ならない連中が激しく火花を散らし合います。

麻薬取締局の刑事ウォノは、ディーラーに成りすまし闇マーケットの王に交渉したかと思えば、ディーラーには闇マーケットの王に成りすまして応じるという綱渡りのような潜入捜査を行い、何がどう展開するかわからない類をみないサスペンス溢れる空間を導きます。

ウォノに扮するのは『悪いやつら』(2012)、『お嬢さん』(2016)、『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)』(2018)などの出演作で知られ、韓国映画界を代表する映画スター、チョ・ジヌンです。

麻薬製造工場の爆破で唯一生き残ったラクは、口数が少なく、孤独な、いわば社会の暗部を一身に背負わされたかのような青年です。組織からは用済みとばかり命を狙われています。

ラクを演じるのは、『タクシー運転手 約束は海を越えて』(2017)、『ザ・キング』(2017)など幅広い役柄を演じる若手実力派俳優のリュ・ジュンヨルです。リュ・ジュンヨルはキム・テリと共演した『リトルフォレスト春夏秋冬』と本作をほぼ同時に撮影したというから驚きです。

2人に加えて、ウォノの部下たちもただの動くコマにはなっていません。とりわけ、ハリムの情婦の役割を担い現場に向かい、最後には激しいアクションを繰り広げる映画初出演のカン・スンヒョンにも是非注目してください。

彼らは正体不明の”イ先生“に如何に近づいていくのでしょうか?

最高峰のスタッフが創り上げた魅惑的な世界


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.

麻薬製造工場爆破の場面は、車を降りた女性が建物に向かっていく様を俯瞰で撮っているのですが、突然建物が爆発して女性は吹っ飛び、近くの車にぶつかります。その間、カメラは固定されていてカットを割っていません。

CGなのか、合成なのか、はたまた実際に撮った映像なのかは判断できませんが、序盤から度肝を抜かれます。

撮影監督のキム・テギョンや照明監督のホン・スンチョルといった最高峰の技術スタッフが結集し、数々の魅惑的な場面を創り上げました。

風力発電の風景はたびたび映画にも現れ、フィルム映えするものですが、ここでは巨大な風力タービンとそれが湖に反射して映っている様子を魅惑的にとらえています。

美術監督のイ・ハジュンによる様々なセットもスタイリッシュかつユニークなもので、今までにみたことがない空間から見える都市の風景にはため息がでるほどです。

麻薬組織のアジトが一体どこにあったのか、是非スクリーンで目撃してください。ちなみにチョ・ジヌンが車を走らせる雪景色の風景はノルウェーで撮影されたそうです。

まとめ


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.

監督はサスペンスドラマ『京城学校 消えた少女たち』のイ・ヘヨンです。独自のスタイルが評価されている気鋭の監督です。

パク・チャヌク作品で知られる人気脚本家、チョン・ソギョンと強力なタッグを組み、”ノワール映画の新境地にして到達点“と言わしめた極上のエンターティメント作品を創り上げました。

狂気の人、チン・ハリムを熱演したキム・ジュヒョクは交通事故で亡くなり本作が遺作となりました。

キム・ジュヒョクは、本作で第39回青龍映画賞と第55回大鐘賞映画祭にて助演男優賞を受賞しています。

映画『毒戦』は、シネマート新宿、シネマート心斎橋他にて10月04日(金)よりロードショー公開されます!

次回のコリアンムービーおすすめ指南は…


(C)2018, JUPITER FILM & MEGABOX JOONGANG PLUS M , ALL RIGHTS RESERVED

次回は、チョ・スンウ主演『風水師 王の運命を決めた男』(2018)を取り上げる予定です。

お楽しみに。

【連載コラム】「コリアンムービーおすすめ指南」記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

【ちょびつき雨宮インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』ダンカン王役の解釈と演劇への情熱を語る| THEATRE MOMENTS2019⑧

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第8回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

カルト映画『ハロルドとモード』異色のラブストーリー。死生観と行動の哲学とは|偏愛洋画劇場3

連載コラム「偏愛洋画劇場」第3幕 今回取り上げたい作品はハル・アシュビー監督による映画『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』 (1971)。 海外でカルト的人気を博す作品です。 かなりユニークな物語であ …

連載コラム

映画『探偵なふたり:リターンズ』あらすじと感想レビュー。クォン・サンウが恐妻家のホームズを演じる|コリアンムービーおすすめ指南8

祝!探偵事務所オープン! シャーロック・ホームズに心酔する推理オタクとハミ出し刑事がコンビを組んで難事件に挑んだ『探偵なふたり』(2015/キム・ジョンフン監督)。 あのコンビが本物の探偵となって再び …

連載コラム

映画『ガラスの城の約束』あらすじと感想。原作ジャネット・ウォールズの小説を監督デスティン・ダニエル・クレットンが描く|銀幕の月光遊戯 35

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第35回 映画『ガラスの城の約束』が2019年6月14日(金)より新宿シネマカリテ、YEBISU GARDEN CINEMA他にて、全国順次ロードショーされます。 ホームレ …

連載コラム

『パパは奮闘中!』感想と評価解説。「夫婦・労働・子育て問題」と物語に流れる確かな信念が心を打つ|銀幕の月光遊戯28

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第28回 突然妻が何も言わず家を出ていき、仕事と育児に悪銭苦闘することとなった夫とその子どもたち。ベルギー・フランス合作映画『パパは奮闘中!』は現代の様々な問題を内包しつつ …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
映画『天気の子』特集
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP