Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

【MOOSIC LAB2019受賞結果】映画監督の金子由里奈『眠る⾍』で長編部門グランプリの快挙!

  • Writer :
  • 大塚まき

MOOSIC LAB2019の受賞作品紹介

2019年11月23日~12月21日にK’s cinemaとアップリンク吉祥寺で開催され、大盛況のうちに終わった音楽×映画の祭典「MOOSIC LAB2019」

長編部門・短編部門のグランプリほか各賞がLOFT9Shibuyaで開催のクロージングイベントで発表されました。

長編部門では新鋭・金子由里奈監督の初長編『眠る虫』がグランプリの快挙を成し遂げました。

本記事では、そのほかの受賞作品についてもお伝えしていきます。

スポンサーリンク

MOOSIC LABとは?

「MOOSIC LAB」とは、2012年から始まった新進気鋭の映画監督とアーティストの掛け合わせによる映画制作企画を具現化する音楽×映画プロジェクト。

企画段階から映画作家とミュージシャン、映画と音楽との化学反応を意識的に制作、それらをコンペ形式・対バン形式で上映する異色の映画祭です。

長編部門グランプリ作品『眠る⾍』


映画『眠る⾍』

長編部門グランプリは新鋭・金子由里奈監督の初長編『眠る虫』がグランプリの快挙を果たしました。

『眠る⾍』の作品情報

【監督・脚本】
金子由里奈

【音楽】
Tokiyo(And summer Club)

【キャスト】
松浦りょう、佐藤結良、高橋佳子、松㟢翔平、五頭岳夫、水木薫、渡辺紘文

【作品概要】
大ヒットオムニバス映画『21世紀の女の子』の公募枠200人の中からから選出され、短編『散歩する植物』がPFFアワード2019に入選を果たした金子由里奈監督が唯一無二のストレンジ・ポップな世界観で描く”死者”と”声”を巡る冒険。

『眠る⾍』のあらすじ

主人公・芹佳那子はバンド練習に向かう満員のバスの中で、魅力的なメロディーと出会います。

その歌を歌っていたのは優先席に座っていた見知らぬ老婆。

彼女は膝に小さな木箱を抱えていました。

佳那子はバンドメンバーの美那に「ごめん今日行けない」と伝え、降りるべき駅で降りずにバスに乗り続けることにするのですが…。

スポンサーリンク

長編部門準グランプリ作品『ドンテンタウン』


映画『ドンテンタウン』

準グランプリには2018年に『ドキ死』で短編部門グランプリを受賞した井上康平監督の作品『ドンテンタウン』が。

『ドンテンタウン』の作品情報

【監督・脚本】
井上康平

【音楽】
菅原慎一(シャムキャッツ)

【キャスト】
佐藤玲、笠松将、山本亜依、松浦祐也、牛尾竜威、岩崎咲、森田ガンツ、安楽涼、伊藤こうこ

【作品概要】
MOOSIC LAB 2018 短編部門でグランプリほか3冠に輝いた『ドキ死』の井上康平が、日本の「団地」を舞台に描く青春譚。

音楽にはシャムキャッツの菅原慎一、W主演に佐藤玲、笠松将という実力派を迎えて長編映画に初挑戦しました。

長編部門審査員特別賞・観客賞作品『眉村ちあきのすべて(仮)』


映画『眉村ちあきのすべて(仮)』

『眉村ちあきのすべて(仮)』は眉村ちあきがべスト・ミュージシャン賞、女優賞にも選出されました。

『眉村ちあきのすべて(仮)』の作品情報

【監督・脚本】
松浦本

【音楽】
眉村ちあき

【キャスト】
眉村ちあき

【作品概要】
日本を席巻中の大注目シンガーソングライター・眉村ちあきのドキュメンタリー?フィクション?

“あらかじめ用意されたストーリー”と“たったひとつの誤算”とは…?

スポンサーリンク

長編部門松永天⾺賞作品『東京の恋⼈』


映画『東京の恋⼈』

本作の『東京の恋人』に出演した川上奈々美は最優秀女優賞を受賞しました。

『東京の恋⼈』の作品情報

【監督・脚本】
下社敦郎

【音楽】
東京60WATTS

【キャスト】
森岡龍、川上奈々美、吉岡睦雄、睡蓮みどり、木村知貴、西山真来、辻凪子、階戸瑠李

【作品概要】
監督自身が音楽も手がける異才・下社敦郎がMOOSIC LAB初の日活ロマンポルノ的アプローチで送る逸品。

大人たちのくすぶり続きの青春と性愛、そして東京60WATTSの心震わすロックンロール・ミュージックのコラボレーションです。

短編部⾨グランプリ作品『蝸⽜』


映画『蝸⽜』

短編部門では『蝸牛』がグランプリ、音楽のドアノブロックがベストミュージシャン賞、同ボーカルでもあ
る小日向ひなたが女優賞、諏訪珠理が最優秀男優賞の4冠を達成
しました。

『蝸⽜』の作品情報

【監督・脚本】
都楳勝

【音楽】
ドアノブロック/東京○×問題

【キャスト】
諏訪珠理、小日向ひなた、弓ライカ、小川未祐、西本まりん

【作品概要】
新鋭・都楳勝監督が諏訪珠理とドアノブロックのヴォーカルにして女優の小日向ひなた(セックスフラペチーノ)がW主演しています。

性別、セックス、あらゆることが朧げな思春期特有の揺らぎをポップに突き抜けた表現で描く変態で純愛な物語。

短編部⾨準グランプリ作品『ソウル・ミュージック』


映画『ソウル・ミュージック』

現役精神科医の副島正紀監督『ソウル・ミュージック』は準グランプリを受賞

同作品はミュージシャン賞&男優賞と3冠を獲得しました。

『ソウル・ミュージック』の作品情報

【監督・脚本】
副島正紀

【音楽】
大島輝之、大谷能生、小山和朗

【キャスト】
大島輝之、小山和朗、大谷能生

【作品概要】
現役の精神科医という特殊な映画監督・副島正紀が、幽霊の声を録音して大島輝之&小山和朗&大谷能生という、手練れの即興音楽チームとセッションさせるという前代未聞のプロジェクトに挑戦!

果たしてその実験結果は…?

短編部⾨審査員特別賞作品


映画『Afterimage』

審査員特別賞には異色ドキュメンタリー『Afterimage』が選出されました。

『Afterimage』の作品情報

【監督・脚本】
大浦美蘭

【音楽】
HASAMI group

【キャスト】
街、建物、人

【作品概要】
MOOSIC LAB久々のドキュメンタリー作品を手がけるのはPFFアワード2017入選の大浦美蘭。

強烈な音を鳴らす謎の多いアーティスト“HASAMI group”の音楽を引っさげて、自身が出身の福島に生きる人たちを見つめた一作です。

まとめ


映画『海辺の途中』

そのほかの受賞作品は『追い風』のDEGが最優秀男優賞とミュージシャン賞の2部門での受賞となりました。

また、外山文治が監督を務めた『海辺の途中』が観客賞・男優賞(大根田良樹)、女優賞(兎丸愛美)3冠を受賞

さらに、『ビート・パー・MIZU』は主演の石川瑠華が最優秀女優賞、とけた電球がミュージシャン賞と3冠を果たしました。

MOOSIC LAB2019は年明けにアンコール上映(調整中)を経て、長編部門作品の単独の劇場公開を予定しています。

今後の開催もどうぞお楽しみください。

関連記事

新作映画ニュース

韓国映画『最も普通の恋愛』あらすじ/キャスト/公開日/上映館。コンヒョジン×キムレウォンが大人のラブコメで共演!

恋の痛みを知る男女が共感度MAXで贈る、大人のリアルロマンス。 『江南ブルース』のキム・レウォンと、第56回百想芸術大賞においてテレビドラマ部門の大賞を受賞した『椿の花咲く頃』のコン・ヒョジンの豪華共 …

新作映画ニュース

映画『蜜蜂と遠雷』あらすじとキャスト。主演・松岡茉優で恩田陸の小説を実写化

直木賞と本屋大賞をダブル受賞するという史上初の快挙を成し遂げた、恩田陸のベストセラー小説『蜜蜂と遠雷』を、『愚行録』の石川慶監督が実写映画化。 映像化不可能と言われた本作。製作サイドから満場一致でオフ …

新作映画ニュース

映画『仮面病棟』キャストの速水秀悟役は坂口健太郎【演技評価とプロフィール】

映画『仮面病棟』は2020年3月6日より全国公開! 『屍人荘の殺人』の木村ひさしが監督をつとめ、現役医師でもある作家・知念実希人のミステリー小説を実写映画化した『仮面病棟』が2020年3月6日より全国 …

新作映画ニュース

草彅剛と擬似親子役は新人女優の服部樹咲(みさき)!映画『ミッドナイトスワン』追加キャストとコメント紹介

片隅に追いやられて生きてきた二人が出会ったとき、命がけの愛が始まる。 切なき疑似母子(おやこ)のラブストーリー。 2020年9月25日に公開予定の映画『ミッドナイトスワン』。 2019年秋、都内・関東 …

新作映画ニュース

蒼井優と竹内結子ら女優の演技力の秘密は!?中野量太監督の映画『長いお別れ』メイキング映像解禁

現場で紡いだ家族の姿 日本アカデミー賞ほか国内映画賞34部門を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督が、直木賞受賞作家である中島京子の同名小説を映画化する最新作『長いお別れ』。 本作は201 …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP