Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/02/13
Update

映画『ブラック・クローラー』ネタバレあらすじと感想評価。ラスト結末の人喰いワニのパニックムービーを語る|未体験ゾーンの映画たち2021見破録11

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第11回

公開の危ぶまれる映画から、奇抜なものからお約束映画までそろえた「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第11回で紹介するのは、お馴染みの”ワニ映画”『ブラック・クローラー』。

B級映画を代表するジャンルである動物パニック映画。人を襲うサメやタコ、蜘蛛や蛇…いったい何度目撃したでしょう。

忘れていけないのがワニ。巨大な口を持つ水辺に潜む怪物には、誰も襲われたくありません。

『ファインディング・ニモ』(2003)で「魚をトイレに流してはいけない」と教わりましたが、『アリゲーター』(1980)という映画には「ワニをトイレに流してはいけない」と学びました。

さて、今回紹介するのはオーストラリアを舞台にした、洞窟に潜むワニを描いた作品です。どんな恐怖が待っているのでしょうか。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ブラック・クローラー』の作品情報


(C)2019 BW2 ABYSS HOLDINGS PTY LTD AND SCREEN QUEENSLAND PTY LTD All rights reserved.

【日本公開】
2021年(オーストラリア・アメリカ合作映画)

【原題】
Black Water: Abyss

【監督】
アンドリュー・トラウキ

【キャスト】
ジェシカ・マクナミー、ルーク・ミッチェル、アマリ・ゴールデン、ベンジャミン・ホーチェス、アンソニー・シャープ

【作品概要】
人跡未踏の洞窟を探検中の一行が、巨大なワニに襲われるアニマルパニックムービー。

アンドリュー・トラウキは本作以外にも”ワニ映画”『ブラック・ウォーター』(2007)、”サメ映画”『赤い珊瑚礁 オープン・ウォーター』(2010)、そして”ヒョウ映画”…ではないモンスター映画『ジャングル 不滅』(2013)を監督しています。

MEG ザ・モンスター』(2013)で巨大サメと対決したジェシカ・マクナミー、何種類もの巨大モンスターが登場する『Love and Monsters(原題)』(2020)のアマリ・ゴールデンらが出演した作品です。

映画『ブラック・クローラー』のあらすじとネタバレ


(C)2019 BW2 ABYSS HOLDINGS PTY LTD AND SCREEN QUEENSLAND PTY LTD All rights reserved.

オーストラリア北部の密林地帯を歩く日本人旅行者のカップル。地図もGPSも役に立たず、2人は迷っていました。

地表に開いた裂け目から、誤って地下の洞窟に転落した2人。洞窟にたまった水の中から、何かが近づいてきます…。

ジェーンことジェニファー(ジェシカ・マクナミー)は探検好きの恋人エリック(ルーク・ミッチェル)に強く誘われ、アウトドア旅行の準備をしていました。

友人のビクター(ベンジャミン・ホーチェス)とヨランダ(アマリ・ゴールデン)の2人がやって来ます。2組のカップルは、ちょっとした冒険の旅に出発します。

彼らは車でオーストラリアの北部に向かいます。そして今回の旅の案内人、キャッシュ(アンソニー・シャープ)と酒場で合流した4人。

アウトドア旅行ツアーが生業の陽気な男キャッシュは、今回向かう洞窟は発見されたばかりの、人跡未踏のものだと説明します。

酒ではなく水を飲むヨランダを見て、彼女は妊娠しているのではと気付くジェーン。

ジェーンはヨランダを祝福しますが、彼女はまだビクターには話していないと告げました。

その晩は皆で楽しく過ごしましたが、2人になるとビクターはヨランダに洞窟探検を止め、一緒にどこかの島にでも行こうと提案します。

ビクターが写真を撮れば、自分が行かずとも旅行ガイドを書けると言うビクターに、今までの人生に無い本物の体験をすべきだと話すヨランダ。

翌朝、一行は密林の中にある洞窟を目指します。キャッシュは行方不明の日本人旅行者の捜索に加わった際、偶然発見したと説明しました。

洞窟が観光に適したものならエリックがツアーを組み、観光ガイドを書く仕事を持つビクターが宣伝し、ビジネス化する計画です。

今回の旅はその下見をかねたものでした。車で進む道路沿いの川にワニがいると気付き、写真に収めるヨランダ。

この辺にワニがいるが、いざという時はと拳銃を出すキャッシュ。それを見たエリックは危険だと取り上げ、ダッシュボードのグローブボックスに収めました。

一行は林道に車を止め、密林の中に入ります。気象予報では強い雨雲が近づいていましたが、エリックとキャッシュは大丈夫だと判断します。

地表に開いた、目的の洞窟に続く裂け目に到着しました。装備を身に付けロープを垂らし、垂直降下で洞窟に降りる5人。

地下の空間には、はって進めば先に行ける洞窟が続いており、一行は先へと進みます。その頃、空には雲が立ち込めていました。

ここで遭難しても、誰も気付いてくれないと不安を口にしたジェーンとビクターに、先に行こうと促すエリック。

洞窟内にはヤギか何かの動物の骨がありました。ヤギはどうやってここに降りたのか、とヨランダは疑問を口にします。

壁からは水がしみ出し流れていました。どこから流れてきたのか不明です。その頃洞窟の外は、激しい嵐に襲われていました。

狭い洞窟を抜けた先に、広い空間がありました。エリックがランタンで照らすと、そこには地底湖が広がっていました。

目の前に広がる景観に上がる歓声。地下川がこの空間を生んでいました。洞窟を利用した観光ビジネスも成功間違いなし、と興奮するエリックとキャッシュ。

2人は水の中に入り、この空間をチェックします。そして壁面からしみ出し流れる水に気付きました。

天候を気にしたエリックは引き上げるべきだと口にしますが、キャッシュは洞窟にはまだ調べるべきことがある、と反対します。

ジェーンが水中の物音に気付きます。何かいると彼女が叫んだ時、轟音が聞こえてきました。

洞窟内に大量の水が流れこんできました。水に飲み込まれながらも何とか高台に逃れた5人。

キャッシュはバックを流されます。その中には車のキーも入っていました。

この空間に入ってきた通路は水没しています。当然ながらスマホも通じません。狭い洞窟を泳いで通り抜け、入り口に戻ろうと告げるエリック。

水中に何かを見たジェーンは反対しますが、水かさが増せばこの空間全体が水没します。

一行は水の中に入り、もと来た通路を目指します。ビクターは水面に浮かぶキャッシュのバックを見つけました。

彼はそれをつかもうとします。エリックたちがどうするか相談していると、ビクターの悲鳴が聞こえます。

ビクターの体が水面に現れます。彼の体をくわえたワニが体を回転させると、悲鳴と水しぶきが起きました。

エリックとジェーン、ヨランダとキャッシュは水中から別々の高台に逃れます。

ヨランダは水面に浮いていた体を引き上げますが、それは行方不明の旅行者の死体でした。

ワニから逃れたビクターが泳いできました。助けようと水中に飛び込むエリック。

背後にワニが迫ります。エリックはビクターと共に、ジェーンのいる高台に逃れました。

ビクターは気丈に振る舞いますが傷は重く、病院に運ぶしか救う手段はありません。

エリックは離れた場所のキャッシュに、泳いで洞窟の入り口に戻ろうと告げます。ワニがいると反対するキャッシュ。

入り口まで戻れば外部と連絡が取れる。キーが無く車を動かせなくとも、車に保管した銃があればワニを倒せると説得するエリック。

身を守るナイフは持ってる、と言うエリックに『クロコダイル・ダンディー』(1986)かよ、と言って反発するキャッシュ。

しかし彼も覚悟を決めました。旅行者の遺体を投げ込み、ワニがそれを襲っている隙に行動しようと提案します。

ヨランダが遺体を水面に落とすと、ワニはそれをくわえて姿を消しました。エリックとキャッシュは行動を開始しました。

水没した通路を泳いで進み、空気が残る空間まで進んだ2人。

ビクターは喘息の発作に襲われます。彼の吸入器を持っていたヨランダはジェーンの方に投げますが、吸入器は手前で水面に落ちました。

ヨランダは吸入器を取りに水の中に入ります。ワニが現れますが息を殺してやり過ごし、死体をくわえた隙にジェーンの元に逃れたヨランダ。

彼女が回収した吸入器のお陰でビクターの発作は収まります。

一方エリックとキャッシュは、入り口に続く水没した狭い箇所に到着します。そこは濁流で流れ込んだ石に塞がれていました。

2人がかりで挑んでも石は動きません。やむなく引き返すことにしたエリックとキャッシュ。

しかしエリックが岩に足を挟まれ遅れます。彼と離れたと気付いたキャッシュは立ち止まり、様子をうかがいます。

そこにワニが現れました。逃げ場のない空間で襲われ、絶叫するキャッシュ。追いついたエリックは、姿を消したキャッシュの名を叫びます。

以下、『ブラック・クローラー』のネタバレ・結末の記載がございます。『ブラック・クローラー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 BW2 ABYSS HOLDINGS PTY LTD AND SCREEN QUEENSLAND PTY LTD All rights reserved.

残されたジェーンとヨランダは、まだ水位が上昇していると悟ります。どこからか風が吹いていると気付くジェーン。

弱りつつあるビクターに、自分の妊娠を告げるヨランダ。風が来る細い通路をジェーンが見つけた時、エリックが姿を現します。

キャッシュを失い、通路は塞がって入り口に戻れなかったと語るエリック。

アウトドア経験が豊富なエリックとヨランダが、出口を求めジェーンの見つけた通路を進みます。妊娠の事実を恋人に告げた、とヨランダに聞かされ動揺するエリック。

水位は上昇し、やむなく残されたジェーンとビクターは更に高い場所への移動を試みます。そこをワニが襲撃しました。

何とかワニから逃れた2人。自分もヨランダの妊娠を教えられたと彼に話すジェーン。

病に侵され化学療法を受けていたビクターは、子供を持つことを諦めていました。しかし妊娠の事実を知り、奇跡的な幸運だと彼は喜びます。

病が収まり人生の再出発も兼ねて、ヨランダに勧められ今回の冒険に挑んだビクター。

2人はどうしてお互い、自分とは違う行動的なパートナーを選んだのか、エリックとヨランダの方が似合いの組み合わせだ、と話したジェーン。

ビクターは水面にキャッシュのバッグが浮かんでいると気付きます。

水に入りバッグを回収したジェーン。しかし彼女は頭を打ち意識を失います。負傷した体で彼女を助けたものの、ワニに襲われたビクター。

エリックの悲鳴と、ワニが彼の体をかみ砕く音が洞窟に響きます。

逃れたジェーンは、どこからか日の光が差し込んでいると気付きました。そこに通路の先は狭く、外に出れないと確認したエリックとヨランダが戻ってきました。

2人の前で泣き、どうして自分たちをここに連れてきたと叫ぶジェーン。

ビクターの死を知り涙ぐむヨランダの前で、真実を知りたいと言うジェーン。彼女は一緒に撮った写真を見て、あることに気付いていました。

耐えられずヨランダと関係を持ったのは、愚かな過ちだったと告げるエリック。その結果妊娠したと認めたヨランダ。

エリックは水が引き始めたと気付きます。日光が射しているのは天気が回復した証拠、脱出のチャンスが見えてきました。

絶望したヨランダを叱咤し、エリックに生きるための行動をとれと告げるジェーン。

意を決して水の中に入り、水の流れ出す方向に向かう3人。慎重に行動しますがワニに追われ、彼らは必死に泳ぎました。

ナイフを抜き、激しく水しぶきを立ててワニを引き付けるエリック。ジェーンを逃がした彼に襲い掛かったワニ。

水中に潜り必死に泳ぐジェーンの手を、ヨランダが掴んで引き上げました。枝が積まれたその場所には、喰いちぎられた人間の手が落ちていました。

この場所はワニの巣だと悟り、積まれた枝をかき分け出口を探すジェーンとヨランダ。2人は川の水面に出ました。

洞窟と川はつながっていました。ここがワニの出入り口で、増水時にここから水が洞窟へ流れこんでいたのです。生き残った2人は陸に上がります。

来た道をたどり、車を見つけて乗り込む2人。何か話したそうなヨランダに今は止めてと告げ、車を走らせたジェーン。

しかし嵐の影響か、道は倒木に塞がれていました。運転を誤り車は川に転落します。

車は浮かんでいますが、水圧でドアが開きません。しかもあのワニが迫ってきました。

ヨランダが取り出した拳銃を受け取り、弾倉を込めるジェーン。半分開いた窓から襲おうと体当たりするワニ。

車は水没します。窓から脱出したジェーンに続き、ヨランダも水面に現れました。

岸に向かって泳ぐ2人を執拗に追うワニ。ヨランダが危ないと気付いたジェーンは発砲し、彼女を助けますがワニにくわえられます。

体を回転させる、デスロールと呼ばれる技で獲物を仕留めようとするワニ。至近距離からワニに発砲したジェーン。

水面に血が広がります。浮かびあがったのはジェーンと、ワニの死骸でした。

生き延びた2人の女性は涙を流して抱き合い、そして岸へと向かいます。

スポンサーリンク

映画『ブラック・クローラー』の感想と評価

参考映像:『ブラック・ウォーター』(2007)

ジャンル映画の定番としてお馴染みの動物パニック映画。CG技術のおかげで冗談みたいな状況で、トンデモなサイズ・デザイン・数で暴れるサメ、ワニ、その他もろものの猛獣たち。

おかげでコメディとして、皆で笑い飛ばす映画として大人気ですが、本作はオーソドックスに緊迫感と恐怖をもって描くスタイルの作品です。

アンドリュー・トラウキ監督の前回のワニ映画『ブラック・ウォーター』同様、北オーストラリアの大自然を舞台にした、サバイバル映画こそ本作です。

このジャンルにこだわる監督の作品


(C)2019 BW2 ABYSS HOLDINGS PTY LTD AND SCREEN QUEENSLAND PTY LTD All rights reserved.

実際の事件をモチーフに作られた『ブラック・ウォーター』は評判を呼びますが、自分が映画を作るには常に資金面の困難に遭遇する、と説明するトラウキ監督。

成功は収めたものの、同じジャンルしか撮れない監督と思われて果たして良いものかと悩み、一方で人々からはアニマルパニック映画の製作を期待されていたと振り返ります。

そんな彼は『ブラック・クローラー』の脚本に出会った際、洞窟の暗闇とワニの恐怖が融合した物語に強い興味をひかれました。

こうして彼は監督を引き受けます。自然の中ロケを行った前作よりも、セットで制御された環境の本作は撮影し易かったと話しています。

一方で危険と困難をともなう水中撮影が行わます。過去のトラウマがこのジャンルへのこだわりを生んだのか、と聞かれた監督。

自分はビーチ近くに住み、サーフィンを楽しむ男だと答え、もし何か理由があるなら、前世の因縁か何かが自分を駆り立てているんだ、と笑って答えています。

リアルを追求するためワニの生態を学び、ワニの扱いに慣れた生物学者の協力で、本物のワニも登場する本作。

むろん特殊効果も利用して描かれますが、猛獣映画正統派の恐怖はこうして描かれました。

どこの海でも想像されるサメの恐怖に比べれば、棲息するエリアが限られているワニは、今一つ人気で劣るのだろう。

しかし人間に遺伝子レベルで刷り込まれた、捕食される恐怖が存在する限り、アニマルパニック映画は今後も好まれるだろうとトラウキ監督は説明しています。

無駄を排した展開が魅力的なホラー映画


(C)2019 BW2 ABYSS HOLDINGS PTY LTD AND SCREEN QUEENSLAND PTY LTD All rights reserved.

本作に厳しい評価を与える人は、ジャンル映画のパターン通りの作品だと考えているようです。

お笑いシーンは無く、登場人物の愛憎劇が登場しますがストーリーの進行を妨げません。

死体や捕食シーンが登場しますが、過剰な身体破壊描写は無し。何か一つ目玉になる要素が欲しい、という方には物足りないかもしれません。

しかし全編に緊張感を維持させ、最後までリアルを積み重ねた本作は、「真面目な」アニマルパニック映画を期待した人を、大いに満足させるでしょう。

B級映画ファンなら、奇をてらったり様々な要素を詰め込んだ結果、何ともバランスが悪くなった作品を数多く見ているはず。

「古池や ワニが飛び込む 水の音」。これ位シンプルな方が、ホラー映画も面白いんです。

まとめ


(C)2019 BW2 ABYSS HOLDINGS PTY LTD AND SCREEN QUEENSLAND PTY LTD All rights reserved.

期待にそぐわぬ水準で完成度を誇る”ワニ映画”『ブラック・クローラー』。ワニ映画やアニマルパニック映画は、こういう映画でいいんだよ!という方は大満足するでしょう。

出演者はハリウッド映画も撮影される、オーストラリア映画界で活躍する俳優たち。撮影スタッフ含め、オーストラリア映画産業の水準の高さを教えてくれます。

B級映画・ジャンル映画ファンは、オーストラリア映画から目が離せません。

ところで映画の中の”死亡フラグ”、これを言ったら、こう行動したら死亡確定、というネタは映画ファンの間でよく話題になります。

本作に登場する「妊娠を告げる」、「三角関係がバレる」も有力な死亡フラグ。ただし状況によっては”生存フラグ”にもなる、重要なワードです。

サバイバル映画を見る時は皆、誰が死に誰が生き残るか想像しているはず。B級映画は、そんな楽しみ方でイイんです。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


(C)2019 RED FLOWER FILM, LLC. All RIGHTS RESERVED.

次回第12回は、アンソニー・マッキーは時空を超え親友の娘を救えるのか。異色の設定を持つSF映画『シンクロニック』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

映画『バスケットケース』ネタバレ感想。ラスト結末までのあらすじ紹介も|SF恐怖映画という名の観覧車44

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile044 新宿の映画館「K’s cinema」で6月8日より開催される「奇想天外映画祭 Bizarre Film Festival~F …

連載コラム

スター・ウォーズや宇宙大作戦が育んだ「スペースオペラ」の礎と可能性|SF恐怖映画という名の観覧車3

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile003 映画好きでなくとも知っている映画シリーズ、「スター・ウォーズ」。 シリーズ7作目である『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で …

連載コラム

連載コラム「映画と美流百科」はじまります。映画とアート/ファッションの読本【編集なかじきり】

連載コラム「映画と美流百科」書き手:篠原愛 2018年6月より、Cinemarcheのヘビーユーザー向けにスタートした「連載コラム」シリーズ。 盛夏を迎えた7月より、 Cinemarcheライターの篠 …

連載コラム

映画『あなたにふさわしい』感想レビューと考察。夫婦である理由を“名づけ”の視点から読み解く|映画道シカミミ見聞録48

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第48回 こんにちは、森田です。 今回は6月12日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかでロードショー公開予定の映画『あなたにふさわしい』を紹介いたします。 1つの別荘をシ …

連載コラム

香取慎吾『凪待ち』映画ロケ地リポ④ 白石和彌監督が見た石巻・南浜地区の風景と日和大橋に託した想い|凪待つ地をたずね4

連載コラム『凪待つ地をたずね』第4回 映画『凪待ち』の背景、そして白石和彌監督と香取慎吾が映画を通して描こうとしたものを探るため、本作のロケ地である宮城県の各地を巡り、その地に生きる人々を取材。 ロケ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学