Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2018/07/10
Update

シネマルシェの連載コラムとライターのご紹介【編集なかじきり】

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

本日は「編集なかじきり」として、連載コラムについてお話をさせていただきます

Cinemarcheの新たなアウトプットして、連載コラムをスタートさせたのは6月12日。早いもので、この企画もそろそろ1ヶ月を迎えようとしています。

手始めの連載コラムの第1弾を引き受けてくれたのは、映画随筆家の森田悠介さん。

スポンサーリンク

作り手の言葉から映画を読み解く


「映画道シカミミ見聞録」

森田さんは現在、日本映画大学の広報のお仕事をされています。

そんな森田さんの書かれた連載コラム「映画道シカミミ見聞録」の第1回目は、蒼井優さんのアカデミー賞受賞式での言葉から感じた、“映画という救い”について執筆されました。

また、本日7月10日に掲載した5回目では、オウム真理教事件を取材し、映画として完成させた森達也監督の言葉を用いて、現在大ヒット見せる『万引き家族』との類似した社会問題に触れられていました。

【連載コラム】『映画道シカミミ見聞録』記事一覧はこちら

森田さんの連載コラムは、実際に映画を制作する人物たちから見聞きした、“生きている言葉”を切り取っていただけるので、とても興味深いものになっているはずです。

また、連載コラムはジャンル的な要素で切り取っている執筆もあります。

映画をジャンルから横断的に読み解く


「SF恐怖映画という名の観覧車」

SFホラーコラムニストの糸魚川悟さんと、邦画の特撮研究家の森谷秀さんです。

糸魚川さんの連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」の第1回は、いくつかのホラー映画について触れながら、ここでも『万引き家族』についての見解が触れられていました。

すでにお気付きだと思いますが、映画は1作品で感想を論じるだけでは、作品の対比や同列の傾向を見出すことはできません。

先に述べた森田さんの『万引き家族』と、糸魚川さんの『万引き家族』では、切り口は異なるものの、そこにある種の時代性や社会的な構造が見えてくるのかもしれません。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

そんな糸魚川さんの書かれた連載コラムにあった「スペースオペラ」に触発されたのは、日本の特撮映画に特化して連載コラムを担当する森谷秀さんです。

スポンサーリンク

特撮という手法から映画を読み解く


「邦画特撮大全」

連載コラム「邦画特撮大全」の第2回は、日本のスペースオペラ『宇宙からのメッセージ』を取り上げてくれました。

そのほか第1回では、日本特撮の父親的な存在である円谷英二に触れ、コテコテの特撮映画ではない、石原裕次郎主演の『太平洋ひとりぼっち』を引き合いに出すなど、とても興味深い考察を執筆をされています。

【連載コラム】『日本特撮物語』記事一覧はこちら

まとめ

連載コラムは1つの記事だけでも十分に読み応えのあるものですが、別の記事や映画作品と繋がりを見出すことで、さらに映画への好奇心や考察を深めていけるのは大きな特徴です。

これは連載コラムに限らず、あらすじネタバレ記事や告知記事などでも言えることです。複数の腕利きのライターが所属していることがCinemarcheの大きな魅力になっています。

個人の映画感想ブログではない、ライター同士の連携プレーやネットワークのようなものだと、自負しています。

Cinemarcheでは、単なる画一化された映画情報でなく、本当に読者が知りたい映画の面白さとは何か?

そのことに標準を合わせて、これからも映画探求を心がけて思惟を深めていこうと思います。

連載コラム告知!

Cinemarcheでは新たに「韓国映画」を切り口にした連載コラムが始まります。

また、それに続き、映画監督の連載エッセイも準備中です。

今後とも「映画告知記事」「あらすじネタバレ記事」同様に、「連載コラム」シリーズも一緒にお楽しみいただければ幸いです。

Category : 連載コラム

Tags :

関連記事

連載コラム

映画『悪人伝』ネタバレと内容解説。マドンソク演じるヤクザと暴力刑事の異色コンビで描く人間としての秩序|サスペンスの神様の鼓動36

サスペンスの神様の鼓動36 こんにちは「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今 …

連載コラム

映画『宮田バスターズ(株)』あらすじと感想評価。クラウドファンディングで161人の支援者が集まったモンスタームービー|SF恐怖映画という名の観覧車77

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile077 映画の製作に欠かせない「製作費」。 映画館で大々的に公開される映画の多くは、大企業などがスポンサーとして製作会社のバックに着くことにより …

連載コラム

【東京国際映画祭2019】のん×片渕須直ほかレッドカーペットに登場!『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』|TIFF2019リポート2

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催! 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に …

連載コラム

HIKARI監督映画『37セカンズ』東京国際映画祭リポート【光がきらめく】FILMINK-vol.28

FILMINK-vol.28「The Light Shines on 37 Seconds」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外 …

連載コラム

カメオ出演最多のスタン・リー死去。アメコミからアニメまでを愛し続けた作家の軌跡|最強アメコミ番付評14

こんにちは、野洲川亮です。 2018年11月12日、『スパイダーマン』、『X-メン』などの作品を手掛けたアメコミ原作者、スタン・リーさん(95歳)が逝去されました。(以下、敬称略) マーベル・コミック …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP