Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/06/01
Update

映画『追龍』あらすじと感想評価レビュー。香港実録クライムでドニーイェンとアンディラウが激突|銀幕の月光遊戯 63

  • Writer :
  • 西川ちょり

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第63回

映画『追龍』が2020年7月24日(金)より、新宿武蔵野館、シネ・リーブル梅田他にて全国順次ロードショーされます。

ドニー・イェンとアンディ・ラウの人気2大スターが激突。映画『追龍』は、1960年代の香港を舞台に香港警察と黒社会の真の関係を描く実録クライムドラマです。

「ゴッド・ギャンブラー」シリーズなど数多くのエンターティンメント映画を手掛けてきたバリー・ウォンと、『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』などの作品で撮影監督を務めたジェイソン・クワンが共同監督を務めています。

中国、香港で大ヒットを記録し、第38回香港金像奨では撮影と編集の2部門で最優秀賞を受賞しました。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『追龍』の作品情報


(C)2017 Mega-Vision Project Workshop Limited.All Rights Reserved.

【公開】
2020年公開(中国・香港合作映画)

【原題】
追龍 Chasing the Dragon

【監督・脚本】
バリー・ウォン、ジェイソン・クワン

【キャスト】
ドニー・イェン、アンディ・ラウ、フィリップ・キョン、ケント・チェン、ユー・カン、フェリックス・ウォン、ブライアン・アーキン、ベン・ウ

【作品概要】
1960年代の英国領香港時代を舞台に、実在した黒社会(香港マフィア)のボス、ン・シックホーと香港警察のルイ・ロックをモデルに描いた実録犯罪ドラマ。

シックホーをドニー・イェン、ルイ・ロックをアンディ・ラウが演じています。

香港映画界のキングメイカー・バリー・ウォンと、『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』(2018/フェリックス・チョン)などの作品で撮影監督を務めてきたジェイソン・クワンが共同監督を務めました。

映画『追龍』のあらすじ


(C)2017 Mega-Vision Project Workshop Limited.All Rights Reserved.

1960年代、香港。

ホーは仲間とともに、中国本土・潮州から不法移民として香港にやってきました。入国から4日目にして、ようやく食事を取ることができた彼らは、貧しい暮らしを送っていましたが、ホーは、なけなしのお粥を近隣の少女にわけてやる優しさを持っていました。

ある日、ホーたちは大声を上げるだけで高額な日銭が得られる仕事があると聞き、マフィア同士が攻防する現場に向かいました。しかしそれは本物の喧嘩で、両者のぶつかり合いはやがて激しい暴動となり、否応なく彼らも巻き込まれることに。

警官を倒して服を奪い、警官になりすまして逃げようとしたホーたちでしたが、指揮官である英国人警司ヘンダーに見破られます。ホーはヘンダーを殴りつけ、逮捕されてしまいました。

そんなホーを助けたのは、香港警察のロックでした。その後すぐにホーは黒社会で働き始め、徐々に頭角を表していきます。汚職警官ロックとともに麻薬、売春、賭博など裏社会での商売を仕切り、それらは警察にも、黒社会にも大きな利益をもたらしましていきました。

ある日、ホーはロックの窮地を救い、2人はさらなる熱い友情で結ばれます。しかしロックは片腕である部下からホーが力を付けすぎたのではないかと忠告され……。

スポンサーリンク

映画『追龍』の感想と評価


(C)2017 Mega-Vision Project Workshop Limited.All Rights Reserved.

ドニー・イェンとアンディ・ラウの2大スター共演

1960年代の英国領香港時代に実在した麻薬王・呉錫豪(ン・シーホウ)と香港警察の雷洛(リー・ロック)という人物を、それぞれ、ドニー・イェンとアンディ・ラウという2大スターが演じた実録犯罪映画です。

1960年代から70年代にかけて、香港警察は汚職が蔓延しており、黒社会と結託して莫大な利益を上げていました。その実話をもとに、黒社会、香港人警察、イギリス人警官の思惑が入り乱れ、激しい競り合いが繰り広げられる様が描かれています。

注目すべきはドニー・イェンが麻薬王という悪を演じたことでしょう。「イップ・マン」シリーズなどで見せた鮮やかなカンフー技を披露するのではなく、泥臭いバトルを展開する姿が実に新鮮です。

中盤は、脚を折られて杖を使って歩かざるを得なくなる展開のため、アクションは封印されてしまいますが、その分、ドニー・イェンの人間味あふれる演技力をたっぷり堪能することができます。

一方のアンディ・ラウは、まさに貴公子のごとく。絶対的権力を持つイギリス人警官に対しては正義感をかざすヒーローですが、同僚を出し抜き、すいすいと出世をして権力を握り、黒社会と結託して富をほしいままにしていきます。

そんな2人は、窮地を助け合った中で、その際の「恩」によって互いを支え合います。ワルたちの確固たる友情は古めかしくも厚く、往年の香港ノワールのファンにはたまらない世界観です。

2人をささえる人物も魅力的で、ドニー・イェン扮するホーと常に行動をともにする同郷の四人組の確かな絆にもぐっと来てしまうことでしょう。そのうちの一人を演じたのは、アンディ・ラウ主演の『SHOCKWAVE ショックウェイブ爆弾処理班』(2017/ハーマン・ヤウ)などでおなじみのフィリップ・キョンです。

また、アンディ・ラウの片腕として登場するケント・チェンのひょうひょうとした仕草も忘れ難く、芸達者な共演者たちが存在感たっぷりに個性的な役柄を演じているのもみどころのひとつです。

蘇る九龍城砦


(C)2017 Mega-Vision Project Workshop Limited.All Rights Reserved.

本作は、1960年代から70年代の香港史を描いている側面もあり、当時の町並みがリアルに再現されています。

とりわけ、九龍の九龍城地区に造られた城塞の姿にはわくわくさせられるでしょう。無計画に継ぎ接ぎされた建築は「九龍城には一回入ると出てこられない」とも言われるほどで、ドニー・イェンが迷路のような内部を颯爽と進んでいくシーンがありますが、ここで彼はその複雑な内部の案内人の役割を果たしているともいえるでしょう。

九龍城砦は、行政権が及ばない地域として、黒社会が暗躍し、麻薬、賭博、売春が横行していた無法地帯でした。警官のアンディ・ラウが内部に踏み込んだ際、大勢のヤクザから命を狙われることになるのですが、この複雑で迷路のような建築が、どう見ても逃げおおせないような状況下で、うまく活用されています。

もともと香港アクションは、狭い空間の使い方のうまさが魅力の一つでもありますが、ここではどこに通じるかわからない部屋や狭い通路でのバトルがより一層の迫力で描かれています。

また、建物をすれすれに通過していく飛行機という情景がダイナミックに何度も登場し、今はなき香港の風景に望郷のような思いすら感じさせます。

素晴らしき映画音楽


(C)2017 Mega-Vision Project Workshop Limited.All Rights Reserved.

俳優、演出、撮影、プロダクション・デザインなどと並んで、特に言及しておきたいのは音楽です。

移民として香港にやってきたドニー・イェンと仲間たちは、食うにも事欠く時代を経験しながら次第に黒社会の中で頭角を表していくのですが、それを表すシーンのひとつとして、テーラーで背広を調達した四人が意気揚々と街を歩いて来る場面があります。

人間が横並びになって歩いてくるショットは自ずから高揚感を誘うものですが、その時にバックに流れる音楽がEarth, Wind & Fireの『Shining Star』なのがたまりません。

他にもソウルミュージックや陳光榮(チャン・クォンウィン)によるオリジナルスコアが絶妙なタイミングで流れ、そのセンスとカッコの良さにしびれます。それでなくても迫力あるシーンが目白押しだというのに、音楽でさらにテンションが上がってしまいます。

是非、素晴らしい音楽にも耳を傾けてみてください。

まとめ


(C)2017 Mega-Vision Project Workshop Limited.All Rights Reserved.

映画の終盤、廉政公署(ICAC)が登場してきます。廉政公署とは、1974年に発足した香港の汚職捜査機関のことで、その機関の活躍により、香港警察の汚職は一掃されることになります。

本作は廉政公署登場以前の古き悪しき、そして創作的には実に魅力的な一時代の香港警察を描いた作品で、汚職警察、黒社会の人物を通した香港人のアイデンティティーが表現されています。

ちなみに、廉政公署はしばしば映画にも登場し、代表的な作品に「コールド・ウォー」(2012,2016)シリーズや、ルイス・クー主演の『サンダー・ストーム 特殊捜査班』(2018/デヴィッド・ラム)、『廉政風雲 煙幕』(2019/アラン・マック)といった作品があります。

香港ノワール、香港アクションが、一時ほどの力がなくなったのは確かかもしれませんが、『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』や本作などを観ると、もうとっくに復活しているのではと思わずにいられません。香港映画をもっともっと劇場で観たいものです。

映画『追龍』は、2020年7月24日(金)より、新宿武蔵野館、シネ・リーブル梅田他にて全国順次ロードショーされます。

次回の銀幕の月光遊戯は…


(C)2019 SF Film, LLC. All Rights Reserved.

新宿シネマカリテ、ホワイトシネクイント、アップリンク吉祥寺、シネ・リーブル梅田他にて近日公開予定の『SKIN/スキン』を予定しています。

お楽しみに。

【連載コラム】『銀幕の月光遊戯』一覧はこちら





関連記事

連載コラム

映画『キャビン』ネタバレ解説と結末考察。意味不明なギャグを深読みするなら怪物だョ全員集合は“人間という神々の欲望”|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー2

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第2回 眠れずに深夜の地上波テレビで見た映画放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配 …

連載コラム

映画『ソン・ランの響き』感想とレビュー評価。ベトナム伝統芸能とボーイ・ミーツ・ボーイの物語の魅力|銀幕の月光遊戯 52

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第52回 1980年代、サイゴンで孤独を抱えた2人の男が出会う一。 伝統芸能「カイルオン」を背景に、2人の男性の出逢いと感情の芽生えを描いたベトナム映画『ソン・ランの響き』 …

連載コラム

映画『ザ・ハミングバード・プロジェクト』キャスト【ジェシー・アイゼンバーグとアレクサンダー・スカルスガルドのインタビュー】FILMINK-vol.10

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。 © 2018 Earthlings Productions I …

連載コラム

グーシャオガン映画『春江水暖』あらすじと感想レビュー。中国の伝統的な文人の視点である「絵巻物」をもって世界や物語を組み立てる|フィルメックス2019の映画たち2

第20回東京フィルメックス「コンペティション」審査員特別賞『春江水暖』 2019年にて記念すべき20回目を迎える東京フィルメックス。令和初となる本映画祭が開催されました。そのコンペティションで審査員特 …

連載コラム

イヤミス女王・湊かなえ映画ドラマおすすめ5選!結末不快のラストは『告白』だけじゃない|映画という星空を知るひとよ47

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第47回 ミステリー作品と一言に言っても、爽やかなラストのものと後味の悪い結末を迎えるものがあります。 今回は嫌な感じのミステリー小説の先駆者、通称“イヤミスの …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学