Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『モラルセンス 君はご主人様』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。少女時代のソヒョンとU-KISSのジュンによる“愛の多様性”とセクシャルハラスメント|Netflix映画おすすめ85

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第85回

2022年2月11日(金)にNetflixで配信されたウェブトゥーン原作漫画の映画化『モラルセンス 君はご主人様』。

アイドルグループ・少女時代のメンバーとして知られ、近年女優としても活躍しているソヒョンとアイドルグループ・U-KISSのジュンが共演。

偶然同僚ジフ(ジュン)の隠していた趣味を知ってしまったジウ(ソヒョン)が、合意の上で誰にも言えない秘密の契約関係を結ぶことになるちょっぴり刺激的なラブコメディ。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『モラルセンス 君はご主人様』の作品情報


Netflix モラルセンス 君はご主人様

【日本公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
모럴센스

【監督】
パク・ヒョンジン

【脚本】
パク・ヒョンジン、イ・ダヘ

【出演】
ソヒョン、イ・ジュニョン、イエル、ソ・ヒョヌ、キム・ハンナ、アン・スンギュン、イ・ソクヒョン、キム・ボラ

【作品概要】
監督を務めたのは『6年目も恋愛中』(2008)、『ハッピーログイン』(2016)とラブコメを手がけてきたパク・ヒョンジン監督。

ジウ役はアイドルグループ・少女時代のメンバーのメンバーであり、Netflixドラマ『プライバシー戦争』(2020)などに出演するソヒョン。

ジフ役はアイドルグループ・U-KISSのメンバーであり、ドラマ『D.P.  脱走兵追跡官』(2021)などに出演するジュン(イ・ジュニョン)。

映画『モラルセンス 君はご主人様』のあらすじとネタバレ


Netflix モラルセンス 君はご主人様

児童向けの教育番組を扱う大企業で働くチョン・ジウ(ソヒョン)は、有能ですが、完璧主義で目つきが怖いと怖がられ、チーム長のセクハラ発言にうんざりしていました。

そこに、チョン・ジフ(ジュン)が異動してきます。

人当たりが良く皆から好かれているジフが気になるジウですが、同僚には「恋をするならその目つきを変えなきゃ」と言われてしまいます。

名前が似ているため、ジフ宛の荷物を間違えてジウが持っていってしまい、そのことを知ったジフは慌てて駆けつけますが、既に間に合わずジウは荷物を開けてしまいます。

中に入っていたのは棘のついた首輪でした。荷物に驚くジウにジフは慌てて犬用の首輪だと言い訳をし、慌てて荷物を片そうとし、中から大人のおもちゃのクーポン券が出てきてしまいます。

犬用のものではないこと、さらに特殊な趣味を持っていることがバレてしまい気まずく感じるジフでしたが、ジウは誰かにバラすこともなく普通に接します。

しかし、チーム長に向けてジウが放った言葉を自分に向けられたと勘違いしたジフは隠れて泣いてしまいます。ジフが泣いていることに気づいたジフはどうしたのと心配します。

ジウに嫌われてしまったと泣くジフにジウは嫌いだから避けたりしたのではなく、気まずいかと思って距離を置いたと説明するとジフは突然「僕のご主人になってください、ジウさんみたいなご主人様がほしい」と言います。

驚いたジウは断ってしまいますが、ジフが気になっているジウは、BDSM、Bondage(拘束)、Dicipline(調教)、Dominance(支配)、Submission(服従)、Sadism(加虐)、Masochism(被虐)という嗜好について調べます。

そしてジフに、「何を求められているかわからないけれど、学ぶのは早い」と主人になることに同意します。

契約書を作り、初めてのプレイに望んだ2人でしたが、うまくいかず気まずいままその日のプレイを終えます。次はしっかり準備するというジウに、次は自分に任せてほしいと言い、レストランでジウの誕生日を祝います。

更にジフは、ジウに誕生日プレゼントと言って赤いピンヒールの靴を送ります。ヒールを履いたジウはジフに踏まれたいの?と聞き、少しづつ力を込めジフを踏みつけます。

職場ではバレないように過ごし、プレイを重ねていく2人。次第にプレイは激しくなっていきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『モラルセンス 君はご主人様』ネタバレ・結末の記載がございます。『モラルセンス 君はご主人様』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ある日、2人の部署に新人が入ってきて、ジウは新人の指導担当になります。つきっきりで指導するジウを見てジフは嫉妬します。

皆が帰ったオフィスにジウを呼び出したジフ。嫉妬するジフを見てジウはベルトを脱がせ叩きつけます。そして何かのスイッチが入り、日頃溜まっていたものを吐き出すかのようにジフを罵倒します。

プレイを楽しみつつも自分の行動が信じられず、どんな関係性なのか混乱し始めるジウは、意を決して、好きです。恋愛をしましょうと伝えますが、ジフは恋愛は嫌だ、と言います。

ジフはかつての恋人・ハナに自身の嗜好を打ち明けると、受け入れてもらえず変態だと言われた過去があり、恋愛をすることに対して臆病になっていたのでした。

一方ジウも“DS関係(Dominance&Submission)=恋愛”ではなく、DS関係からの恋愛は難しいということをわかっていなかったと落ち込みます。そのまま2人の関係はぎくしゃくし、お互いを避けてしまいます。

今度最後のプレイをしましょう。とジウはジフに連絡します。縄で縛る練習をするジウと手料理を作って準備をするジフ。

呼び鈴がなり、ジフが出迎えたのはジウではなく元恋人のハナでした。恋人と別れたと言うハナに対しジフは今日はどうしてもだめなんだと伝えます。ジフのせいで傷ついた、あなたは私に大きな借りがあると言うハナにジフは、どこもおかしくないのにハナは本当の僕を受け入れようとしなかった、君のせいで恋愛をすることが怖いと言います。

そんなジフに対しハナは、あなたは誰も愛せない、何も諦めないから。自分しか愛せないと言い残し部屋を出ていきます。帰り際、ジフの家にやってきなジウとすれ違います。

ハナと会い、気まずい空気のまま最後のプレイを始める2人。しかしうまく出来ず途中で中断してしまいます。

「水星が小さくて黒い理由を知っていますか?太陽が近すぎて燃えて縮んだんです。あたたかさが好きだけれど燃えるのが怖い、ジウさんは太陽だから」とジフは恋愛をすることが怖いことをジフに伝えます。

ジウは「最後のプレイは終わりよ」と告げてそのまま帰ってしまいます。

わだかまりの残るままお互いを避けていた2人でしたが、後輩がジウに向けて送ったはずのメールが間違えて一斉送信で送られてしまい大問題となります。

そのメールにはジウとジフのプレイの様子を録音した音声データが添付されていたのです。

懲罰委員会に呼び出された2人。上司らは平気でセクハラ発言をして侮辱します。怒りを露わにしたジフは問題発言をしているという意識はありますか?と聞きます。そんなジフの言葉を聞こうともせず、会社では貞淑なのに裏では…などという発言を平気でします。

その様子にジフも堪えきれず、彼女は何も悪くない、悪いのは僕の趣味ですと答えます。

それでも無遠慮な発言をやめない上司に、「僕は彼女が好きだ、好きだから責めないでほしい。この会社でまともなのは彼女だけだ、誰よりも仕事ができて、だから惚れたんだ。非常識で無礼なのは皆さんだ、恥を知れ」と強く言います。

そしてジウに向かって「こんな時ですが、僕はあなたが好きです。同僚として男として尊敬していて好きです」と気持ちを伝えます。

2人は恋愛関係になりましたが、DS関係も続け、2人なりの愛の形で一歩前に踏み出したのです。

スポンサーリンク

映画『モラルセンス 君はご主人様』の感想と評価


Netflix モラルセンス 君はご主人様

愛の多様性とセクシャルハラスメント

本作は、BDSM、すなわちBondage(拘束)、Dicipline(調教)、Dominance(支配)、Submission(服従)、Sadism(加虐)、Masochism(被虐)という嗜好を題材にした愛を描くラブコメディになっています。

劇中でSM関係は肉体的、感覚的な行為であるのに対し、DS関係は人間関係による精神的な面が大きいと説明されています。人それぞれ趣味嗜好は多様です、誰から許容されるものではありませんが、自分の快楽のために誰かを傷つけることはあってはなりません。

ジウとジフはあくまで同意の上で結ばれた契約関係であり、ジフは自分の趣味を強要したくはないと言っています。けれど同時に本当の自分を受け入れてもらえない、自分を偽らなくてはならないことに対し葛藤も抱えているのです。

かつての恋人・ハナに受け入れてもらえず、変態、病気なのではないか、と言われてしまったことがジフの中で大きなトラウマとして残っています。更に、自分が楽になりたくてハナに打ち明け、傷つけてしまったことを後悔しています。

そのようなジフに対しジウはジフを思っているからこそ、分かりたい、試したいと思っています。

人々から怖いと言われるジウの目つきをジフは、理解しようとしてじっと見つめているんですね、と言い、ジウがきちんと自分と向き合おうとしてくれていることを感じ安心して本当の自分を曝け出したのでした。

特殊な趣味嗜好を題材とし、プレイの場面も描かれますが、それほど過激ではなく見やすくなっています。

それだけでなく、昨今問題視されているセクシャルハラスメントについて描かれている映画でもあります。

チーム長は、完璧主義でチーム長の考えに対し意見するジウをあまりよく思っておらず、遮って話すならもっと愛嬌を込めて話せなど平然とセクハラ発言をします。

能力があっても下に見られることにジウは怒りを覚えています。最後に2人が行ったとある復讐も注目ポイントです。

また、少女時代のソヒョンとU-KISSのジュンが織りなす、ちょっぴり刺激的なジウとジフの関係性、ロマンスの行方なども楽しめるラブコメディになっています。

まとめ

少女時代のソヒョンが“ご主人様”となり、U-KISSのジュンを服従させるという関係性を描いた映画『モラルセンス 君はご主人様』。

SMを題材にしたラブロマンスとして、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』(2015)が有名ですが、『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』でも、恋愛関係とSM関係の狭間で葛藤する様子も描かれていました。

更に、本作では初めてご主人様となることへの戸惑いも感じながら、色々とBDSMについて調べ、威厳を保とうとするジウの様子など等身大の姿も描かれており観客にとって見やすい映画になっています。

DS関係というスリルさと共に普遍的な恋愛の葛藤、更にはセクシャルハラスメントまで盛り込んだ韓国映画らしいラブコメディです。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【ネタバレ感想】『スーパーサイズミー』感想と結果。30日間ハンバーガーを食べ続けた男に待つものとは|だからドキュメンタリー映画は面白い14

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第14回 人間は、30日間ファストフードを食べ続けたら一体どうなる?世界中にセンセーショナルを巻き起こした、異色ドキュメンタリー! 『だからドキュメンタ …

連載コラム

『Cosmetic DNA』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。藤井愛稀×大久保健也監督が描くシスターフッドな復讐劇が社会をぶっ壊す| タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」4

連載コラム『タキザワレオの映画ぶった切り評伝「2000年の狂人」』第4回 ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2020にて北海道知事賞を受賞したことで話題を呼び、若き奇才・大久保健也監督が撮影当時24 …

連載コラム

韓国映画『なまず』あらすじと感想。OAFF2019グランプリに輝いたイ・オクソプ監督のユニークな青春不条理劇|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録13

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第13回 10日間に渡って催された第14大阪アジアン映画祭も、グランプリを始め各賞の発表を終え、無事閉幕しました。 アジア圏の様々な国の多種多様な作品51 …

連載コラム

韓国映画『藁にもすがる獣たち』あらすじと感想評価レビュー。韓流キャストが原作・曽根圭介の犯罪小説の“お金にすがりつく人々”の末路を演じる|映画という星空を知るひとよ42

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第42回 曽根圭介による犯罪小説『藁にもすがる獣たち』が韓国スタッフ&キャスト陣で映画化されます。 映画『藁にもすがる獣たち』は2021年2月19日(金)よりシ …

連載コラム

映画『リル・バック ゲットーから世界へ』感想と解説考察。若きダンサーの仕事と生き様に迫るドキュメンタリー|2020SKIPシティ映画祭1

2020SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて『リル・バック ゲットーから世界へ』が上映 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティシ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学