Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/05/05
Update

映画『ハニーランド 永遠の谷』感想レビューと評価。自然養蜂家の女性とミツバチとの”協定”|だからドキュメンタリー映画は面白い47

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第47回

今回取り上げるのは、2020年6月26日(金)よりアップリンク渋谷・吉祥寺他全国順次公開予定の映画『ハニーランド 永遠の谷』

北マケドニアの電気も水道もない村に暮らす自然養蜂家の女性を追った3年間の記録。「半分はわたしに、半分はあなたに―」。これは養蜂家の女性とミツバチとの約束です。自然との共存を守り抜く養蜂家のドキュメンタリ―映画『ハニーランド 永遠の谷』は、ドキュメンタリー作家であるタマラ・コテフスカ、リュボミル・ステファノフが製作し、長編映画監督デビューを果たした作品です。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ハニーランド 永遠の谷』の作品情報


(C)2019, Trice Films & Apollo Media

【日本公開】
2020年(北マケドニア映画)

【原題】
Honeyland

【監督】
リュボミル・ステファノフ、タマラ・コテフスカ

【製作・編集】
アタナス・ゲオルギエフ

【撮影】
フェルミ・ダウト、サミル・リュマ

【音楽】
Foltin

【キャスト】
ハティツェ・ムラトヴァ、ナジフェ・ムラトヴァ

【作品概要】
北マケドニアに暮らす自然養蜂家の女性を追ったドキュメンタリー。

3年の歳月と400時間以上にわたる、被写体との親密な関係の中で撮影を敢行。

ドキュメンタリー作家であるタマラ・コテフスカ、リューボ・ステファノフは、本作が長編映画監督デビューとなります。

第92回アカデミー賞では、長編ドキュメンタリー賞とあわせて国際映画賞(旧・外国語映画賞)の2部門でノミネートされるという、『パラサイト 半地下の家族』(2019)と並び、史上初の快挙を達成しました。

映画『ハニーランド 永遠の谷』のあらすじ


(C)2019, Trice Films & Apollo Media

バルカン半島奥深くにある、北マケドニアの首都スコピエから20キロほど離れた、孤立した山岳地帯。

50代の女性ハティツェは、その電気も水道もない村で、寝たきり状態となった盲目の母ナジフェと共に暮らしています。

ヨーロッパ最後の自然養蜂家と呼ばれ、徒歩4時間ほどの街に行き、採取したハチミツの行商を生業とするハティツェ。

そんなある日、エンジン音とともに、7人の子どもと牛たちを引き連れた一家が近くに移住してきたことで、慎ましく穏やかだった彼女の生活は激変することとなります。

スポンサーリンク

3年の歳月と400時間以上をかけて密着・撮影

(C)2019, Trice Films & Apollo Media

本作『ハニーランド 永遠の谷』は当初、監督であるタマラ・コテフスカ、リュボミル・ステファノフの2人が、教育用の環境ドキュメンタリーを製作する予定で北マケドニアを訪れた際に、一人の女性ハティツェと偶然出会ったのが企画の発端となります。

ハティツェがハチミツを採取して暮らすヨーロッパ最後の自然養蜂家と知り、2人は彼女を被写体にしたドキュメンタリーとすることに。

スタッフクルーたちはテントで衣食住を取りつつ、3年の歳月と400時間以上にわたり、彼女たちの生活に密着しました。

説明ナレーションや効果音の類を一切用いず、壮大な自然の中、古代トルコ語で会話する親子を中心に、その自然が生んだ環境音で構成した映像となっています。

人間とミツバチの間で交わされる暗黙の協定


(C)2019, Trice Films & Apollo Media

ハティツェは、養蜂業で主流となっている、養蜂箱の中でミツバチを繁殖させて蜜を採取するのではなく、険しい断崖などに生息する野生ミツバチの巣を、半分だけ採取。

そして、持ち帰った巣を家の石壁の中に移したのち、蜜を収穫するという手法を行います。

巣をすべて採ってしまうと、ハチの生態系が崩れて全滅してしまう恐れがあるからです。

「半分はわたしに、半分はあなたに」――それは、ハティツェとミツバチとの間で交わされた、暗黙の協定。

その協定が締結されていることを示すかのように、ハティツェが巣を採取する際も素手で難なく行えば、ミツバチも敵視して襲ってはきません。

徒歩4時間ほどの距離がある首都スコピエでハティツェが行商を行い、収穫量はわずかながらも上質なハチミツを売ったお金で、母のナジフェと生活を送ることができます。

会話を交わす互いの口調こそ時おり辛辣になるも、愛情がこもった母娘関係がそこにあります。

スポンサーリンク

調和を求めた末の顛末、そして再起


(C)2019, Trice Films & Apollo Media

そんなある日、トレーラーハウスに乗った7人の子どもを引き連れた家族が、隣人となります。

これまで特定の隣人を持ってこなかったハティツェと、牛や鶏といった家畜をも携える一家という、分かりやすいほどの対比構図がここで生まれます。

それまで静かだった暮らしに突如訪れた喧噪。にもかかわらず、子どもたちと触れあったり、養蜂に興味を示した父親に、その方法を惜しげもなく教えるハティツェ。

なかでも、子どもの一人であるアルチョに丁寧に教える様は、実の親子のようにも見えてきます。

(C)2019, Trice Films & Apollo Media

しかしその後、両者は予想だにしなかった、まさにおとぎ話や寓話に含まれる教訓のような顛末を迎えることに。

会話することのできないミツバチと違い、会話ができる人間とのコミュニケーションの難しさ。

それは、調和を求めて歩み寄ったハティツェにとっても、非常に辛いものでした。

監督は、本作について以下のようなコメントを残しています。

ハティツェの物語は、自然と人類がどれほど密接に絡み合っているか、そしてこの基本的なつながりを無視した場合にどれほどのものを失う可能性があるかという、大きな命題の縮図である。

自らの半生を寝たきり状態の母の世話に費やしてきたハティツェは、巣を離れることのない女王バチの世話をする働きバチとも重なります。

人間とミツバチ、形態は違えど、自然界で共存共栄する生きものに変わりはありません。

協定を結んだ者同士は、永遠の谷で共に再起しあうこともできるのです。

次回の連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』もお楽しみに。

【連載コラム】『だからドキュメンタリー映画は面白い』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

【ネタバレ感想】シークレット・チルドレン 禁じられた力|ティモシー・シャラメ主演のSF青春スリラー|未体験ゾーンの映画たち2019見破録22

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第22回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、珍作・怪作から見逃すには惜しい佳作まで …

連載コラム

『真・仮面ライダー』あらすじと感想評価。白倉伸一郎による“大人のための仮面ライダー”へと続く序章(プロローグ)|邦画特撮大全57

連載コラム「邦画特撮大全」第57章 2019年8月1日、『シン・ウルトラマン』の製作が発表されました。 (C)2016 TOHO CO.,LTD. 円谷プロダクション、東宝、カラーによる共同製作作品で …

連載コラム

台湾映画『バナナパラダイス』あらすじ感想と考察評価。ワン・トン監督が描く近代史三部作の2作目は“偽りの人生”を送る男が見たもの|映画という星空を知るひとよ19

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第19回 映画『バナナパラダイス』は中国国共内戦時、国民党軍に身を投じ、軍とともに台湾に渡った青年2人が辿る悲喜こもごもの綱渡り人生を描いたヒューマンドラマです …

連載コラム

カルト映画『ハロルドとモード』異色のラブストーリー。死生観と行動の哲学とは|偏愛洋画劇場3

連載コラム「偏愛洋画劇場」第3幕 今回取り上げたい作品はハル・アシュビー監督による映画『ハロルドとモード/少年は虹を渡る』 (1971)。 海外でカルト的人気を博す作品です。 かなりユニークな物語であ …

連載コラム

中川奈月映画『彼女はひとり』あらすじと感想レビュー。福永朱梨が演じた「嫌い」がもたらす苦痛の物語|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り6

ちば映画祭2019エントリー・中川奈月監督作品『彼女はひとり』が3月31日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 そこで上映された作品の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP