Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

【ネタバレ】キングダム3運命の炎|あらすじ感想と結末の解説評価。李牧/龐煖キャスト発表された“前編”で“飛信隊”の初陣を描く!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

大いなる夢を歩む信と政の前に“過去”が立ち塞がる!

累計発行部数が9900万部を突破した原泰久による大人気漫画「キングダム」。

2019年には初の実写映画『キングダム』(2019)が公開され、2022年には続編『キングダム 遥かなる大地へ』(2023)が公開。2作とも興行収入50億円以上を達成し、邦画の実写映画シリーズとして最も注目を集めていると言えます。

そして2023年、前作のラストであらかじめ予告されていたシリーズ第3弾がついに公開されました。

今回は実写映画版3作目となる映画『キングダム 運命の炎』(2023)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

映画『キングダム 運命の炎』の作品情報


(C)原泰久/集英社(C)2023映画「キングダム」製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【原作】
原泰久

【監督】
佐藤信介

【脚本】
黒岩勉、原泰久

【キャスト】
山﨑賢人、吉沢亮、橋本環奈、清野菜名、満島真之介、岡山天音、三浦貴大、杏、山田裕貴、高嶋政宏、要潤、加藤雅也、高橋光臣、平山祐介、片岡愛之助、山本耕史、長澤まさみ、玉木宏、佐藤浩市、大沢たかお

【作品概要】
2006年から『週刊ヤングジャンプ』で連載が開始された原泰久による漫画シリーズ「キングダム」の実写映画シリーズ第3弾。

シリーズ前2作を監督した佐藤信介が手がけた本作は、山﨑賢人らシリーズのメインキャストが続投し、新たに『東京リベンジャーズ』(2021)の山田裕貴や『シン・ウルトラマン』(2022)の山本耕史が参加しました。

映画『キングダム 運命の炎』のあらすじとネタバレ


(C)原泰久/集英社(C)2023映画「キングダム」製作委員会

「蛇甘平原の戦い」を生き延び、「百人将」へと昇進した信は、伝説の大将軍である王騎のもとで将としての鍛錬を積んでいました。

王騎は信に部族同士の争いが絶えない荒地を平定するように命じ、信は戦力の低い部族に肩入れをしながらも見事に平定を成し遂げました。

その頃、政のもとに隣国・趙が秦に攻め入り、攻め落とした城下の住民を女子どもに至るまで鏖殺したという知らせが入ります。

秦は韓に対する侵攻を進めていることから、迫り来る趙の10万人もの大群に立ち向かう兵も将も不足しており、農民たちを徴兵することを余儀なくされました。

政が王となる前、秦は「長平の戦い」で四十万人にも登る趙の捕虜を生き埋めにした過去があり、趙の将である万極は喜々として農民たちの惨殺を行います。

窮地に立たされた政は昌平君を軍議に招きますが、昌平君は政を暗殺しようと暗躍した呂不韋の配下であるため、政の忠臣である昌文君は不安を覚えました。

軍議に参加した呂不韋は、配下の蒙武を対趙戦の大将軍に任命しようとしますが、昌文君は「蒙武は攻の分野では随一だが守には疎い」と提言。呂不韋は「他に適任者がいない」と軍議を押し切ろうとしますが、そこに昌平君に呼ばれた王騎と彼の右腕の騰、そして信が現れます。

蒙武は王騎を過去の遺物として不適格だと言い放ちますが、軍議は王騎を大将軍として任命する方針で決定。蒙武は苛立ちながらその場を去っていきました。

王騎は政に人払いを頼むと、自身が大将軍となることを承諾することの条件として、政に「中華統一を目指す理由」を訪ねます。政は「ある人との約束だ」と言うと、自身が趙の人質となっていた時代のことを語り始めます……。

7年前、趙の王都で人質となっていた子楚と趙姫の間に生まれた政。

しかし子楚が政を残し秦へと戻ったことで、趙の民の「長平の戦い」での虐殺の恨みは政へ向けられ、政は趙の民に暴力を振るわれ続ける日々を過ごしていました。

ある時、秦の王である昭王が亡くなり、子楚が王となったことで政に王位継承権が生まれ、趙王は政の暗殺を目論み始めます。

子楚は政を秦へと脱走させるため、配下の道剣と闇商人である紫夏を趙へと送り込み、政を密輸品とともに脱出させる計画を実行。

秦の兵士ですらない紫夏とその部下である亜門が命を賭けてまで自身を助ける理由が分からなかった政でしたが、紫夏はかつて育ての親に救われたが返すことの出来なかった恩を同じように見知らぬ誰かに返すために行動していること政に話します。

脱出計画を順調に進める4人でしたが、政は日夜振るわれ続けた暴力によって痛覚も味覚も嗅覚も失った「壊れた自分」に王になる資格がないと不安を覚え、その場から逃げ出してしまいます。

政を追いかけ抱きしめた紫夏は、ともに秦に逃げ、政が失った五感の全てを自分が代わりに感じると誓いました。その誓いに、政は応じました。

政は亜門と道剣の待つ馬車に紫夏とともに戻りましたが、4人の脱出計画は見抜かれており、趙の騎馬兵からの追撃を受けます。

騎馬兵の激しい攻撃によって亜門と道剣が命を落とし、秦軍の待つ合流地点に着いた時、紫夏もまた政を守るために多量の矢と槍をその身に受けてしまいました。そして安全な場所で紫夏の絶命を見届けた政は、紫夏に託された王としての使命を胸に刻んだのでした……。

政の過去を聞いた王騎は、政の覚悟を受け止めると大将軍の任命を承諾し、農民兵8万人を引き連れ趙兵10万人が攻める馬陽へと向かいました。

戦地へ向かう中、尾平や尾到、澤圭と再開した信は、百人将として彼らを配下に加えた100人を集めると、王騎のもとでともに鍛錬をした渕と、隊に戻ってきた羌瘣を副将に任命しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『キングダム 運命の炎』のネタバレ・結末の記載がございます。『キングダム 運命の炎』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)原泰久/集英社(C)2023映画「キングダム」製作委員会

馬陽にたどり着いた秦軍は左軍・中央軍・右軍に分かれて趙軍と対峙。対して趙は左軍に智将と名高い馮忌、中央軍に大将代理の趙荘、右軍に万極を将軍として配置します。

左軍と中央軍の間には軍勢が越えることのできない険しい山がそびえ立っており、戦略的優位性もないことから、主な主戦場は中央軍と右軍となるだろうと予想されていました。

中央軍に配置された蒙武の突撃によって戦いの火蓋が切られると、左軍はわずか1万の兵数ながら2万人の馮忌の兵数を押し始めます。

王騎の命令によってどこの大隊にも所属しなかった信の百人隊には突撃の命は下されず、痺れを切らし始めた信の前に王騎が現れました。

王騎はこの戦いで勝利を収めるためには、戦略的優位性のない左軍で勝利を収める必要があると言います。そして戦いが長引けば長引くほど、軍略家として名高い馮忌の危険度が高まるとして、王騎は信の百人隊に馮忌の暗殺を命じます。

あまりにも無謀な命令ながらも、100人の力を信じた信は王騎の命令を受け入れ、王騎から「飛信隊」という隊の名を授かります。

その頃、左軍は押していたかのように見えましたが、実はその戦況も馮忌の計略の一部であり、逆に取り囲まれてしまった左軍は壊滅状態に陥ってしまいます。

しかし、馮忌の目が左軍に向いた隙に険しい山間を越えた飛信隊は、馮忌のいる本隊の側面から突撃を開始。わずか100人の隊ながらも信と羌瘣を筆頭に突撃を仕掛ける飛信隊の勢いに、馮忌の近衛兵は押され始めます。

馮忌は左軍による無策の突撃が自身の目を左軍にひきつけ、飛信隊の接近に勘付くのを遅らせるためだったという王騎の策に気づき撤退を試みますが、急襲してきた信に首を切られ絶命します。

馮忌の死により左軍は勝利を収め、その報を聞いた趙荘は全軍に山間部への撤退を命じます。そのあまりにも早い見切りと山間部への撤退に、王騎は表に出てこない趙軍の「大将軍」の存在を感じ取ります。

山間部への追撃を翌朝に決めた王騎は、蒙武に執拗な追撃を行わないことを約束させます。また大戦果を収めたものの、飛信隊に31人もの死者を出したことで、信は仲間を率いることの重みを感じていました。

その夜、飛信隊の宿場に大きな矛を持った男が現れ、たったひと振りで数人を殺害。また政のもとに、趙軍の大将軍が「龐煖」と呼ばれる男であるとの報が届きます。

かつて「秦六将」と呼ばれた摎を殺害した龐煖は、王騎の手で殺害されたと思われていました。唯一その事実を知る昌文君は困惑しつつも、王騎が大将軍を引き受けたのは龐煖の殺害が目的ではと考えます。

信は矛を持った男に斬りかかるも圧倒的な力で吹き飛ばされ、駆けつけた羌瘣の奇襲も男は難なく回避。羌瘣ですら一撃を浴びせられない男は自身を「武神・龐煖」と名乗りました。

一方、夥しいほどの騎馬民族の死体を目撃した楊端和は、恐るべき存在を感じ取っていました……。

映画『キングダム 運命の炎』の感想と評価


(C)原泰久/集英社(C)2023映画「キングダム」製作委員会

知られざる政の過去と信の成り上がり物語

漫画『キングダム』の実写映画シリーズの3作目となる本作では、原作の「馬陽防衛編」と政の過去を描いた「紫夏編」を中心に物語が構成されていました。

初作から「弟によるクーデターから逃げ延びた王」として登場する政は、決して優雅な暮らしをする王という印象はありませんでしたが、本作ではさらに過酷な政の過去が丁寧に描写されます。

一方、『キングダム」の魅力の一つである元奴隷の信による“成り上がり”の物語は、奴隷脱却を成し遂げた1作目、兵卒から百人将に昇進した2作目と順調に進みながらも決してマンネリ化はしておらず、むしろ3作目となる本作でシリーズ最大ともいえる爽快さを感じました。

王として苦渋の決断を迫られる政と、将としての飛躍を見せる信の物語は、本シリーズにしかない魅力を改めて放っていました。

隠されていたキャスト、隠されていた“後編”


(C)原泰久/集英社(C)2023映画「キングダム」製作委員会

山田裕貴、片岡愛之助、山本耕史と公開前から明かされていたキャストだけでも充分に豪華なキャスト陣だった本作ですが、「馬陽防衛編」を描くにあたって重要な登場人物のキャストが明かされていないことは、原作ファンたちの間でも話題となっていました。

実は本作は「馬陽防衛編」を描いた“前編”映画であり、隠されていた新規キャストは公開未定の後編で物語の主軸となることが明らかになります。

隠されていたキャストの1人は、秦と敵対する趙の大将軍であり自身を「武神」と名乗る龐煖を演じた吉川晃司

王騎とただならぬ因縁を持つ龐煖は本作の後に王騎とぶつかり合うことになり、「馬陽防衛編」のあまりにも衝撃的なクライマックスを引き起こします。

そしてもう一人のキャストが、趙の軍師・李牧を演じた小栗旬

本作でこそ一瞬しか登場しなかった李牧ですが、本作以降の物語で秦を何度も苦しめる敵としてシリーズの人気を牽引する重要な登場人物となります。

まとめ


(C)原泰久/集英社(C)2023映画「キングダム」製作委員会

ロケ地に本場・中国を採用し、圧倒的なスケールで戦場を描く『キングダム』の実写映画シリーズ。

作品を重ねるごとにその魅力を進化させる本シリーズは、3作目となる『キングダム 運命の炎』でも、信の成り上がりの物語としての爽快さを感じられるものとなっていました。

本作のラストから、まだまだシリーズを続けるという製作陣の気概を観る事ができる本作は、今後の展開がさらに楽しみになる作品でした。




関連記事

アクション映画

映画『攻撃』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ロバート・アルドリッチ監督は問う…真の敵は何なのか?ということを… 2人の男の確執が巻き起こした壮絶な人間ドラマを描いた異色の戦争映画『攻撃』をご紹介します。 CONTENTS映画『攻撃』の作品情報映 …

アクション映画

【ネタバレ】君と世界が終わる日に FINAL (映画劇場版)あらすじ感想と結末の評価解説。ゾンビ・サバイバルドラマはシーズン5の最後の戦い

選ぶのは、全人類の命か! それとも、ひとりの命か! これまで、テレビ放送、サブスク配信を通してシーズン1~4が放送されてきた、竹内涼真主演の人気ゾンビ・サバイバルドラマ『君と世界が終わる日に』。主人公 …

アクション映画

映画ワイルドスピード7スカイミッション|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラストシーンが意味するポール・ウォーカーへのヴィン・ディーゼルらの“別れの言葉”

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第7作。 ジェームズ・ワンが監督を務めた、2015年製作のアメリカのメガヒットカー・アクション映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』 …

アクション映画

Netflixドラマ『イクサガミ』小説原作ネタバレあらすじと感想評価。実写で岡田准一×藤井道人監督が今村翔吾のバトロワ時代小説を活写

今村翔吾「イクサガミ」シリーズ(講談社文庫刊)がNetflixで実写化! 「イクサガミ」シリーズ(講談社文庫刊)は、第166回直木賞をはじめ数々の賞を受賞してきた作家・今村翔吾が、武士政権の終焉を迎え …

アクション映画

深作欣二おすすめ映画『赤穂城断絶』あらすじ。代表作に見られるテーマとは

2月1日にNHK BSプレミアムにて深作欣二監督による忠臣蔵映画『赤穂城断絶』放映されます。 忠臣蔵の季節は過ぎてしまいましたが、この機会に是非、鑑賞しましょう!! CONTENTS1.映画『赤穂城断 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学