Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/10/29
Update

映画『恐怖ノ黒電波』あらすじと感想考察レビュー。ガチ怖で日常が変わる不条理ホラーがやばい!【シッチェス映画祭2020】|SF恐怖映画という名の観覧車127

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile127

10月よりコラム内で5回に渡りご紹介させていただいた「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020」上映作品特集も遂に最終回を迎えます。

従来のスケジュールでは11月4日掲載予定の当コラムですが、10月30日より開催されるシッチェス映画祭を記念し繰り上げて掲載させていただきます。

と言うわけで、今回は「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020開催記念特集」最終回として、日常が未知の感覚に侵食される恐怖を描いた不条理ホラー映画『恐怖ノ黒電波』(2020)の魅力をご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『恐怖ノ黒電波』の作品情報


(c)BINA

【原題】
Bina

【日本公開】
2020年(トルコ映画)

【監督】
オルチュン・ベフラム

【キャスト】
イーサン・オナル、ギュル・アリヂ、レベント・ウンサル、ウシュル・ゼイネップ

『恐怖ノ黒電波』のあらすじ


(c)BINA

住民一人一人の暮らしが完全に政府によって掌握されている管理社会となったトルコ。

空虚な団地の管理人であるメフメット(イーサン・オナル)は部屋で眠ることが出来ず、昼に居眠りをしてしまい上司から叱責される日々を過ごしていました。

ある日、通信省による放送を全世帯に伝えるためのアンテナを設置するために派遣されたエンジニアが謎の死を遂げたこと契機に団地で異変が起き始め…。

スポンサーリンク

次に起こることが想像できない恐怖


(c)BINA

『悪魔のはらわた』(1974)や『悪魔のいけにえ』(1975)など一世を風靡した「ヘラルド悪魔シリーズ」の熱狂を再燃させるため、作品的な繋がりはないものの作風やセンスの似通う映画に「恐怖ノ」という頭言葉をつけた「松竹恐怖ノシリーズ」。

『恐怖ノ黒電話』(2011)、『恐怖ノ黒洋館』(2012)、『恐怖ノ黒鉄扉』(2013)、『恐怖ノ白魔人』(2014)に続くシリーズ最新作として日本に上陸したトルコ産の不条理ホラー映画こそが、本コラムの「シッチェス映画祭特集」の最終回を締めくくる映画『恐怖ノ黒電波』です。

『スキャナーズ』(1981)や『ザ・フライ』(1987)などを製作したデヴィッド・クローネンバーグの作風を引き合いに出し評価されたオルチュン・ベフラムが手掛けた本作は、その後の展開を全く想像することのできない「恐怖」が物語全編を支配しているだけでなく、静かな映像と空虚な風景からはイメージするものとは真逆の「圧迫感」を覚える作品となっていました。

空虚さと圧迫感


(c)BINA

本作の舞台となる団地は広々とした平原に建設されており、風景や背景と呼べるものがほとんど存在しません。

作中では「無」ともいえる空間にポツンと建っている団地を引きで撮影したカットが多用され、外の世界に娯楽の無い空虚なイメージが頭に残ります。

しかし、団地の内部が描かれるシーンでは、広々とした屋外とは対照的に各部屋も階段も廊下も狭い団地の構造から強い「圧迫感」を覚えることになります。

外に出れば何もかもを忘却させるような空虚さに支配され、団地に入れば逃げ出したくなるような圧迫感に襲われる世界。

主人公のメフメットが覚えることになる心理的な揺さぶりを、映像からも感じることが出来ます。

様々な考察を可能にする作品


(c)BINA

本作では団地の内部から流れ出る「黒い水」がメフメットを含む団地に住む人間を脅かします。

しかし、直接的あるいは間接的に人を殺めていく「黒い水」の正体は物語中ではっきりと明言されず、「黒い水」が何を意味しているかについては鑑賞者の考察に一任されます。

このように本作は世界観すら詳しく説明せず、団地内の人間関係や生い立ちに至るまで全てを考察させることで無限の解釈が可能になる作品構造になっています。

なぜアンテナを設置するエンジニアは死亡したのか、団地内から流れ出る「黒い水」の正体とは何なのか、団地を監視し支配する者はいったい誰なのか、メフメットの最後の行動の意味とは何なのか。

説明のない不気味さと、様々な考察を可能にする要素が本作の魅力を引き立てています。

トルコの「今」を風刺した世界観


(c)BINA

『恐怖ノ黒電波』の舞台となる、公共放送以外の番組が存在しないラジオとテレビのみが唯一の娯楽と言うディストピアなトルコは、現実のトルコを痛烈に風刺したものだと言われています。

2016年、クーデター未遂事件が発生し、実際に命を狙われたトルコのエルドアン大統領は、死刑制度の復活や大規模な言論弾圧を推し進め、インターネットの遮断や社会風刺画家の逮捕、テレビ局の閉鎖などを断行します。

事件に関わった人間の大規模な粛清をも主導するなど、クーデター未遂事件後のトルコはエルドアン政権による完全監視社会ともいわれ、国内外からも批判が相次ぎました。

本作は、そんな完全監視社会の「今」を徹底的に風刺しており、娯楽を奪われた民衆の覚える圧迫感を見事にあくまでも「映画」として映し出しています。

作中の様々なセリフが風刺の存在を裏付けており、トルコの「今」と重ね合わせて本作を鑑賞することを強くお勧めする映画です。

スポンサーリンク

まとめ

独特な空気感と現実を風刺した鋭さを持つトルコ産不条理ホラー映画『恐怖ノ黒電波』。

本作は「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020」において劇場で公開予定。

「シッチェス映画祭 ファンタスティック・セレクション2020」はヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田、シネマスコーレ(名古屋)の3劇場で開催予定。

日程をご確認の上、ぜひ会場に足を運んでみてください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile128では、『アクアマン』(2019)で主演を務め世界的に有名となった俳優ジェイソン・モモアが出演した世紀末SF映画『マッドタウン』(2017)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

11月11日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『コントラ』あらすじ感想と考察評価。円井わんと間瀬英正という俳優の存在が大きく心を占めていく|2020SKIPシティ映画祭12

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー/アンシュル・チョウハン監督作品『コントラ』がオンラインにて映画祭上映。国内コンペティション長編部門で優秀作品賞を受賞! 2004年に埼玉県川口市で誕 …

連載コラム

映画『おろかもの』あらすじと感想。芳賀俊×鈴木俊ふたりの監督が描く“おろかもの”ゆえにたどり着く感動|2019SKIPシティ映画祭12

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・芳賀俊監督×鈴木祥監督作品『おろかもの』が7月16・20日に上映 埼玉県川口市にて、映画産業の変革の中で新たに生み出されたビジネスチャンスを掴んでい …

連載コラム

『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』評価と考察。平成ガメラとの共通の比較解説|邦画特撮大全22

連載コラム「邦画特撮大全」第22章 今回取り上げる作品は『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』(2001)です。 『ゴジラVSデストロイア』(1995)で一旦終了したゴジラシリーズですが、『ゴジ …

連載コラム

エヴァンゲリオンQ|ネタバレ解説考察と感想評価。最後ラストシーンで希望の“前進”を描くシンジとファンの“qual”の物語|終わりとシンの狭間で4

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第4回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

連載コラム

映画『ひかり探して』あらすじ感想と評価解説。韓国女性監督パク・チワンが特別な女性の絆と連帯感を描く|映画という星空を知るひとよ86

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第86回 韓国映画『ひかり探して』が、2022年1月15日(土)よりユーロスペースほか全国順次公開されます。 本作は、『10人の泥棒たち』のキム・ヘスと『パラサ …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学