Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/07/26
Update

映画『スーパーヒーロー戦記』のネタバレ感想と結末あらすじの考察。仮面ライダーと戦隊ヒーローたちの圧巻の共闘ぶり【邦画特撮大全93】

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第93章

今回の邦画特撮大全は『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』(2021)を紹介します。

2021年7月22日(木)より劇場公開されている『セイバー+ゼンカイジャー スーパーヒーロー戦記』。

本作は生誕50周年を迎えた仮面ライダーシリーズと、通算45作品に到達したスーパー戦隊シリーズのクロスオーバー作品です。

例年であれば毎年夏は仮面ライダーとスーパー戦隊の劇場版が2本立てで公開されているのですが、今年2021年は両シリーズにとってアニバーサリーイヤーであるため、このような作品が企画されました。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『スーパーヒーロー戦記』の作品情報


「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎、八手三郎

【監督】
田崎竜太

【脚本】
毛利亘宏

【出演】
内藤秀一郎、駒木根葵汰、山口貴也、川津明日香、青木瞭、生島勇輝、富樫慧士、岡宏明、市川知宏、アンジェラ芽衣、庄野崎謙、増子敦貴、浅沼晋太郎、梶裕貴、宮本侑芽、佐藤拓也、福圓美里、鈴木福、谷田歩、横田真悠、奥野壮、高橋文哉、鈴木勝吾、水石亜飛夢、石丸謙二郎、宇梶剛士、ささきいさお、谷中敦、誠直也、知念里奈、榊原郁恵、藤岡弘、

【作品概要】
生誕50周年を迎えた“仮面ライダーシリーズ”と通算45作品に到達した“スーパー戦隊シリーズ”のクロスオーバー作品。

現在放送中の『仮面ライダーセイバー』、『機界戦隊ゼンカイジャー』の2作品からメインキャストが集結したほか、謎の少年役に鈴木福、敵役アスモデウスにドラマ『下町ロケット』(2015)などで知られる谷田歩が出演。また藤岡弘、をはじめとする歴代ヒーローたちも競演。

監督は『仮面ライダージオウ Over Quartzer』(2019)の田崎竜太。脚本は『宇宙戦隊キュウレンジャー』(2017)の毛利亘宏。

『スーパーヒーロー戦記』のあらすじとネタバレ


「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

小説家の神山飛羽真/仮面ライダーセイバーはスランプに陥っていました。小説家は物語にとって神、人を助けるために仮面ライダーとして活動しているのに、物語の登場人物を苦しめるのは矛盾しているのではと考え始めていたからです。

ユーリ/仮面ライダー最光から面白いと渡された『機界戦隊ゼンカイジャー』という本。この本を開くと、飛羽真とユーリ、担当編集の須藤芽依の3人は“ゼンカイジャーの世界”へ飛ばされてしまいました。

3人はゼンカイジャーのメンバー、ジュラン/ゼンカイジュランと出会います。怪人が出現したため戦う飛羽真たちでしたが、その最中ユーリの姿は消え、スケッチブックを持った謎の少年“ショウタロウ”が現れるのでした。

一方、五色田介人/ゼンカイザーたちジュラン以外のゼンカイジャーも本を開いたことで“セイバーの世界”へ来てしまいました。セッちゃんを使ってお互いの世界と交信を始めます。

世界に危険を及ぼす“禁書”が収められたアガスティアベースの衛士・アスモデウスが反乱を起こし、禁書の封印を解いてしまったのです。

その禁書とは35冊の『仮面ライダーの書』と45冊の『スーパー戦隊の書』。この禁書が解かれたことにより、物語と現実の境界線が曖昧となり、やがて現実世界は崩壊してしまうのです。

異常事態はさらに発展し、介人たちゼンカイジャーと新堂倫太郎/仮面ライダーブレイズは『西遊記』の世界へ飛ばされてしまいます。オーマジオウ(『仮面ライダージオウ』)から、天竺を目指す三蔵一行のお供をするように言われる介人たち。しかし現れた三蔵一行はモモタロスたち『仮面ライダー電王』のイマジンでした。

一行の動きを阻止するためアスモデウスの配下・戦隊メギドの襲撃を喰らいますが、常盤ソウゴ/仮面ライダージオウの加勢を得て敵を倒し、無事天竺の経典=禁書を手に入れます。

一方、飛羽真たちとジュラン、ショウタロウは『八犬伝』の世界へ。『宇宙戦隊キュウレンジャー』のショウ・ロンポーとラプター283を助けたことから、彼らが求める“本を持つ八犬士”を探すことになります。

本とは禁書のことで、禁書を持つドギー・クルーガー/デカマスター、谷千明/シンケングリーン、押切時雨/キラメイブルーら歴代ヒーローたちが集まります。

飛羽真たちに同行していたショウタロウはみんなの活躍をスケッチしていましたが、「たしかに格好良いけど僕の描きたいヒーローじゃない」と心情を吐露しました。

飛羽真たちを阻止しようと、アスモデウスの部下・ライダーワルドが一行を襲います。ジュランも本を持つ犬士のひとりだということが発覚し、そこから発想を得たショウタロウがショウ・ロンポーとラプター283の2人を八犬士にしてしまいます。

そして犬士のひとり飛電或人/仮面ライダーゼロワンも加勢に現れ敵を撃破。一行は8冊の禁書を手に入れたのです。

※以下、ネタバレ

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『スーパーヒーロー戦記』ネタバレ・結末の記載がございます。『スーパーヒーロー戦記』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

禁書を手に入れたことで、『西遊記』と『八犬伝』の世界から抜け出せた飛羽真たちと介人たちは合流します。しかし戦隊メギドとライダーワルドたち悪の怪人が一同を待ち構えていました。

仮面ライダーセイバーとゼンカイジャーたちは怪人と交戦しますが、ヒーローが1人また1人と姿を消していきます。ショウタロウは描いてきたヒーローに納得が出来ず、そのスケッチを破くと何故か描かれたヒーローたちが消えていくのです。

「神の力」を奪うことでヒーローの存在を消すことが、アスモデウスの真の目的だったのです。そして飛羽真もショウタロウも光となって消えて行きました。

飛羽真が目を覚ますと、富加宮賢人/仮面ライダーエスパーダがいます。そして幼い頃に次元の裂け目に囚われたはずのルナが大人の姿になっていました。

飛羽真が飛ばされたのは「現実」の世界で、そこでは仮面ライダーと怪人の戦いはなく穏やかな生活を送っていたのです。

飛羽真は『石ノ森章太郎伝』という本を落としてしまいます。その本をめくると「高校二年生の石ノ森章太郎」というキャプションと共に、一緒に旅をした少年ショウタロウの写真が載っていました。

アスモデウスたちが言っていた「神」とは仮面ライダーとスーパー戦隊の生みの親・石ノ森章太郎であり、ショウタロウ=少年時代の石ノ森章太郎から創作意欲を喪失させることで、世界からヒーローの存在を抹消するのが目的だったのです。

飛羽真はショウタロウを説得しに向かいます。「ヒーローを描きたいはずなのに悪のにおいがしちゃう。そんなのヒーローじゃない」と言うショウタロウに、飛羽真は「それが君にしか描けないヒーローだ」と彼を励まします。

そしてこの物語を終わらせるため、飛羽真は物語の続きを、ショウタロウは自分が本当に描きたいヒーローを描きます。

飛羽真とショウタロウはアスモデウスと対峙します。飛羽真が書き上げた物語は『スーパーヒーロー戦記』、ショウタロウが描いたヒーローが仮面ライダー1号と『秘密戦隊ゴレンジャー』のアカレンジャーでした。

そして2人のヒーローは実体化。「たかが2人に何ができる」と笑う敵でしたが、2人の後ろには歴代仮面ライダーと歴代スーパー戦隊のレッドが現れたのです。

ゼンカイジャー、ゾックス/ツーカイザー、『仮面ライダーセイバー』のライダーたちも駆けつけ、歴代ヒーローが大集結。アスモデウス率いる怪人軍団と乱戦になります。

さらに新たな仮面ライダー、仮面ライダーリバイと仮面ライダーバイスも戦いに駆けつけました。

かつてヒーローが倒した敵の戦艦などを呑み込み、巨大な竜の姿と化し猛威を振るうアスモデウス。それに対して歴代スーパー戦隊の巨大メカと仮面ライダー50年分の力で反撃。

飛羽真は介人の力を借りて、自身の書いた小説『スーパーヒーロー戦記』をライドブック化し、仮面ライダーセイバースーパーヒーロー戦記に変身。

アスモデウスを撃破します。飛び散った禁書はアガスティアベースに戻り、新たな物語『仮面ライダーリバイス』も本棚に収まりました。

戦いが終わり、本郷猛/仮面ライダー1号がショウタロウの元へ駆け寄ります。「先生、もう会えないかと」という本郷の言葉に、ショウタロウは自分が現代では死んでいること、飛羽真たちが自分の死後に誕生した仮面ライダーということを認識します。

しかしショウタロウは自分が生んだヒーローたちが、自身の死後も生き続けていることを嬉しく思うのでした。

スポンサーリンク

『スーパーヒーロー戦記』の感想と評価

「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

『仮面ライダークウガ』(2000)の放送開始前日を起点に虚と実を交差させ平成ライダー20全てを総ざらいした『仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER』(2018)、そこから“平成ライダーとは何だったのか”というテーマをより深化させた『仮面ライダージオウ Over Quartzer』(2019)。

本作『スーパーヒーロー戦記』は、この2作品の系譜にある作品だと思われます。

本作の内容を端的に述べると、それは原作者である石ノ森章太郎が描いてきたヒーローとはなにかに尽きるでしょう。

仮面ライダー』(1971)と『秘密戦隊ゴレンジャー』(1975)を出発点に半世紀にも亘って続く仮面ライダーシリーズとスーパー戦隊シリーズ。この2シリーズだけでなく、原作者である少年時代の石ノ森章太郎の物語が交差していく複雑な世界を展開しています。

物語の中盤で「格好良いけど僕が描きたいヒーローじゃない」と、鈴木福の演じるショウタロウは旅の中で出会ったヒーローたちのスケッチを破いてしまいます。

ショウタロウが出会ったヒーローたちは、仮面ライダーセイバーとゼンカイジャーたちをはじめ全員、石ノ森章太郎が亡くなられた1998年以降に登場したヒーローなのです。

そして彼らに出会ったショウタロウは高校2年生で、まだ仮面ライダーと秘密戦隊ゴレンジャーを生み出す前です。

一見、石ノ森章太郎が存命なら現在の仮面ライダーや戦隊モノへ苦言を呈したのではと思わせる描写ですが、ここは自分の描きたいヒーローを生み出す前に発展していった現在のヒーローを見てしまい困惑している描写と言えるでしょう。

そしてショウタロウが神山飛羽真/仮面ライダーセイバーの助言のもと出した結論は、「悪のにおいがするヒーロー」という自身の創作意欲に迷いを生じさせたものです。

悪の側面を持つヒーロー、それは絶対的な正義を持つ存在ではなく、感情があり時に傷つき時に迷う、人間そのものなのです。

ヒーローを描くことをやめたショウタロウを説得したのは、『仮面ライダーセイバー』の主人公・神山飛羽真でした。

これは飛羽真の本業は小説家で、創作活動をするショウタロウの思いを誰よりも理解できる人物だからです。そして『仮面ライダーセイバー』本篇には「ワンダーワールド」という本の中の異世界が登場し、現実世界と異世界を交差させています。

つまり本作『スーパーヒーロー戦記』の物語とその構造は、現在の仮面ライダーが『仮面ライダーセイバー』でなければ成立しなかったと言えるのです。

まとめ


「スーパーヒーロー戦記」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2021 テレビ朝日・東映AG・東映

ヒーロー誕生させる以前の石ノ森章太郎という“過去”と放送中のヒーロー『仮面ライダーセイバー』と『機界戦隊ゼンカイジャー』という“現在”、そしてサプライズ登場した次作『仮面ライダーリバイス』という“未来”。

3つの時間軸と虚と実が交差する複雑な構造で、歴代ヒーローが競演するお祭り作品でもありますが、本作『スーパーヒーロー戦記』は「ヒーローとは何なのか」に真摯に向き合った作品と言えるでしょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『インヘリタンス』感想評価と解説レビュー。本格ミステリーにリリー・コリンズ扮する女性検事の“正義”が揺らぐ|サスペンスの神様の鼓動42

サスペンスの神様の鼓動42 映画『インヘリタンス』は2021年6月11日より全国公開予定! 財政界に巨大な影響力を持つ父親から、1本の鍵を託された娘のローレン。 その鍵で地下室の扉を開いたことで明かさ …

連載コラム

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』感想と考察解説。韓国人俳優クォンサンウ演じるキャラを魅力的にする為に脚本を熟考|コリアンムービーおすすめ指南19

売れない漫画家の正体は、対テロ保安局“猛攻隊”の元エージェントだった! 韓国映画『ヒットマン エージェント:ジュン』が2020年9月25日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋他にて全国順次公開さ …

連載コラム

トリフォー監督代表作『アデルの恋の物語』実話考察。愛は私の宗教と自縄自縛、悲劇の女性の物語|偏愛洋画劇場5

連載コラム「偏愛洋画劇場」第5幕 映画には愛によって身を滅ぼしていく人々がたくさん登場しますが、今回は「愛は私の宗教」とまで言い切ったヒロインが登場する作品をご紹介します。 『大人は判ってくれない』( …

連載コラム

NETFLIX映画『月影の下で』ネタバレ感想と解説評価。SFミステリーとして男の生涯と捜査の歴史を追う|SF恐怖映画という名の観覧車95

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile095 唐沢寿明主演で海外ドラマ「24」シリーズが日本のドラマとして生まれ変わることが発表され、驚きが広がっています。 海外ドラマ「24」シリー …

連載コラム

HIKARI監督映画『37セカンズ』東京国際映画祭リポート【光がきらめく】FILMINK-vol.28

FILMINK-vol.28「The Light Shines on 37 Seconds」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学