Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2021/04/01
Update

映画『マスタープラン』ネタバレ感想評価とラスト結末のあらすじ。王道クライムアクションはスウェーデン版“オーシャンズ”

  • Writer :
  • 滝澤令央

スウェーデン発の痛快ケイパームービー『マスター・プラン』

個性的な4人の犯罪プロフェッショナルが国際金融金庫からの現金強奪を図る映画『マスター・プラン』。

『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』『ヘッドハンター』といった傑作サスペンスのイメージが強い北欧映画が生んだ痛快クライムアクション。

監督を務めたのは、アラン・ダルボルグ。Netflix初となるスウェーデン映画『赤い光点』(2021)の監督としても知られています。

スポンサーリンク

映画『マスター・プラン』の作品情報


(c)2015 Tre Vänner Produktion AB

【公開】
2015年(スウェーデン映画)

【原題】
Jönssonligan – Den perfekta stöten

【監督】
アラン・ダルボルグ

【キャスト】
シーモン・J・ベリエル、アレクサンダー・カリム、スザンヌ・トルソン、トーケル・ペターソン

【作品概要】
1981年を皮切りに8作品が製作され、北欧にて高い人気を誇るクライムアクションシリーズ「Jönssonligan(ヨンソンリガン)」の2015年版リメイク。

主演は、兄妹愛を描いて話題になったノルウェー映画『妹の体温』で知られるシーモン・J・ベリエル。また共演には、映画『ラスト・リベンジ』でテロリストを演じたアレクサンダー・カリムらが脇を固めています。


映画『マスター・プラン』のあらすじとネタバレ


(c)2015 Tre Vänner Produktion AB

自動車泥棒のチャールズは、無二の友人にして恩人でもあるラルフと国内に2台しかない高級車の強奪を計画します。2人は所有者が車を離れ、コーヒーを買いに行くタイミングを狙った綿密な計画で、車の強奪に成功しました。

その後のある夜、2人は駐車場に停められていたレクサスを狙っていましたが、その場を通りかかったジャガーにラルフは目移りしてしまいます。

計画に従えというチャールズを制し、衝動的な強奪に踏み切るラルフ。車内には所有者のパソコンが残されていました。

車の所有者はヴァレンティン銀行の総裁でした。所有者はパソコン内の情報を隠蔽するために、ラルフとチャールズが身を潜める自動車整備工場の場所を特定します。

その頃ラルフは、チャールズに自動車泥棒を引退することを打ち明けていました。チャールズには別のプロと組むよう勧めるものの、彼は信用できないとその場を後にします。

チャールズが自宅へ戻ると背後から何者かに襲われました。機転を利かせて返り討ちにするも、パソコンを狙った襲撃であると気付いたチャールズは急いで整備工場へ戻ります。

しかし時すでに遅し。ラルフはその場を去る男女に殺害されていました。しばらくして現場に警察が駆けつけ、誤解されたチャールズは指名手配の身になってしまいます。

ラルフを失った悲しみを抱えながらもチャールズは急いで逃走。無事追っ手を撒いた後、彼はパソコンの暗号解読にかかりました。

そこにはスウェーデンを代表する大富豪であり、ヴァレンティン銀行総裁のアナ・リーナが仕切っていた資金洗浄・汚職など、裏ビジネス関連の情報が隠されていました。そして彼女の国際金融資金は、難攻不落の大金庫「フランツ・イェーガー」に保管されていることが判明します。

金庫破りの計画を立てるチャールズ。そして泥棒のプロチーム集めを開始しました。

1人目は、プロ詐欺師ラグナー。計画性と実行性に優れた彼を強盗計画に誘いました。

2人目は、爆破の天才ハリー。鉱山労働から解雇され、トレーラーでの極貧生活に嫌気がさした彼は、爆弾による自殺を図る寸前でした。

3人目はチャールズの元カノでもある、宝石泥棒のロッキー。彼女の身柄を拘束している刑務所から出た移送車を襲撃し、チームに招き入れました。

4人は実物の金庫での練習が無ければ、実際の強奪には成功しないとし、同種の金庫を保有するロシアの商工会議所での予行演習を兼ねた強奪作戦に着手しました。

商工会議所では、その夜屋敷でのパーティが開かれており、チャールズ、ラグナー、ハリーの3人が屋敷に潜入。ロッキーは支援役として警備員室へと配置されました。

チャールズは地下へ向かい、ラグナーは裏口へ回ります。ハリーは下水管に仕掛けた時限式小型爆弾で水道管を破裂させ、見張りの注意を引きつけます。

ロッキーは意識が戻った警備員をもう一度気絶させます。と同時に、警備員交代の時間になり監視室の扉の向こうで交代の警備員が待機していました。

「フランツ・イェーガー」の保管されている部屋へ侵入したチャールズとラグナー。金庫を台車に乗せ、ウェイターに扮して廊下を通過します。

支度をして、ロッキーは監視室から脱出します。ハリーはラグナーと合流し、車に乗り込み逃走の準備を整えますが、チャールズはパーティの席でラルフの仇であるアナを目撃。

周囲の人々が見ている中、アナに接近したチャールズは自身の存在を彼女に知らしめた後、屋敷を去りました。

逃走車を乗り換え、隠れ家に戻った4人。ラグナー、ハリー、ロッキーの3人は、ひとまずの打ち上げをするも、チャールズは作業に没頭しています。

3人はそれぞれの身の上を語り合い始めました。ラグナーは詐欺を始めたきっかけを。ハリーは別れた妻と居る娘に会いたいことを。ロッキーは、自分の代わりに服役している男を取り戻す予定であると語ります。

みんなが寝静まった後、ラルフを思い涙するチャールズをロッキーが優しく慰めます。2人はアナへの復讐を誓い合いました。

4人が狙う銀行の真下には、ストックホルム地下鉄のトンネルが通っていました。掘削も爆破も不可能だと考えたチャールズは作戦を変更します。

まずチャールズとロッキーの2人が屋上からビル内に侵入し、金庫を目指します。そして金庫を守る岩盤を爆破して、地下鉄の線路に通した貨物列車で逃走する、という計画を立てました。

ロッキーはラグナーとの会話の中で、金庫破り道具の提供者アレハンドロが里親であることを明かします。

チャールズたちの動向を探っていたアナは、部下からの連絡を受け、脱獄して行方不明になっていたロッキーが仲間の一員で「フランツ・イェーガー」を破ろうとしていることを知ります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『マスター・プラン』ネタバレ・結末の記載がございます。『マスター・プラン』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(c)2015 Tre Vänner Produktion AB

作戦実行日の夜、予定通りチャールズとロッキーは屋上から侵入。制御室までたどり着きました。ハリーとラグナーは地下鉄管理局を口説き落とし、金庫真下に繋がる路線への通過に成功します。

その頃、アナの魔の手はアレハンドロの元まで届いていました。チャールズのことを吐けば、ロッキーを助けてやると脅されるアレハンドロ。彼らが銀行へ侵入に行ったことを白状してしまいました。

その様子をモニターしていたアナは建物内を封鎖し、警備員を配備させてチャールズたちの始末に急ぎます。

金庫まで到達したチャールズとロッキー。練習以上の集中により、解錠に成功。開けると中は空。

呆気に取られる2人のもとへ、アナがやってきて中身は他所へ移したことを告げます。2人は金庫内に閉じ込められ、中は真空状態になります。

やがて、アナは2人の死を確認しようと金庫を開けますが、そこには大きな穴が……。

2人は地下鉄で逃走した後でした。今度はアナが呆気に取られていると、そこへ1人の警備員がやってきて「現金輸送車が現金を受け取りに来た」と言いました。

「でもさっき……」と言いかけるアナ。

その頃、本物の現金輸送車の代わりに、彼女の指示のもと金庫の現金を受け取った偽の輸送車には、ラグナーの姿がありました。

ここで、チャールズたちが立てていた本当の計画が明らかになります。

アナが商工会議所のパーティに来ると知っていたチャールズは、わざと彼女に接触。ロッキーも自身の関与を分からせるために監視カメラの映像を残していました。

その後ロッキーの部屋が捜索され、アレハンドロの元まで手下が来ると踏んだチャールズは、彼に計画を白状させることでアナを焦らせ、金庫内の現金を移動させることに成功したのです。

翌日、現金の追跡が不可能だと知ったアナは記者会見への登壇を控えていました。

ヴァレンティン銀行の国際化を発表するその会見場で、チャールズたちは隠し撮りしていた彼女の資金洗浄、裏取引、そして自分たちを殺そうとした様子を撮った映像を公開。結果、アナは警察へと連行されました。

ラルフの墓前に手を合わせるチャールズは、何者かに誘拐されます。彼を待っていたのは、ラグナー、ハリー、ロッキーの3人でした。

飛行機を買った3人はチャールズを連れて海外へ高飛びしました。

スポンサーリンク

映画『マスター・プラン』の感想と評価


(c)2015 Tre Vänner Produktion AB

綺麗にまとまったリメイクとしての「黄金比」

本作は例えるなら、スウェーデン版『オーシャンズ8』(2018)旧シリーズから設定を新たにしたリメイク作品という表層的な共通点の他にも、元々男性であったキャラクターの女性への変更による別角度からのドラマ性の付与など、共通する箇所は数多くあります。

さらに遡ると、『オーシャンと十一人の仲間』(1960)の現代リメイクである『オーシャンズ11』(2001)は、作品内のリアリティやストーリーのテンポ感においても刷新が行われています。各キャラクターの描きこみも深く、本作同様に見やすいリメイク映画になった経緯が共通しています。

また「オーシャンズ」シリーズや旧シリーズとも10年以上間が空いている本作は、作風としては“2010年らしさ”があります。ケレン味やアクションのギミックが細かくて気が利いているあたりも、荒唐無稽さが極端に振り切れる前の「ワイルドスピード」シリーズ、具体的には4作目にあたる『ワイルド・スピードMAX』(2009)のような雰囲気です。

こちらもシリーズを原点回帰させつつも、極端な演出は抑えた4作目であり、リメイク作品に顕著な「抑えつつも、見せ場はしっかりした整った作風」という特徴を踏襲しているようです。

個性豊かなキャラクターの「楽しみ方」

(c)2015 Tre Vänner Produktion AB

このようにハリウッドリメイクの様相を纏った本作は、観ている最中にも俳優の顔が具体的に浮かんでくるほど、キャスティング面でもハリウッド映画を意識していることが分かります。

敢えて言うならば、「ハリウッドでリメイクするなら、あの人が演じるだろうな」というイメージが膨らむキャラクター造形が施されているのです。

チームを束ねる主人公チャールズは、ジェームズ・マカヴォイ。チームをまとめようとするも、彼個人の思想信条と相いれない場合に葛藤する様が非常に近いですし、単に同名のキャラクターを演じていたから、そのように感じただけなのかもしれません。

爆破の天才ハリーは、トム・ハーディ。ヴィジュアル的にもキャラ的にも、彼が演じた『ブロンソン』(2008)に非常に近いものがありました。

天才詐欺師ラグナーは、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)や『ヴェノム』(2018)で知られるリズ・アーメッド。ケイパームービーには必ず出てくる口八丁手八丁の詐欺師ですが、言葉巧みにターゲットを即興で翻弄する様はラッパー的であり、悪役の香りを漂わせます。

金庫破りのプロことロッキーは、『マイティ・ソー』(2011)のシフ役で知られるジェイミー・アレクサンダー。主人公と同格に感じるのは、その存在感からでしょうか。

そうしたキャスティング考察は、あくまでも数多くある映画の楽しみ方の一つですが、具体的なイメージが直ぐに浮かぶほど取っつきやすく、魅力的なキャラクターたちが活躍しているという意味でも、観やすい映画だと言えます。

まとめ

(c)2015 Tre Vänner Produktion AB

ラストシーンが離陸する飛行機の止め画で終わる、ということが象徴するように、本作は非常に明快なエンターテインメント作品です。

人物紹介からチーム集め、最初の作戦に成功という山場が前半40分で描かれ、後半はクライマックスにかけての綿密な計画とどんでん返しという黄金比のプロット。

あわせて90分という制約の中で、伸び伸びと活躍する4人のメインキャラクターはどれも魅力的に描かれていて、あらゆる面から見ても理想的な映画でした。

どの国の方が観てもフラットに楽しめる、リメイクとして“王道”な映画。それが『マスター・プラン』であるといえます。






関連記事

アクション映画

『アウトレイジ3最終章』ネタバレ感想と評価!北野武監督次回作は

大人気「アウトレイジ」シリーズの最新作にして最終作がついに公開! 様々な分野で活躍する才人・北野武監督の『アウトレイジ 最終章』をご紹介します。 以下、あらすじや結末が含まれる記事となりますので、まず …

アクション映画

映画『ライリー・ノース』あらすじネタバレと感想。ペパーミントの意味とはママを怒らせると本当に怖いこと世に知らしめた

映画『ライリー・ノース 復讐の女神(原題:Peppermintペパーミント)」』は、数少ない女性主人公のキック・アス映画 幼い1人娘を目の前で殺害された母親の復讐を描いたアクション・ドラマです。 『デ …

アクション映画

映画『キングダム』登場人物の昌文君役は高嶋政宏。演技力とプロフィール紹介

中国春秋戦国時代を舞台にした原泰久原作の大人気マンガ『キングダム』を実写化した映画が2019年4月19日に公開されます。 原作は第17回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞し、累計発行部数3600万部を超え …

アクション映画

映画『狐狼の血』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【役所広司×松坂桃李共演】

映画『孤狼の血』は、2018年5月12日より全国ロードショー! 「仁義なき戦い」シリーズに代表される、かつての、東映実録路線に強い影響を受けたと公言している柚月裕子の日本推理作家協会賞受賞作『狐狼の血 …

アクション映画

映画『少林サッカー』ネタバレあらすじと感想。チャウシンチーが放つアクションコメディ!

少林拳+サッカーのハチャメチャスポーツアクション! 香港映画界の“喜劇王”、チャウ・シンチーによる痛快無比サッカー。 サッカー、カンフーアクション、ギャグをミックスした娯楽作『少林サッカー』の登場です …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学