Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/09/18
Update

【ネタバレ】鬼滅の刃 鼓屋敷編|あらすじ感想と考察。アニメ無限列車編の初放送日前に響凱戦×善逸/伊之助との出会いを振り返り|鬼滅の刃全集中の考察25

  • Writer :
  • 薬師寺源次郎

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第25回

大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。


(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

2021年のテレビアニメ2期「遊郭編」のテレビ放送、そして9月25日(土):夜9時の『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』のテレビ初放映が迫る中、1期「炭治郎立志編」に新規カットを加え再編集を行った特別編が先んじてテレビ放映され、第二次鬼滅ブームの機運が高まっています。

今回はその一編にして、9月18日(土):夜7時に放映される「鼓屋敷編」のあらすじとエピソード解説をネタバレありでご紹介します。

【連載コラム】『鬼滅の刃全集中の考察』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『鬼滅の刃 鼓屋敷編』の作品情報

【放送】
2021年

【監督】
外崎春雄

【キャスト】
花江夏樹、鬼頭明里、下野紘、松岡禎丞、山崎たくみ、石見舞菜香、大塚芳忠、土岐隼一、市来光弘、岡崎美保、関俊彦、諏訪部順一

【作品概要】
2019年に放送されたテレビアニメ『鬼滅の刃』の10~15話を編集した「鼓屋敷編」は、『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』でのメガヒットも記憶に新しい外崎春雄が監督を担当。アニメーション制作は「Fate」シリーズや『空の境界』などで知られるufotableが担当しています。

「鼓屋敷編」で戦う事となる響凱の存在により、以降の物語で炭治郎をはじめとした鬼殺隊と激しい戦いを繰り広げることとなる“十二鬼月”の謎の一部が明かされる他、後に炭治郎にとってのかけがえのない仲間となる善逸・伊之助との出会いが描かれています。

『鬼滅の刃 鼓屋敷編』のあらすじとネタバレ

珠世と兪史郎との出会いを経て、鬼と化してしまった妹・禰豆子(声:鬼頭明里)を人間に戻す手がかりを得た竈門炭治郎(声:花江夏樹)は、鎹鴉の伝令により新たな任務へ赴きます。

その道中、道端で少女に縋りつき「結婚してくれ」と泣きじゃくる少年に遭遇。困っている少女を見かねて仲裁に入る炭治郎は、その少年が最終選別で会った同期の隊士・吾妻善逸(声:下野紘)である事に気が付きます。

少女を巡るひと騒動(主に善逸の勘違い)が落ち着き、善逸と炭治郎は同じ任務に赴いていること知ります。そして鎹鴉に誘われ辿り着いた屋敷の前で、二人は子供の兄妹に出会います。

正一(声:市来光弘)、てる子(声:岡崎美保)と名乗る兄妹は、兄が何者かにさらわれ、何とかそれを追い続けてきた結果、この屋敷に辿り着いた事を二人に明かします。

炭治郎は屋敷から漂う匂いにより、そこに鬼がいることを察知。禰豆子の入った箱を正一・てる子に預けると、嫌がる善逸と共に屋敷へと入ります。

その後、二人を追って室内へ入ってきてしまった正一・てる子と合流する炭治郎・善逸。ところが屋敷鼓の音が鳴り響いた途端、炭治郎とてる子、善逸と正一は別々の部屋へ移動させられ、はぐれてしまいます。

てる子を安心させる炭治郎ですが、二人の前に体に鼓を付けた巨体の鬼・響凱(声:諏訪部順一)が出現。炭治郎はその匂いから、響凱こそが屋敷の主であることを察知します。

一方の善逸は、年下で一般人である正一にさえ恐怖から泣きつく始末で、とにかく屋敷の外に出ようとします。その途中、猪の皮を頭に被った謎の人物に遭遇しますが、その人物はあっという間に善逸たちの前から姿を消してしまいます。

対して炭治郎は、「“稀血”の子供を喰い損ねた」とうわ言のようにつぶやく響凱に迫りますが、鼓によって屋敷内の空間を自由自在に動かす響凱の血鬼術のせいで、思うように接近できません。

そこに、例の猪の皮をかぶった人物が乱入してきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『鬼滅の刃 鼓屋敷編』ネタバレ・結末の記載がございます。『鬼滅の刃 鼓屋敷編』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

その人物は、炭治郎・善逸と同期の隊士・嘴平伊之助(声:松岡禎丞)でした。

がむしゃらに突っ込む伊之助ですが、やはり血鬼術により響凱に近づくことができません。また響凱を斬る以外に眼中にない伊之助は、誤って妹てる子を踏みつけてしまいますが、そのことに全く気づきません。

伊之助の行動に激怒し、彼を投げ飛ばす炭治郎。邪魔された伊之助は今度は炭治郎を標的にし向かってきますが、響凱の血鬼術によって別の部屋へ移動させられます。

一方、鬼に怯え屋敷内を彷徨う善逸と正一ですが、遂に一体の鬼と遭遇。逃げまどう善逸と正一ですが、行き止まりに辿り着いてしまい、逃げることが叶いません。

善逸は鬼に立ち向かおうとしますが、鬼と対面した瞬間に恐怖のあまり気絶。迫り来る鬼に死を覚悟する正一ですが、気を失ったはずの善逸が無言で立ち上がると、「雷の呼吸 壱の型 霹靂一閃」により目にもとまらぬ速さで鬼の頸を斬り落とします。

突然の出来事に驚く正一。ところが目を覚ました善逸本人は、自身が鬼を倒した事を全く覚えていませんでした。

響凱により別空間で飛ばされた伊之助はがむしゃらに屋敷内を走り、響凱の姿を探します。その途中で一体の鬼に遭遇しますが、「獣の呼吸 参の牙 喰い裂き」によりその鬼を瞬く間に倒すとまた屋敷内を走っていきます。

屋敷内を徘徊する響凱は「もっと人を喰い強くなりたい」と考えていました。かつて響凱は、“十二鬼月”と呼ばれる鬼たちの中でも上位の存在でしたが、鬼としての成長が止まり、鬼たちの首魁・鬼舞辻無惨(声:関俊彦)の期待に沿えなくなったため、その地位を剥奪された過去を抱えていたのです。

一方、炭治郎とてる子は探し続けていた兄・清(声:土岐隼一)と遭遇。

清から事情を聞き出した炭治郎は、清が鬼にとって珍しい血“稀血”の持ち主であり、清を喰う事で鬼たちがより強くなろうとしている事を知ります。また鬼たちが清を巡って争いになった際に響凱の体の鼓の一つが外れ、それを手に入れた清は鼓を利用することで鬼たちから逃げていたのです。

匂いで響凱が近づいている事に気付いた炭治郎は、清とてる子に鼓を使って隠れるよう指示。自身は響凱と対峙します。

響凱の血鬼術により絶えず回転を続ける部屋のせいで、やはりなかなか近づけない炭治郎、さらに以前の戦いで負傷した傷も癒えておらず、思うように動くことができません。

弱気になる炭治郎ですが、師・鱗滝左近次(声:大塚芳忠)の教え「水はどんな形にもなる」と言う言葉を思い出し、負傷した体を補う戦い方が可能である事に気が付きます。

戦いの最中、負傷した体に負担をかけない呼吸法に気が付づいた炭治郎は「水の呼吸 玖の型 水流飛沫・乱」を使い、響凱に接近しその頸を斬ることに成功します。

響凱を倒した炭治郎は清とてる子を連れ、屋敷の外へ出ます。そこには禰豆子が入った箱を抱きかかえて庇う善逸を、一方的に蹴りつける伊之助の姿がありました。

炭治郎より先に屋敷から脱出した伊之助は、箱の中から鬼の気配がすることを察知し、箱の中の禰豆子を殺そうとしました。しかし善逸は、自身もまた優れた聴力によって中に鬼がいると知りながらも、やはり「音」によって心優しいと気付いていた炭治郎が「命より大事なもの」と言っていた箱の意味を察し、体を張って守っていたのです。

善逸の想いに感動する一方で、つぶさに伊之助を止めに入る炭治郎。伊之助は標的を再び炭治郎へ向け、戦いを挑みます。

制止の言葉を投げかけ続けるも、聞く耳を持たない伊之助に炭治郎は強烈な頭突きを見舞い、思わず伊之助は気絶。その間に炭治郎は、屋敷で亡くなった人たちを埋葬します。

途中で目覚めた伊之助をうまくあしらいつつも、死者全員の埋葬を終えて屋敷を後にする炭治郎。そこへ鎹鴉が現れ、新たなある場所へ行くように指示します。

清たちの身を案じる炭治郎ですが、清は鎹鴉が持ってきた鬼除けのお守りを受け取り、自分たちの家へ兄妹を連れ帰る事を伝え、炭治郎たちは清たちと別れます。

鎹鴉に案内されたどり着いたのは、藤の花の家紋が描かれた屋敷。そこはかつて、鬼殺隊に命を救われた一族が暮らす屋敷であり、戦い続ける鬼殺隊へ協力すべく、屋敷を隊士たちの休息場所として提供していました。

屋敷の持ち主である老婆に案内され、休息を取る炭治郎たちですが、伊之助は事あるごとに炭治郎にちょっかいを出し、怒らせて再戦の機会を作ろうとしますが、炭治郎の持ち前の優しさのせいで伊之助の目論みはことごとく失敗します。

その夜、善逸は炭治郎が大切にしている箱について触れ、「何故、鬼殺隊士が鬼を連れているのか」と尋ねます。炭治郎は全て知っていた上で守ってくれた善逸に、妹・禰豆子を紹介します。

しかし、禰豆子を炭治郎の「恋人」と勘違いした善逸は態度が豹変。激しい怒り(主に羨望による)に駆られ、炭治郎に襲いかかります。何とか善逸の誤解を解く事に成功する炭治郎でしたが、以降の善逸は禰豆子にすり寄るようになってしまい、別の悩みを抱えることになってしまいます。

一方の伊之助は、炭治郎らと過ごすうちにこれまで触れることのなかった「人の優しさ」によって、心にこれまで感じたことのない喜びや穏やかな感情に戸惑っていました。

そうして数日が経ち傷も完治した三人の元に、鎹鴉から新たな指令が。新たな任務先「那田蜘蛛山」へ向けて、炭治郎たちは藤の花の家紋の屋敷を後にします。

スポンサーリンク

『鬼滅の刃 鼓屋敷編』の感想と評価

2019年に放映されたTVアニメ『鬼滅の刃』の11~15話を再編集した「鼓屋敷編」。本エピソードは、以降の『鬼滅の刃』の物語の「起点」となっていると捉える事ができます。

炭治郎が鼓屋敷で対峙した響凱は元“十二鬼月”であり、「浅草編」では「無惨の直属の配下」しか語られていなかったその実態の片鱗が明かされ、その設定は以降のストーリー展開へとつながっていきます。

また心根の優しい炭治郎が倒した鬼にさえも情けをかけ、その結果として死の間際に鬼の心が救われる展開が話題を呼んだ『鬼滅の刃』ですが、この「鼓屋敷編」での響凱を通じて初めて明確に「鬼が“人”だった頃の物語」が描かれており、それが以降の『鬼滅の刃』おなじみの演出となっていきます。

そして最も重要なのが、以降の物語で仲間として共に戦う事となる善逸・伊之助との出会い。「鼓屋敷編」の時点では二人ともまだ明かされていない設定が多いのですが、すでに二人の心境の変化や炭治郎との交流が描かれ、炭治郎と共に成長していく兆しが垣間見えます。合わせて、この「鼓屋敷編」では善逸と伊之助の戦闘シーンが初登場しますが、どちらの戦闘シーンも二人の個性をを深く印象付ける場面になっています。

特に善逸が「霹靂一閃」を使用し鬼を倒す場面は、尺としては僅か10秒程度の短さですが、善逸の背後から回り込み俯瞰ショットへと移動するカメラワーク、技が発動する際に巻き上がる埃や迸る雷、まさに“一閃”の語にふさわしい太刀筋のエフェクトは、あまりの速さに抜刀はおろか納刀の瞬間も目に映らない「霹靂一閃」の絶技を表現して余りある迫力を持ち、その映像を初めて観る者は誰もが鳥肌が立つはずです。

その他の場面においても、秀逸な点が多く見られます。中でも炭治郎と伊之助が素手で戦う場面は、「鼓屋敷編」の見せ場の一つである響凱と炭治郎の戦いがCG等のエフェクトを多用しているのに対し、あえてエフェクトをあまり使用せず、作画によって迫力ある映像を実現しています。

そのため、二人がテンポよく息をつかせぬ拳打の応酬を繰り広げる場面は、ジャッキー・チェンの香港映画さえも彷彿とさせる見事な演出でした。この場面では、それを可能にしている作画レベルの高さを実感できるのと共に、アニメ『鬼滅の刃』が作画・エフェクト共に高いレベルの作品である事が理解できます。

まとめ/次回の『鬼滅の刃全集中の考察』は……

「鼓屋敷編」でかけがえのない仲間である善逸・伊之助と出会った炭治郎は今後、度重なる困難に見舞われる事となります。

しかし、炭治郎は幾度となくその困難を仲間と共に乗り越えていく事からも、そんな仲間たちとの出会いを果たした「鼓屋敷編」は、ある意味では『鬼滅の刃』の「第二のはじまり」の物語を描いたエピソードなのかもしれません。そして炭治郎は、次の任務先である「那田蜘蛛山」にて、改めて“家族の絆”を試される事になります。

次回記事では、テレビアニメ2期「遊郭編」の放送、そして9月25日(土):夜9時の『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』のテレビ初放映に先んじて、9月23日(木):夜7時に放映される「柱合会議・蝶屋敷編」のあらすじとエピソード解説をネタバレありでご紹介します。

【連載コラム】『鬼滅の刃全集中の考察』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】⑤

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2019年8月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

白雪姫の赤い靴と7人のこびと|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。吹き替えをクロエ・グレース・モレッツが演じた“訳ありのお姫様”|未体験ゾーンの映画たち2021見破録35

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第35回 世界の様々なジャンルの映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第35回で紹介するのは『白雪姫の赤い靴と7人のこびと』。 あら …

連載コラム

映画『リトルモンスターズ』あらすじネタバレと感想。ゾンビだらけの遠足旅行にルピタ・ニョンゴ先生と出かけよう|未体験ゾーンの映画たち2020見破録16

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第16回 多様なジャンルの映画の祭典「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催。いよいよ2月7日(金)からはシネ・ …

連載コラム

【イカゲーム7話ネタバレ】結末あらすじ感想と考察評価。最後の目的がVIPたち鑑賞の第5「死の飛び石渡り」ゲームで明らかになる⁈|イカゲーム攻略読本7

【連載コラム】全世界視聴No.1デスゲームを目撃せよ 7 2021年9月17日(金)よりファーストシーズン全9話が一挙配信されたNetflixドラマシリーズ『イカゲーム』。 生活に困窮した人々が賞金4 …

連載コラム

映画『ソリス』あらすじネタバレと感想。結末までスティーブン・オッグの完全ひとり芝居|未体験ゾーンの映画たち2019見破録49

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第49回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。今回は宇宙を舞台にしたソリッドシチュエーションで描 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学