Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/11/16
Update

韓国映画『非常宣言』あらすじ感想と評価解説。ソン・ガンホ演じるパニックスリラーは“飛行機内のバイオテロ”|コリアンムービーおすすめ指南31

  • Writer :
  • 西川ちょり

映画『非常宣言』は2023年1月6日(金)より丸の内ピカデリー、新宿バルト9他にて全国公開!

映画『ザ・キング』(2017)のハン・ジェリムが制作・脚本・監督を務めた映画『非常宣言』は、飛行機内で発生したバイオテロの恐怖を描くパニック・スリラーです。

ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ナムギル、イム・シワン、キム・ソジン、パク・ヘジュンという超豪華俳優が集結!

楽しい空の旅が一転、恐怖のフライトへと陥った乗客の運命は? そして地上から、人々の無事を祈り、懸命に奔走する人々に手立てはあるのでしょうか!?

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『非常宣言』の作品情報


(C)2022 showbox and MAGNUM9 ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2023年(韓国映画)

【原題】
비상선언(英題:EMERGENCY DECLARATION)

【制作・監督・脚本】
ハン・ジェリム

【キャスト】
ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ナムギル、イム・シワン、キム・ソジン、パク・ヘジュン

【作品概要】
ソン・ガンホ、イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、キム・ナムギル、イム・シワンなど、錚々たるキャストで送る航空バイオテロパニックムービー。

制作・脚本も務めたのは『ザ・キング』(2017)のハン・ジェリム監督。第74回カンヌ国際映画祭アウト・オブ・コンペティション部門の正式出品作品です。

映画『非常宣言』のあらすじ


(C)2022 showbox and MAGNUM9 ALL RIGHTS RESERVED.

娘とハワイへ向かうため搭乗手続きを終えたジェイ・ヒョクは、見知らぬ若い男に絡まれ不快な思いをしますが、同じ便に男が乗り込んでいるのを認め、妙な胸騒ぎを覚えます。

その少し前、刑事のク・イノは、職場から呼び出しを受けていました。妻との海外旅行を予定していたイノでしたがキャンセルをせざるをえず、妻だけが空港に向かうことになりました。

イノが署に到着すると、飛行機のテロ予告の動画がネットに上がっており、そこに映っている男を知っているという連絡があったと聞かされます。

通報者は小学生だったので、警察はいたずらではないかと疑っていましたが、イノが指摘のあった男の家を尋ねると、部屋に死体があるのを発見。何らかのウィルスに感染し亡くなったようでした。

部屋の持ち主で容疑者の男は外資系の製薬会社の元研究員で、この部屋でなんらかの研究をしていたらしく、大量のビデオテープが積まれていました。

再生してみると、何か粉をかけられたマウスが次々に死んでいく様子が映し出されていました。

やがて、ウィルスの効き目が早くなるよう実験を繰り返していたことが判明。飛行機内でバイオテロを図るつもりだとイノは直ちに空港に連絡しますが、容疑者の男はK1501便に乗り込み、すでに空の上にいることが判明します。

KI501便がホノルル行きだと聞き、イノは愕然とします。妻も同じ飛行機に乗っていたからです。

若い男は機内に持ち込んだ粉をトイレに巻き、その直後にトイレを利用した男性が、苦しみだし、血を吐いて死亡。ヒョクが若い男を捕まえ、彼は拘束されますが、彼もまた感染しており、間もなく死亡します。KI501便は恐怖とパニックの渦に包まれていました。

テロの知らせを受けた運輸大臣のスッキはすぐ様対策本部を立ち上げ、緊急着陸のために国内外に交渉を開始しますが、どの国も緊急着陸を許可しようとしません。

飛行を続けるタイムリミットが迫り、墜落の危機も加わる中、機内の人々を助ける手立てはあるのでしょうか!?

スポンサーリンク

映画『非常宣言』感想と評価


(C)2022 showbox and MAGNUM9 ALL RIGHTS RESERVED.

豪華俳優と配役の妙

オールスター映画と呼ぶのがふさわしいほどの豪華俳優が、適材適所ともいうべき役柄を得て、物語に生命を吹き込んでいます。

冒頭から、普通ではないおかしな行動を取り続ける若い男にイム・シワンが扮し、いつもと変わらぬ空港の朝の風景に、不穏な空気を漂わせます。

子連れの旅行者で、飛行機を怖がる訳ありな男性にイ・ビョンホン、このイ・ビョンホンと過去になんらかの接点があったらしい副操縦士にキム・ナムギル、チーフ乗務員にハン・ジェリム監督の『ザ・キング』(2017)で検察官を演じ絶賛されたベテラン女優キム・ソジンという顔ぶれ。

一方、地上では妻が該当飛行機に乗っていて気が気でない刑事をソン・ガンホが演じています。ソン・ガンホの刑事役といえば、ポン・ジュノ監督の『殺人の追憶』の自白強要刑事を思い出しますが、本作での彼は、政府の対応が遅れる中、ベテラン刑事らしい洞察力で、事件の背景の核心へと迫ります。

対策を統括する外務大臣に扮するのはイ・チャンドン監督の『シークレット・サンシャイン』などのチョン・ドヨン。誰もが「責任を持つ」という言葉に躊躇する状況でその言葉を吐くのにふさわしい貫禄を見せています。

高度1万メートル上空で、パニックにさらされながら、気丈に自身の務めを続ける人々と、地上でなんとか乗客を無事生還させるため奔走する人々の姿が、緊張感あふれる中ダイナミックかつ繊細に描かれ、息つく間もありません

まるで飛行機に同乗しているような緊張感


(C)2022 showbox and MAGNUM9 ALL RIGHTS RESERVED.

密室で、どこにも逃げ場がない空の上でのバイオテロという究極の犯罪に、たまたま巻き込まれてしまった人々。パニックにならないほうが嘘になるほど、最悪の状況です。

ハン・ジェリム監督は本作を約10年前から企画し、世界中で新型コロナウィルスが蔓延する前にクランクインしたということですが、偶然にもコロナ時代を予言したかのような作品になりました。

アメリカや日本が、自国民の安全を理由に、空港への着陸を認めないという状況は、現実にコロナ感染者が出た豪華客船の受け入れを拒否する国が出たことを思い出させます。

感染以外にも、航空パニックものらしい様々な問題が浮上し、飛行機が操縦困難となって360度回転する場面など迫力あるシーンが展開します。また、地上での交通事故シーンなども、車の中にカメラを置いたままワンカットで撮っていて驚かされます。

乗客は、恐怖のどん底から、助かるという望みをつなぎホッとしますが、それも束の間、また奈落へと突き落とされるという、恐怖の心的ジェットコースターを味合わされます。

観ている私たちも、彼ら乗客と共にKI501便に乗っているかのような気分に陥り、非常な緊張感の中に身を置くことになります

まとめ


(C)2022 showbox and MAGNUM9 ALL RIGHTS RESERVED.

本作は航空パニックをエンターティンメントとして描いた作品ですが、こうした事態が起こった際の、人間というものの弱さと強さをクローズアップすると共に、「犠牲」と「責任」という究極の命題にも踏み込んでいます

スーパーマンのような人が誰もいない中、彼ら、彼女たちは、どのようにこの事態に臨んだのか、是非、映画館で目撃していただきたい作品です。

韓国映画『非常宣言』は2023年1月6日(金)より丸の内ピカデリー、新宿バルト9他にて全国公開されます!

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『バルバラ セーヌの黒いバラ』あらすじと感想。評価された孤高の歌姫とは|映画と美流百科13

連載コラム「映画と美流百科」第13回 今回取り上げるのは、2018年11月16日(金)から東京・渋谷のBunkamuraル・シネマほか全国で公開される『バルバラ セーヌの黒いバラ』です。 1950年代 …

連載コラム

【ネタバレ】ヒヤマケンタロウの妊娠|感想考察と結末あらすじの内容評価解説。最終回で斎藤工演じる主人公が知る“当たり前”の発想とは【のび編集長の映画よりおむすびが食べたい10】

連載コラム『のび編集長の映画よりおむすびが食べたい』第10回 「Cinemarche」編集長の河合のびが、映画・ドラマ・アニメ・小説・漫画などジャンルを超えて「自身が気になる作品/ぜひ紹介したい作品」 …

連載コラム

【青木まさとインタビュー動画】シアターモーメンツ新作『#マクベス』劇団で果たす役割とは| THEATRE MOMENTS2019⑤

連載コラム『THEATRE MOMENTS2019』第5回 ©︎Cinemarche 「日本発のワールドスタンダード演劇」をモットーに、これまで精力的な取り組みを展開してきた劇団シアターモーメンツ。 …

連載コラム

映画『バトルロワイアル』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。少年少女殺戮の殺し合いが国会を巻き混む社会的議論となった“鎮魂歌”|SF恐怖映画という名の観覧車142

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile142 前回のコラムでご紹介させていただいたように、「藤原竜也」と言えば「デスゲーム」と言うイメージが強く存在します。 今回は社会現象にまで発展 …

連載コラム

映画『グッドライアー』キャストのイアン・マッケランへのインタビュー【偽りのゲーム】FILMINK-vol.32

FILMINK-vol.32「The Many Sides of Sir Ian McKellen」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学