Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

Entry 2021/02/06
Update

映画『ロスト・ボディ』ネタバレ考察感想とラスト結末のあらすじ。本格ミステリー・スリラーで描かれた“強烈な愛”

  • Writer :
  • ジンリナ

シッチェス映画祭ファンタスティックセレクション2013にて上映『ロスト·ボディ』

2012年スペインで公開された映画で、オリオル·パウロ監督ならではの興味津々な展開によって、興行的な成績が多く見受けられました。本作によって、オリオル·パウロ監督の初劇場用長編映画デビュー作を飾りました。

この映画は、不倫によって妻を殺した夫が妻の遺体が消えたという知らせにより、容疑者として、取り調べを受ける事になっていく様を描くミステリー・スリラーです。

主演には、ハイメ刑事役のホセ·コロナド、アレックス役のウーゴ·シルバを始め、マイカ役のベレン·ルエダ、カルラ役のアウラ·ガリードが出演。ホセ·コロナドは、2度目のフォトグラマス·デ·プラータの映画男優賞を受賞しました。

スポンサーリンク

映画『ロスト·ボディ』の作品情報


(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

【公開】
2012年(スペイン映画)

【原作】
El cuerpo

【監督】
オリオル·パウロ

【キャスト】
ホセ·コロナド、ウーゴ·シルバ、ベレン·ルエダ、アウラ·ガリード、フアン·パブロ·ショック、オリオール·ヴィラ、クリスティーナ·プラサス、パトリシア·バーガロー、シルビア·アランダ、アイナ·プラナス

【作品概要】
2017年『インビジブル·ゲスト 悪魔の証明』で、ベスト10に選ばれる程の傑作ミステリー映画監督オリオル·パウロの映画初デビュー作。妻を殺そうと試みた男に、降りかかる奇妙な出来事と事件を追った死体失踪スリラー映画です。

『ロスト·ボディ』は、『インビジブル·ゲスト 悪魔の証明』(2017)より超える多くの観客を動員しました。ヨーロッパの多様性映画としては、上々の興行だそうです。また、韓国映画『死体が消えた夜』(2018)の原作でもあります。

映画『ロスト·ボディ』のあらすじとネタバレ

真夜中に、森の中で、不安そうな警備員が、何かに追われて警備員は道路脇に飛び出し、車に轢かれる事故が発生します。警察が出動して調べた結果、男の名前はアンヘル·トーレス、遺体安置所に勤務する警備員です。

浴室から出た所、1本の電話が鳴り、この知らせを聞いた刑事ハイメは、病院へ向かいます。そして、先に集まった部下パブロ達に警備員の状態と状況を聞き、死体安置所に向かいます。

死体安置所で見て回りながら、そこで一つの死体1体が消えたという事実を発見したのです。意識不明の警備員を置いて、遺体の身元調査をしてみた結果、その遺体の主人公はマイカで有名企業の会長でした。

部屋に付いている監視カメラを調べてみますが、先程の警備員が逃げ出す姿しか見えませんでした。そして、ハイメ刑事はその遺体の配偶者である夫のアレックスを呼び、尋問を始めようとします。

そうして、警察は心臓麻痺だと思ったマイカが消えると、再捜査をする事になり、全ての状況を見た警備員は昏睡状態になっており、既に事件を捜査中の警察と簡単な会話を交わしています。

個人事業を成功させただけでは足りず、とてつもない財産と美貌を兼ね備え、多才多能さを持続的に発揮する事業家マイカと結婚したアレックスは、幸せそうでした。

しかし、彼女の執着は次第に強くなっていったが、結婚生活は続いていました。

ある日、出張から戻った後、突然の心臓麻痺でのマイカの死体が、発見されました。マイカとアレックスの結婚式ムービーを見ていた家族は、悲しみを分かち合っていました。

アレックスは、 一人ベッドで横になっていました。家族全員がそれぞれ家に帰った後、アレックスは、バイクに乗って何処かに駆けつけます。

そして、到着した所は、自分の不倫の相手であるカルラの家でした。実は、この全てはうんざりする結婚生活から脱しようと自分と愛人カルラが、一緒に行った殺人事件でした。

アレックスは、飲んでから8時間後に薬の成分が消える毒薬で、完全犯罪を計画していたのです。

アレックスの電話が鳴ります。死体検視所から連絡を受けました。電話内容は心臓麻痺で死亡判定を受け、安置所にいたマイカの遺体が消えたという事です。

つまり、妻の死亡の知らせを聞いてから、間もなく鳴る電話一本、それは自分が殺した妻の死体が消えたという内容でした。
アレックスは動揺しながらも、急いで安置所に行きました。

アレックスは、到着した死体安置所で、短い取調べと共に、証拠もない事を確認した彼は、平気で状況を受け入れる演技をし始めます。

しかし、外部からの侵入の痕跡がなく、正確にマイカの死体を狙った犯行に、アレックスは一人で混乱し始めます。

死体安置所を訪ねて来たタピア博士に対面しようと、ハイメ刑事達は、その場から少し離れます。

アレックスは、その隙間にカルラにこっそり電話をして、「全ての通話記録を記録した証拠となる物を、全てを消せ」と言います。

その上に、「警備員が入院している病院に、知り合いはいないか」と訪ね、様子を見て来てくれるようお願いをします。

タピア博士との会話にて、タピア博士はアレックスに、「解剖をしなかったから、死亡を確定する事は出来ない」と言います。

その後、別部屋に移動したハイメ刑事と部下とタピア博士は、妻を亡くしたにもかかわらず、落ち着いているアレックスの様子が、怪しいと疑います。

ハイメ刑事とタピア博士は、階段で会話しながらコーヒーを飲みます。

ずっと待ちくたびれたアレックスは、「帰らせてくれ」とマテロスに言いますが、もう少し待つよう言われます。その時、急に停電になり、マテロスは原因を確認しに離れます。

大人しく待つアレックスは、何処かで変な音がして、そこに行ったらマイカの死体があった所でした。

そこで、マイカの所有物と、自分の犯行道具に使われた毒薬ケースが一緒にありました。つまり、隠していた証拠が一つずつ発見され始めました。

回想場面になり、アレックスは、浴槽に浸かっているマイカの為に、ワインを持って行きます。

そして、マイカがワインを飲むのを隠れつつ、待っています。浴室から出たマイカが、アレックスの会社に電話をし、アレックスと一緒にいられるよう、スケジュール調整しています。

現在の場面に戻ります。
アレックスは慌てて、ポケットに毒薬入れを隠すと、直ぐに電気がつきました。ハイメ刑事とパブロ達がそこに来て、マイカの携帯を探し始めます。

マテロスは、マイカの携帯電話を探している時に、何かがない事により、アレックスを疑います。気の早いハイメ刑事の押しに負けてしまったアレックスのポケットに、毒薬入れを見つけました。アレックスは、「僕のではなくて会社で研究されている物」だと訴えます。

そのタイミングで、アレックスの携帯に電話が鳴りました。相手はカルラからですが、アレックスは「妹からだ」と嘘を付き、電話に出ます。

弱り目に祟り目で、入ったトイレで、カルラに電話をかけ直します。今の状況を話すアレックスは、2人の秘密の関係を知られていないか確認します。

玄関にて、ハイメとパブロはタバコを吸います。パブロは今迄知る事のなかったハイメの家族の事を、聞いたようです。

一方で、トイレで顔を洗っていたアレックスは、鏡越しの窓の淵に見つけたメモには、自分とカルラとの携帯メールの内容が書かれていました。死んだ妻の死体が消えて、自分とカルラだけが知っている内容を、第3者が知っている状況に、パニック状態に陥ってしまったアレックスでした。

回想場面です。
家に帰って来たアレックスに、パーティーの招待状が来ていました。そこにマイカが現れ、「電話したのに何故出なかったの」と尋ねます。

マイカは年齢差の事もあり、アレックスに自分の不安を伝えていました。その日の夜、ベッドからアレックスは静かに抜け出し、携帯でカルラからのメッセージを読んでいます。その姿を、マイカは見ていました。

以下、『ロスト·ボディ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ロスト·ボディ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

現在の場面に戻ります。
その時のメッセージが、目の前の手紙に書かれてあり、それを隠蔽しようとし、トイレにメモを破ろうとしますが、便器が流れません。

ドアの外で、マテロスがドアを叩いています。アレックスは、便器の中にあるメモ用紙を取り出して、食べてしまいます。

そして、ハイメ刑事に呼ばれている為、マテロスと共にハイメの元へ向かいます。

見せる物があるというハイメ刑事に、アレックスは緊張気味ですが、見せられた物は、屋上に繋がっている煙突らしき出口でした。恐らく、マイカを連れ出した犯人が、出入りしていたのではないか。

そして、ハイメ刑事はアレックスに尋ねます。「2012年3月20日は何の日か」「知らない」と言うアレックスに、ハイメ刑事は壁にある日付を見せます。そこには、過去の2012年3月20日になっていました。

回想場面になります。
研究室で、アレックスは沢山ある薬のケースを、保管庫に直します。その時に、マイカがやって来ます。

マイカは、アレックスに研究室の秘密番号を尋ねますが、アレックスは答えません。マイカは、アレックスにバイクをプレゼントします。

そのバイクは、アレックスが愛用しており、カルラに会いに行く時も、死体安置所に来る時も乗って来ていました。

場面は現在に戻ります。
エレベーターで元の部屋へ戻ろうとする時、ハイメ刑事は「部下からの連絡で、屋上から降りた先に足跡が見つかったようだ」と言い、引き続き捜索するそうです。

その時、エレベーターが止まり、開いた途端に、火災報知器から水が出ていました。移動していく中、カルラからの電話に気付いたアレックスは、別部屋へ隠れます。そして、カルラと電話しますが、警備員は相変わらず植物状態のようです。

アレックスは、先程何者かに変更されていた日付を話しますが、どうやらアレックスとカルラが出会った日付でした。

その時に、アレックスの目の前に、マイカの腕に巻いてあった名札らしき物が、外されて置いてありました。すると、ドアの向こうにマイカが、こちらを睨み消えてしまいます。

そうして、マイカが生きているという手がかり、次第に事件は迷宮入りになっていったのです。

カルラと電話を切ったアレックスですが、その後ろでは、ハイメ刑事が立ち聞きしていました。ハイメ刑事は、携帯を渡すよう言います。

そして、パブロからアレックスが持っていた毒薬の成分と症状について聞いたハイメ刑事は、アレックスを犯人と確定します。

再び、ある部屋に閉じ込められたアレックスですが、何処かから携帯電話の鳴っている音が聞こえます。音のする方へ、向かうアレックスは、数人の死体が安置されている部屋へ入っていきます。

ある死体から、携帯電話を受け取ると、マイカと表示されていました。すると、ドアが勝手に閉まり、こじ開けようとするが開けられませんでした。

アレックスは、恐る恐る電話を呼び出しますが、出たのは、あるレストランのウェイトレスでした。

アレックスは、「何処でその携帯があったのか、誰が持っていたのか」尋ねますが、ウェイトレスは「今夜トイレで置き忘れてあっただけで、詳しくは分からない」と言います。

アレックスは思い返します。
ある日、マイカとレストランで食事しています。夫婦の時間を過ごしている中、一人の男がマイカの方を見ていました。マイカは、その男へ挨拶しに行き、アレックスに弁護士だと紹介していました。

しかし、その男は、弁護士ではなく精神科医だったと言い、携帯電話が出てきた死体が、その男だったのです。

ハイメ刑事からは、その男は探偵であり、生存していると聞きます。信じられないアレックスは、ハイメ刑事にその男の死体を確認して貰いますが、違う名前になっていました。

戸惑うアレックスは、家から出ようとするカルラと、隠れつつ電話しながら、2人の不倫証拠となる物が続々と送られて来たのです。すると、カルラの身に危険が迫って来ます。

自分の愛人カルラが、危険になったと知ったアルレックスは、結局ハイメ刑事に、この全てを打ち明ける事になります。何故なら、彼は既にマイカが生きていると思っていたからです。

自分が殺した妻が生きていれば、自分はもう殺人者ではないからです。

カルラが本当に心配になったアレックスは、彼女を救う為にハイメ刑事に、全ての事実を打ち明け、彼女の生死の為に捜査に乗り出すようお願いをします。

そうして、全ての自白を得たハイメ刑事は、カルラの家にパブロ達を行かせますが、彼女の家は既に何もない状況でした。

しかも、森の中でマイカの遺体まで発見されました。ハイメ刑事は、アレックスに言います。「カルラという女性は、存在しない。妻を殺した罪悪感から、全てお前が創り上げた物だ」。

結局、妻の遺体を直接確認したアレックスは、直ぐに殺人犯に追い込まれると逃げ始めます。しかし、どういう訳か足の力が抜けてしまい、その場で倒れてしまいます。

そして、ゆっくり近付くハイメ刑事、実は、彼にはぞっとする過去があったのです。

10年前、自分の娘と妻を車に乗せて運転していたハイメ刑事は、その場で起きた事故で妻を亡くしてしまいます。

直ぐ救急車を呼べば、助かったろう妻なのに、事故を起こした車が、その場から直ぐに逃げてしまった為、1時間近くも苦痛の中で、妻を見送らなければならなかったのです。

そうです、あのひき逃げ事件の犯人は、アレックスとマイカ夫妻だったのでした。

つまり、アレックスとマイカがひき逃げで殺した女性の夫がハイメ刑事であり、ハイメ刑事は、単に罠を仕掛けて殺すのではなく、徐々に締め付ける罠を仕掛けたのでした。

成人になったハイメ刑事の娘は、アレックスを誘って不倫をし、人間は変わらないとアレックスは、マイカを殺し、自分の財産と不倫を守ろうとします。

アレックスが既婚者だと知り、衝撃で泣いていた娘でしたが、実は、自分の母親を殺した人間とアレックスが、同じ人間である事を知ったのです。

アレックスの愛人カルロは、ハイメ刑事の娘で、この全ては、彼女が演じた復讐劇でした。

カルロは証拠を集め、アレックスとマイカだけの話をアレックスの周辺に配置し、マイカが生きているようにさせていました。カルラは姿を消しており、行方も分からなくなります。

マイカは本当に死に、自分もカルラによって、マイカ同様に、同じ毒薬で死ぬ事になります。

実は、死体安置所に向かう前に、カルラに会いに行った時に、カルラはアレックスのお酒に毒薬を入れていたのです。
その時刻から、今の時刻で、8時間です。

結局、自分の手で妻はもちろん、自分まで死に追い込んだアレックスは、ハイメ刑事の前で死ぬ事になり、「チクタク..」と言うハイメ刑事の顔を最後に、目を瞑ります。

スポンサーリンク

映画『ロスト·ボディ』の感想と評価


(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

この映画は、死体検視所で起こる事件を扱う事で、死体検視所という背景が与える不気味さ、その雰囲気に合う寒さや夏のホラー映画に出てきそうな演出で涼しさを表現しています。

観客が最初に考えた映画の流れに、合間合間に新しい手がかりや事件を投げかけ、オリオル·パウロ監督の流れに観客を引き込ませ、その全ての真実を飛び越え、予想も出来なかった反転に導くオリオル·パウロ監督の能力は、本当に素晴らしいです。

事件に関連する内容とメインで扱われる事件とは、無関係のような話が裏で縺れて、新しい反転を作り出す話の流れが、この監督の特徴のようです。

緻密な脚本による反転推理物流に、大金を使わずに魅力を与えるには確実に効果的であるだけに、オリオル·パウロ監督は、犯罪スリラー分野の特化された監督になるかも知れません。

反転スリラー名監督らしく、物語は美麗に流れながらも、ずっと混乱に陷り、没入感を増してくれます。

その上、優れた演出力と、非常に繊細で深みのあるキャラクターとしても描かれており、俳優陣の演技力も非常に秀でており、お陰で打ち込むことが出来た映画です。

映画はとても露骨に、妻が生きていると錯覚する夫の見方を重点的に提示し、視聴者の耳目も妻の生死に注目した後、 反転を提示する事は、非常にインパクトがありました。

勧善懲悪の痛快で、冷たくて恐怖感のある展開が魅力です。因果応報という言葉が、おのずと思い浮かびました。最後の「チクタク..」は、印象に残ります。

“私が殺した妻が消えた”という設定自体が挑発的でした。

自由な想像力で、現実と幻想を行き来するストーリー構成と、風変わりな文化的感受性で異質な質感のエキゾチックな恐怖を披露しており、スペイン映画史上最高のミステリー·スリラーです。

まとめ


(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

映画『ロスト·ボディ』は、一事件を眺める男性主人公と刑事の間の二つの視線が鋭く対立し、二つのうちどちらが正しいか観客の考えをまとめている途中、二つとも全く関係のない結論を完璧に出している為、その反転の格差をさらに大きく感じさせられます。

映画の中で、過去の妻を守る事が出来なかった自責感に苦しむハイメは、結局、その自責感のお陰で、自分の人生を守り抜いたのだという気がします。

時に否定的な感情を、無条件に排除しようとする。しかし、時にはその不正が人生を送る事もある。見送った人を哀悼し、堪える唯一の理由にもなるのでしょう。

ハイメにとって、その過去がそうではなかっただろうかと。そして、愛する家族を失った人の怒りは、どんな欲望でも勝つということです。

スリラー、ミステリー等のジャンル映画に分類されてはいるが、最大のメッセージとしては、本当の強烈な愛の力そのものを、この映画は語っているのです。

関連記事

サスペンス映画

映画『ヒッチャー』感想考察と内容解説。サスペンスおすすめの極上名作が2021年にリマスター版にて劇場公開

ルトガー・ハウアー怪演のサスペンススリラーがニューマスター版で2021年公開! 2019年7月に75歳で亡くなった名優ルトガー・ハウアーが、謎の殺人ヒッチハイカー役を怪演し話題となった1986年製作の …

サスペンス映画

映画『ホテル・ムンバイ』ネタバレ感想と評価。実際のテロ事件を徹底した取材に基に描く

インドの最高級ホテルで起きた無差別テロ事件を映画化! 2008年にインドの国際都市・ムンバイで発生した、タージマハル・ホテル襲撃事件。 その衝撃のテロ事件に遭遇した宿泊客と、彼らを守り抜いた従業員の姿 …

サスペンス映画

実写映画『ミスミソウ』のトラウマ漫画の映像化は「赤」に注目!胸キュン場面もある?

乙女心をくすぐる胸キュンな場面写真を解禁!ミスミソウの花言葉は、「あなたを信じます」。 2018年に最も切なく、最も美しくて残酷なトラウマ・サスペンス映画『ミスミソウ』。 壮絶な状況なかでも微かな希望 …

サスペンス映画

【ダイナー映画ネタバレ】本郷奏多演じるキッドが子供の理由は過去に秘密が⁈実写再現力は演技の賜物

2019年7月5日に公開された映画『Diner ダイナー』。 平山夢明の小説『ダイナー』を原作としながら、蜷川実花監督がその色彩感覚で新たな世界を描いた映画『Diner ダイナー』。 (C)2019 …

サスペンス映画

韓国映画『KCIA南山の部長たち』あらすじ感想と考察解説。イ・ビョンホンが実話の大統領暗殺事件を基に“実録サスペンス”に挑む!

『KCIA 南山の部長たち』は2021年1月22日(金)、シネマート新宿ほか全国ロードショー 1979年に発生した、真相は今も謎に包まれたままである”パク・チョンヒ(朴正煕)大統領暗殺事件 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学