Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』 アッセンブルの歴史を詳細に解説|最強アメコミ番付評34

  • Writer :
  • 野洲川亮

連載コラム「最強アメコミ番付評」第34回戦

こんにちは、野洲川亮です。

今回は全世界で特大ヒットを記録し、世界累計興行収入歴代1位の『アバター』超え間近に迫った『アベンジャーズ/エンドゲーム』、日本での上映は6月27日で終了となる本作をシリーズ過去3作から考察していきます。

『アベンジャーズ』(2012)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)と続いてきた、スーパヒーロー大集結シリーズそれぞれの“アッセンブル”シーンから、『アベンジャーズ/エンドゲーム』へと受け継がれていくMCUの歴史を辿っていきます。

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

成し遂げた初のヒーロー大集結『アベンジャーズ』(2012)

シリーズ第1作、MCU全体としては6作目となる『アベンジャーズ』では、アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)、ハルク(マーク・ラファロ)、ソー(クリス・ヘムズワース)、キャプテン・アメリカ(クリス・エバンス)ら、単独主演作が公開されていたキャラクターに加えて、それらのシリーズに顔を出していたホークアイ(ジェレミー・レナー)、ブラックウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)も登場します。

ただし、ハルクだけは『インクレディブル・ハルク』(2008)で同役を演じたエドワード・ノートンが製作のトラブルを理由に降板、マーク・ラファロにキャストが変更となりました。

MCUの企画発表当初は「アメコミのスーパーヒーローが集結する映画?」と、同シリーズは映画業界、映画ファンから懐疑的な見方をされていました。

しかし、『アイアンマン』(2008)を始め、シリーズ作品がヒット、評価されていく過程で、懐疑的な視線は徐々に期待の眼差しへと変化していきます。

そして満を持して公開された『アベンジャーズ』では、上記6人のスーパーヒーローたちが反目し合いながらも、ソーの弟ロキ(トム・ヒドルストン)が率いるエイリアンたちを相手にする中で、少しずつ仲間としての絆を作りあげ、最終的にNYでの決戦でシリーズ史上初の“アッセンブル”をすることとなります。

アベンジャーズ6人の周りをカメラがグルッと回っていくこのシーンは、シリーズの象徴と言っても差し支えないもので、『エンドゲーム』劇中でもNYへのタイムスリップで、同じシーンが使われています。

『エンドゲーム』では、このNY決戦の裏側で過去の自分たちを時に自虐的に垣間見ながら、インフィニティストーンを集めていく「タイム泥棒作戦」が展開されていきました。

当時とのビジュアルやキャラクターの違いは歴然としたものがありますが、中でもクローズアップされていたハルクの内面の変化は、キャストの変更という苦難も含めて、“MCUの歴史の深さ”を物語るものだと言えるでしょう。

日本よ、これが映画だ。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)

公開前から作品の出来、不出来ではなく、鮮烈、かつ挑発的とも受け取れるようなキャッチコピー「日本よ、これが映画だ。」が大きな話題と論争を呼び起こしたシリーズ第2作(MCUシリーズ第11作)。

敵となるウルトロンは、トニー・スタークことアイアンマンが平和維持のために自ら作りだした人工知能でした。

アイアンマンがウルトロンを作ったのは、『アベンジャーズ』でのエイリアンとの戦闘での恐怖が起因であり、ウルトロンを生みだした失敗が後に『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)での、ヒーローたちの内紛へと繋がっていくなど、シリーズものらしい前後の繋がりがふんだんに盛り込まれた作品でした。

また、宇宙からの侵略者の脅威を語るアイアンマンが「endgame」という言葉を使っていることからも、“アイアンマンが抱いたトラウマ”を軸に、製作陣がその後のシリーズの展開を明確にイメージしていたことが伝わり、『エンドゲーム』のラストが必然的なものであったとも感じさせます。

この作品での“アッセンブル”シーンは細かく分ければ3回あり、オープニングでヒドラの秘密基地へ攻撃を仕掛けるアベンジャーズたち、クライマックスでヴィジョン(ポール・ベタニー)、スカーレットウィッチ(エリザベス・オルセン)、クイックシルバー(アーロン・テイラー=ジョンソン)を加えウルトロン軍団を迎え撃つシーン、そしてラストで新たなメンバーを迎えたアベンジャーズにキャプテン・アメリカが呼びかけるシーンです。

特にラストでは、「Avengers assemble!」と言いかけたキャプテン・アメリカの台詞が途中で切られてエンドロールにいくという編集があり、「assemble!」というセリフをシリーズの最後の最後までとっておこうという思いが伝わりました。

ちなみにこの作品では、キャプテン・アメリカがソーのハンマーを微かに動かすという、『エンドゲーム』クライマックスでキャプテン・アメリカがハンマーを手にして戦う展開への伏線も描かれていて、この点からも最終章へ向けた準備がこの時点で綿密に仕掛けられていたことが分かります。

スポンサーリンク

したいのに出来ないアッセンブル『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)

『エンドゲーム』の直接の前編にあたる『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は、シリーズ第3作にしてMCUシリーズ第19作、そして『ブラックパンサー』(2018)と共に10周年を飾る作品となりました。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』での内紛により、分裂状態にあったアベンジャーズの前に最強のサノスが現れ、無限の力を秘める6つのインフィニティストーンを巡る争いが宇宙各地で展開されます。

それまでのシリーズでは、他のアベンジャーズたちと接触の無かったガーディアンズ・オブ・ギャラクシーも加わり、本編のほとんどがバトルシーンで構成される、シリーズでも屈指のハイテンションな作品に仕上がっています。

『アベンジャーズ』で6人だったヒーローたちは、この作品時点では数十人を超えており、それまで以上に各ヒーローの見せ場を作れるのか?という疑念が高まる中で、ルッソ兄弟監督は宇宙各地で小規模な戦闘を連続して見せつつ、クライマックスではヒーローたちを2か所に結集させるという手法で、各ヒーローの見せ場を確保しながら、バトル尽くしの作品を飽きさせずに見せることに成功しました。

前述した通り、アイアンマンとキャプテンアメリカの不和により、この作品では全ヒーローの“アッセンブル”シーンは見られませんでした。

そして、その団結の無さがそのままサノスに負ける理由に直結しているという、作劇上の必然が巧みに織り込まれているのも見事で、ここで抱いたモヤモヤとした感情があればこそ、『エンドゲーム』での“アッセンブル”がより強烈に心に響くものとなっているのです。

とは言っても、地球ワカンダでのキャプテンアメリカやブラックパンサーらを主としたバトル、そして宇宙タイタン星でのアイアンマン、スパイダーマンらのバトルそれぞれは、“半アッセンブル”だとしても、増加してきたヒーローたちの共演にはやはり心躍るものがあり、異例のエンディングも含めて『エンドゲーム』の予習ということを抜きにしても、必見の作品であるのです。

次回の「最強アメコミ番付評」は…

いかがでしたか。

さて、今回で最強アメコミ番付評の連載はしばらくお休みとさせて頂きます。

また、皆様とお会いできる日まで、、、お楽しみに!

【連載コラム】『最強アメコミ番付評』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『ウスケボーイズ』感想と評価。ワインづくりの思想をより深く理解するために|映画道シカミミ見聞録19

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第19回 こんにちは、森田です。 いまや邦画の人気ジャンルに定着した「職業ドラマ」のなかでも、「お酒づくり」はとくに愛されているカテゴリーのひとつです。 日本酒でいえ …

連載コラム

映画『テリファイド』あらすじネタバレと感想。世界を驚愕させた新感覚ホラーの恐怖演出とは|未体験ゾーンの映画たち2019見破録11

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第11回 ヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、ジャンルと国籍を問わない貴重な映画、計58本 …

連載コラム

新海誠『天気の子』予報②から「100パーセントの晴れ女」を解説|新海誠から考える令和の想像力4

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第5回 7月19日に公開を控える『天気の子』予告編の第2弾が、5月28日に公開されました。 ここであらためて、既出の情報もふくめて、「きみとぼく」の関係を整理 …

連載コラム

映画『ラ・チャナ』から女性の生き方と権利を考える。『未来を花束にして』ほか|映画と美流百科5

連載コラム「映画と美流百科」第5回 今回は、スペインのある女性フラメンコダンサーの人生を描いた『ラ・チャナ』をご紹介します。 2016年に制作されたルツィア・ストイェヴィッチ監督の作品で、本名をアント …

連載コラム

映画『アジア三面鏡2018Journey』感想と考察。長谷川博己&松永大司監督作品「碧朱」を中心に|映画道シカミミ見聞録22

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第22回 こんにちは、森田です。 東京国際映画祭も閉幕し、つづいて報知映画賞を皮切りとする映画賞シーズンを迎えようとしています。 1年の流れを総括する前に、映画祭の現 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP