Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/05/09
Update

ホラー映画『バトルインフェルノ』ネタバレあらすじと感想。心霊やらせ番組に悪魔が降臨|未体験ゾーンの映画たち2020見破録47

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第47回

「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第47回で紹介するのは、ネット配信時代の、悪魔祓いを描いたホラー映画『バトル・インフェルノ』

ネット配信で様々な番組が見られる現代。ホラー、オカルト系の番組は人気だし、世界の視聴者を相手にして、一山当てればサイドビジネスでも大儲けは確実。

だったらヤラセでも何でもして、盛り上がる番組を配信しよう! という悪魔祓いの番組に本物の悪魔が現れました。

世界の視聴者相手にガチンコ生配信の、エクソシストバトルが展開されます。果たして悪魔の狙いは何なのか。ダミアン・レヴェック監督が手掛ける新時代のエクソシスト映画の登場です。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『バトル・インフェルノ』の作品情報


(C)2019 THE CLEANSING HOUR, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
The Cleansing Hour

【監督・脚本・編集・製作】
ダミアン・レヴェック

【キャスト】
ライアン・グスマン、カイル・ガルナー、アリックス・アンジェリス、エマ・ホルツァー、ダニエル・ホフマン・ギル

【作品概要】
全世界に生配信される、悪魔との対決を描くエクソシスト系オカルト映画。アトランタホラー映画祭、ルスカファンタスティク映画祭、シュリークフェスタ・ホラー映画祭で、最優秀短編ホラー映画賞を獲得した、ダミアン・レヴェック監督の短編映画『The Cleansing Hour』(2016)を、長編映画化した作品です。

『ステップ・アップ4 レボリューション』(2012)『ステップ・アップ5 アルティメット』(2014)や、TVドラマ「9-1-1: LA救命最前線」のライアン・グスマンに、リメイク版『エルム街の悪夢』(2010)のカイル・ガルナーが出演している作品です。

映画『バトル・インフェルノ』のあらすじとネタバレ


(C)2019 THE CLEANSING HOUR, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ストレッチャーに縛り付けられた男に、悪魔祓いを行うマックス神父(ライアン・グスマン)。

彼が男に聖水をかけると煙が立ち上り、ロウソクの炎が大きくなります。

十字架をかざし、男に憑りついた悪魔の名を聞き出す神父。悪魔の正体を知った彼は、聖なる呪文を唱えようとしますが、ストレッチャーは独りでに動き、彼の前で直立しました。

掴まれても呪文を唱え続ける神父。男の頭から血が噴き出しますが、神父の力強い言葉により悪魔は去り、男から悪魔は去りました。喜んで神父に感謝する男の家族たち。

今日も悪魔から迷える魂を無事解放した。来週もご覧下さい、とカメラ目線で語るマックス神父。

番組のフォローとオフィシャルグッズの購入を呼びかけ、ネット配信エクソシスト番組、「除霊の時間」は終了しました。

撮影現場にカットの声がかかります。番組のプロデューサー、ドリュー(カイル・ガルナー)は演じた役者をねぎらいます。これはヤラセで作られた番組でした。

マックス神父は、自分のフォロワーの伸び悩みが気に入らず、ドリューに横柄な態度で注文をつけます。

フォロワー500万獲得のためなら何でもすると、あれこれ意見します。

マックスは番組の特殊効果スタッフ、トミー(ダニエル・ホフマン・ギル)の仕事ぶりを褒めます。

トミーは新たに加わる番組アシスタント、ライリー(エマ・ホルツァー)を紹介しました。

ドリューや、彼の婚約者でアシスタントのレーン(アリックス・アンジェリス)らスタッフ一同に、これから飲みに行こうと告げるマックス。

酒場でカラオケを歌うマックス。その姿をトミーがネットにあげ、「いいね」獲得に協力します。

その姿にドリューと録音スタッフのクリスは呆れますが、酒場には彼が「除霊の時間」のマックス神父だと気付く、ファンの女性2人組もいました。

ドリューを誘って2人で熱唱し、最後は神父らしい言葉で締めるマックス。いい加減な態度ですが、先程のファン2人組は彼に言い寄ってきます。

ファンの1人と一夜を共にしたマックス。翌朝目覚めた彼は、彼女に神父になった理由を訊ねられ、幼い頃から悪と戦いたくて、聖職者になったと説明しました。

しかし教会に認められず、独学で悪魔祓いを身に付けたと説明します。そしてもう一度女に迫ると、彼女の顔は左目が傷付いた老婆のものに変わります。

もう一度見れば女は元のままでした。動揺を取り繕ったマックス。

一方ドリューと暮らす恋人のレーンは、彼が「除霊の時間」の仕事で、マックスに都合よく利用されている、と不満を抱いていました。

他に仕事の話もあるのに、キャリアにならないヤラセ番組を続けるドリューに疑問をぶつけます。

ドリューにとってマックスは幼馴染で、苦楽を共にした仲でした。企業に使われるよりマシ、と答えた彼に、父から荷物が届きます。それは視線でタッチパネルの様に操作できる、スマート機能を持つ眼鏡でした。

眼鏡を試して喜ぶドリュー。そんな恋人に、現実もビジネスもマックスに支配されてはダメだ、と釘を刺したレーン。

ロサンゼルスのダウンタウンの一室が、今日の「除霊の時間」の舞台です。

トミーたちが仕掛けを準備する中、新入りアシスタントのライリーはセットで自撮りに夢中で、ドリューは写真を表に出すなと注意します。

遅れて現れたクリスはドラックでもやったのか、彼の言動に不安を覚えたドリュー。その頃今日の出演者の、ドラァグクイーン風の男は撮影現場が判らず、道に迷っていました。

スマホのナビも使えない状況の男の背後に、怪しげな人影が現れます。逃れようと先を急いだ男に、別の何者かが襲いかかります。

まもなく本番というのに、マックスも今日の出演者も現れません。マックスの遅刻はいつものことですが、悪魔祓いの相手が無ければ番組にならないと焦るドリュー。

困ったドリューは代役に、恋人のレーンを指名します。他に人もおらず、彼女はハネムーン旅行の行き先をパリに変更する条件で、代役を引き受けました。

ワシントンDCではアメリカ大統領の幼い息子が、酒場では昨晩のファンの女2人組が、「除霊の時間」の生配信開始を待っています。

開始直前に現れたマックス。ドリューから出演者が来ず、代役はレーンと聞かされ声を荒げます。

しかし彼は自分の人気さえ守れれば、番組の内容は二の次といった態度でした。

彼が指示を受けるイヤホンとマイクを、録音のクリスが取り付けます。その最中にクリスが吐きました。

体調は悪そうですが、マックスは気にしない様子でした。

悪魔に憑かれた人物を演じるレーンを、椅子に拘束したドリューは席に着いて、パソコン画面に向かいます。

悪魔のデータベースを開き、これをネタにセリフをマックスに指示すると、新人のライリーに説明するドリュー。

自慢げに舞台裏を教えても、番組は4Kでは無いの、とライリーに指摘されます。気を取り直しドリューは本番に備えました。

マックスはレーンと最後の打ち合わせを行い、現在全世界で25万人以上が見ている、生配信エクソシスト番組「除霊の時間」のオープニングが流れます。

もっともらしい顔で、視聴者に語り掛けるマックス神父。今日は問題のある家庭に育った、哀れな女性に憑いた悪魔を払うと告げます。

苦しんで弱った魂を悪魔は狙う、とのセリフはドリューが用意し読ませているものでした。

番組は韓国・ソウルの警官も見ていました。神父に助けを乞うレーンの芝居は上々で、思わず笑みをこぼすドリュー。

苦しむ演技のレーンに、聖なる布をかけて清めるマックス神父。画面上ではバチカンで清められた、聖なるオフィシャルグッズと宣伝し、購入を視聴者に呼びかけます。

神父が呪文を唱えると、ドリューの指示でトミーがスイッチを操作し、部屋の電気を点滅させます。

この現象を引き起こすのは、ステージ4の悪魔憑きだとマックス神父は解説します。

レーンに憑りついた悪魔に対し、名を告げよと迫る神父。すると集音マイクを持ったクリスが倒れます。

クリスはトイレに駆け込み顔を洗い、悪いクスリを飲んだだけと自分に言い聞かせますが、洗面台に流れる水は血の色をしていました。

鏡に映った異様な自分の顔に気付いたクリスは、鏡から突き出た手に驚いて倒れ、頭を打って意識を失います。

それでも番組は進行します。しかし神父が聖水をかけても、レーンは反応を示しません。スタッフは何事かと怪しみ、ドリューはマイクで彼女に呼びかけますが、彼女はうつむいたままでした。

マックスの呼びかけに、彼女は何かささやきます。聞き取ろうと彼が顔を寄せると、レーンは”プスウスタイ”と呟き、突然頭を起こします。頭突きを浴びて倒れるマックス神父。

怒りに我を忘れかけたマックスを、ドリューがなだめて落ち着かせます。十字架を突きつけ名を告げよ、とマックスは迫りますが、レーンはあざ笑って彼を”マキシー”と呼びます。

ドリューは彼女がアドリブで、不満があったマックスに嫌がらせをしているのかと訊ねます。

すると彼女は突然、スタッフのトミーの、両腕に施した炎の刺青を指摘しました。

レーンが見つめると、トミーの腕から炎が立ち上り、瞬く間に全身を包み込みます。炎に焼かれ苦しむ彼の姿を、カメラが捉え全世界に配信していました。

ライリーが消火器を使いますが、トミーの焼けただれた皮膚は剥がれて落ちます。いつにない残虐なシーンに、視聴者からの驚きコメントの書き込みが殺到します。

ドリューが消防に電話してもつながらず、視聴者数は30万を越えていました。

マックスはカメラに助けを求めますが、照明が落ちて来て制止されます。レーンに憑りついた何者かはマックス神父に対し、お前は彼女の魂を救うと言ったな、と挑発します。

ドリューに番組を中断するとレーンを殺すと脅し、マックスに残る49分の放送時間で、真実を告白し彼女を救ってみせろと、レーンに憑りついた何者かは告げます。

突然彼女は我に返り、助けてと叫びます。何者かが、間違いなく悪魔が彼女に憑依していました。

ドリューが彼女に駆け寄ろうとすると、机が独りでに動いて阻止されます。悪魔はレーンを支配し来るなと彼に命じます。ライトを浴びるのは神父だけだ、と告げる悪魔。

マックスは彼女を解放しろ、俺に憑りつけと叫びます。しかしレーンは、本気かマイキー、と挑発し彼に悔い改めるよう要求します。

聖書をつかみ、悪魔祓いの呪文を唱え始めるマックス神父。しかしレーンに憑りついた悪魔は、呆れた顔を見せます。

ドリューは彼女に本物の悪魔が憑りついたなら、正しい名を知って呼びかけねば、悪魔祓いの効果はないと告げました。

マックスが聖書を突きつけ、名を名乗れと叫んでも、ドリューに憑りついた悪魔はすました顔です。悪魔は視聴者に、神父が何をすれば彼女を救える?、と意見を求めます。

ユーザーから面白半分の、無責任な意見が寄せられる中、悪魔の言葉の中からヒントを掴み正体を暴こうと、キーワードを悪魔のデータベースに入力するドリュー。

しかし情報不足で正体は掴めません。悪魔に時間切れを宣告され、ドリューは視聴者のコメントから出来そうなものを選択します。それはストリップでした。

拒否すればレーンを殺すと脅され、服を脱ぎ始めるマックス神父。視聴者は40万を越えていました。全裸になったマックスの映像を切ろうと、ドリューが操作しても反応しません。その姿は全世界に中継されました。

天井から照明機材とシーリングファン(扇風機)が落ち、マックスを逃げられなくすると、悪魔は彼にファンに手を伸ばすよう要求します。

視聴者は50万を越え、さらに伸びていきます。ファンに手を伸ばし、羽根で傷付けられるマックス。

ドリューは彼を救おうとブレイカーを切りますが、効果は無く彼は電撃で弾き飛ばされます。照明ライトが砕けて床にガラス片が落ち、マックスはその上を歩くよう強要されます。

苦痛に歪む彼の表情に、面白半分に見ていた視聴者も悲鳴を上げました。

苦痛に耐えるマックスに、少年時代の記憶が甦ります。神学校に通っていたマックスとドリューは、鉛筆で描いた落書きをシスターに見とがめられます。

罰としてシスターは、床に敷いた体罰具の上にひざまずかせ、さらに足を踏んで神に許しを乞わせます。

ドリューが終わると、次はマキシーと呼びかけ、彼に体罰を与えるシスター。

ガラス片の上を歩き終え、マックス神父の体が床に崩れると、悪魔は満足したのか試練から彼を解放します。無論ストリップを終えても、レーンは解放されませんでした。

マックスはドリューとライリーの助けを借り、靴と衣服を身に着けます。何とか相手の正体を掴もうと話し合い、ライリーは悪魔が”プスウスタイ”という言葉を呟いたと指摘します。

それは古語で彼女がスマホで検索すると、嘘を意味する言葉でした。これが何かのヒントかと彼女は2人に訊ねます。

マックス神父はレーンの前に立ち、悪魔の目的は何かと尋ねます。悪魔に抵抗し、何かを告げようとするレーンですが、悪魔は彼女の口を塞ぎます。

苦しむ彼女の喉に、何か詰まっていると気付き口に手を入れ、それを掴み出したマックス。

それは番組がオフィシャルグッズとして販売している、聖なる布でした。この嘘について語れということでしょうか。

真実を語り名声を失いたくない、とマックスは抵抗します。しかしレーンの命には変えられません。

ドリューに説得され、マックスは番組のオフィシャルグッズは、効果の無い偽物で、バチカンで清めたどころか聖なる布は中国製、聖なる水は水道水だと、真実を視聴者に告白します。

まだレーンは苦しんでいます。彼女を救おうと口に手を入れるマックスですが、再び悪魔に支配されたレーンは彼の指を喰いちぎり、ドリューの目の前に古いコインを吐きました。

ドリューも金にまつわる真実を語れ、との悪魔からのメッセージでしょうか。彼はマックスに内緒で分け前の6割、いや7割を手に入れたと告白します。

番組は自分が支えている、マックスは何もせず、配信直前に現れるだけだと考え、この様な行為に及んだと語ります。

痛み耐えながらも、ドリューの告白を許すマックス。しかし金は返せと付け加えます。

状況に耐えらず逃亡を試み、悪魔が飛ばした置物が頭に突き刺さり、絶命するライリー。

イスラエルのネゲブ砂漠で、立ち往生した車に乗っていた女がスマホを眺めると、「除霊の時間」の生配信中に起きている騒動がトレンド入りしています。

彼女も番組にアクセス。全世界の視聴者は90万を越えていました。

番組の残り少ない放送時間で、告白するべき罪がまだある、とマックスとドリューに告げる悪魔。ドリューはマックスを治療しますが、放送信号が途切れようとしていると気付きます。

放送が中断すると、レーンの命が失われます。ドリューはクリスが意識を失っているトイレに駆け込み、壁に伸びるケーブルをつなぎ直し放送を維持しました。

ドリューがクリスを目覚めさせた時、レーンに憑りついた悪魔は、マックスに更なる真実を語るよう要求します。

そして悪魔は、彼に過去の出来事を見せつけます。

それは少年時代、神学校でシスターにマキシーと呼ばれて指名されても、聖書の文句を唱えられずにいる彼の姿でした。

窮地の彼を救おうと教えようとしたドリューは、見つかってシスターから体罰を受ける光景が現れます。

悪魔はマックスたちに何を語らせ、その結果何を得ようと望んでいるのでしょうか。

以下、『バトル・インフェルノ』のネタバレ・結末の記載がございます。『バトル・インフェルノ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 THE CLEANSING HOUR, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

実況配信番組「除霊の時間」のプロデューサー、ドリューは意識を失っていたスタッフ、クリスの目覚めさせます。

彼は悪魔の姿を見たと言い、ひどく怯えていました。

クリスは悪魔は半身が山羊で、蛇の尾に鳥や狼などの特徴があったと、その姿を伝えます。

それを聞きドリューは彼を残し部屋を飛び出し、悪魔データベースに特徴を入力します。

ドリューは候補として挙がった悪魔の名を、マックス神父にディスプレイで伝えます。しかしクリスの前に魔物が現れ、彼は逃げ撮影現場に現れます。

クリスの目には無数の魔物が見えていますが、マックスとドリューには何も見えません。

錯乱状態でカッターナイフを振り回す、クリスの手をとり聖母の絵の前で、彼とひざまずき共に祈るマックス神父。

クリスの視界から魔物の姿が消えたようです。マックスは視聴者に祈りの力で勝てると訴えますが、またもクリスの前に魔物が現れました。

魔物に噛みつかれたクリスは、カッターナイフを振るい抵抗します。その姿はマックスとドリューには、自分自身を傷付ける行為に見えます。

ついに自分の首を切って絶命する、その姿を全世界の視聴者に晒したクリス。

放送時間は残り19分となりました。自分に何をさせたいのか、とレーンに憑りついた悪魔にマックス神父は叫びます。

すると天井から輪になったケーブルが垂れ下がり、その下に椅子が現れます。

悪魔はマックスに首に輪にかけろと指示し、真実を告白しろと命じます。

それを聞いてなお視聴者がお前を救う事に同意し、その声がゲージの100%を満たせば、お前を救ってやると告げます。今や視聴者の数は250万に迫る勢いでした。

自分はイカサマ番組のペテン師だと、罪を告白するマックスの前に、神学校のシスターの亡霊が現れます。

人に見えない亡霊に迫られ、友人のドリューから励まされ、ついに彼は少年時代に犯した、ひた隠しにしてきた罪に向き合います。

カトリックの神学校で少年時代を過ごしたマックスは、虐待じみた体罰に耐え兼ね、あの日ドリューを責め立てたシスターに飛びかかります。

シスターが倒れた時、偶然机から落ちた鉛筆が彼女の左目を貫きました。

少年時代、誤ってシスターを殺したと告白したマックス神父。その後教会に背いて生きたと言葉を続けます。

その姿はダラスの厨房で、ロンドンの街頭で、インド航空の機内で、オマーンの片田舎でも見守られ、視聴者数は1100万を超えています。

しかしゲージは100%に届きません。悪魔は聖母もお前を救えず、愚かな大衆は真実に興味は無いと告げ、彼に自殺するよう命じます。

憑りついたレーンの体から血が噴き出し、せめて彼女を救おうと視聴者の前で首を吊るマックス。

マックスとレーンの、いずれを救おうかと悩むドリュー。するとレーンが自らの声で、利用されている、と彼に告げました。

今や1200万を超える視聴者の前で、神父が悪魔に敗れ自殺する姿を見せるのが悪魔の目的と気付き、彼は中継ケーブルを抜きます。

それは賭けでした。視聴者数は減りはじめ、苦しむマックスの前で、ドリューは悪魔がどんな反応を見せるか待ちます。

するとマックスのケーブルは切れ、悪魔はレーンを通じて中継の再会を要求しました。

立ちあがったマックス神父はどうせ自分たちを殺すのだろうと、悪魔を責めます。悪魔の発言に”オラクル”(信託・お告げ)という言葉があると気付き、ドリューは悪魔データベースに入力します。

すると悪魔は”アモン”の名に絞り込まれました。それを知ったマックスは、中継の再開を指示します。

敵の名を知った以上、彼が身に付けたエクソシスト術で悪魔は祓えます。神が悪魔に勝利する姿を、全世界に示そうと考えたマックス。

中継の再開を待ち望む視聴者は、全世界に無数にいました。ドリューは悪魔アモンの情報を調べ、マックスへと送ります。

それに気付いた悪魔は、彼の作業を妨害しようとケーブルを操り、彼をがらん締めにします。

パソコンから引き離されたドリューは、とっさに今朝送られてきた、スマート機能を持つ眼鏡をかけます。

悪魔は身動きの出来ないドリューの命を奪うと脅し、さらに真実を告げろとマックスに迫ります。

今度はドリューの婚約者、レーンも告白の対象でした。彼女とマックスは以前、ドリューに隠れて関係を持っていました。

それを2人から聞かされた上に、悪魔は2人が戯れている、マックスが撮影した動画まで彼に見せつけました。

心をかき乱した上で、ドリューを解放した悪魔。怒ったドリューはマックスを殴って首を絞めます。

しかし彼は悪魔の挑発と、視聴者が1500万人を超えた事実に我に返り、マックスにスマート眼鏡を作動させて、悪魔アモンの情報を調べます。

悪魔は気付きドリューの行為を阻止しようとしますが、彼は悪魔アモンを祓う呪文をマックスに伝えます。

その呪文を唱え、レーンに憑いた悪魔に立ち向かうマックス神父。

全世界の視聴者の目が釘付けになる中、神父は悪魔と対決します。レーンは拘束を解き彼に襲いかかり、簡単に悪魔は祓えません。放送時間は残り5分余りとなりました。

マックスが捕まると、ドリューが書物を手に取り、呪文の続きを最後まで読み終えます。レーンは悲鳴を上げて倒れ、何かが体から離れていきました。

我に返ったレーンを抱きしめるドリュー。そこにマックスも寄ってきますが、ドリューは残る放送時間は3分、何か言って締めろと指示します。

全てが終わったかに見えましたが、突然焼死したトミーの体が動き出します。俺はアモンではない、トミーに憑りついた悪魔は告げました。

ドリューが使用した悪魔データベースは、俺のリストだと言い、悪魔はトミーの肉体から正体を現します。

成す術なく見守る3人の前に正体を現したのは、悪魔たちの統率者で地獄の王、サタンでした。放送を止めてと叫ぶレーンを振り払い、ケーブルを掴みカメラに向かうサタン。

1800万近い全世界の視聴者が見守る中、カメラに向かい呪文を唱えたサタンは、放送の最後の瞬間、ケーブルを噛みちぎります。

サタンは姿を消し、ドリューに介抱されレーンは意識を取り戻します。

しかし彼女は、悪魔に憑りつかれている間、神はずっと放送を切れと言っていた、と呟きます。

実況配信番組「除霊の時間」を見ていた人々は、今やサタンに支配されていました。白い目をした彼らは凶器を手に取り、身近な人々を襲い始めます。

世界のあらゆる場所で殺人が発生します。アメリカ大統領の息子は武器を隠し持ち、大統領執務室に入り、そして銃声が響きました。

救急隊員に運ばれてゆくドリューとレーンを見守るマックス。放送終了後、彼のフォロワーは400万を超えていました。

放送後、旅客機が墜落し大統領が殺されるなど、突如世界に吹き荒れたテロ行為の嵐に、人々は恐怖します。

原因はウィルスの影響か、ドラッグかと憶測が広がり、世界は白い目をした殺人者に怯える、無法地帯となりました。

スポンサーリンク

映画『バトル・インフェルノ』の感想と評価

参考映像:短編映画『The Cleansing Hour』(2016)※監督のコメントに続き上映

冒頭で紹介した通り、この映画は高い評価を得た短編映画『The Cleansing Hour』を、長編映画化した作品です。

設定とラストは短編映画と同じで、ご覧頂くと長編化するにあたり、何を膨らませたかが良く理解でます。

面白いのが短編も長編も、韓国・ソウルの警官シーンは、同じフッテージを使用しています。

しかも出演している警官の1人は、なんと韓国映画界のベテラン、『シルミド』(2003) や『人狼』(2018)、『国家が破産する日』(2018)のホ・ジュノです。

この場面を目撃した韓国映画ファンは、自慢したくなること間違いありません。

プロットの積み重ねが長編化の鍵


(C)2019 THE CLEANSING HOUR, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

高評価を得た短編映画を長編化する際、登場人物の追加や状況のスケールアップ、そして新たなエピソードの追加などの、様々な方法がとられます。

本作、そして元となる短編映画の脚本はアーロン・ホーウィッツ、長編版にはダミアン・レヴェック監督も参加しています。

2人は作品の長編化にあたり、出発点と結末は変えず、登場人物にとって因果関係のあるエピソードを追加する方法をとりました。

この結果、短編には無かった状況がいくつも登場しますが、それはキャラクターの掘り下げや行動の動機付けとなっています。

だから、余計なシーンの挿入や冗長な展開の無い、ソリッド・シチュエーション形式を基盤とするホラー映画となりました。

またレヴェック監督はニュースショーやドキュメンタリー番組、リアリティTVショーなどの編集として活躍した人物。本作でも編集を担当しており、ホラー映画としての緊張感を最後まで維持させています。

生中継番組を舞台にしたホラー映画と聞くと、POV形式やモキュメンタリー形式の映画をイメージする方もいるでしょうが、本作は間違いなく完成度の高い、劇映画形式のホラー映画なのです。

悪魔憑き演技が生まれるまで


(C)2019 THE CLEANSING HOUR, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ヤラセ番組に本物の悪魔が現れ、憑依された女性を救おうとする2人の男が、己の罪に向き合い、同時に悪魔の正体を探る物語です。

しかし本作の真の主役で、同時に一番の難役でもあるのが、悪魔に憑依された女です。

この役を演じたアリックス・アンジェリスは、女優業の傍ら短編映画を製作・監督するなど、幅広く活躍している、演劇ジャンルの1つ、”フィジカルシアター”の経験を積んだ人物です。

“フィジカルシアター”とは、日本の”暗黒舞踏(舞踏)”とは別の流れのイギリスで生まれた舞踏的な演劇形式。

セリフ以外にも演者は肉体の動きを通じ、感情の動きなどを表現する、現代演劇の1つの潮流となっています。

彼女はそれを学んだだけでなく、国際的に有名な”フィジカルシアター”劇団、”Not Man Apart”の創設メンバーの1人です。監督が何を期待して彼女をこの役に起用したかは明白です。

この役が決まった後、アリックス・アンジェリスは監督に、何か役作りに参考にすべきものがあるかと尋ねました。

すると、逆に何も与えないので、自分自身で悪魔に憑かれた人物を創造して下さい、と頼まれたそうです。 監督は彼女の、独創的な表現を望んでいたのです。

椅子に縛られた制約のある状況でしたが、彼女の悪魔憑き演技は、それらしいメイクはしても、プロップなどの特殊効果に頼らないものです。

肉体や表情の動きを駆使した、文字通り悪魔的演技に注目して下さい。

そんな彼女が、最も苦労したのは口の中から布を取り出すシーン。危険ではなかったそうですが、当然ながら吐き気を伴うものでした。2テイクで済んで良かった、と本音を語っています。

編集者出身の監督との仕事は、実に頼りになるものだった、と語るアリックス・アンジェリス。

撮影前に監督の頭の中で映画は編集済みで、それに必要なシーンを的確に撮ってゆく、スムーズに進行していく撮影だったと、振り返っています。

まとめ


(C)2019 THE CLEANSING HOUR, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

悪魔がネット配信番組を使って人類に挑戦する、新時代のエクソシストホラー映画『バトル・インフェルノ』。

ホラー映画ファンを満足させる完成度です。

最初見た時は、悪魔に翻弄される側に視点が集中します。2度目は翻弄する側、アリックス・アンジェリスの悪魔憑き演技に注目すると、良いでしょう。

その昔、同じ手法で世界を悪に染めた、ジョン・カーペンター監督のクトゥルフ神話的ホラー映画『マウス・オブ・マッドネス』(1994)。

当時ネット配信番組などは無く、地道に小説と映画を使用しました。時代は実に進歩したものです。

ところで本作で、”悪魔アモン”の名を聞いて、それは永井豪の『デビルマン』じゃないか、と思った方。

これこそ将に悪魔の罠、口にするのは止めましょう。歳がバレます。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)Les films VELVET – France 3 Cinema

次回の第48回は16歳の少女が体験する、刺激的な夏を描いた映画『わがままなヴァカンス』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

シネマルシェの連載コラムとライターのご紹介【編集なかじきり】

本日は「編集なかじきり」として、連載コラムについてお話をさせていただきます。 Cinemarcheの新たなアウトプットして、連載コラムをスタートさせたのは6月12日。早いもので、この企画もそろそろ1ヶ …

連載コラム

『ふたりの映画ができるまで』ネタバレあらすじと感想。ヌーヴェルヴァーグの名作や恋愛模様を引用にジェームズフランコが描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録46

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第46回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第46回で紹介するのは、美しい映像で紡がれた恋愛映画『ふたりの映画ができるまで』。 『ハッピーエン …

連載コラム

映画『ベトナムを懐う』あらすじと感想レビュー。父親が胸に秘めた異国から故郷への想い|銀幕の月光遊戯25

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第25回 異国でおもう故郷は何故こんなにも遠い…。 初演以来、上映回数1000回を超える舞台作品を、『超人X.』(2014)、『輝ける日々に』(20018)のグエン・クワン …

連載コラム

広島尾道にて深田晃司監督が若手監督を前に語る。特別講演「現代映画の動向」にて邦画の“いま”を斬る【SHINPA Vol.12前編】シネマ尾道の名もなき映画イベント1

第4回尾道映画祭中止なるも、ファンの要望に応え一部開催 新型コロナウイルス感染拡大防止のあおりをうけ、2020年2月28日~3月1日にかけて開催予定となっていた第4回尾道映画祭は中止することが決定。 …

連載コラム

大林宣彦代表作『異人たちとの夏』を臨床心理学の視点から現代を生き抜くヒントを読む|映画道シカミミ見聞録7

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第7回 こんにちは、森田です。 夏といえば郷愁にかられて心を温めたくなる一方で、怖い話で肝を冷やしたくもなりますよね。 今回は、「お盆」と「怪談」そのどちらをも味わえ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP