Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/05/28
Update

映画『ゴジラVSキングギドラ』ネタバレ感想。スピルバーグ少佐などハリウッドの影響を解説|邦画特撮大全48

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第48章

遂に今週末2019年5月31日に公開する『ゴジラ キングオブモンスターズ』。

キングギドラやモスラ、ラドンといった人気怪獣がどのような活躍を見せるのか期待が高まります。

そこで今回の邦画特撮大全は、平成という新時代をむかえてから初めて人気怪獣“キングギドラ”が銀幕に登場した『ゴジラVSキングギドラ』(1991)を紹介します。

なお本作は2019年5月31日(金)19時からBS朝日にて放送されます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ゴジラVSキングギドラ』の作品情報


TM & (C)1991 TOHO CO., LTD.

【公開】
1991年12月14日(日本映画)

【監督】
大森一樹

【特技監督】
川北紘一

【脚本】
大森一樹

【音楽】
伊福部昭

【キャスト】
中川安奈、豊原功補、小高恵美、原田貴和子、佐々木勝彦、チャック・ウィルソン、小林昭二、上田耕一、佐原健二、黒部進、風見しんご、時任三郎、西岡徳馬、山村聰、土屋嘉男

【作品概要】
ゴジラシリーズ第18作目。脚本・監督の大森一樹、特技監督の川北紘一は前作『ゴジラVSビオランテ』(1989)から続投しています。

音楽はすぎやまこういちに替り、第1作目の音楽を担当した伊福部昭がシリーズに復帰しています。

出演者には『敦煌』(1988)の中川安奈、後に阪本順治監督作品の常連となる豊原功補。

前作『VSビオランテ』で演じた三枝未希役で再登場となった小高恵美のほか、佐々木勝彦、佐原健二、土屋嘉男らゴジラシリーズに出演経験のある俳優陣となっています。

本作はゴジラとキングギドラが1対1で戦う唯一の作品であり、作品タイトルに初めて“キングギドラ”の名を冠した作品でもあります。

映画『ゴジラVSキングギドラ』のあらすじとネタバレ


TM & (C)1991 TOHO CO., LTD.

1992年の東京上空に謎の飛行物体が現れ、富士山麓に着陸しました。

飛行物体は巨大なタイムマシン“MOTHER”で、中から現れたのは23世紀の未来人であるウィルソン、グレンチコ、エミー・カノーの3人。

彼らは「23世紀の日本はゴジラによる核汚染によって死滅する」と、現代の日本政府に警告します。

一方、ノンフィクションライターの寺沢健一郎は福岡恐竜ワールドで抗議を行った池畑益吉という老人に興味を持ちます。

池畑は太平洋戦争中にマーシャル諸島・ラゴス島で恐竜に命を救われたといいます。

調査を進めると巨大コンツェルン“帝洋グループ”の会長・新堂靖明は太平洋戦争中、池畑が所属していたラゴス島の守備隊長だったのです。

新堂と面会した寺沢は「ラゴス島の恐竜が1954年に行われたビキニ環礁の水爆実験で放射能を浴びてゴジラと化したのでは」と自説を論じます。

未来人は寺沢の説を支持し、過去へ飛び「ラゴス島の恐竜が放射能を浴びる前に別の場所に移動させて、ゴジラの存在自体を抹殺する」という計画を提案します。

政府はこの計画を受諾し未来人から指名された寺沢、国立超科学センターの三枝未希、古生物学者の真崎洋典を招聘します。

3人はエミーとアンドロイド・M11とともに、タイムマシン“KIDS”で1944年のラゴス島へタイムスリップします。

タイムスリップした彼らはラゴス島で恐竜“ゴジラザウルス”と遭遇します。エミーは物質転移装置を使ってゴジラザウルスをベーリング海に移動させました。

計画が成功し1992年の現代へ4人が戻ると、ゴジラの存在が消えた代りに巨大な翼と3本の首を有した怪獣・キングギドラが現れ、日本を襲撃していたのです。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ゴジラVSキングギドラ』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゴジラVSキングギドラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

日本は23世紀の未来でアメリカ・ソ連をはるかに凌ぐ経済大国に成長していたのです。

3人の未来人は国力の格差を是正する組織“地球均等環境会議”のメンバーで、彼らの目的は「日本の国力増強を止めるため」だったのです。

しかし過激派のウィルソンとグレンチコはそれだけに止まらず、キングギドラを操作し日本そのものを破壊せんとします。

キングギドラは福岡を破壊。次の破壊目標にとウィルソンはキングギドラを北海道へ向かわせます。

エミーはウィルソンたちのやり方に反発し、寺沢ら現代の日本人と行動を共にするのでした。

未希は自身が持つテレパシー能力によって、ベーリング海にゴジラの気配を感じていました。

なんとゴジラザウルスはソ連籍の原子力潜水艦が沈没した際に漏らした放射能を吸収し、ゴジラへと変化を果たしていました。

かつてゴジラザウルスに命を救われた新堂はゴジラを復活させるため、自身が所有する原潜をベーリング海に向かわせます。

しかし原潜は撃沈し、放射能をゴジラに吸収されてしまいます。

強大化したゴジラは北海道に上陸しキングギドラと戦うのです。エミーは寺沢とともにMOTHERのメインコンピューターを破壊!

ウィルソンたちはキングギドラを操作できなくなります。

ゴジラはキングギドラをオホーツク海に沈め、ウィルソンとグレンチコともどもMOTHERを破壊しました。

しかしウィルソンが遺した「ゴジラが日本を破壊する」という言葉通り、ゴジラは札幌などの都市を破壊しながら首都圏を目
指して進みます。

エミーは一旦23世紀へ帰還し、オホーツク海に沈んでいたキングギドラを回収します。23世紀の技術によってキングギドラをゴジラに対抗する兵器“メカキングギドラ”に改造しました。

そして寺沢たちが見守る中、新宿副都心でエミーが操縦するメカキングギドラがゴジラと激突します‼

激闘の末、メカキングギドラはゴジラを捕獲。首都圏から離れた場所へゴジラを運搬するエミーでしたが、目覚めたゴジラが口から熱線を発射。

エミーはすんでのところで23世紀へと戻ります。

ゴジラは海に沈んでいきましたが、まだ死に至ってはいなかったのです…。

スポンサーリンク

映画『ゴジラVSキングギドラ』の感想と評価

ゴジラの生みの親の1人である田中友幸は前作『ゴジラVSビオランテ』製作の際、「007」シリーズのようなスピード感を求めたと言います。

本作『ゴジラVSキングギドラ』では、ハリウッドのSF映画の要素が数多く導入されています。

本作の物語の中心に『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ(1985~1990)を思わせる“タイムトラベル”が導入されています。

歴史を改変するために未来からやって来る敵役、アンドロイド・M11の皮膚が炎で溶けて内部の機械が露出する描写は「ターミネーター」シリーズの影響でしょう。

本作のヒロインであるエミー・カノーがメカキングギドラを操縦してゴジラと戦うのは、『エイリアン2』(1986)でパワーローダーを操縦するリプリー(シガニー・ウィーバー)を思わせます。

さらにはスピルバーグ少佐(演じるのはダニエル・カール)なるキャラクターまで登場します。

このように導入されたハリウッド映画の要素によって、本作はこれまでのゴジラシリーズ以上に“SF性”を高めた作品になっています。

劇中で描かれる未来では日本は超大国に成長していたり、ソ連が23世紀でも存在していたりするなど現実とは大きく違うものとなってしまいました。

本作の製作・公開当時はバブル絶頂時代で、本作の未来像は当時の時代背景から計算されたものです。

映像作品はどうしても作られた時代の空気を取り込んでしまうものです。『ゴジラVSキングギドラ』は怪獣対決だけでなく、公開当時のバブルという世相の一端を垣間見ることが出来るのではないでしょうか。

まとめ

ハリウッド映画の要素を多数導入してSF性を高めた『ゴジラVSキングギドラ』。

ゴジラとキングギドラが1対1で対決する唯一の作品です。

公開当時のバブルの空気を感じながら、2大怪獣の対決を楽しんでみてはいかがですか。

次回の邦画特撮大全は…

次回の邦画特撮大全は、『ゴジラVSモスラ』(1992)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『Noise ノイズ』感想と考察。ノイズミュージックとの関係から希望を考える|映画道シカミミ見聞録36

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第36回 こんにちは、森田です。 今回は3月1日よりテアトル新宿ほかで公開中の映画『Noise ノイズ』を紹介いたします。 秋葉原に代表されるそのノイジーな空間や人間 …

連載コラム

映画『メイキング・オブ・モータウン』感想と考察評価。メジャーレーベルの立ち上げから音楽業界の伝説までのノウハウを解き明かす|だからドキュメンタリー映画は面白い54

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第54回 伝説のミュージシャンたちは、デトロイトの片隅の一軒家から生まれた――。 今回取り上げるのは、2020年9月18日(金)よりヒューマントラストシ …

連載コラム

映画『ラ・チャナ』から女性の生き方と権利を考える。『未来を花束にして』ほか|映画と美流百科5

連載コラム「映画と美流百科」第5回 今回は、スペインのある女性フラメンコダンサーの人生を描いた『ラ・チャナ』をご紹介します。 2016年に制作されたルツィア・ストイェヴィッチ監督の作品で、本名をアント …

連載コラム

映画『オール・ディス・パニック』レビュー評価と解説。ジェニー・ゲージ監督が捉える少女たちの素顔|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館2

思春期と成人の間(はざま)を生きる7人の少女たちを追ったドキュメンタリー映画。 2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活する映画館、京都みなみ会館。そのリニューアルを記念して、9月6日(金)から …

連載コラム

【映画比較】スターウォーズと八犬伝は似てる?『宇宙からのメッセージ』『里見八犬伝』|おすすめ新作・名作見比べてみた3

連載コラム『おすすめ新作・名作見比べてみた』第3回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第3回のテーマは前回に引き …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP