Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/12/20
Update

映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』あらすじとキャスト。最後に挑む事件とは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ベルギーから掘り出し物のいぶし銀な作品をご紹介!

映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』は、2018年2月10日(土)より特集上映される「未体験ゾーンの映画たち2018」にて公開です。

政界進出を目論む伝説の刑事が挑む最後の任務とは?

ある1つの“隠蔽”が男を予測不能の窮地へと突き落とす…、男と男の正義が激突する衝撃のクライム・アクション!

スポンサーリンク

1.映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』の作品情報


© 2017 ANTILOPE JOYEUSE, EYEWORKS FILM & TV DRAMA et WRONG MEN

【公開】
2018年(ベルギー映画)

【原題】
Dode Hoek(英題:BLIND SPOT)

【脚本・監督】
ナビル・ベン・ヤディル

【キャスト】
ピーター・ファン・デン・ビギン、ソフィアン・シラー、ヤン・デクレオール、デヴィッド・ムルジア

【作品概要】
2016年に日本公開された映画『人生は狂詩曲(ラプソディ)』のペーター・ブカートが製作を果たし、演出・脚本を務めるのはナビル・ベン・ヤディル監督。

政界への進出を目論んだ伝説の刑事が挑む最後の任務を描くクライム・アクション映画。音楽を担当したのは、映画『Bo 堕ちていく少女』のセンヤン・ヤンセン。

2.映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』のあらすじ


© 2017 ANTILOPE JOYEUSE, EYEWORKS FILM & TV DRAMA et WRONG MEN

ある突入作戦が男たちの運命を狂わせる⁈

極右政党からの政界への進出を控えるアントワープ警察の伝説の刑事ヤン。

退職前最後の任務としてヤンを慕う若手刑事ドリスとともに、匿名のタレコミがあった薬物製造所へ突入しました。

そこで容疑者として捕らえられたのは、実の息子アクセルでした。

将来のため、そして愛する家族のために事件を隠蔽しようとするヤンですが、彼への忠誠心と自らの正義の間で揺れ動いてしまうドリス。

仲間であったはずの警察の捜査が徐々にヤンに及び、さらにアクセルの隠された思惑が明らかになった時、男たちに衝撃的な運命が待っていた…。


© 2017 ANTILOPE JOYEUSE, EYEWORKS FILM & TV DRAMA et WRONG MEN

スポンサーリンク

3.映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』の感想と評価


© 2017 ANTILOPE JOYEUSE, EYEWORKS FILM & TV DRAMA et WRONG MEN

ベルギー映画といえば1990年代以降になると、奇才ジャコ・ヴァン・ドルマル監督の『トト・ザ・ヒーロー』や、2016年に公開された『神様メール』。

また、名匠ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ監督の『ロゼッタ』や『ある子供』、また2015年に日本公開された『サンドラの週末』など、実は日本にも馴染み深いベルギー映画を排出しています。

それは彼らのような世界的にも映画通に好まれるような良質なドラマを制作するようになり、日本公開もされるようになりました。

今回ご紹介するナビル・ベン・ヤディル監督の野心作『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』も、ベルギー国内で高い評価を受け、これまでのクライム作品の印象を覆す重厚な映画として日本公開が決まりました。

政界進出を目論む伝説の刑事と彼を慕う若手刑事。

ありふれた突入作戦に端を発する、1つの“隠蔽”が彼らの運命の歯車を狂わせていきます。

さらに移民・難民と彼らの排斥を訴える極右政党、テロリズムの恐怖と、今の欧州を揺るがしている社会問題を盛り込みながら、予測不能のラスト結末のクライマックスへと突き進みます!


© 2017 ANTILOPE JOYEUSE, EYEWORKS FILM & TV DRAMA et WRONG MEN

まとめ


© 2017 ANTILOPE JOYEUSE, EYEWORKS FILM & TV DRAMA et WRONG MEN

ナビル・ベン・ヤディル監督の映画『ブラインド・スポット 隠蔽捜査』

2018年2月10日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷で開催される「未体験ゾーンの映画たち2018」ほか順次公開。

クライム・アクション好きな映画通にオススメな作品です。お見逃しなく!

関連記事

アクション映画

映画『ミッドウェイ』あらすじネタバレと感想レビュー。2020年公開のローランド・エメリッヒが描く“勝者無き海戦”

ラストメッセージ「海はすべて覚えている」が全てを物語る。 太平洋戦争の明暗を分けた戦い「ミッドウェイ海戦」を、日米双方の視点で描く映画『ミッドウェイ』をご紹介します。 『インデペンス・デイ』のローラン …

アクション映画

映画『ハート・ロッカー』ネタバレ感想とあらすじ結末の考察解説。最後に監督キャスリンビグローが描き出す爆発物処理班が知る生と死

アメリカ軍・爆発処理班の過酷な任務を映し出した戦争アクション! キャスリン・ビグローが製作・監督を務めた、2008年製作のアメリカの戦争アクション映画『ハート・ロッカー』。 870以上の爆発物を処理し …

アクション映画

映画『バットマン ビギンズ』感想レビューとネタバレ結末も。バットマンの“始まり”に隠された謎とその物語に迫る

『バットマンビギンズ』で新たなバットマン伝説が誕生する。 アメコミ界のレジェンド級ヒーロー「バットマン」の始まりを描いた映画『バットマンビギンズ』。クリストファー・ノーランが監督を手掛けています。 ク …

アクション映画

『白頭山大噴火』感想解説とレビュー考察。韓国人気俳優イビョンホン×ハジョンウがバディムービーで活躍!

映画『白頭山大噴火』は2021年8月27日(金)よりTOHOシネマズ日比谷ほかで全国ロードショーされます。 北朝鮮と中国の国境にそびえ立つ白頭山の噴火によって引き起こされる朝鮮半島の大パニックが描かれ …

アクション映画

【ネタバレ感想】エターナルズ|評価考察とあらすじ解説。メンバーの強さ/能力は?サノス/アベンジャーズとも繋がるMCU野心作

太古から人類を見守る10人の守護者「エターナルズ」 7,000年ぶりの集結と戦いの結末を描くMCUヒーローアクション! クロエ・ジャオが脚本・監督を務めた、2021年製作のアメリカのヒーローアクション …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学