Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/03/08
Update

映画『東京の恋人』あらすじと感想レビュー。“大人の恋愛と性愛”もしくは青春の終わりを綴る|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録3

  • Writer :
  • 黒井猫

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『東京の恋人』

大阪アジアン映画祭インディ・フォーラム部門にて上映された映画『東京の恋人』。

結婚を機に映画監督の夢をあきらめ北関東に住む主人公・大貫立夫と、別れた学生時代の恋人・満里奈が約10年ぶりに再会したことから始まるラブストーリーです。

下社敦郎監督がクラウドファンディング・CAMPFIREにて資金を集め、製作された本作はMOOSIC LAB 2019の長編部門で最優秀女優賞、松永天馬賞を獲得した作品です。

映画『東京の恋人』は6月27日より東京ユーロスペースにて公開されます。

【連載コラム】『OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『東京の恋人』の作品情報

【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督】
下社敦郎

【キャスト】
森岡龍、川上奈々美、吉岡睦雄、階戸瑠李、木村知貴、西山真来、睡蓮みどり、辻凪子、窪瀬環、テルコ、いまおかしんじ、マメ山田、伊藤清美ほか

【作品概要】
映画音楽も手がける異才・下社敦郎監督が東京60WATTSとコラボレーションした音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB」作品。東京60WATTSの心を震わすロックンロール・ミュージックと共に、MOOSIC LAB初の日活ロマンポルノを彷彿とさせるアプローチで、くすぶる大人たちの性愛と青春の終わりを綴る。

MOOSIC LAB2019、第3回別府ブルーバード映画祭上映作品。脚本は下社敦郎と赤松直明、音楽は東京60WATTSが務めます。本作はMOOSIC LAB2019の長編部門にて最優秀女優賞、松永天馬賞を獲得しています。

主人公・立夫を演じるのは、映画『舟を編む』(2013)、ドラマ『あまちゃん』(2013)、ドラマ『カルテット』(2017)など、さまざまな映画、ドラマ、CMに出演している森岡龍。ヒロイン・満里奈を演じるのは、Netflixオリジナルドラマ『全裸監督』(2019)、37seconds(2019)など、恵比寿マスカッツや浅草ロック座、多方面で活躍中の現役セクシー女優の川上奈々美です。

下社敦郎監督プロフィール

映画『ヴォワイヤンの庭』(2018)

1987年三重県生まれ、映画美学校フィクションコース修了。

監督作『WALK IN THE ROOM』(2016)でTAMA NEW WAVEコンペティション入選、カナザワ映画祭 期待の新人監督入選、『ヴォワイヤンの庭』(2018)にて妙善寺映画祭 最優秀芸術賞、オイド映画祭 ベストセレクション入選、福島映画祭、渋谷TANPEN映画祭、高円寺阿佐ヶ谷映画祭等で上映。

また、いまおかしんじ監督『ろんぐ・ぐっどばい』(1973)、『れいこいるか』(今年公開予定)、田尻裕司監督『愛しのノラ』(2017)などの映画音楽も担当。

スポンサーリンク

映画『東京の恋人』のあらすじ

結婚を機に北関東の田舎でサラリーマンをやっている30歳を過ぎた立夫(森岡龍)のもとにある日、大学時代の恋人・満里奈(川上奈々美)から「写真を撮ってほしい」という連絡がはいります。

かつて映画制作を志していた立夫は、久しぶりに訪れた東京で昔の自主映画仲間や満里奈と再会をする。立夫と満里奈は二人、車で海へと向かう。ひと時の逢瀬を重ねていくも、立夫は自分の結婚や妻の妊娠を言い出しかねていた……。

映画『東京の恋人』の感想とレビュー

“過去”を受け入れた上で“今”を生きる

映画『東京の恋人』は青春していた若い頃に後ろ髪を惹かれながらも、“今”を見つめ直し、そして大人になっていく男の物語です。

全編で流れるロックンロールな楽曲と哀愁漂う歌謡曲のミックス、そして男と女の情愛などのシーン・ショットから様々な映画・音楽への下社監督のリスペクトを感じる作品でした。

特に章立ての構成に男女の恋愛、ロードムービー的な展開、ハードカットを多用した場面転換の編集、音楽の使い方など劇中でも台詞として使われているジム・ジャームッシュ監督の『ストレンジャー・ザン・パラダイス』(1984)へのオマージュが多用され、下社監督のリスペクトをヒシヒシと感じられます。

映画『東京の恋人』を鑑賞後、“今”から見た“過去”は良し悪しすべて含めて懐かしく美しいものである。しかし、時間が不可逆的なものである以上、過去に縛られることなく、過去を受け入れた上で“今”を生きなければならない。そんなことを考えさせられました。

本作では彩度を上げた画作りが特徴的でした。その画から誰もが持っている「あの時に戻りたい」「あの頃は良かった」という“今”では叶うことのない夢想を感じさせてくれます。そのため、主人公・立夫が過ごす東京の景色はどこか幻想的なものとなっています。

一方で「時の残酷さ」ということも痛感させられます。立夫が元恋人・満里奈と一時を過ごしたのち、地元に帰ることで“今”を突きつけられることになります。ですが、「“過去”があるからこそ“今”がある」そんなことを再認識させられ、生きているこの瞬間を大切にしたい、また数年後にもう一度観たいと思える、そんなちょっとビターで美しく懐かしく、そして儚い青春映画でした。

そして、多くの人々に観て、共感して欲しい作品でもあります。

下社監督は、本作品の製作資金を集めるためのクラウドファンディング・CAMPFIREにて、このようなメッセージを送っています。

All The Young Dudes あれからみんなどう生きてますか? あれからどんな人生生きていたって、君が好きです。どうかよろしくお願い致します。

スポンサーリンク

まとめ

映画『東京の恋人』は、青春の憧憬感じて懐かしさ溢れ、ちょっとビターながらクスリと笑える美しい青春映画です。

東京60WATTSの心を震わすロックンロール・ミュージックと共に、MOOSIC LAB初の日活ロマンポルノを彷彿とさせるアプローチで、くすぶる大人たちの性愛と青春の終わりを綴る映画『東京の恋人』は、6月27日より東京ユーロスペースにて公開されます。

【連載コラム】『OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『ジョージ・ワシントン』あらすじと感想。デヴィッド・ゴードン・グリーンが幻のデビュー作で描く人間の純粋な強さ|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館5

2018年3月から一時閉館していた京都みなみ会館が、2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活。 リニューアル記念イベントとして、2019年9月6日(金)からグッチーズ・フリースクール×京都みなみ …

連載コラム

「メイズ・ランナー」シリーズと人気小説を映画化したSFスリラー作品の系譜|SF恐怖映画という名の観覧車2

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile002 (C)2014 Twentieth Century Fox Film. 前回のプロファイル001では「ホラー」の魅力の一端について触れて …

連載コラム

映画『魔法少年☆ワイルドバージン』あらすじと感想評価。斎藤工も出演し、くだらなさの裏に潜む「最大多数の最大幸福」を描く|SF恐怖映画という名の観覧車79

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile079 以前、コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile022で「都市伝説」を実写化した数々の名作映画についてご紹介しました。 口伝の …

連載コラム

映画『長いお別れ』あらすじと感想。中野量太監督の描く認知症と向き合う家族の「つながり」|シニンは映画に生かされて8

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第8回 はじめましての方は、はじめまして。河合のびです。 今日も今日とて、映画に生かされているシニンです。 第8回でご紹介する作品は、映画『湯を沸かすほどの熱い愛 …

連載コラム

『ウルトラマンタイガ』感想と内容解説。タロウの実の息子という設定で令和最初のウルトラシリーズ|邦画特撮大全53

連載コラム「邦画特撮大全」第53章 2019年7月6日から放送開始されたウルトラマンシリーズの最新作『ウルトラマンタイガ』。 令和最初のウルトラマンであるウルトラマンタイガは、人気ヒーロー・ウルトラマ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP