Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/07/14
Update

ジェイソン・アイザックスのインタビュー【映画『ホテル・ムンバイ』の重要性を語る】FILMINK-vol.17

  • Writer :
  • FILMINK

FILMINK-vol.17「Jason Isaacs: Why Hotel Mumbai Matters」

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。


(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

「FILMINK」から連載17弾としてピックアップしたのは、日本では2019年9月27日に公開予定の映画『ホテル・ムンバイ』出演のジェイソン・アイザックス

『パトリオット』(2000)で悪役の英軍大佐を演じて注目を集め、「ハリー・ポッター」シリーズのドラコ・マルフォイの父親役としても広く知られるジェイソン・アイザックスが、『ホテル・ムンバイ』への出演を決めた理由や、本作に感じた思いを語ったインタビュー記事をご紹介します。

【連載レビュー】『FILMINK:list』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

オーストラリアに住んでいた時期も

脚本にすぐさま魅入られたというイギリスの人気俳優は、『ホテル・ムンバイ』のアデレードでの撮影のため3度ほどオーストラリアへ飛びました。

「私は一年ゴールド・コーストに住んでいました。それから西オーストラリアのパースにも一年間」

そう語るのはジェイソン・アイザックス。彼のオーストラリアでの最初の撮影は2003年、ゴールド・コーストで行われたP・J・ホーガン監督による『ピーター・パン』でした。

2回目は2016年、クリフ・ステンダース監督による『Red Dog: True Blue (原題)』です。

「私は太陽と海が大好きなんです。ゴールド・コーストに滞在している時毎日海を眺めていました。私たちが住んでいるのは大部分が水で覆われている神秘的な惑星と実感させ、気持ちがリラックスして、私の悩みなどちっぽけなものだと思わされたものです」

出演への決め手は脚本

しかしアンソニー・マラス監督の『ホテル・ムンバイ』への出演の決め手は彼のオーストラリアへの愛情から、ではありません。

アイザックスが演じるのはワシリーというキャラクターです。

しかし、彼は当時仕事を探していたわけでは無かったそう。

「夏でしたし、私は父親です。ほら、子ども達が家を出るまで一緒に過ごす夏休みはわずかしかありませんから、私は家族で過ごす夏休みを計画していたんです。ここ数年私は撮影ばかりで、「パパは行方不明なのか?」と言われるほど家を空けていました。ペルーのマチュピチュでゆっくり休暇を取るつもりでした。そこに『ホテル・ムンバイ』の脚本が到着したんです。それを読み、妻と子ども達に「すまない、映画に出演しなくちゃ」と伝えました。この映画は素晴らしいストーリーで、あまりにも重要、そしてタイムリー、今作らなければならないと感じたんです」

その説得を聞いたアイザックスの家族は、休暇の中止を許してくれたそう。

「それから2年後、完成した映画を子ども達が見てくれました。彼らはなぜ私が『ホテル・ムンバイ』への出演を決めたのか理解したようです。今まで見た中で最高の作品と言ってくれました」

スポンサーリンク

本作の持つ意味と重要性

(C)2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC

そして本作が持つ意味と重要性を以下のように語りました。

「多くのテロ事件、発砲事件が世界で発生しています。今後もさらに発生する恐れがあるでしょう。世界には私たちの間に楔を打ち立て、人種や肌の色、宗教を理由に、自分と異なる者を憎むべきであると扇動する権力と大きな声を持つ人々がいるんだと、この映画を作った時に理解しました。私たちを団結させて守ってきた組織や機関が、あらゆる側面から攻撃されています。『ホテル・ムンバイ』はグロテスクなバージョンの人間実験室と言えるでしょう。誰もが想像できるような、閉ざされた扉の向こうで送る最悪のシチュエーションです」

「しかし私たち俳優、製作陣が気に入っているのは、本作には寛大さや親切、愛情も含まれていること。ここではあらゆる宗教や異なるレベルの社会経済が描かれてはいますが、最も貧しい人々が最も裕福な人々を救うこともあります。68時間の間に幾多もの小さな自己中心的な行動も起こります。英雄はいつも銃を取るわけではありません。これはハリウッドが生んだ話ではなく、実話なのです。政治的な文脈から話すなら、彼らの台詞に含まれる憎悪や分裂は物語のみに作用するように聞こえますが、現実世界に根ざした意味と価値があります」

FILMINK【Jason Isaacs: Why Hotel Mumbai Matters

英文記事/ Dov Kornits
翻訳/Moeka Kotaki
監修/Natsuko Yakumaru(Cinemarche)
英文記事所有/Dov Kornits(FilmInk)www.filmink.com.au

本記事はオーストラリアにある出版社「FILMINK」のサイト掲載された英文記事を、Cinemarcheが翻訳掲載の権利を契約し、再構成したものです。本記事の無断使用や転写は一切禁止です。

映画『ホテル・ムンバイ』の作品情報

【日本公開】
2019年9月27日(オーストラリア・アメリカ・インド合作映画)

【原題】
HOTEL MUMBAI

【監督】
アンソニー・マラス

【日本語字幕翻訳】
中沢志乃

【脚本】
アンソニー・マラス、ジョン・コリー

【キャスト】
デヴ・パテル、アーミー・ハマー、ナザニン・ボニアディ、アヌパム・カー、ジェイソン・アイザックス

【作品概要】
2008年に起きた、高級ホテルや鉄道駅、タージマハル・ホテルなどムンバイの複数の場所で起きた同時多発テロを、オーストラリア人監督のアンソニー・マラスが映画化。アンソニー・マラスは本作が長編映画デビュー。

5つ星のタージマハル・ホテルの従業員に『スラムドッグ$ミリオネア』(2008)『LION/ライオン~25年目のただいま~』(2016)のデヴ・パテル、宿泊客に『ローン・レンジャー』(2013)『君の名前で僕を呼んで』(2017)『ビリーブ 未来への大逆転』(2018)のアーミー・ハマーが扮します。

「ハリー・ポッター」シリーズのドラコ・マルフォイの父親役としても広く知られ、ゴールデン・グローブ賞ノミネート経験を持つジェイソン・アイザックスも出演し、物語に説得力をもたらしました。

スポンサーリンク

映画『ホテル・ムンバイ』のあらすじ


© 2018 HOTEL MUMBAI PTY LTD, SCREEN AUSTRALIA, SOUTH AUSTRALIAN FILM CORPORATION, ADELAIDE FILM FESTIVAL AND SCREENWEST INC
2008年11月26日。

インドの5つ星ホテルがテロリストに占拠されました。

人質は、500人の宿泊客と従業員。特殊部隊の到着は数日後。宿泊客を逃がすため、ホテルに残った従業員たち。

部屋に取り残された赤ん坊を救うため、銃弾の中を行く父と母。

これは「誇り」と「愛」を懸けた、3日間の脱出劇です。

極限の状況下で、人はこんなにも人を想えるのか…。

【連載レビュー】『FILMINK:list』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

『おらおらでひとりいぐも』原作小説ネタバレと結末までのあらすじ。75歳のヒロインが“心の声たち”と過ごす1年を追う|永遠の未完成これ完成である18

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第18回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは『おらおらでひとりいぐも』です。第158回芥川賞と第5 …

連載コラム

『ブラックパンサー』感想と考察。黒人ヒーローはワカンダから差別の歴史は塗り替える|最強アメコミ番付評7

連載コラム「最強アメコミ番付評」第7回戦 こんにちは!野洲川亮です。 2018年に公開され、全米興行収入歴代第3位、世界歴代第9位と異例の大ヒットを記録した『ブラックパンサー』。 今回は、作品から垣間 …

連載コラム

映画『調査屋マオさんの恋文』感想レビューと評価。認知症の妻を記録する夫に密着|だからドキュメンタリー映画は面白い33

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第33回 映画『調査屋マオさんの恋文』は、京都みなみ会館にて2019年12月20より公開中。また神戸元町映画館(2019年12月21日~27日まで公開、 …

連載コラム

鬼滅の刃名シーン/名言|アニメ2期放送前にネタバレ有ではじまりの物語を振り返り【鬼滅の刃全集中の考察16】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第16回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回は「兄妹の絆編」の名言/ …

連載コラム

フィリップ・ガレル映画『愛の残像』考察。 向こう側の彼女を探して|偏愛洋画劇場10

連載コラム「偏愛洋画劇場」第10幕 今回ご紹介するのは、ジャン=リュック・ゴダールやフランソワ・トリュフォーなど、ヌーヴェルバーグの映画作家たちから大きな影響を受け、“ポスト・ヌーヴェルバーグ”と称さ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学