Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【映画ネタバレ】ハッチング 孵化|感想考察とあらすじ結末の評価解説。ラストで描かれる毒親母娘が辿り着く“本当の終わりの風景”|サスペンスの神様の鼓動49

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

サスペンスの神様の鼓動49

愛情豊かで理想的に見える家族で育った少女ティンヤが、謎の卵を育て始めることで始まる恐怖を描いた映画『ハッチング 孵化』

「少女が家族に内緒で謎の卵を育てる」という設定がすでに奇妙ですが、卵から生まれた存在や理想的な家族に隠された裏の顔など、ホラー作品ながらも非常にサスペンス色も強い作品です。

監督のハンナ・ベルイホルムは、本作が長編デビュー作でありながら「何とも不安になる世界観」を作り出し、これまで短編作品で高い評価を受けてきた手腕を発揮しています。

今回は『ハッチング 孵化』の持つ「不安になる世界観」の魅力とラストの解釈ネタバレあらすじを含めて考察・解説していきます。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ハッチング 孵化』のあらすじとネタバレ


(C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

フィンランドで暮らす12歳の少女ティンヤ。彼女は仲の良い両親と、少し生意気な弟のマティアスの4人で幸せに暮らしていました。

母親は仲の良い家族の記録を残すため、動画を撮影し編集しています。ところがリビングで家族の撮影を行っていた際、窓から一羽のカラスが入ってきます。

カラスはリビングを荒らし、高価な飾り物やシャンデリアを壊していきます。ティンヤがカラスに毛布をかけて捕らえて母親に渡すと、母親は笑顔でカラスの首を捻りつぶしました。ティンヤはカラスの死骸をゴミ箱に入れます。

やがてティンヤたちの住む家の隣に、レータという同じ年齢の少女が引っ越してきました。レータの飼っている犬をティンヤが撫でようとすると、手を噛まれてしまいます。

次の日、ティンヤはゴミ箱に捨てたはずのカラスの死骸が消えていることに気づきます。近くの森を散策すると、飛ぶことができずに倒れているカラスを発見します。

死んだカラスの近くには、カラスが産んだと思われる卵がありました。ティンヤはその卵を家へ持ち帰り、育て始めます。

体操競技の選手を目指しているティンヤは、初めての大会出場を目指してトレーニングを重ねますがなかなか上手くいきません。そこへ同じジムで体操をやっているレータが現れ、見事な演技を披露。ティンヤは大会出場への危機を感じます。

ティンヤが帰宅すると、テロという男性が壊れたリビングの修理をしていました。テロはティンヤの母親と不倫関係にあり、ティンヤは母親から「テロのことを愛している。お母さんは明日から、しばらく家を留守にする」と言われます。

体操競技。家族。いろいろな不安を抱えたティンヤは、涙を流しながら卵を撫で続けます。すでに巨大になっていた卵にはティンヤの涙が染み込み、卵にヒビが入り始めます。

恐怖を感じたティンヤが卵をクローゼットに隠れて様子を伺うと、巨大な卵からティンヤと同じ大きさのひな鳥が誕生しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ハッチング 孵化』ネタバレ・結末の記載がございます。『ハッチング 孵化』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

巨大なひな鳥に恐怖を覚えたティンヤが叫び声をあげると、驚いたひな鳥は窓ガラスを突き破って逃げ出しました。やがて物音を聞き父親が部屋に駆けつけますが、ティンヤはひな鳥のことを秘密にします。

次の日の夜、巨大なひな鳥はティンヤの部屋に戻ってきました。窓ガラスの破片が刺さり怪我をしているひな鳥を介抱する中で、ティンヤはひな鳥への愛情を感じるようになり、再び家族に内緒で育て始めます。

一方、体操の競技大会への参加枠は残り1名であり、ティンヤとレータはその枠を巡って争っていました。ですが明らかに実力はレータが上であり、その状況を目の当たりにしたティンヤの母親は、ティンヤの手が出血してもお構いなしで、居残りの練習を続けさせます。

帰宅後、疲れ果てて眠ろうとするティンヤですが、レータの飼っている犬が吠えて眠れません。

その時、庭を走り抜けた何かがレータの犬を襲う光景が、ティンヤの頭の中に浮かびます。嫌な予感がしたティンヤが起き上がると、ひな鳥が犬の死体を部屋の中に持ち込んでいました。

夜中、庭に穴を掘って犬の死体を埋めるティンヤ。その様子を、弟のマティアスは見ていました。

ティンヤはひな鳥に恐怖を感じながらも愛情を込めて育て続け、彼女の服を着せて自分そっくりの姿にします。そしてひな鳥に「アッリ(水鳥)」と名づけました。

また数日、家を空けていた母親が帰宅しました。

母親はティンヤにだけお土産を買っており、マティアスを無視します。不満を持ったマティアスは、庭に埋められた犬の死体をリビングに持って来て「姉ちゃんがやった」と言います。

ティンヤのことを心配した母親は、テロの家に一緒に行くことを提案します。

父親はテロの存在も、母親の心がテロにあることも知っていました。父親は「お母さんは、そういう人だから」と諦めた様子を見せます。

母親と一緒にテロの家に行ったティンヤは、テロと前の奥さんとの間に産まれた赤ん坊に会います。ティンヤの母親はテロの赤ん坊を抱きかかえ、既に自分の子供のように接していました。

テロは、ティンヤの父親とは正反対の男らしい性格でした。また母親のために体操をやっているティンヤの心境を見抜いているようでした。

アッリと一時的に離れることになったティンヤですが、アッリがティンヤを追いかけてテロの家に現れます。成長したアッリは、ティンヤと変わらない見た目になっていました。

やがて体操大会の直前に、レータが何者かに襲われ入院するという事件が起きます。ティンヤがお見舞いに行くと、彼女の姿を見たレータは怯えた様子を見せます。

レータの負傷により大会に出場することになったティンヤは、直前に母親の指導を受けます。指導に熱が入った母親の声でテロの赤ん坊が泣きだし、母親は「ティンヤのせいでゴメンね」と赤ん坊に駆け寄ります。

その様子をアッリが見ていたため、ティンヤは赤ん坊も会場に連れて行こうとしますが、無理やり車に乗せられます。

大会本番で、鉄棒に挑んだティンヤ。ですが、アッリが赤ん坊を斧で殺そうとするイメージが現れ集中できません。

ティンヤとアッリは、イメージがつながった時のみ一心同体となるため、ティンヤはわざと鉄棒から落下し、右手を骨折させます。するとテロの家で赤ん坊を殺そうとしていたアッリの右手も折れ、斧を落としたところをテロに見られ逃げ出します。

大会からティンヤと母親が戻ると「ティンヤが赤ん坊を殺そうとした」と思い込んだテロは激怒。ティンヤと母親は追い出され、母親はティンヤに「あんただけは、私を幸せにしてくれると思っていた」と叫びます。

自宅に戻った母親は、何事もなかったかのように振る舞います。ティンヤが部屋に戻ると、アッリも部屋に戻っていました。

怒ったティンヤは、アッリを「あんたなんか大嫌い」と罵倒し部屋から追い出そうとします。しかしそこへ母親が入ってきたことで、アッリの存在がバレます。

テロとの関係が終わってしまった全ての元凶はアッリにあったと知った母親は、ティンヤとともにアッリを探し出し殺そうとします。

やがて母親は家の中にいたアッリを見つけ出しますが、ティンヤは「私が育てた」とアッリを守ろうとします。

それでもアッリを殺そうとした母親が包丁を振り下ろすと、包丁はアッリではなく、アッリの盾になったティンヤの心臓に刺さりました。

ティンヤはそのまま息絶えますが、ティンヤの血を飲んだアッリの姿は、ますますティンヤそっくりになります。

泣き叫ぶ母親に、アッリは「マッマ」と話しかけます。

母親は驚いた表情を浮かべながら、アッリを見つめるばかりでした。

サスペンスを構築する要素①「とてつもなく不安定な家族」


(C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

12歳の少女ティンヤが、謎の卵を育て始めたことで始める恐怖を描いた『ハッチング 孵化』

そもそも何故ティンヤは、不気味な卵を育て始めたか?」という疑問が浮かび上がりますが、その答えは表面上だけ幸せそうな家族の存在にあります。

本作はティンヤの母親が自分たちを「幸せな家族」として撮影している場面から始まります。

家族で庭の中を走り回ったり、家族4人が同じソファーに座って母親のカメラに向かって手を振ったりと、一見すると完璧で幸せそうな家族に見えますが、カメラに映し出されるティンヤと母親、弟マティアスと父親はほとんど同じ服装をしています。

部屋全体が明るく、美しい小物があちこちに飾られている内装は、完璧すぎるが故に逆に不自然さや気味悪さを感じます

その直後に母親がカラスの頭をつぶす場面が提示されるため、ここで観客はこの家の不気味さの原因に気づくでしょう。

この家は、母親が支配しているんだ」と。またカラスの頭を潰す母親の笑顔によって、その支配は歪な形であると突きつけられるのです。

ティンヤは体操競技をしていますが、それは過去にアイススケートの選手になる夢を叶えられなかった、母親の意思に基づいています。

また劇中、ティンヤは体操教室に通う同じ年齢の女の子にも敬遠されていることからも、子どもの目から見ても彼女の母親の束縛は強いのでしょう。

ただ、ティンヤは母親を嫌いなわけではありません。「母親を嫌いになる」という自由すら与えられていないからです

そこに現れたのが、カラスが残した謎の卵です。

何もかもが、母親に支配されてきたティンヤの、小さな反抗。それが、「卵を育てる」という展開へとつながります。ティンヤは生まれて初めて「母親の知らない秘密」という自由を手にするために、卵を育てることにしたのです。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「ティンヤの歪んだ愛の象徴アッリ」


(C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

母親に支配されているティンヤが、小さな抵抗として育て始める謎の卵。この卵から巨大なひな鳥のアッリが誕生して以降、本作の持つ独特の世界観が加速します。

アッリは醜い見た目で、耳障りな鳴き声を出し、常によだれを垂らしているという可愛さの欠片もないキャラクターです。しかしティンヤは、自身が母親に求めている「母性」をこのアッリへと注いでいきます。

アッリもティンヤの愛に応えようとしているのか、次第にティンヤを苦しめる存在を襲うようになります。

ティンヤの手を噛んだレータの飼い犬、ティンヤから選手の座を奪いそうなレータ、そしてティンヤの母親が、ティンヤには注がなかった愛情を向けるテロの赤ん坊。

劇中のアッリはティンヤの心と同調しているように描かれ、ティンヤの心を乱す存在を次々に襲いますが、それはティンヤ自身が求めていない歪んだ愛の返答でした。

ただ不思議なのが、アッリがティンヤを苦しめる存在を襲う際、一時的にティンヤの意識と体と、シンクロした状態になることです。

アッリはティンヤの涙を吸収して卵から孵化したため、おそらくですが「ティンヤのマイナスの感情」のみに反応するのではないでしょうか?

劇中のティンヤは自分の感情を表に出しませんし、自分の意見もハッキリと言いません。それは母親に全ての自由を奪われた結果なのですが、この抑圧されたティンヤのマイナスの感情が、アッリへの歪んだ愛情に変化。

そうした愛情を注がれたアッリは、ティンヤが起こせない感情の爆発を担う、彼女そっくりの怪物に変化していったのでしょう。

しかし、母親に全てをコントロールされてきたティンヤが、結局アッリを「自分そっくりに育てる」という愛し方しか知らないのも皮肉的な話です。

サスペンスを構築する要素③「衝撃的なラストのその後は?」


(C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

卵から孵化したアッリが、ティンヤの歪んだ愛で、どんどんティンヤそっくりに変化していくという、不思議な展開の作品『ハッチング 孵化』。

本作のラストではアッリの存在に気づいた母親が、自身の「幸福」を邪魔したアッリを殺そうとします。ですが、アッリの盾になったティンヤに包丁が刺さり、ティンヤはそのまま亡くなります。それだけでも、かなり衝撃の強いラストですが、さらにアッリが母親を「マッマ」と呼んで映画は終了します。

ティンヤが亡くなる直前、アッリはティンヤの血を大量に飲み、見た目はティンヤそっくりになっています。そのアッリを母親が見つめているのですが、おそらく母親は、今後アッリをティンヤとして育てていくのでしょう。

母親がティンヤに求めていたのはその美しい外見であり、自分のお人形のようにして育てたかっただけなので、正直中身はどうでもいいのです。

凶暴ではあるけれど、何も知らない、何も考えない、自分に逆らわないアッリ。ティンヤの母親からすれば、「理想のティンヤ」となるのです。

逆にティンヤは、「死」と引き換えにアッリと入れ代わることで、母親の支配から解放されたとも読み取れますが、それはあまりにも背筋が寒くなるラストといえます。

スポンサーリンク

映画『ハッチング 孵化』まとめ


(C)2021 Silva Mysterium, Hobab, Film i Vast

『ハッチング 孵化』は、監督のハンナ・ベルイホルムが「歪んだ母娘関係がテーマ」と語っているように、完全にティンヤと母親2人の関係性を中心に描いた映画です。

父親と弟のマティアスも脇役であり、2人が全く同じ服装をしていることからも、母親の作り出した「完璧な世界」の中では、ティンヤ以外は人間として認識されていません。母親の作り出した「完璧な世界」の不気味さは、家の中のデザインに反映されているので、ここも本作の見どころの1つです。

作品の中心となる母親を演じたソフィア・ヘイッキラの演技は素晴らしく、笑顔で鳥の頭を捻りつぶす、心の通っていない母親を「自然な不自然」あるいは「不自然な自然」に演じています

特に母親がテロにふられた後、何度も車のハンドルに頭をぶつけ、ゆっくりと腕で鼻血を拭う場面。ティンヤの前で「母親」を演じることを辞め、素の表情を見せた唯一の場面であり、とにかく怖いです。

対するティンヤを演じたシーリ・ソラリンナは、1200人のオーディションの中からハンナ・ベルイホルムに見出されました。

優しくも闇を抱えたティンヤを繊細に演じており、1つ間違えると理解不能な世界観になる『ハッチング 孵化』が、絶妙なバランスで成立しているのは、シーリ・ソラリンナの存在感があったからこそです。

近年『アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017)や『MOTHER マザー』(2020)など、いわゆる「毒親」を描いた作品は多いですが、「同じテーマでもアイデア1つでこんな不思議な作品が生まれる」というのも、『ハッチング 孵化』で感じた映画の面白さでもあります。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…

次回も、魅力的な作品をご紹介します。お楽しみに!





関連記事

連載コラム

映画『れいこいるか』感想評価と考察解説。タイトルが意味深い⁉︎阪神淡路大震災で一人娘を亡くした夫婦の物語|銀幕の月光遊戯 66

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第66回 映画『れいこいるか』は、2020年8月8日(土)より、新宿 K’sシネマ、シネ・ヌーヴォ(大阪)、元町映画館(神戸)ほかにて全国順次公開されます。 映 …

連載コラム

SF映画おすすめランキング!2010年代の隠れた名作ベスト5選【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車106

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile106 今回のコラムでは遠藤麻衣子監督による最新映画『TOKYO TELEPATH 2020』(2020)をご紹介予定でしたが、予定を変更させて …

連載コラム

『子宮に沈める』あらすじネタバレ感想と結末ラストの考察。鬱(うつ)映画として話題の日本の児童虐待/育児放棄を扱う問題作を解説する|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!3

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第3回 この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹 …

連載コラム

【スマホ2ネタバレ】映画と原作の違いを比較考察。結末に登場のキャストは続編への伏線か!?|永遠の未完成これ完成である9

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第9回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回紹介するのは『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』です。 情 …

連載コラム

アダムス・ファミリー2 アメリカ横断旅行!あらすじ評価と感想解説。キモカワお化けファミリーがドライブ旅行で得た家族の絆とは?|映画という星空を知るひとよ84

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第84回 過去には映画やドラマで実写化もされたチャールズ・アダムスのコミックをアニメーション映画化した『アダムス・ファミリー』の第2弾『アダムス・ファミリー2 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学