Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】ソングバード|あらすじ結末感想と評価解説。パンデミックの“今”を改めて見直す問題作

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

2020年7月のロックダウン下のロサンゼルスで撮影されたパンデミックスリラー

『ブラック・ファイル 野心の代償』(2017)の脚本や、『悪魔の椅子』(2008)の監督・脚本を務めたアダム・メイソンが監督を務め、マイケル・ベイがプロデュース。

感染症の世界的拡大により、街で外出を許されているのは免疫者のみ、ゴーストタウン化した街で免疫者のニコは配達員の仕事をしています。

恋人のサラとは触れ合えず、いつか恋人と会えることを願いながら仕事に奔走するニコだったが、サラの身に危険が迫り……

主人公ニコを演じるのは、ドラマ「リバーデイル」シリーズのK・J・アパ、サラ役には『ディセンダント』シリーズのソフィア・カーソンが演じました。

2020年、ロックダウン下のロサンゼルスで、感染症対策などでスタッフをはじめ人数が制限されている中、スマートフォンやドローンを駆使して撮った映像のリアルさ、“破壊王”マイケル・ベイならではの手に汗握るアクションシーンも見どころです。

スポンサーリンク

映画『ソングバード』の作品情報


(C)2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
Songbird

【監督】
アダム・メイソン

【脚本】
アダム・メイソン、サイモン・ボーイズ

【キャスト】
K・J・アパ、ソフィア・カーソン、クレイグ・ロビンソン、ブラッドリー・ウィット、ピーター・ストーメア、アレクサンドラ・ダダリオ、ポール・ウォルター・ハウザー、デミ・ムーア

【作品概要】
ハリウッドの“破壊王”とも呼ばれ『トランスフォーマー』シリーズや『アンビュランス』(2022)を手がけたマイケル・ベイがプロデュースを務め、『悪魔の椅子』(2008)などのアダム・メイソンが監督、共同脚本を務めました。

主人公ニコを演じたのは、ドラマ「リバーデイル」シリーズや『僕のワンダフルライフ』(2017)のK・J・アパ。

恋人のサラを演じたのは、『ディセンダント』シリーズのソフィア・カーソン。

映画『ソングバード』のあらすじとネタバレ


(C)2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

感染症が拡大し、致死率は56%、全世界の死者数は1億1千万人を超えた2024年。

人々は外出禁止され、徹底した感染対策のもとソーシャル・ディスタンスを強いられていました。

感染者は「Qゾーン」と呼ばれる隔離キャンプに連れて行かれ、外出を許可されたのは免疫者というウイルスの免疫を持つもののみです。

しかし、自由に外を歩き回る免疫者はウイルスを保有している可能性が高く、免疫者ではない人々には会えず孤独な生活を送らなくてはなりません。

免疫者であるニコ(K・J・アパ)は、配達員の仕事をしながら恋人のサラ(ソフィア・カーソン)と通話する日々を送っていました。

免疫者ではないサラは祖母と2人で暮らしています。

ニコが配送を間違えたことで出会った2人はまだ直接会ったことがありません。

ニコは免疫者を証明する偽装パスポートがどこかで取引されていると知り、サラのためにお金を貯めています。

ニコが配送でよく訪れる裕福なグリフィン家では、妻のパイパー(デミ・ムーア)のみ免疫者で、夫・ウィリアム(ブラッドリー・ウィットフォード)と娘・エマは免疫者ではありません。

エマは持病により免疫が弱く、パイパーは娘の身を案じて神経を尖らせています。更に、豪邸の維持やお手伝いを雇うお金など、お金が必要になります。

しかし、仕事はなく、やむを得ず厚生衛生局の局長・エメット・ハーランド(ピーター・ストーメア)と組んで偽装パスポートを密輸しています。

神経を尖らせているパイパーに対し、ウィリアムは自粛生活に嫌気がさし、ハーランドに会いに行くと言っては愛人のメイ(アレクサンドラ・ダダリオ)に会いに行っています。

メイはレコード会社と契約するはずが、パンデミックにより契約できず、配信で歌を歌ったりしていました。

メイの配信は人々の癒しともなり、ニコが所属する「レスター急配」でドローンを使って観察などを担当しているドーザー(ポール・ウォルター・ハウザー)もメイの配信を楽しみにしている一人でした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ソングバード』ネタバレ・結末の記載がございます。『ソングバード』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

メイとチャットのやり取りをしていたドーザーでしたが、急にメイがテレビ通話をしたいと言います。

ドーザーは軍人でしたが、怪我により車椅子生活を余儀なくされました。

人々の同情の目が嫌になりパンデミック以前から引きこもり、ドローンで外の生活を見て過ごしていました。

そのため、最初は通話を躊躇っていましたが、メイは気にせず通話をかけ2人は定期的にやり取りをするようになります。

偽装パスポートをくれる約束でウィリアムの愛人となったメイでしたが一向にパスポートをくれないため、もう会わないと言います。

なぜ会わないんだ?とウィリアムは電話やメッセージを沢山送り、困ったメイは別れるので連絡をしないでほしい、これ以上するなら偽装パスポートをくれる話を録音したからこれを流すと脅します。

その通話を聞いてしまったパイパーは、世間にバレてしまったらこの家に居られなくなり、感染症から娘を守らないと怒り夫に家から出て行くよう突きつけます。

怒ったウィリアムはメイを殺そうとメイのいるモーテルへと車を走らせます。

パイパーは通話記録を調べ、メイに電話をかけ夫が向かっているから逃げたほうがいいと通告します。

メイはドーザーの家に行ってもいいかと連絡します。メイの身に危険が迫っていると感じたドーザーはメイの元にドローンを飛ばします。

すると、車で逃げようとしたメイに襲い掛かろうとしているウィリアムの姿をとらえたドーザーはドローンに搭載した銃で撃ち、ウィリアムを殺してしまいます。

メイは恐怖に怯えながらも殺されずに済みました。

一方、サラは祖母が感染し、検温検査で引っかかってしまったため衛生局がサラの家へと向かっています。

サラの身に危険が迫っていることを知ったニコは、有り金を集めて上司のレスターに偽装パスポートを貰えるところを教えてくれと言います。

レスターから教えてもらったのはいつも配達で行っているグリフィン家でした。

驚きながらもグリフィン家に向かったニコでしたが、どこから聞いたのか分からないことに警戒し、ニコに助けになっているところを知っているとある住所を教えます。

しかしそれは罠でした。パイパーが教えた住所は衛生局長のハーランドの居所でした。

突然やってきたニコに偽装パスポートを作ると言いながらも様子を見てニコを殺そうと襲い掛かります。

何とか逃げ出したニコは止むを得ず夜中にグリフィン家に侵入し、偽装パスポートを探します。

レスターが知らせて侵入を知ったパイパーは銃を持ちニコに突きつけます。ニコは危害を加えたいのではない、ただ大切な人を守りたいだけだと真っ直ぐに伝えます。

ニコの真っ直ぐさに心を動かされたパイパーは偽装パスポートをニコに渡します。

その頃サラの家には衛生局が来ていました。身を隠したサラは衛生局員の一人を背後から襲い、代わりに防護服を来て脱出を試みます。

あと少しで脱出かと思った瞬間、ハーランドが気付きサラは拘束されてしまいます。

そして嘲笑いながら「気づかないのか?感染した祖母といたのに感染しない、お前は免疫者だ」と言いつつも自分の権限を濫用しサラをQゾーンに送ります。

やっとニコがサラの家に着いた時、そこで待っていたのはハーランドでした。

ハーランドはゴミの回収の仕事しかしていなかった自分が上司がウイルスに感染し亡くなったお陰で気づけば局長になっていたと話します。

免疫者が世界を支配することが出来ると笑うハーランドにニコは隙をついて鉛筆を突き刺し、鉛筆は免疫者も関係ないと言い捨て、サラが探します。

レスターに連絡しサラが乗った移送車を探して欲しいと頼みます。レスターは、ドーザーに連絡しドーザーはドローンを派遣し移送車を探します。

やっと移送車を見つけニコに連絡するも、移送車はもうQゾーンの手前まで来ていました。

移送車がQゾーンに着いたところに追いついたニコは拘束されたサラに近づき引き離される寸前にサラの腕に偽装パスポートをつけます。

「離すんだ!彼女は免疫者だ!」とニコは叫びサラの手首を指さします。何のことか分からなかったサラは自分の腕につけられたパスポートに驚きます。

照合するとサラの情報が表示され、サラは解放されます。やっと会えることができた2人はしっかりと抱き合いキスを交わします。

そして、ロサンゼルスから出て2人の行きたいところへと旅立っていきます。

旅立った先から上司のレスターへニコは荷物を配送します。そこにはメッセージと共に偽装パスポートが入っていました。

スポンサーリンク

映画『ソングバード』の感想と評価


(C)2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

世界中を襲った未曾有のコロナパンデミック。今なお終息したとはいえない状況ですが、少しずつ私たちは日常を取り戻しつつあるのではないでしょうか。

日本はロックダウンとまではいかなかったものの、2020年は緊急事態宣言、2021年はまん延防止重点措置と外出制限を余儀なくされました。

人は緊急事態下であっても続けばどこか慣れてきてしまいます。

コロナパンデミック以前では考えられなかった人が、皆マスクをしている風景もいつしか当たり前のように感じているのではないでしょうか。

映画『ソングバード』はそのように、どこか感覚が麻痺してしまった私たちにコロナパンデミック初期の混乱と恐怖を呼び起こさせます。

また、パンデミックにより様々な業界が大打撃を受け、エンタメ業界もその影響は免れませんでした。

表現者らは、それぞれ今自分に何が出来るかを模索していました。そんななか制作されたのが『ソングバード』です。

ドローンを使った撮影や、スタッフ・キャスト陣の数が制限されることを逆手に取り、見事なエンタメ作に仕上げました。

『ソングバード』はパンデミック下で取られたはじめてのパンデミック映画と言えるのではないでしょうか。

“破壊王”マイケル・ベイならではのアクションシーンも、ドローンを活用したスリル満点のアクションシーンになっています。

更に、コロナパンデミックを経験したことにより、フィクションで描かれるパンデミックがよりリアルに感じられます。

『ソングバード』で描かれる分断は、もはや他人事ではないのです。

SNSが発展した現代では様々な憶測や信憑性のない情報も多く飛び交いました。

一方で、SNSで簡単に繋がれる現代だからこそ、不安を共有し、励まし合えることができたともいえます。

メイ(アレクサンドラ・ダダリオ)とドーザー(ポール・ウォルター・ハウザー)の関係はまさにパンデミック下でSNSを通して繋がりました。

ニコとサラもパンデミック下で出会い、2人はテレビ通話のみで実際に会うことが出来ずにいました。

サラの祖母が感染したことにより、一緒に住むサラもQゾーンに行かなくてはならなくなります。

危険が迫りつつあるなか、ニコとサラは知恵を絞って何とか切り抜けようとします。

その強さは互いを信じ愛し合っているからこそなのです。

パンデミックによる分断や混乱を描きつつも、その核にあるのは人と人が愛し合い助け合う姿なのです。

どんな状況であっても人は大切な者のために強くなることができる、そんな真っ直ぐなメッセージは私たちの胸にも直に響きます。

まとめ


(C)2020 INVISIBLE LARK HOLDCO, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

感染症拡大により、ゴーストタウン化したロサンゼルス。

免疫者のみ外出が許可され、免疫者であるニコは恋人のサラと会える日を待ち望みながら配達員として働いています。

ニコは最後に上司に向かって、僕らは希望も運んでいたんだ、と言葉にします。

監督を務めたアダム・メイソンは、ロックダウンを余儀なくされた生活を支えてくれた配達員の存在のありがたさを感じたといい、その気持ちが本作の制作にも影響していると言います。

一方で、公衆衛生局の局長による陰謀など公的機関の腐敗、それによる分断などフィクションで描き出し、混乱の中における人々の怖さも浮き彫りにします。

それでも互いを信じ、大切な存在がいるからこそ頑張ふことができる、生きていくことができるという私たちが忘れていたかもしれない大切なことを改めて感じさせてくれます。

関連記事

アクション映画

韓国映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』あらすじ感想評価とキャスト解説。韓国の人気アイドルグループ「ZE:A」のイム・シワン主演!

映画『ワンライン/5人の詐欺師たち』は、2018年1月6日(土)より公開! イム・シワン×チン・グの豪華共演による本編131分の作品は、仕掛ける敵と味方が二転三転を見せながら、大金を賭けた予測不能の騙 …

アクション映画

映画『トリプル・スレット』レビューと解説。トニージャーの格闘技だけでは無い見どころとは!?

世界のアクションスターが集結。 映画『トリプル・スレット』が2019年9月6日(金)からシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて公開されます。 犯罪組織を撲滅させようとする資産家の女性を守る為、傭兵部 …

アクション映画

ミッドウェイ海戦に至るまでの経緯・敗因・日米関係。映画『ミッドウェイ』でローランド・エメリッヒが紐解く

「ミッドウェイ海戦」に至るまでの経緯とは? ハリウッドが誇る“破壊王”ローランド・エメリッヒが太平洋戦争において日米、運命の決戦となった「ミッドウェイ海戦」に至るまでの経緯を日米双方の視点で描いた映画 …

アクション映画

映画『ワイルドバンチ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

あまりにも過激なバイオレンス描写から「Bloody Sam(血まみれのサム)」との異名で呼ばれる監督のサム・ペキンパー。 彼の最高傑作とも称される『ワイルドバンチ』をご紹介します。 スポンサーリンク …

アクション映画

映画『モータルコンバット』ラストのネタバレ考察。続編期待の天才 ジェームズ・ワンが手掛ける新たなヒーロー譚!

モータルコンバットが幕を開ける。戦士の本能を呼び覚ませ! 人気シリーズ『ソウ』や『死霊館』といったサイコーホラー映画、『ワイルド・スピードSKY MISSION』、『狼の死刑宣告』などのアクション映画 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学