Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画FREAKSフリークス 能力者たち|ネタバレ感想と評価。結末まであらすじからスピルバーグに見込まれたクリエイターを紐解く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録22

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第22回

毎年恒例の劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施、一部作品は青山シアターにて、期間限定でオンライン上映されます。

前年は「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、上映58作品を紹介いたしました。

今年も挑戦中の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」。第22回で紹介するのは、超能力者一家を描いたSF映画『FREAKS フリークス 能力者たち』

超能力を持つ人々が誕生し国家権力や人類と対決する、という設定はSF物のコミックやアニメ、映画でお馴染みです。近年一番メジャーな作品に「X-メン」シリーズでしょうか。

この定番ジャンルを将来を期待される、若手クリエイターコンビが映画化しました。どの様なアイデア、斬新な表現がこの作品に登場したかをご期待下さい。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『FREAKS フリークス 能力者たち』の作品情報


(C)2018 ABNORMAL DEFENSE FORCE INC. 2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

【日本公開】
2020年(カナダ・アメリカ合作映画)

【原題】
Freaks

【監督・製作・脚本】
ザック・リポフスキー、アダム・B・スタイン

【キャスト】
エミール・ハーシュ、ブルース・ダーン、レクシー・コルカー、グレイス・パーク、アマンダ・クルー

【作品概要】
特殊能力者を弾圧する未来社会で、少女の能力の覚醒とその家族の戦いを描く、デストピアSFアクション映画。2007年に放送されたスティーブン・スピルバーグらが主催の、若手映像クリエイター発掘リアリティショー番組「On the Lot」の、ファイナリストに勝ち抜いたザック・リポフスキー、アダム・B・スタイン監督コンビの作品です。

出演はジョディ・フォスター製作・出演の『イノセント・ボーイズ』映画デビュー、『ジェーン・ドウの解剖』に主演のエミール・ハーシュ、大ベテラン俳優で近年は、クエンティン・タランティーノ作品で存在感を見せるブルース・ダーン、SFドラマシリーズ『GALACTICA/ギャラクティカ』のブーマ役、グレイス・パークが共演しています。

ヒューマントラストシネマ渋谷とシネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2020」上映作品。

映画『FREAKS フリークス 能力者たち』のあらすじとネタバレ


(C)2018 ABNORMAL DEFENSE FORCE INC. 2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

一軒家の窓のカーテンの隙間から外を眺める少女クロエ(レクシー・コルカー)は、停車しているアイスクリームの移動販売車を見つめていました。見つかるぞ、”悪い人”から隠れないと、とその娘を叱る父親のヘンリー(エミール・ハーシュ)。

私はエレノア・リード、7歳。誕生日は3月9…10日。母の名はナンシー・リード…。ヘンリーはクロエに異なる経歴を覚えさせていました。自分の身に何かあれば、隣人のリード家に行って、大金を渡すから娘にして、と告げろとクロエに教えます。

父娘は互いを相棒と呼び、信頼して暮らしていました。絵を描く娘の隣で拳銃を手入れし、外から家の中が見られないよう慎重にカーテンを直すなど、何者かに追われているように振る舞うヘンリーでした。

家に閉じ込めた娘に外界のことを教え、”悪い人”と会話した時怪しまれないよう、誤魔化し方を指導するヘンリー。クロエとポーカーをする時は、大金を賭けて遊びます。

ポーカーのプレイ中、ヘンリーの瞳から血が流れ彼はタオルでふき取ります。娘にも目から血が流れ出したら、必ず教えろと告げてるヘンリー。見事に手を偽り通し、ゲームに勝利したクロエを彼は褒めます。

クロエを寝かせる前に、突然お前は人間じゃない、と怒鳴るヘンリー。しかし彼女は笑って対処します。これは大事な練習だ、と父はクロエに言い聞かせます。

練習しないと”山”行きだね、と答えたクロエに、父は誰に聞いたのだ、自分宛ての郵便物を勝手に読んだのか、と追求します。改めて家の窓を目張りし、郵便物を焼き処分するヘンリー。

暗い部屋…しかし隙間から昼の光が差しています…で眠りにつこうとするクロエは、寂しさを紛らわす為か、ペンで枕に母親の顔を書きます。すると物音が聞こえます。彼女の描いた不気味な絵を貼った壁の先にある扉の、その中から音がしていました。

扉を開けると、そこには鎖につながれた女性(アマンダ・クルー)がいます。その女性もクロエも悲鳴を上げ、パニックになったクロエはその部屋を飛び出し、一心に不気味な女の絵を描き始めます。部屋には同様の絵が無数にありました。

幽霊を見たとクロエが訴え、父はその部屋を探しても誰もいません。一緒にいてと訴える娘にいいと答えたものの、俺は眠れない、眠ったらお前を守れないと言うヘンリー。

クロエが目を覚ますと、外の販売車から流れるメロディが聞こえます。その音色に誘われ彼女が玄関に向かうと、何者かが扉の投函口から本を入れました。クロエが手に取ると、それは「スノーコーンさんと王女」と題された絵本でした。

その飛び出す絵本には、城に閉じ込められたお姫様がお金を手に、移動販売車にアイスを買いに行く姿を描いていました。彼女が窓の目張りを破って外をのぞくと、アイスクリームの販売車が停まっていました。

販売車の前に少女がいます。その子に私にアイスクリームを届けて、と強く念じるクロエ。

すると玄関のドアが叩かれます。その少女ハーパーがアイスを手に立っていました。願いが叶い自分に届けてくれた、と喜びクロエは扉を開けます。

クロエが外に出るのを止めるヘンリー。彼は現れたハーパーに、どうしてこの家に来たのかと尋ねますが、彼女は理由を答えられません。そこに少女の母が現れます。それは臨家のナンシー・リード夫人でした。

ナンシーは自分の名を知るクロエに驚きますが、ヘンリーは誤魔化して扉を閉ざします。今の振る舞いで2人とも死んでいたかもと、娘が外に出ようとした行為を強くとがめます。

罰として娘を、幽霊がいた部屋に閉じ込めるヘンリー。1人遊ぶクロエの前で、臨家の少女エレノアが寝ていました。寝ぼけている少女にママになってとせがみ、エレノアと抱き合い眠るクロエ。

ヘンリーが起こしにきた時、彼女は1人でした。ママは外に出て良いと言ったと告げ反抗するクロエ。娘をなだめる為に彼は、今日買い出しに出た際にアイスを買うと約束します。

ところが戻って来た父は血にまみれ、拳銃を持ち脇腹に傷を負っていました。自ら傷を手当てするヘンリーですが、クロエはアイスを買ってこなかったと怒ります。娘になじられながらも、意識を失ったヘンリー。すると何故か、空中で静止していた鳥が動き始めます。

電灯がつき蛇口から水滴が落ち、映像を映し出したTVは、シアトルの住宅がドローンで爆撃されたニュースを報じていました。外からはアイス販売車の音楽が流れてきます。

クロエは金庫を開けると、山積みの札束から100ドル札を抜き取り、鍵を開け外に出ます。家から出たことの無い彼女に、外の世界は輝きに満ちていました。音楽に誘われるように、アイスクリームを売る販売車へと向かうクロエ。

車では老人(ブルース・ダーン)がアイスを売っていました。クロエに優しく声をかける老人は、彼女が子供に不釣り合いな100ドル札を持っていても驚きません。老人は彼女に、もうパパの言う通りにする必要はないと語り、自分を手伝って欲しいと頼みます。

老人の言葉とアイスに誘われ車に乗ったクロエ。公園に行くと言うと、老人は販売車を走らせます。彼女には車窓から見る全ての風景が新鮮でした。しかし道路沿いには、目から血を流す者を見たら通報しろと訴える、巨大な看板が立っていました。

老人は君は目から血が出るのかと訊ねます。クロエが否定すると、彼はそれは残念だと答えます。車は都市に入り、ビル街の中にある公園に到着します。

クロエと共に公園に入った老人は、彼女をブランコに乗せ遊ばせます。楽しんでいたクロエですが、老人はブランコを勢いよく押し、早く高く振り上げます。怖がるクロエに、勇気を出して飛び降りろと言う老人。

クロエの叫び声と老人の態度に、周囲の人々は不審の目を向けます。ようやくブランコから降りたクロエに、老人はお前のママには特別な力があった、と告げます。そこに警官が近寄り、2人の関係を尋ねました。

クロエに警官を殺し屋だ、と叫ぶ老人。その態度に不審を抱いた警官は銃を向けます。警官に対しあっちに行けと、クロエが繰り返し叫びます。すると警官は銃を収めて立ち去り、クロエは驚きますが彼女の”力”を知った老人は、一緒に大きな仕事をしようと告げます。

2人はアイス移動販売車に戻り、公園から立ち去ります。老人が車で警察無線を傍受すると、”アブノーマル”な子供が公園に現れたと伝えていました。

クロエは車内にある、若い女性の写真に気付きます。誰かと聞かれた老人は、お前のママで私の娘だと告げます。”山”に連れて行かれた娘を、必ず取り戻すと老人は呟きます。その写真を欲しいと言うクロエに、渋りながらも貸してやる言って渡す老人。

車はクロエの家の前に着きます。老人は自分と再会するには、パパが眠っていなければダメだと告げ、アイス販売車の音楽が聞こえたら、この薬をパパの飲み物に入れろと言い、小袋に入った粉末を渡します。

ヘンリーが目を覚ますと何かの波動が発生し、電気が消えます。娘の名を呼びさがすヘンリー。クロエは絵を描いていました。外の世界を知ったクロエは父に不信感を抱いたのか、約束のアイスを買わなかった件を怒り、嘘つきと叫びます。

お前を守りたいという父に、出ていけと叫ぶクロエ。ヘンリーは黙って出て行きます。独り寝床に就いたクロエは、母の写真を眺めていました。するとあの幽霊の出た部屋に、何か気配を感じます。扉は別のものに変わっていました。

部屋の中にかつて幽霊と思った女がいました。クロエはそれが写真の女と気付き、ママと声をかけます。クロエが笑顔を見せると彼女も笑いますが、突然これは現実ではないと、女が叫び出します。部屋から逃げ出すクロエ。もう一度部屋を覗くと、そこには誰もいません。

戸惑ったクロエが父の元を尋ねると、ヘンリーはTVとつないだヘッドホンを付けたまま眠っていました。そのヘッドホンを外し、自分に付けたクロエ。

TVのニュースはダラスが攻撃されて10年だと告げていました。能力者の反乱による攻撃で、多くの犠牲者が出たと告げるキャスターは、能力者は一般に”フリーク”と呼ばれると解説します。

番組に出演したセシリア・レイ特別捜査官(グレイス・パーク)は解説者と語り合い、拘束・隔離された能力者は、マドック山の居住区で暮らしていると説明します。レイは”フリーク”ではなく”アブノーマル”と呼ぶべき者の能力を、恐れず活用すべきと訴えます。

部屋に戻ったクロエは、物音に気付きあの部屋の扉を開きます。すると中から子供たちが飛び出してきました。風景の変わった部屋の中には幾人かの女の子と、クロエが見知った隣のリード家の娘・ハーパーがいました。

ハーパーから見ると、パジャマパーティーをしていた自分の部屋に、突如クロエが現れたと見えるようです。気味悪がる子供たちは、クロエを”フリーク”とはやし立てます。

逃げ出したクロエがもう一度部屋に入ると、光景が変わりそこに監禁された女がいました。クロエはその女にママと呼びかけます。認めようとしなかった女も、クロエが現実の存在で我が子だと信じます。

信じられない、会いたかったと告げる母に、死んだのはママの方だよ、と告げるクロエ。そして彼女はママにどうやって来たのか尋ねます。母は別れてから大きく成長した娘クロエの姿と、現在の状況や会話から、徐々に何かを悟りました。

母はヘンリーの事を訊ね、クロエにはこの部屋に来て欲しくないと告げます。すると母の監禁された部屋の扉の前に、何者かが現れた音がします。気付くと母の姿は消え、1人元の部屋にいたクロエ。

傷の手当てをしていたヘンリーの前に現れたクロエは、死んだと教えられていたママに会ったと叫びます。アイス売りの老人と出会い、今までの父の言動が嘘だと信じた彼女は、隣のリード家に行って普通の子供になると主張します。

思わず父に死ねばいいのに、と言うクロエ。今の言葉を後悔するぞ、と言い返すヘンリー。老人から貰った小袋を手にして考えた結果、その薬を混ぜたジュースを父に渡すクロエ。

しかしヘンリーは臭いとグラスに付着した粉末から、何かが混入されたと気付きます。それを察し逃げようとしたクロエ。彼女の落した袋を拾い、父は何者かが娘にこれを渡したと気付きます。娘を捕えたヘンリーですが、家から出たい一心のクロエは眠れと父に叫びます。

突然、倒れてしまったヘンリー。何かの波動が彼の体に戻っていきます。そしてクロエの目からは一筋の血が流れていました。

金庫を開け札束を掴み家を出たクロエ。そこにアイスクリームの移動販売車が現れ、中から老人が出て彼女の顔の血をふき取ります。彼女の持つ大金を見た老人は、どうするのか訊ねました。

隣のナンシー・リードの家に行き、彼女に新しいママになってもらうと話すクロエ。すると老人は、彼女より良い人に会わせたいと言い、クロエを車に乗せました。

到着すると老人はこれから入る店では、口を聞かないようクロエに言い聞かせます。そして隠れて生き延びようと試み、結局絶滅したユニコーンのたとえ話をして、お前のパパのやり方は間違っていると告げる老人。

老人は神父の格好をすると、クロエを連れ食堂に入ります。そこには警官と共に、”フリーク”を捜索するレイ特別捜査官の姿がありました。

老人は偽名を名乗り、警官を去らせると自分は7年前、教会に捨てられたこの”アブノーマル”の子を、違法と知りながら神の愛で育てたとレイに語ります。”アブノーマル”の抹殺に異を唱えるを発言をした、彼女にこの子を託したいと言います。

レイ捜査官が検査を行うと、確かにクロエは能力者だと判明しますが、老人はその検査から逃れます。老人は如何なる狙いで、孫娘のクロエをレイに差し出すのでしょうか…。

以下、『FREAKS フリークス 能力者たち』のネタバレ・結末の記載がございます。『FREAKS フリークス 能力者たち』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2018 ABNORMAL DEFENSE FORCE INC. 2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

老人の狙いはクロエと共付き添いとして”山”、マドック山の”フリーク”居住区に行くことでした。それを嫌った孫娘は、言いつけを破り父に教わった偽の経歴を話し始めます。

食堂の調理場に逃げたクロエを老人が追います。嫌がるクロエにマドック山に行き、何としても娘を助けたいと説得する老人。

2人の会話を聞いたコックの目を、老人はいきなりペンで突き刺します。食堂にレイ特別捜査官が集めた警官が待ち伏せていましたが、目から出血したコックを”フリーク”と判断し、警官たちはレイの制止を聞かず集中射撃を浴びせます。

レイが調理場に入った時、老人はクロエを抱き姿を消します。彼の能力は透明化でした。クロエと共にアイスクリーム移動販売車に乗り、この場から立ち去ります。

車の中で老人は、マドック山に作られた”アブノーマル”居住区というのはワナで、そこに集めた”フリーク”を抹殺する場所だと告げます。嫌な場所だがそれでも娘を救うには、何としても行かねばならないと叱りつける老人。

その態度を嫌い、帰りたいと叫ぶクロエ。クロエの特殊能力が発動したのか、老人は運転の自由が利かなくなります。苦しむ老人は抵抗を諦め、クロエの自宅へアイス販売車で向かいます。

突如目の前にクロエの父ヘンリーが現れ、老人は車を停めます。クロエが車を降りるとヘンリーは老人に向かって行きます。ヘンリーが老人に触れると、2人と車はこつ然と消え去りました。

次の瞬間ヘンリーだけが姿を現します。娘を抱え、自宅に戻ろうとするヘンリー。しかしクロエが叫ぶとその言葉に従い、娘を離します。駆け出すクロエの前に突き進む乗用車。

クロエを抱きかかえたヘンリーは、透明のバリアに包まれていました。2人を包むバリアの外側では、ゆっくり時間が流れます。歩いて車の前から娘を助け出すヘンリー。

パパも特別なの、と語りかけるクロエに、お前を守りたかったと答えるヘンリー。彼の特殊能力は自分の周囲の、時間の流れを減速させることでした。妻が捕らわれてから彼は、娘と住む自宅を周囲と異なる時間の流れに置いて、クロエの身を守っていたのです。

その結果クロエは世界から見れば、恐るべき早さで成長していました。彼は娘の能力の目ざめを自覚します。それでもいつか外に出ないとな、と我が娘に告げたヘンリーは、能力を解きクロエが持ち出した札束を掴みます。

臨家のリード家に向かう、疲れ切った表情のヘンリーとクロエ。彼は主人のスティーブンに大金を掴ませ、かねてからの打ち合わせ通り、クロエを引き取らせようとします。

彼女が”アブノーマル”とは知らず、大金を渡されたリード夫妻はクロエを歓迎しますが、その娘ハーパーはクロエが無自覚に発動させた能力を知っており、彼女の受け入れを嫌がります。

クロエの受け入れを巡りリード家がもめ始めると、彼女はナンシー夫人の意識を操作し、愛してると言わせます。その時クロエの目から血が流れ出し、リード家の者は彼女が”フリーク”だと悟りました。

リード家を追われ自宅に戻った2人。そこにあの老人が椅子に拘束されていました。永遠に隠れるつもりかと叫ぶ老人、妻の父であるこの男をヘンリーはアランと呼びます。

例の部屋に隠されたクロエは父と祖父が、それぞれの妻であり娘であるメアリーの生死を巡り言い争う声を聞きます。そこに鎖で拘束された母・メアリーの姿が現れます。彼女は通常より早く育ったクロエを我が子と認め、抱きしめます。

その部屋に、”フリーク”を研究・監禁する施設の守衛が現れ、メアリーを引き立てます。それは将にメアリーが体験している現実でしたが、クロエにはどうする事も出来ませんでした。

ママが生きていると訴えるクロエを、父はその部屋に閉じ込め扉を電動ドリルで固定しますが、クロエの能力で阻止され、出て来た娘を抱きしめるヘンリー。

しかし力を使い過ぎたのか、クロエは血を吐いて倒れます。彼女が目を覚ますと、落ち着きを取り戻した父と祖父アランがいました。メアリーの生死や、隠れ住む事の是非を2人は言い争いますが、クロエは隣のリード家を訪れる警官の姿を目撃します。

呼びかけても反応しない2人に、クロエは自分の能力を使い、警官とナンシー夫人の会話する現場をそのまま家の中に持ち込みます。目の前に起きた光景に驚くヘンリーとアラン。

ヘンリーは現在確かに他の場所で起きた出来事が、ここで展開されていると確認し、アランは彼らの行動に干渉を試みますが無理でした。クロエには人を操る能力だけでなく、遠隔地の出来事をその場にいる様に再現、体感させる能力を持っていました。

ナンシー夫人が警官に、クロエは”フリーク”で殺すよう訴えていました。もう隠れるのは無理だと、ヘンリーに告げるアラン。それでも殺しは嫌だと言うヘンリー。

するとクロエが警官を操り、持っていたペンをナンシー夫人の目に突き立てます。次に警官に銃を抜かせ、自分の頭に向けさせますが父が止めさせます。

応援の警官には目から血を流したナンシーが”フリーク”に見え、その場で彼女を射殺します。自分のせいで娘が人を殺したと叫ぶヘンリーですが、祖父はクロエを抱き姿を消します。

2人を探すヘンリー。クロエが叫ぶと操られたアランが放したのか、彼女が姿を現します。銃を持って祖父を探し求めるアラン。クロエはメアリーの写真を持ってママと繰り返し叫ぶと、そこに施設のベットに縛りつけられた、傷付いたメアリーが姿を現します。

互いを確認し、言葉を交わす母と子。そこにヘンリーも現れ、研究所の職員に発砲しますが何の効果もありません。彼はメアリーの現実を見る事ができても、干渉する事は出来ないのです。しかしこの光景を見て、妻の生存を信じたヘンリー。

そこにアランも現れ、目の前の出来事に驚きます。研究所の職員は今まさに、メアリーを注射で殺そうとしてました。我が子に最期の言葉をかけるメアリーの姿に、何が起きてるのか理解しかねる職員と守衛。彼らの目にクロエらは存在していないのです。

職員の注射を、父と祖父が叫んで止めさせようとしますが無駄です。しかしクロエは職員の意志を操り、自らの首に注射させ絶命させます。

今度は守衛の意志を操り母を解放させ、彼を通じて母に話しかけるクロエ。メアリーを救える可能性見えた時、玄関のチャイムが鳴らされます。とっさに能力を発動させ、対応する時間を稼ぐヘンリー。

玄関のレイ特別捜査官、施設のメアリーの時間も止まっています。ここから逃げようと訴えるクロエ。彼らが逃げるのは簡単ですが、メアリーを施設から救わねばなりません。身支度を整え、和解して今後の計画を練るヘンリーとアラン。

ヘンリーが能力の発動を止め、周囲の時間が動き出します。隣のリード家が”アブノーマル”だと告げ、家を調べたいと入ってくるレイをヘンリーが迎え入れ誤魔化します。その隙にクロエは守衛を操り、母と脱出の手筈を整えます。

レイはヘンリーを疑っていました。自分は優れた”アブノーマル”は兵器として利用できるので、生かす方針だと説明し、娘を差し出すようヘンリーに告げるレイ。一方クロエは、母を死体袋に入れ守衛に運ばせます。

クロエはなんとか警備をすり抜けます。レイの語る能力者の軍事利用は、ヘンリーには許し難い考えでした。そして透明になったアランがレイ捜査官の背後に近づき、密かに彼女から銃を奪い突き付けます。

それに気付いても、何かあればこの家はドローンからの攻撃で、60秒後には破壊されると語るレイ。アランは姿を現し3人はにらみ合いとなりますが、その時クロエは操った守衛で、通りかがった兵士を襲います。

収容施設に警報が鳴り響くと、その音はクロエの能力で3人にも聞こえます。隙を見てレイは銃を奪い発砲、とっさに時間を操作するものの、近過ぎて銃弾が命中したヘンリー。一方姿を消し逃れるアラン。

施設の守衛を操るクロエを見てレイは驚きますが、少女は危険な能力者と判断し銃を放ちます。しかし透明な姿のアランが銃弾を受け、孫娘を庇いました。怒りに燃えるクロエはレイを操り、自ら頭を撃ち抜かせます。

死の直前にして、お前はママの元に行けと告げたアラン。借りていたメアリーの写真を祖父に渡すクロエ。

そこに傷付いたヘンリーが現れます。銃声の原因をレイに問う無線に彼が応じます。クロエは今の騒動で守衛を操る能力は停止したと思い出し、メアリーを襲っていた守衛を改めて支配します。守衛は自ら頭を打ち付けさせられ倒れます。

包囲した警察や軍を挑発すると、ヘンリーは時間の進行を遅くし、それを利用して建物に突入する隊員を射殺します。時間が戻ると突然倒れた隊員に警官らは怯み、時間が稼げましたが、彼らはドローンによる攻撃を要請しました。

徐々に身体能力を取り戻し、施設の出口に向かうメアリー。立ちふさがる警備兵を操り相討ちさせるクロエ。しかし力を使い過ぎたクロエも、負傷したヘンリーも限界に近付きます。そして家にはドローンが放ったミサイルが向かっています。

出口に到達したものの、ゲートが開けられないメアリー。クロエが力を振り絞り叫ぶと、施設の警備兵は追跡を辞め、オペレーターがゲートを開けます。こうして彼女は母を救いました。周囲から銃撃に晒されながらも、娘の位置を感知し地を蹴って高速で飛び去るメアリー。

娘が妻を救ったと悟ったヘンリーは、ミサイルが着弾する直前、最後の力で周囲の時間の進行を緩め、クロエを抱きかろうじて爆発から逃れます。

ガレキの下で父に目を覚ましてと訴えるクロエ。ヘンリーはクロエを自慢の娘と褒め、相棒と呼びこと切れます。今度ばかりはクロエが何度も願っても、父は倒れたままでした。

クロエの潜むガレキの周囲に兵士が近づきますが、空から轟音が迫り兵士は吹き飛ばされます。ガレキを取り除き、クロエを見つけたメアリー。こうして母子は、父の亡骸の前で対面を果たしました。

母にもう恐れて隠れたくない、邪魔する人がいたら戦おうと言うクロエ。娘を抱いたメアリーは空高く舞い上がります。

クロエの目には、固い決意を秘めた光が宿っていました…。

スポンサーリンク

映画『FREAKS フリークス 能力者たち』の感想と評価


(C)2018 ABNORMAL DEFENSE FORCE INC. 2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

リアリティ番組が生んだ監督コンビの実体験が反映されたSF映画

2007年に放送の若手映像クリエイター発掘番組「On the Lot」。毎週放送される番組のレギュラー審査員は、恋愛映画の名手ゲイリー・マーシャル監督に、「スター・ウォーズ」でレイア姫を演じた女優、脚本監修で映画製作の裏方でもあったキャリー・フィッシャーが務めていました。

各週のゲスト審査員にはマイケル・ベイ、ウェス・クレイヴン監督らが登場、世界中から応募された12000件の応募された作品の中から選ばれた、18名のクリエイターが番組内で課題作を作り、競う内容でした。

その番組のファイナリスト5名に残ったのがザック・リポフスキー、当時番組ではカナダ出身・23歳の特殊効果映像の編集者と、3名にまで残ったのがアダム・B・スタイン、同じく当時フロリダ生まれの29歳の映画編集者と紹介された人物です。

番組でライバルとして出会った2人は良き友人になりました。数年間は別々に働いていましたが、2人でコラボすれば面白い作品が製作できると気付き、共に仕事をするようになります。

その2人が初めて共同で作りあげた映画が『FREAKS フリークス 能力者たち』。当然2人が得意とするSF物ですが映画のアイデアの原点は、誕生したスタイン監督の息子の成長する姿だと、リポフスキー監督は語っています。

一方スタイン監督はその経験を、準備不足のままダメな父親になったと感じた、と話しています。この2人の監督の言葉を踏まえて、映画に登場したヘンリー・クロエ父娘の姿を振り返ると、実感できるものがないでしょうか。

全米のSF映画ファンが納得!?の骨太超能力者ドラマ


(C)2018 ABNORMAL DEFENSE FORCE INC. 2018 RELIANCE ENTERTAINMENT PRODUCTIONS 12 LIMITED

超能力者映画としてありがちな設定、登場する超能力も何かのキャラと同じだ、と過去作との類似点ばかりに目が向いていませんか。

理由はともかくある日突然超能力に目覚める、というのがこの手の映画のお手軽パターン。しかし本作ではクロエの成長を通じ、彼女が新たな世界を発見し、自分に可能なこと試しながら覚え、時に周囲の人間と衝突し関係を結んでいく中で、力を身に付ける形で描いています。

2人の監督は実子の成長という経験を踏まえ、映画がリアルに感じられるように、家族の小さなエピソードを積み重ね、感情を掘り下げることに気を配りました。

そしてクロエが恐怖を覚えた時はホラー、感動を覚えた時はファンタジー、怒りを覚えた時はアクション・サスペンスを描く、見事なジャンルミックス映画を完成させました。

無論ミックスしたジャンルには、新たな形で超能力を表現し、ミクロの視点から仰ぎ見たデストピアを描くSF要素も含まれます。この丁寧な作りがB級映画ファン、特にSF映画ファンから高い評価を得ています。

まとめ


(C)2019 BlESS-FILM LLC. All rights reserved

子供を主人公にし、子供目線にこだわる事で、ジャンル映画が大好きな大人たちを満足させた映画『FREAKS フリークス 能力者たち』。

ところでブルース・ダーンが乗って現れるアイス販売車、アメリカではアイスクリーム・トラックと呼ばれ、派手な色彩と流れる音楽で子供を魅了する存在です。

それゆえにピエロの様に、何故か恐怖を秘めた禍々しい存在として語られる事があります。劇中ではヘンリーが酷い言い草でアイスクリーム・トラックを語り、『ファンタズム』など多くのホラー映画にアイテムとして登場、そのものズバリのタイトルを持つ作品まであります。

クロエの前に現れたアイス販売車が、様々な意味で少女の憧れと恐怖を秘めた対象であり、ブルース・ダーンが如何なる人物かを、謎めいて描く材料にしている事に注目して下さい。

それにしてもこの超能力家族、クロエは例えるならプロフェッサーX級、その母は下手をするとキャプテン・マーベルかダークフェニックス級…。こんなの敵にしたら人類、ガチでヤバイです。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」は…


(C)2019. 10643467 Canada Inc. All Rights Reserved.

次回の第23回はニコラス・ケイジがリベンジに燃えるアクション映画『ラスト・パニッシャー』を紹介いたします。

お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2020見破録』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

映画『漂うがごとく』あらすじと感想。ベトナム人のブイ・タク・チュエン監督が描く孤独と欲望|銀幕の月光遊戯24

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第24回 ベトナム映画ニュー・ウェーブを牽引するスタッフ・キャストが集結! 「ベトナム映画祭2018」で好評を博した『漂うがごとく』が3月23日(土)より新宿K’Sシネマほ …

連載コラム

映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』あらすじと感想。手作りの韓国料理と自力で生き抜く大切さ|コリアンムービーおすすめ指南10

読んで美味しいと話題の五十嵐大介の人気コミックスを韓国で映画化! 映画『リトル・フォレスト 春夏秋冬』がシネマート新宿、ヒューマントラストシネマ渋谷、シネマート心斎橋他にて2019年5月17日(金)よ …

連載コラム

倍賞千恵子と藤竜也で描く夫婦映画の感想解説【初恋~お父さん、チビがいなくなりました】|銀幕の月光遊戯 30

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第30回 50年連れ添った夫婦がまさかの離婚?! 西炯子の漫画を倍賞千恵子、藤竜也、市川実日子のキャストで映画化。3人の子どもを育て上げ、猫のチビと共に、夫婦2人で穏やかな …

連載コラム

短編映画『気:呼吸の技法』あらすじと感想。“気”のパワーで武侠映画の精神を継ぐリウ・イー監督|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録8

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第8回 今年で14回目の開催となる大阪アジアン映画祭。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間、アジア圏から集まった全51作品が上映さ …

連載コラム

大坂なおみも絶賛の魅力!アカデミー賞ノミネート『スパイダーマン:スパイダーバース』とは?|最強アメコミ番付評25

連載コラム「最強アメコミ番付評」第25回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回はアカデミー賞にノミネートされた、3月8日公開のCGアニメ映画『スパイダーマン:スパイダーバース』の作品情報を、公開前に解説 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP