Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『仮面ライダーW』感想と考察。登場人物や設定で石ノ森章太郎と東映作品へのリスペクト満載|邦画特撮大全62

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第62章

先日放送から10周年をむかえた『仮面ライダーW』(2009~2010)。仮面ライダーシリーズの中でもいまだに高い人気を誇る作品で、現在は続編である漫画『風都探偵』が連載中です。

今回の邦画特撮大全は『仮面ライダーW』を紹介します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『仮面ライダーW』の作品情報


(C)石森プロ/東映

【放送期間】
2009年9月6日~2010年8月29日

【原作】
石ノ森章太郎

【プロデューサー】
本井健吾(テレビ朝日)、塚田英明、高橋一浩

【監督】
田崎竜太、諸田敏、黒沢直輔、柴﨑貴行、石田秀範、坂本浩一

【特撮監督】
佛田洋(特撮研究所)

【アクション監督】
宮崎剛(ジャパンアクションエンタープライズ)

【脚本】
三条陸、長谷川圭一、荒川稔久、中島かずき

【キャスト】
桐山漣、菅田将暉、山本ひかる、木ノ本嶺浩、飛鳥凛、生井亜実、君沢ユウキ、壇臣幸、中川真吾、腹筋善之介、なすび、板野友美、河西智美、幸田直子、なだぎ武、寺田農

【作品概要】
『仮面ライダーW』は「平成仮面ライダー10周年プロジェクト 秋の陣」として発表された平成仮面ライダーシリーズの第11弾で、いわゆる“平成二期”と呼ばれる作品の第1作目です。

パイロット(1話・2話)や劇場作品を担当した田﨑竜太をはじめ、石田秀範、諸田敏とこれまでの仮面ライダーシリーズを支えてきた監督陣が参加している一方、黒沢直輔や坂本浩一といったシリーズ初参加となる監督たちも参加。

脚本家陣も『仮面ライダークウガ』(2000)のシリーズ構成・荒川稔久を除くと、全員が仮面ライダーシリーズ初参加の面々です。このようにシリーズ初参加のスタッフを多く起用している点からも、本作が仮面ライダーシリーズへ新風を吹きこもうとしていたことがわかります。

『仮面ライダーW』はこれまでの平成仮面ライダーシリーズ同様に連続性のある物語展開を維持してはいるものの、基本的に2話でひとつの事件を解決するというフォーマットでした。『W』以降の作品のほとんどは2話で1つのエピソードが完結するというフォーマットになります。

仮面ライダーWに変身する2人の主人公が左翔太郎とフィリップ。翔太郎役には桐山漣、フィリップ役には本作が俳優デビューとなった菅田将暉が起用されました。2人の個性的な主人公も作品の人気に大きく影響しました。

溢れる石ノ森スピリッツ

『仮面ライダーW』の“その後”を描く漫画『風都探偵』


三条睦・脚本、佐藤まさき・作画『風都探偵(1)』(石ノ森章太郎・原作、小学館、2018)

突飛なデザインが多い平成仮面ライダーたちですが、その中でも仮面ライダーWはシンプルなデザインで従来の仮面ライダーを思わせるシルエットをしています。『仮面ライダー』から『仮面ライダーZX』までの作品で、共通のデザインに取り入られていたマフラーも本作で復活しました。

フィリップが変身に用いるガイアメモリ(USB型のアイテム)が“サイクロンメモリ”。これは仮面ライダー1号がベルトに風力を得て変身するという設定や、仮面ライダー1号が駆るバイクの名前が“サイクロン”だったことに由来しているでしょう。

前述したように仮面ライダーWは翔太郎とフィリップの2人で変身します。そのため左右で色が違うデザインをしているのです。例えば基本フォームであるサイクロンジョーカーであれば、左半身が黒(ジョーカー)、右半身が緑色(サイクロン)という色味になります。左右で色が違うというデザインは石ノ森章太郎原作の『人造人間キカイダー』を思わせます。

ちなみに仮面ライダーWヒートトリガーに変身した場合、左右反転はしますが赤と青のカラーリングでキカイダーと同じ色味となります。

また本作のメインライターの三条陸は、本作に登場する敵組織ミュージアムとドーパントの設定についても、『ロボット刑事』に登場した犯罪組織バドーとバドーロボットを意識したものだと言います。ミュージアムは怪人“ドーパント”への変身を可能にするガイアメモリを人々に密売する組織で、『ロボット刑事』のバドーは犯罪者へロボットを貸し出す組織。自らが前線には出ず、ビジネスとして犯罪者に力を貸すというこの2つの組織の設定は非常に似ています。

このように『仮面ライダーW』には、『仮面ライダー』や『人造人間キカイダー』、『ロボット刑事』など、石ノ森章太郎作品へのオマージュが多数登場します。 

スポンサーリンク

『仮面ライダーW』が受け継ぐ東映のDNA

参考映像:『昭和残俠伝』(1965)予告編

『仮面ライダーW』には石ノ森作品以外の東映製作作品の影響もいくつか見られます。『W』に一番大きな影響を与えたのがTVドラマ『探偵物語』(1979)です。

主人公のひとり・左翔太郎はハードボイルドに憧れる探偵で、ソフト帽にスーツ姿。『探偵物語』で松田優作が演じた主人公の探偵・工藤俊作を思わせる服装をしています。翔太郎が事務所内で座るデスクは、実際に『探偵物語』で使用されたものです。

また主人公たちと関わる2人の刑事・刃野幹夫と真倉は、『探偵物語』に登場する服部刑事と松本刑事を意識したもの。当時AKB48のメンバーだった板野友美と河西智美が演じたクイーンとエリザベスも、同じく『探偵物語』に登場したかほりとナンシーを意識したものでしょう。

また本作には高倉健主演の映画『昭和残侠伝』シリーズを意識した演出も見られます。それが見られるのが第31話「風が呼ぶB/野獣追うべし」第32話「風が呼ぶB/今、輝きの中で」というエピソード。翔太郎が今は亡き師匠・鳴海荘吉(吉川晃司)が遺した仕事を受け継ぐ回で、仮面ライダーWエクストリームフォームの初登場回。

この回で翔太郎とフィリップの間に大きな溝が出来てしまい、それぞれ別行動を取ります。しかし最終的にはお互いを相棒と再認識に同じ道へ戻ります。ここで吉川晃司が“鳴海荘吉”名義で発表した挿入歌「Nobody’s Perfect」が流れます。

別々の道を歩んでいた2人の男が同じ道を歩くことになり、そこに主題歌が流れるという演出はまさに『昭和残侠伝』。このエピソードを演出した諸田敏は『昭和残侠伝』を意識したと言っています。

まとめ

このように『仮面ライダーW』には過去の仮面ライダーシリーズのみならず、他の石ノ森章太郎作品や、ドラマ『探偵物語』に『昭和残侠伝』など過去の東映作品のエッセンスが多分に含まれています。

本記事に書ききれなかった他作品へのオマージュやパロディもありますので、探しながら鑑賞するのも一興でしょう。

次回の『邦画特撮大全』は…


(C)KADOKAWA

次回の邦画特撮大全は、今年2019年10月11日に逝去された美術監督・西岡善信を追悼して『大魔神』シリーズを紹介します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

シンエヴァンゲリオン|タイトル読み方/意味考察。ラストは:||とシン=進が示す《繰り返しと前進》【終わりとシンの狭間で3】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第3回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

映画『アクト・オブ・キリング』あらすじ感想とレビュー評価(ネタバレあり)。インドネシア大虐殺を加害者自ら”殺人遊戯”で再現|だからドキュメンタリー映画は面白い40

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第40回 インドネシア大虐殺を自ら再現する加害者から見えてくる、人間の闇。 今回取り上げるのは、2014年に日本公開のジョシュア・オッペンハイマー監督作 …

連載コラム

NETFLIX映画『タイタン』ネタバレ感想とレビュー評価。人体改造から惑星移住の新境地を開いた異色作|SF恐怖映画という名の観覧車90

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile090 人類の発展と共に着実に地球の環境は破壊され、環境に対する取り組みはより重要視されるようになりました。 映画の世界では「地球の滅亡」を題材 …

連載コラム

HIKARI監督映画『37セカンズ』東京国際映画祭リポート【光がきらめく】FILMINK-vol.28

FILMINK-vol.28「The Light Shines on 37 Seconds」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外 …

連載コラム

映画『どうにかなる日々』感想レビューと解説。アニメ化で際立つ志村貴子作品の魅力を分析|映画道シカミミ見聞録47

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第47回 こんにちは、森田です。 今回は2020年10月23日(金)全国公開のアニメーション映画『どうにかなる日々』を紹介いたします。 原作者の志村貴子は、学園ドラマ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学