Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

【ネタバレ】エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス|あらすじ結末感想と考察評価。アカデミー賞主要部門にノミネートしたジャンルごちゃ混ぜムービー【SF恐怖映画という名の観覧車173】

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile173

ヘレディタリー/継承』(2018)や『ミッドサマー』(2020)など、異色の映画を世に放ち続ける映画製作会社「A24」。

『エクス・マキナ』(2016)や『ムーンライト』(2017)といった作品で数々のアカデミー賞を受賞し、異色なだけでなく作品そのものの完成度の高さも世界から評価されてきました。

今回はそんな「A24」が放つ、アカデミー賞主要11部門にノミネートしたジャンルごちゃ混ぜ映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』の作品情報


(C)2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【原題】
Everything Everywhere All at Once

【監督】
ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート

【脚本】
ダニエル・クワン、ダニエル・シャイナート

【キャスト】
ミシェール・ヨー、キー・ホイ・クァン、ステファニー・ス―、ジェニー・スレイト、ハリー・シャム・ジュニア、ジェームズ・ホン、ジェイミー・リー・カーティス

【作品概要】
ダニエル・ラドクリフが死体を演じたことで話題となった『スイス・アーミー・マン』(2017)を監督した、ダニエル・クワンとダニエル・シャイナートが手掛けた作品。

「007」シリーズの18作目となる『トゥモロー・ネバー・ダイ』(1998)でボンドガールを務めた本作の主人公エヴリンを演じました。

映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』のあらすじとネタバレ


(C)2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

【第1章:Everything】

コインランドリーを経営するエヴリンは仕事に追われる日々を過ごしており、夫ウェイモンドと家族の時間を過ごすことも出来ていませんでした。

ウェイモンドはエヴリンとの離婚を切り出そうと考えていましたが、エヴリンはIRSによる税務監査と旧正月のパーティのために中国からやってきた父ゴンの対応に追われウェイモンドとの話し合いに応じません。

エヴリンとウェイモンドの娘ジョイはゲイであり、白人女性のベッキーと交際していました。エヴリンはそのことを承知していましたが、ゴンのことを「古い人間」と考えるエヴリンはゴンに、ベッキーのことをジョイの「友人」であると紹介しジョイを傷つけてしまいます。

税務監査官ディアドラに呼び出されたエヴリンとウェイモンドはゴンを連れ国税庁に向かうと、エレベーターの中で突然ウェイモンドが別人のような口調になりエヴリンの耳に機器を取り付けます。

「マルチバース」からこの宇宙のウェイモンドの身体を乗っ取り行動していると話すウェイモンドは、エヴリンに「マルチバース」を救うために行動して欲しいと話すと元のウェイモンドに戻りました。

ディアドラから経費の私用での利用に対し厳しい追求を受けるなか、別の宇宙のウェイモンドから貰った紙を眺めるエヴリンは、そこに書かれていた「靴を左右逆にする」と言う指示に従った上で機器のボタンを押すと、身体はその場にいながらも別の「マルチバース」のエヴリン自身に乗り移ることに成功。

その場に先ほどのウェイモンドもおり、彼は自身を「アルファバース」から来た存在だと言うと、虚無的に行動しすべての「マルチバース」を混沌に陥れる「ジョブ・トゥパキ」という存在と戦って欲しいとエヴリンに懇願。

「アルファバース」のエヴリンは「マルチバース」との接触を可能にした人間であり、アルファウェイモンドはエヴリンであれば絶大的な力を持つジョブにも対抗しうると考えていました。

元の宇宙のディアドラとの面談はエヴリンが上の空だったことから不調に終わり、エヴリンとウェイモンドは領収書の再提出を命じられます。

アルファウェイモンドと会っていた宇宙でディアドラがジョブの手下だったことからエヴリンは咄嗟に彼女を殴ってしまい、ディアドラは警備員を呼び寄せエヴリンとウェイモンドの逮捕を命じますが、ウェイモンドにアルファウェイモンドが宿り警備員たちを倒しました。

何とか窮地を脱したものの騒動は大事になり、2人を逮捕するために多量の警察官が国税庁へと侵入。

民間人に紛れながら2人は脱出を試みますが、そこにジョブの部下であるディアドラがこの宇宙のディアドラの身体を奪い現れます。

別の宇宙の自分にアクセスする「バースジャンプ」を行うことで、アクセスした宇宙における自分のスキルを引き継ぐことが出来るため、ディアドラはプロレスラーの自分にアクセスし圧倒的な力で2人を追い詰めます。

「バースジャンプ」をするためにはふざけたような行動を取る必要が有りましたが、「ディアドラに愛を告白する」と言う条件を満たしたことでエヴリンも「バースジャンプ」を実行。

エヴリンはかつてウェイモンドと添い遂げるために実家から駆け落ちをした過去がありましたが、別の宇宙では駆け落ちせずにウェイモンドを見捨てたことでアクションスターとなっていました。

アクションスターの自分にアクセスしたことで戦闘能力を手にしたエヴリンはディアドラを倒し、アルファウェイモンドからジョブの正体を聞き出します。

アルファウェイモンドは「アルファバース」においてエヴリンが危険な実験を行ったことで、全マルチバースを一挙に体験し狂気に堕ちたジョイこそがジョブであると言います。

すると、ジョブが乗り移ったジョイがその場に現れ、宇宙を自由に超越する能力を使い警察官を殺害しエヴリンに接触。

しかし、その場に「アルファバース」のゴンが乗り移ったゴンが現れジョイを車椅子で撥ねたことで、ジョイは正気を取り戻しゴンを含めた4人は部屋に逃げ込みます。

アルファゴンはエヴリンにジョイを殺させることでこの宇宙をジョブの手から守ろうとしますが、エヴリンは殺害を拒否しアルファゴンは「‪アルファバース」の仲間を全員この宇宙に集結させ、「バースジャンプ」の過剰な利用から第2のジョブになりかねないエヴリンの殺害を命令。

エヴリンは襲い来る刺客を「バースジャンプ」を繰り返しながら撃退しますが、「アルファバース」のウェイモンドがジョイに殺害されただけでなく、やがてエヴリンの身体に限界が訪れ死亡してしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』のネタバレ・結末の記載がございます。『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

【第2章:Everywhere】

「バースジャンプ」を繰り返したこととジョブの手によってさまざまな宇宙の自分とアクセスしたエヴリン。

元の宇宙に近い分岐の宇宙でジョイと再会したエヴリンは、ジョイの支配する宇宙へと連れて行かれます。

ジョイは宇宙を超越する力を使って、文字通りすべてを詰め込んだブラックホールのような特異点「ベーグル」を作り出しており、その「ベーグル」をのぞき見ることで「マルチバース」における全てを理解していました。

全てを理解したジョイは人間という存在があまりにちっぽけなこの世において「重要なものは何もない」こと知ってしまい、破滅的な行動を繰り返していたのでした。

連れてきたエヴリンにも「ベーグル」を強制的に見せつけると、エヴリンもまた「マルチバース」における全てを理解してしまい、各宇宙で虚無的な行動を繰り広げ多くの人間を傷つけていきます。

虚無的な人生においてジョイは「ベーグル」に飲み込まれ存在を消すことで得られる「死」を唯一の救いと見出しており、各宇宙のエヴリンを殺して回り同じ結論にたどり着くエヴリンを探していたのです。

しかし、エヴリンはどの宇宙においても、頼りなく空回りしながらも優しく生きるウェイモンドを目にし、「ベーグル」に入ることを拒否。

元の宇宙で息を吹き返したエヴリンは、エヴリンを見切りひとりで「ベーグル」に入ろうとするジョイを救い出すことを決めます。

アルファゴンはジョイの死が「マルチバース」を救うと信じ、ジョイが「ベーグル」に入る邪魔をするエヴリンを排除しようと全刺客をエヴリンに差し向けます。

「ベーグル」を見たことで宇宙を超越する力に目覚めたエヴリンはウェイモンドの「優しさ」から学び、襲いかかってくる刺客を宇宙を越えて彼等の悩みを解決することで救い出していきます。

アルファゴンと対峙するエヴリンは「古い人間」と決めつけていた自身の宇宙に近い宇宙のゴンに、ジョイがゲイでありベッキーがジョイの彼女であると告げるとゴンはベッキーを受け入れました。

エヴリンはアルファゴンに「娘の駆け落ちを止めなかった過去のあなたのようになりたくない」と言い、アルファゴンと和解。

ジョイと対峙したエヴリンは複数の宇宙でジョイと戦いながら彼女が「ベーグル」に入るのを止めようとしますが、何もかもに疲れたジョイの決心は固くエヴリンは仕方なくジョイの別れを認めようとします。

元の宇宙に近い宇宙ではエヴリンとジョイの関係は崩壊しており、ジョイは「この世界で意味のある時間なんてほとんどない」と吐き捨てると、エヴリンは「その少ない時間を一緒にいたい」と彼女を抱きしめ、ジョイは「ベーグル」に入ることを止めました。

【第3章:All at Once】

家族の関係が改善し、ジョイとベッキーとの関係がゴン公認となった宇宙。

エヴリンたちは領収書の再提出のために国税庁を訪れ、ディアドラと面会します。

ディアドラはエヴリンたちの提出した資料に納得し彼女たちの改善を褒めますが、その時エヴリンは他の宇宙との接続によって引き起こされた騒音に心を奪われていました。

映画『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』の感想と評価


(C)2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

ジャンルの波が押し寄せるごちゃ混ぜムービー

「マルチバース(多元宇宙)」を題材とし、宇宙規模の戦いが繰り広げられる本作は「SF」映画として語ることも十分に可能な作品です。

ですが、本作の最大の魅力はジャンルが一括りには出来ない部分にあり、本作は「アクション」や「コメディ」や「恋愛」や「ヒューマンドラマ」などさまざまジャンルを包括したごちゃ混ぜムービーになっています。

ごった煮にされたジャンルたちですが、その一つ一つがあまりにも高クオリティであり、カンフーを主軸とした「アクション」にも、突然奇妙な行動をし始めるシュールな「コメディ」にもエンターテイメントとしての楽しさが詰まっていました。

世界で活躍し続けるミシェール・ヨーの集大成映画


(C)2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

英語以外の言語でありながらアカデミー賞において4部門を受賞するに至った『グリーン・デスティニー』(2000)に出演後、『メカニック:ワールドミッション』(2016)に出演するなど世界的に活躍し続ける俳優ミシェール・ヨー。

アクション映画のイメージが強くアクション俳優としての出演の多い彼女は、本作でもキレのあるアクションシーンを次から次へと見せてくれます。

しかし、本作でアクションだけでないミシェール・ヨーの高い「演技力」があってこそ成り立つ作品であり、前述したさまざまなジャンルは彼女の演技の使い分けによって成立していると言えるほどです。

多くの国の多くのジャンルの映画に出演してきたミシェール・ヨーの演技の全てが詰まったような集大成的映画でした。

まとめ


(C)2022 A24 Distribution, LLC. All Rights Reserved.

アカデミー賞を始めとした世界の評論家から高い評価を受ける作品と言われると、少しハードルの高さを感じてしまう人もいるのではないでしょうか。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』は、そんな心配とは無縁のエンターテインメントに特化した作品です。

シュールな笑いとアクションと「マルチバース」を舞台にした熱い展開、そして家族愛を描いた暖かい物語。

たった1作で多くの映画を観たような充実感を味わうことのできる、怪作と言える作品でした。

関連記事

連載コラム

サメ映画『スカイシャーク』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ナチス×ゾンビ×サメの三つ巴のホラーが世界を襲う!|未体験ゾーンの映画たち2021見破録19

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第19回 これは公開も危ぶまれても当然…という世界の怪作・珍作・トンデモ映画も紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第19回はその代表と言 …

連載コラム

【感想考察】新感染半島 ファイナル・ステージ。前作エクスプレスでのゾンビパニックのその後を描く!|コリアンムービーおすすめ指南20

映画『新感染半島 ファイナル・ステージ』は2021年1月1日(金)よりTOHOシネマズ日比谷他にて全国公開! 韓国国内のみならず世界中で大ヒットを記録したゾンビパニックアクション『新感染 ファイナル・ …

連載コラム

『ノエルの日記』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラブストーリー映画でジャスティン・ハートリー×バレット・ドスが探す“母の輪郭”|Netflix映画おすすめ122

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第122回 疎遠だった母を亡くしクリスマスに帰省した小説家と、「生みの母」を探し続ける女性の出会いと心の交流を描き出したNetflix映画『 …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン|ネタバレ感想解説とあらすじ結末。ラスト最後にシンジが語る“希望”と有力考察の真相とは【終わりとシンの狭間で5】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第5回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

【荒井志郎インタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』俳優としての原点を語る| THEATRE MOMENTS2019③

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第3回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学