Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/03/17
Update

映画『フィードバック』ネタバレ感想とレビュー評価。カメ止めと似て非なる仕掛けの“生放送”ラジオ番組サスペンス|未体験ゾーンの映画たち2020見破録26

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第26回

世界各国の様々なジャンルの映画を集めた、劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施され、一部作品は青山シアターにて、期間限定でオンライン上映されます。

昨年は「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、上映58作品を紹介いたしました。

今年も挑戦中の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」。第26回で紹介するのは、占拠されたラジオ番組を描くサスペンス映画『フィードバック』

歯に衣着せぬ発言で、社会問題を取り上げるラジオの人気番組。ある日マスクを被った2人の男が押し入り、収録中の番組は占拠されました。

暴力で番組を支配する乱入者の目的は?この事態を番組の人気パーソナリティは、どう切りぬけるのか。犯人らの目的が明らかになると、事態は思わぬ方向に展開してゆく…。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『フィードバック』の作品情報


(C) 2018 VACA FILMS STUDIO, S.L.U. – OMBRA FILMS, S.L. -OMBRA FILMS LLC All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(スペイン・アメリカ合作映画)

【原題】
Feedback

【監督・脚本】
ペドロ・C・アロンソ

【キャスト】
エディ・マーサン、ポール・アンダーソン、イバナ・バケロ、リチャード・ブレイク

【作品概要】
謎の侵入者に番組を占拠されたパーソナリティ。真実を語るよう迫られた彼と、脅迫者との駆け引きを描くバイオレンス・サスペンス映画です。

出演は『おみおくりの作法』のエディ・マーサン。演技派として有名な彼が、密室サスペンスに挑み、濃厚な演技を見せます。『パンズ・ラビリンス』で、主人公の少女を演じたイバナ・バケロ、近年はロブ・ゾンビ監督作『31』や、『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』の出演が記憶に残る怪優、リチャード・ブレイクが共演しています。

スペイン出身のペドロ・C・アロンソの、初の長編監督映画となる本作は、メストレ・マテオ賞、ストラスブール・ヨーロッパ・ファンタスティック映画に出品、賞レースにノミネートされている作品です。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

映画『フィードバック』のあらすじとネタバレ


(C) 2018 VACA FILMS STUDIO, S.L.U. – OMBRA FILMS, S.L. -OMBRA FILMS LLC All Rights Reserved.

高層ビルの中にあるDBO放送局の一室から、ロンドンの夜景を見つめるジャービス(エディ・マーサン)。彼は深夜ラジオ番組、「残酷な現実」のパーソナリティを務める人物です。

タイトルの通り過激な内容の番組は、人気と同時に多くの反発を招き、脅迫や嫌がらせの絶えない状況です。先日は番組の内容に怒った人物に、ジャービスが拉致される騒ぎまで起きました。

苦情が絶えず、スタッフも辞めていく現状に局の幹部ノーマンは、時代が変わったとジャービスに告げ、番組の打ち切りを示唆します。

しかしジャービスにその意志はありません。今日の放送では、かつて行動を共にした親しい友人、ミュージシャンのアンドリュー(ポール・アンダーソン)をゲストに迎え、いつもと変わらぬ過激な放送を行うつもりでした。

渋い顔のノーマンと、傍若無人な態度のアンドリューを残し、局の中を自分の番組の放送ブースへと移動してゆくジャービズ。

そこには彼が信頼するチーフスタッフのアンソニー、そして新人スタッフのクレア(イバナ・バケロ)がいました。クレアは2ヶ月前から番組に加わっていましたが、尊大な態度のジャービスは、彼女の存在など気にも留めていません。

今日の放送で流すフィル・コリンズのインタビューなど、番組についてアンソニーと打ち合わせるジャービズは、収録直前に2分時間をくれと言い、放送ブースを後にします。

放送局内を探し回ったジャービスは、無響室で娘ジュリアがドラマーのサミュエルと、着ぐるみを着て騒いでいる姿を見つけます。

ジャービスは娘の振る舞いを注意しますが、これからパーティーに行くと言うジュリアは、まともに耳を貸しません。やむなく娘を送り出し、彼はサミュエルに警告の言葉を告げました。

彼が放送ブースに戻ると、「残酷な現実」の収録がスタートします。フェイクニュースが溢れる世に、あえて真実を伝えると語り出すジャービス。

彼は先日、自分が拉致された件も、私が真実に踏み込んで語った結果と力説します。移民問題にはロシアが裏で糸を引いている、そんな連中が私を陥れたと続けます。

彼がブースの向こうのスタッフに合図を出しても、音楽が流れません。やむなく語り続け、パソコンを操作し「どうなっているんだ」とメールを送っても、なぜか応答がありません。ジャービスはいら立ちコーヒーをこぼします。

ブースを仕切るガラスに物を投げようが、身振りで合図を送ろうが反応はありません。堪りかねたジャービスは、CMの合間に出ようと試みますが、何故か扉が開きません。

外の様子を伺おうと、ジャービスはガラスに顔を寄せます。突然、ガラスにアンソニーの顔が押し付けられました。驚いた彼はスマホで外部に連絡を試みます。しかしスピーカーからノイズが流れ、悲鳴をあげて断念したジャービス。

彼はヘッドホンを付け、マイクでアンソニーに呼びかけます。ところがヘッドホンに男の声が流れてきます。いつも通り放送を続けろ、そして出させた指示には従え、守られない場合はここにいる2人と、お前の娘の命は無い。それがメッセージでした。

ジャービスが話し合おうと説得しても、反応はありません。彼は放送ブース内のイスをガラスに投げつけますが、空しくはね返るばかりです。するとブースの向こうの照明が付き、椅子に縛られたアンソニーと、2人のマスクを付けた男の姿が現れます。

彼がなおもイスを投げようとすると、マスクの男はナイフをアンソニーの喉に突き付けます。慌ててイスを捨て、止めろと叫ぶジャービス。

指示通り席に戻り、ヘッドホンを付けマイクに話し始めるジャービス。彼はもう1人のスタッフ、クレアの安否を確認しますが、マスクの男は答えません。

それでも反抗的なジャービスに、CMに入ると若いマスクの男がハンマーを持ち、放送ブースに入ってきました。殴り倒したジャービスの指を、ハサミで切断しようと試みますが、もう1人の年配のマスクの男が入って制止します。

自分たちの目的に、まだこの男が必要だと暴行を止めさせ、ジャービスを放送席に着かせます。向かいに若いマスクの男が座り、ジャービスを威圧します。

実はまだ放送していない、と告げるジャービス。実はラジオ番組は生放送ではなく、問題のある発言が出れば編集できるよう、問題点や不手際の改善=”フィードバック”出来るように事前に録音し、時間を置いて放送する形式を取っていました。

年配のマスクの男は動ずることなく、これからが本番だと告げます。何を要求するのか尋ねても、返事はありません。平静を装い、マイクにしゃべり出すジャービス。

頃合いを見て、マスクの男は放送ブースから姿を消します。台本通りジャービスが紹介すると、ゲストのアンドリューが動揺する新人スタッフ、クレアと共に放送ブースに入ってきます。

音楽に合わせ上機嫌で入室したアンドリューも、ブース内の乱れた様子に驚きます。ジャービスはクレアに大丈夫かと声をかけますが、脅されたのか彼女は何も語らず、部屋から出て行きました。

スタジオの様子やクレアの態度、そしてジャービスの顔色に疑念を抱き、アンドリューは声を荒げますが、ジャービスに説得され放送席に座ります。

過去に様々な無茶をした思い出話をジャービスに振られ、機嫌を直し番組に加わるアンドリュー。パソコンはネットに接続されておらず、アンドリューのスマホにも手が出せず、外部への連絡手段が見いだせないジャービス。

2人の会話は続きます。ブースの外ではマスクの男たちと、袋を被せられた人質のアンソニーが見守っていました。

ジャービスに指示が与えられます。2011年のベルファストで起きた出来事について話せ、というものでした。その話題を振られたアンドリューは動揺します。

続く指示は、その時ホテル・ヨーロッパのパーティーで出会った2人の少女に対し、221号室で何をしたか話せ、というものです。その話題を持ち出され、声を荒げ怒るアンドリュー。

なぜ過去の話をを持ち出すのだと叫び、アンドリューはいら立って立ち上がります。目的の言葉を引き出せず、マスクの男たちも動きます。

ブースから出ようとアンドリューがドアを開けると、ハンマーを持った若いマスクの男がいました。たちの悪い演出と思った彼は、ジャービスの制止も聞かず立ち向かい、手の甲をハンマーで打ち砕かれたアンドリュー。

悲鳴を上げた彼を手当てし、ようやく事情が悦明したジャービス。放送を続けねば人質を含めた、皆の命に危険が及びます。状況を飲み込んだアンドリューに、221号室の出来事を話せば、救急車を呼んでもらえると訴えます。

CMが終わり、パーソナリティとしてラジオ放送を進行するジャービスは、人生にも”フィードバック”が重要だと語り、アンドリューに番組での告白を促しました。

マスクの男に監視されながら、マイクの語りで勇気ある行為と褒め、音声に入らぬよう告白を促すジャービス。アンドリューを意を決し、語り始めます。

あの日、ハメを外し酔っていたアンドリューは、17、8歳位の2人の女の子と出会います。その友人の男の子も誘い、強引にホテルの部屋に誘います。そこで皆でドラックを使用しました。

そして女の子とベットに入った彼ですが、我に返った女の子は抵抗します。彼女とカップルの男の子も怒りますが、アンドリューは彼を激しく殴ります。そして泣き叫ぶ女の子を強引にレイプしたと語ります。

放送でジャービスは、それを勇気ある正直な告白と讃えます。しかし、更なる脅迫者の指示で、出来事の核心である、もう1人の女の子に何をしたかを語るよう迫るジャービス。

観念したアンドリューは、叫ぶ女の子を黙らせようと、口に靴下を詰めふさいだと話します。そして窒息し倒れた姿を見て、殺してしまったと思ったと話します。

それを聞き激怒した若いマスクの男は、アンドリューをハンマーで殴ります。制止しようとしたジャービスも、年配のマスクの男に倒されます。彼の目の前で、アンドリューの頭部に何度もハンマーが振り下ろされます。

倒れたジャービスには、今までの出来事が悪夢のように思えました。しかし2人の仮面の男は、彼を放送席に着かせます。目の前のアンドリューの遺体が、これが現実だと教えます。

脅迫者が放送ブースから出るとジャービスは、遺体からスマホを取り出し、操作し始めます。すぐに若い男が入りスマホを奪い取り壊しますが、その隙に彼を殴り倒してナイフを突きつけ、人質にしたジャービス。

脅して年配の男から銃を奪うと、ジャービスはそれを向け2人にマスクを取るよう命じます。ところが脱出できたかに見えた彼に、クレアがスタンガンを当て倒します。

彼が意識を取り戻すと、またも放送席に着かされていました。脅迫者の一味だったクレアに、放送を続けねば、アンソニーを殺すと脅されるジャービス。

マスクを外した年配の脅迫者、ブレナン(リチャード・ブレイク)は彼の前の放送席に座り、若い男アレックスは外からヘッドホンを通じ、ジャービスに指示します。

あの日、アレックスは現場にいました。アンドリューに殴られた若者こそ彼でした。そして彼は、あの時アンドリューが電話をかけ、誰かを呼び出したかを知っていました。

その相手がジャービスでした。脅迫者たちは、こんどはジャービスに放送を通じ、真実を告白しろと迫ってきたのです。

以下、『フィードバック』のネタバレ・結末の記載がございます。『フィードバック』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C) 2018 VACA FILMS STUDIO, S.L.U. – OMBRA FILMS, S.L. -OMBRA FILMS LLC All Rights Reserved.

放送ブースの席に着いた、ラジオ番組「残酷な現実」のパーソナリティ、ジャービスはブレナンの目前で、もう1人の脅迫者アレックスがお前もレイプに参加していたと責める、厳しい追求を受けていました。

2011年のあの時、ホテルの1室で暴力を振るわれたアレックス。彼に対し事が終わった後、動揺したアンドリューから連絡され、そして現場に駆け付けたと説明したジャービス。

しかしアレックスはそれを作り話だと怒り、ブースに乗り込みジャービスに迫り、ブレナンに制止されます。ブース内にクレアが大音量でノイズを流し、争いを止めさせます。

ジャービスにも”フィードバック”が必要だと告げるクレア。彼女はあの騒ぎの時、レイプされた女の子の1人でした。彼女は暴行された恋人のアレックスと共に、事件の後警察に訴え出ていました。

しかしドラックを使用し酒に酔っていた、当時ティーンエイジャーの若者の話など、警察はまともに取り扱いませんでした。クレアとアレックスは、その出来事の復讐に現れたのです。

ジャービスは自分は凶行に加わっていない、なぜこんな事をすると、目の前のブレナンに訴えます。お前がレイプし殺した、もう1人の娘はルーシーで、俺の娘だと告げるブレナン。

それを否定したジャービスは、自分にも娘がいるとブレナンに話します。死んだルーシーの身に、本当は何が起きたか知りたい一心で、ブレナンは犯行に加わっていました。ハメを外した子供の話を信じて、俺を殺人犯にしないでくれとジャービスは訴えます。

脅迫者たちは改めて、ジャービスに真実を話せと迫ります。クレアはお前は番組に戻り、ルーシーにしたことを世界に告白しろと迫ります。

脅迫に彼は、結局アンドリューの様に、自分も殺されるだけだと抵抗します。そしてブレナンに対して、クレアとアレックスが信じているだけの、事実でない話は語れないと訴え、放送を拒否し続けるジャービス。

アレックスは人質のアンソニーの喉にナイフを突きつけます。頑なに追求するクレアを落ち着かせようと、ブレナンは放送ブースから離れます。

アレックスとアンソニーに向き合い、自分を見ろ、俺は何もしていないと訴えるジャービス。しかしクレアは態度を変えず、アレックスはついにアンソニーの喉を切り裂きました。

その光景を見て吐いたジャービスですが、外で犯行グループがもめていると気付くと、放送ブースから逃げ出します。

隣の録音室に逃げ込んだジャービスを、ブレナンとアレックスが追ってきます。ドアを塞いで時間を稼ぎ、ケーブルが走る録音室の壁の中に入り、逃れようと試みるジャービス。

壁の中にアレックスが入り、ブレナンは壁越しに発砲してジャービスを追い詰めます。なんとか無音室に逃げ込み、ジャービスはそこから脱出しました。

人気のない放送局の一室で、警察に通報するジャービス。犯人から身を隠すようアドバイスされ、目の前に自分の娘ジュリアが身に付けていた、着ぐるみがあると気付き愕然となります。

ジャービスが放送室に引き返すと、クレアにナイフで脅されるジュリアがいました。娘と抱き合うジャービス。彼は娘から引き離され、ブレナンと共に放送ブースに戻ります。

先程の通報もクレアに阻止されていました。ジュリアを人質にとられ、真実の告白を迫られるジャービス。自分はあの場にいなかったと彼が訴えても、その態度は変わりません。

収録後、”フィードバック”されて放送された内容は、大きな反響を呼んでいました。聴取者を装った電話をジャービスにかけ、あの日の真実の告白を引き出そうとするクレア。

その内容はジャービスだけでなく、彼の娘ジュリアも聞いていました。背伸びしてハメを外していた、まだ若かったクレア・アレックス、そして死んだルーシーが、有名人のアンドリューとジャービスに、どんな目に遭わされたかを切々と語ります。

しかしジャービスは事が終わった後、どうすべきかアンドリューに相談され、現場に駆け付けただけだと訴えます。クレアと言い争い、彼はブレナンに銃の台尻で殴られます。

どうしてもジャービスから、言葉を引き出せないクレアとアレックスは、さらなる手段に訴えようとします。それらの言葉全てを、ジャービスの娘ジュリアは聞かされます。

一方娘ルーシーの死の真相を、何としても知りたかったブレナン。クレアたちの訴えとジャービスの言葉の、どちらが真実か彼には判らなくなっていました。

ジャービスらを脅し真相を知り、放送でそれを世間に暴くはずの計画が、既に2人の命を奪ったことに、ブレナンはクレアのやり方に疑問を抱きました。

ジュリアを人質にしてジャービスを告白を迫るクレア。それでもアンドリューに呼びだされ、意識を失っていたルーシーを、病院に置いて来ただけだとジャービスは説明します。

その言葉に納得しないクレア。アレックスはジュリアにナイフを向けると、ブレナンが彼に銃を向けます。事態に動揺するクレアとジャービスに対し、実の娘の死の真相を知らされない親の、苦しい心中を訴えたブレナン。

緊張が走る中ジャービスは叫び、遂に自分がルーシーを殺したと認めます。その言葉はジュリアも聞いていました。ようやく言葉を引き出したクレアは、ブレナンにジャービスを殺すよう言いますが、彼はそれを拒否し、後は警察に委ねようと通報を試みます。

クレアは衝動的にハサミをつかみ、ジャービスに襲いかかりますが、逆に彼に捕まります。クレアのスタンガンを奪ったジャービスは、隙をつきブレナンから銃を奪いました。

ジュリアに伏せさせると、放送ブースの設備を撃ち抜き、爆発を起こしたジャービス。その炎に巻き込まれ崩れ落ちるブレナン。ブースに入ろうとしたアレックスに、彼はスタンガンを突きつけ倒します。

放送室のスプリンクラーが作動します。ジャービスは放送のスイッチを止めていました。彼はクレアを引きずり出すと、彼女の喉にハサミを突き立て殺し、倒れていたアレックスに、何度もハンマーを振り下ろします。

その凶行を彼の娘、ジュリアは目と耳を塞ぎ、知るまいとしていました。ジャービスは娘を抱き起こし、共に放送室から逃れます。しかし父の差し出す手を拒絶したジュリア。

ジュリアはジャービスの元から離れ、現れた警備員に泣いて助けを求めました。

後日。DBO放送局の幹部ノーマンから、犠牲になった番組スタッフのアンソニーは、実に気の毒だったと告げられ、その後の娘の様子を心配されるジャービス。

しかし局は彼のラジオ番組「残酷な現実」を拡大し、今後はテレビでも放送しようとしていました。予算に関してもジャービスの要求を呑む、とノーマンは言葉を続けます。

あの番組は”フィードバック”して放送された結果、ジャービスの凶行については流されていませんでした。その結果、彼は暴力による脅迫に屈しなかったパーソナリティとして、世間から絶大な人気を得ていたのです。

そしてホテルで起きた出来事は、放送の内容から全て、アンドリューが起こしたスキャンダルとして処理されていました。ジャービスは自信たっぷりに、早期に仕事に戻るとノーマンに約束します。

誇らしげな顔のジャービスは、局のスタッフから温かい拍手で迎え入れられます。しかし全てを知る娘ジュリアだけは、父に冷たい目を向けていました…。

スポンサーリンク

映画『フィードバック』の感想と評価


(C) 2018 VACA FILMS STUDIO, S.L.U. – OMBRA FILMS, S.L. -OMBRA FILMS LLC All Rights Reserved.

フェイクニュースが溢れる時代に放つ問題作

ラジオ放送の現場を舞台にした映画と言えば、オリバー・ストーン監督の硬派な『トーク・レディオ』から、三谷幸喜初監督作のドラバタコメディ『ラヂオの時間』まで、様々な作品があります。

その流れをくむ『フィードバック』。暴漢に番組を乗っ取られたパーソナリティの姿を描くサスペンスですが、ミソはエディ・マーサン演じる主人公が、正義の人でも善良な人でもない点です。

冒頭で物議をかもす、陰謀論めいた人種問題をとりあげるなど、炎上商法上等の男として紹介されます。しかも暴力で脅され、当事者に悪事を追求されても、ラジオ番組という舞台の上で、自身の虚像を演じ切る怪人物として描かれています。

絶対的不利な状況から、『31』では最凶の殺人マシーンだったリチャード・ブレイクに、『パンズ・ラビリンス』の美少女イバナ・バケロ(美しく成長しました)を手玉に取り、最後に逆転劇を見せる主人公、ジャービズ。

彼が実際悪事にどの程度関わったかを、映画ではあえて描いていませんが、容赦ない逆襲に転じた姿を見ると、相当な事を平気で行える人物であるのは確かです。まさにフェイクを自在に操る、現在のメディアの影の部分を象徴するキャラクターです。

コメディから悪役まで、様々な演技の実績を持つエディ・マーサン。彼ならではの、巧みな表情と演技の使い分けが見所となる作品です。

タイトルが持つ様々な意味


(C) 2018 VACA FILMS STUDIO, S.L.U. – OMBRA FILMS, S.L. -OMBRA FILMS LLC All Rights Reserved.

現在のテレビ番組には、生放送のように見えて、実は事前収録され巧みに編集したものが数多くあります。さらに生放送とうたわれても、実は数秒から10分程度まで、少し遅らせて放送する、「遅延送出システム」を使用した番組があります。

そのタイムラグを使用してハプニング、例えば危険な発言があれば「ピーッ音」を入れるなど、”フィードバック”編集した上で、放送できる形式をとっています。映画に登場した番組も、同じ形を取っていました。

これが本作の大きな仕掛けであり、同時に主人公が自分の人気の低迷、そして致命的なスキャンダルという問題を、事件を利用し見事”フィードバック”した行為に掛けているのは明らかです。

真実を語るより、巧みにフェイクを並べ虚像を操ることが、成功や目的の達成につながる、現代のメディアの世界。『フィードバック』は密室サスペンスの舞台を借りて、鋭く現代社会を風刺をした作品です。

“フィードバック”こそ物語の根幹ですが…


(C) 2018 VACA FILMS STUDIO, S.L.U. – OMBRA FILMS, S.L. -OMBRA FILMS LLC All Rights Reserved.

事前収録、あるいは「遅延送出システム」で放送されるラジオ番組という設定、そして”フィードバック”という言葉こそ、この映画の根幹を成すテーマであり仕掛けですが、同時に弱点にもなっています。

劇中で今行われている事が、放送されたのか、されていないのか。放送の結果世間では、どのような反応が起きているのか。こういった状況が説明不足で伝わりにくく、今一つ作品に臨場感が持てなくなっています。

「何分遅れで放送」とか、「今は放送されている、されていない」を明示するとか、「犯人サイドは放送されていると信じているが、実は…」とか、映画の仕掛けを明確にルール化した方が、観客には親切だったでしょう。

CM収録中や音楽を流している時は放送外、そんな光景で描きながらも、後半の修羅場はどこまで放送されているやら、ここまで乱れて番組として成り立っているの?という、素朴な疑問がぬぐえないのが事実です。

だったら過去のラジオ番組映画の傑作、『トーク・レディオ』や『ラヂオの時間』のように、生放送設定にした方が正解では、と思います。すると今度は物語のテーマ、”フィードバック”の持つ意味が半減するので…何とも困ったものです。

まとめ


(C) 2018 VACA FILMS STUDIO, S.L.U. – OMBRA FILMS, S.L. -OMBRA FILMS LLC All Rights Reserved.

さらにツッコミ所に目をやると、目的のためスタッフとして2ヶ月も働いた、犯人サイドの地道な努力に、番組が乗っ取られた後、警備や他の社員は何をやっていたという謎など。地方のコミュニティ局ならあり得ることでしょうか?でも舞台は、ロンドンの大放送局です…。

とはいえ『フィードバック』の魅力は、この設定が生んだテーマと、密室的状況におけるエディ・マーサンら出演者による演技合戦。ここに注目して楽しんで下さい。

それにしても映画『カメラを止めるな!』に登場する、「生放送で、カメラ1台でワンシーン・ワンカット撮影のゾンビドラマ」だって、「遅延送出システム」を使えば、あれ程のドタバタ騒ぎにならなかったはずです。

いや、そんな予算があれば、あの監督のところに仕事の話は行かなかったはず。そして何より、リアルタイムの生放送設定だから、色々と面白いんですよ。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)ONE TWO FILMS / ARSAM INTERNATIONAL / WESTDEUTSCHER RUNDFUNK KOLN / ARTE 2018

次回の第27回はレイプ犯と再会した夫婦を描くサスペンス『ビューティフル・カップル 復讐の心理』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『シー・ユー・イエスタデイ』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車56

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile056 「SF」的な見栄えの良さと脚本の妙が、作品そのものの魅力を高める「タイムトラベル」と言うジャンル。 2019年、遥か昔から数多くの映画が …

連載コラム

韓国映画『チャンシルは福も多いね』あらすじと感想評価レビュー。監督キムチョヒの初長編監督作品で作家の姿を語る|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録6

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『チャンシルは福も多いね』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目。2020年3月06日(金)から3月15日(日)までの10日間にわたってアジア全域か …

連載コラム

松川千紘映画『シオリノインム』あらすじと感想。2分に1回ホラーかエロの恐るべき幽霊の正体|夏のホラー秘宝まつり:完全絶叫2019③

2019年8月23日(金)より、キネカ大森ほかで開催される「第6回夏のホラー秘宝まつり2019」。 映画『シオリノインム』は、8月24日(土)の開会式に続く上映作品として登場します。 第6回目となる、 …

連載コラム

グーシャオガン映画『春江水暖』あらすじと感想レビュー。中国の伝統的な文人の視点である「絵巻物」をもって世界や物語を組み立てる|フィルメックス2019の映画たち2

第20回東京フィルメックス「コンペティション」審査員特別賞『春江水暖』 2019年にて記念すべき20回目を迎える東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が開催されました。そのコンペティションで審査員特 …

連載コラム

講義【映画と哲学】第10講「選択すること、あるいは実存の5つの様態:ドラマ『チェルノブイリ』とともに」

講義「映画と哲学」第10講 日本映画大学教授である田辺秋守氏によるインターネット講義「映画と哲学」。 (C)Home Box Office 第10講では、映画ひいては物語において不可欠な「選択する」と …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP