Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

『L.A.ギャングストーリー』ネタバレあらすじ感想と結末評価。実話に基づくクライムアクションをショーン・ペンやジョシュ・ブローリンらで描く【B級映画 ザ・虎の穴ロードショー91】

  • Writer :
  • 秋國まゆ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第91回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第91回は、ルーベン・フライシャー監督が演出を務めた、映画『L.A.ギャングストーリー』です。

1949年、アメリカ・ロサンゼルス。自らを「神」と豪語し、売春で得た金を使って警察や政治家を意のままに操り街を支配するギャングがいました。

そんなギャングを打倒するべく、警察官という素性も名前も隠し命懸けの任務に就いたロス市警の警察官たちの姿とは、具体的にどんな姿だったのでしょうか。

1940年代から1950年代のロサンゼルスで起きた実話をもとに描いた映画『L.A.ギャングストーリー』のネタバレあらすじと作品解説をご紹介いたします。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

映画『L.A.ギャングストーリー』の作品情報


(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

【公開】
2013年(アメリカ映画)

【原作】
ポール・リーバーマン

【監督】
ルーベン・フライシャー

【キャスト】
ジョシュ・ブローリン、ライアン・ゴズリング、ショーン・ペン、ニック・ノルティ、エマ・ストーン、アンソニー・マッキー、ジョヴァンニ・リビシ、マイケル・ペーニャ、ロバート・パトリック、ミレイユ・イーノス、サリヴァン・ステイプルトン、ホルト・マッキャラニー、ブランドン・モラーレ

【作品概要】
「ゾンビランド」シリーズや「ヴェノム」シリーズなどを手掛けたルーベン・フライシャーが監督を務めた、アメリカのクライムアクション作品です。

本作はR15+指定作品のため、15歳以上の方しか視聴できません。

メン・イン・ブラック3』(2012)のジョシュ・ブローリンが主演を務めています。

映画『L.A.ギャングストーリー』のあらすじとネタバレ


(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

1949年、アメリカ・ロサンゼルス。自らを「神」と豪語し、麻薬や売春宿で得た金を使って警察や政治家を意のままに操り、街を支配するギャングがいました。

そのギャングの名はミッキー・コーエン、暴力に忠誠を誓った元プロボクサーの彼が支配するこの街には、売春や麻薬や暴力が溢れていました。

街の人々はコーエンを恐れて見てみぬふりをし、警察は彼を取り締まろうとしません。

そんな中、コーエンを恐れずに正義を執行する警察官がいました。その警察官の名は、ロス市警の殺人課の巡査部長ジョン・オマラです。

ジョンはコーエンの売春宿に乗り込み、囚われていた少女たちを救出。コーエンの手下3人を逮捕しました。

しかしコーエン配下のカーター判事によって、手下たちはすぐに釈放されてしまいます。

コーエンは他の手下たちに命じて、警察官に売春宿を摘発されるようなヘマをした彼らを、エレベーターの中に監禁し焼き殺しました。

ロス市警の本部長ビル・パーカーはジョンに目をつけ、正式な取り締まりではなく非合法なやり方でコーエンもろとも彼の組織を叩き潰す極秘作戦を打ち明けます。

元軍人でゲリラ作戦にも従事したことのあるジョンはこれを承諾し、コーエン打倒のための作戦に必要なチーム編成を行うことに。

ジョンの子供を身籠っている妻のコニーは最初反対するも、彼の熱意に根負けし、チーム編成を手伝うことにしました。

その結果、ジョンは投げナイフの使い手であり、セントラル通りで麻薬の取り締まりに力を入れている保安官のコールマン・ハリス巡査、数々の武功を立てた凄腕のガンマンのマックス・ケナード巡査、元アメリカ陸軍の諜報部員で署内で一番盗聴工作に長けているコンウェル・キーラー巡査の3人をチームに引き入れました。


(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

一方ジョンの同僚であるジェリー・ウーターズ巡査部長は、コーエンの配下ではないものの面倒ごとには関わらない主義で、情報屋の友人ジャック・ウェイレンとつるんでいました。

コーエンとその一味の溜まり場となっているダンスバーで飲んでいた時、ジェリーはコーエンの世話係兼恋人のグレイス・ファラダーに一目惚れして、彼女と禁断の恋に落ちました。

ジャックが忠告せずとも、もしこの件がコーエンに露見すればどんな危険な目に遭うか、2人は理解していました。

ジョンが声を掛けた3人は、成功しても自分たちの名は公表されない、勲章も昇進もない危険な作戦であることを了承します。

いざ極秘作戦を実行しようとしたその時、ケナードの部下ナビダ・ラミレス巡査が登場。こっそり彼らの後をつけて話を聞いていたのです。

ジョンたちは渋々ナビダをチームに加え、バーバンクにあるコーエンのカジノを襲撃しに行きました。しかしそこは、コーエン配下のバーバンク市警の警察官が用心棒をしているカジノだったのです。

それを知らず襲撃したジョンたちは逆に追い返され、挙句の果てにジョンとハリスが逮捕されてしまいました。

一方コーエンは、以前からロスの覇権を争っていたシカゴのギャング、トミー・ルッソを惨殺。

それに文句を言ってきたシカゴのギャング、ジャック・ドラグナは路上で襲撃するよう、配下の殺し屋であるレヴォックらに命じます。

突然激しい銃撃に晒されたドラグナですが、辛くも生き延びました。偶然現場にいたジェリーと、靴磨きの少年ピートが銃撃に巻き込まれ、ピートは流れ弾に当たって死んでしまいました。

親しかった彼が殺され、激怒したジェリー。襲撃犯を殺し、その足でダンスバーにいるコーエンを殺そうとします。

ジャックは慌てて止めに入り、ジェリーを外に連れ出してから、コーエンのカジノが襲撃されたことを知らせました。

その件でバーバンク市警に逮捕された2人のうち、1人はジョンだと察したジェリーは、彼らの身柄を引き取りに行くコーエンの手下に扮して、バーバンク市警を襲撃。

ケナードとナビダ、キーラーらの手伝いもあって、ジョンたちの脱獄は成功。これを機に、ジェリーもチームに加わることになりました。

以下、『L.A.ギャングストーリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『L.A.ギャングストーリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

カジノが襲われたのはドラグナの仕業だと思ったコーエンは、用心棒のカール・ロックウッドにドラグナの抹殺を命じます。

コーエンの命を受け、ロックウッドはドラグナを射殺。さらに彼の妻と屋敷の使用人たちも皆殺しにしました。

これを受け、ジョンと同じく妻子持ちであるキーラーは、自分たちがした行動によって関係のない人間まで殺されてしまったことへの嫌悪感を訴えますが、ジョンに「戦争に犠牲はつきもの」と一蹴されます。

そんな中、ジョン率いるチームはコーエンの自宅に設置した盗聴器を使って情報収集を行い、コーエンが仕入れた麻薬の輸送ルートを突き止めました。

そしてジョンたちは、その麻薬ルートを襲撃。麻薬を積んでいた輸送車を崖から落とし、コーエン配下の運び屋を始末しました。

その後パーカーから、コーエンが輸送車を襲撃した犯人捜しに躍起になっていることを知らされました。

ジョンたちはコーエンが自分たちの正体に気づく前に、コーエンの組織を徹底的に潰しにかかります。

そしてジョンたちは、コーエンがルッソを殺して手に入れた電信会社を襲い壊滅させました。

コーエンはシカゴにつながる唯一の電信会社であるそこを拠点に、西海岸の賭博場全てをおさえ、売上金を独占するつもりでした。

そのためこの胴元組織を壊滅させたことは、コーエンに多大なダメージを与えました。

コーエンは激怒するも、その場にあった金が一切盗まれていないと聞き、襲撃者はギャングではなくパーカーが差し向けた警官であることを察知します。

それを知らないジョンたちは、コーエンが仕掛けた罠である偽の取引におびき出されてしまうのです。

一方ジェリーは、コーエンの自宅から逃げてきたグレイスに呼び出され、裏切り者がいると思っているコーエンに殺される前に、一緒にこの街から逃げようと言われます。

するとそこへ、コーエンの手下2人が襲来。ジェリーは硫酸を隠し持っていた彼らを撃退し、自分たちの関係を知るジャックにグレイスを預けて、ジョンたちの加勢に向かいました。

偽の取引現場であるチャイナタウンにて、ジョンたちはレヴォックたちコーエンの手下の襲撃を受けるも、駆けつけたジェリーの活躍により窮地を脱します。

ですがチームに同行せず、アジトにて盗聴による情報収集を行っていたキーラーが、ロックウッドの襲撃によって命を落としてしまうのです。


(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

さらにコーエンの手下たちはジョンの家を襲撃。襲撃を受けたコニーは辛うじて無事であり、子供も無事に出産しました。

ジャックの元に身を寄せていたグレイスの元には、コーエンが直々に出向き、彼女を庇ったジャックを殺害します。

チームがやっていたことが明るみに出たことで、ジョンたちの懲戒免職は避けられず、パーカーの引責辞任も時間の問題となりました。

ジョンはキーラーの死を無駄にしないためにロスに残り、コニーと生まれたばかりの子供をロスから逃がしました。

そしてジョンは最後の賭けとして、ジェリーの元に戻ったグレイスの証言をもとに、コーエンをジャック殺害事件の容疑者として逮捕しようとします。

そのためにまず、キーラーの盗聴によって入手した情報を使ってカーター判事を脅迫し、逮捕令状にサインを書かせました。

コーエンの逮捕令状を入手したジョンとジェリーは、ハリス・ケナード・ナビダと共に、コーエンとその一味が宿泊するホテルを急襲します。

ジョンの号令を合図に、ジョンたちとコーエン一味の最後の戦いの火蓋が切って落とされました。

激しい銃撃戦の末、ナビダの手を借りてロックウッドを射殺したケナードは殉職、ジョンはコーエンとの一騎打ちを制し、彼を逮捕しました。

その後、逮捕されたコーエンはアルカトラズ刑務所に収容され、グレイスの証言によって有罪となり、コーエン一味は壊滅しました。

パーカーは1969年に亡くなるまでロス市警の本部長の職にとどまりました。コーエンを倒したことはパーカーの功績となりましたが、ジョン率いるチーム「ギャング部隊」の名は語られませんでした。

平和を取り戻したロサンゼルスで、ジェリーとグレイスは結ばれ、ジョンはバッジを捨てて妻子と穏やかに暮らし始めました。

映画『L.A.ギャングストーリー』の感想と評価


(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

ロス市警の少数精鋭のチーム「ギャング部隊」

パーカー本部長の命を受けたジョンは、コーエンとその組織を壊滅させるためのチーム「ギャング部隊」を結成します。

ギャング部隊のメンバーのほとんどは、ジョンと同じようにゲリラ戦に長けており、地位や名誉を捨ててでもロサンゼルスを守るために戦おうとする正義感の強い男たちです。

中にはキーラーのように、自分の子供に格好良いところを見せたい一心でチームに加わった者もいます。

コーエンを逮捕し、彼の組織を壊滅させたのは彼らギャング部隊のおかげですが、作中でジョンがチームメンバーに言っていたように、彼らの名前は公表されず、誰かに賞賛されることもありません。

ジョンたちが命懸けでコーエン打倒のために戦っていたことは、ジョンたちの身近な人たちと、そして本作を視聴した人だけが知っており、彼らがロサンゼルスを支配する悪を倒した英雄だとわかっています。

なので画面越しにでも、命懸けの任務を達成しロサンゼルスに平和をもたらしたジョンたちギャング部隊に、大きな拍手を送ってあげてください。

ロサンゼルスを支配するギャング、ミッキー・コーエン


(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

麻薬や売春宿で得た金を使って警察や政治家を買収し、ロサンゼルスを支配したギャング、ミッキー・コーエン。

彼は元プロボクサーということもあり、銃が無くても元軍人のジョンと互角に戦えるほど格闘戦に長けています。

そして作中では、ギャング部隊によってカジノや胴元組織を潰され、激怒するコーエンの姿がよく描かれていますが、彼は頭もキレる男でした。コーエンは怒りに燃えながら、冷静に襲撃した犯人が誰かを分析。

その結果、パーカーが差し向けたジョンたちギャング部隊の仕業によるものだと気づき、すぐに彼らの情報を調べ、関係のないジョンの家族にまで手をかけました。

ロスの覇権を巡って争っていたシカゴのギャングはもちろん、コーエンは自分の権力を脅かす者には容赦しません。

そんな頭のキレる最恐のギャングであるコーエン。冷酷非道に敵を完膚なきまでに潰す様は身の毛もよだつほど恐ろしいですが、意外にも礼儀作法にこだわっている面もあるどこか憎めないキャラクターです。

まとめ


(C)2012 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED

ロサンゼルスを舞台に、ロス市警の少数精鋭のチーム「ギャング部隊」と、ロサンゼルスを支配するギャングが激闘を繰り広げていく、アメリカのクライムアクション作品でした。

本作の見どころは、権力に屈さず純粋にロサンゼルスの街を守るために身分を隠して命懸けで戦ったジョンたちの活躍と、ジョンとコーエンの一騎討ちです。

実際に1940年代後半から1950年代にかけて、ロス市警とギャングが激闘を繰り広げていたことを思うと、ジョンたちの戦いがよりリアルなものに感じて、終始ハラハラドキドキさせられます。

本作の予告編公開後の2012年7月20日、コロラド州オーロラで銃乱射事件が起きました

これを受け、配給会社のワーナー・ブラザースは、ハリウッドにある世界的に著名な劇場「グローマンズ・チャイニーズ・シアター」で、男たちが短機関銃を乱射する場面が含まれていたこの予告編の映画での上映およびインターネットへの掲載を中止。

さらに本作は再撮影が行われ、北米と日本での公開が延期されることとなりました。そして翌年の2013年1月11日にアメリカで、同年5月3日に日本で無事劇場公開されました。

ジョシュ・ブローリンやショーン・ペンら実力派俳優にはまり役の登場人物たちが大暴れする、手に汗握るクライムアクション映画が観たい人に、とてもオススメな作品です。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

アタック・オブ・ザ・キラー・トマト|ネタバレ感想と結末までのあらすじ。低予算カルト映画の楽しみ方|SF恐怖映画という名の観覧車45

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile045 新宿の映画館「K’s cinema」で2019年6月8日より開催される「奇想天外映画祭 Bizarre Film Festi …

連載コラム

ベルイマン映画『沈黙』解説ネタバレと感想考察レビュー。”神の沈黙三部作”ラスト最終章で描かれる“空虚な心”|電影19XX年への旅8

連載コラム「電影19XX年への旅」第8回 歴代の巨匠監督たちが映画史に残した名作・傑作の作品を紹介する連載コラム「電影19XX年への旅」。 第8回は、『叫びとささやき』や『仮面/ペルソナ』など、数多く …

連載コラム

映画『トスカーナ』ネタバレあらすじと結末の評価解説。Netflixでイタリアを舞台に人生を見つめなおす男の物語|Netflix映画おすすめ101

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第101回 今回紹介する映画『トスカーナ』は、Netflixで2022年5月18日(水)から配信開始された作品です。 デンマークでシェフとし …

連載コラム

映画『シン仮面ライダー』内容予想考察。原作ネタバレ有で庵野秀明の“ライダー像”を読み解く【邦画特撮大全91】

連載コラム「邦画特撮大全」第91章 今回の邦画特撮大全は『シン・仮面ライダー』を紹介します。 2021年4月3日、「仮面ライダー」生誕50周年企画発表会見での庵野秀明監督による映画『シン・仮面ライダー …

連載コラム

インド映画『スルターン』あらすじと感想評価。マフィアのひとり息子が100人の子分たちを更生させようと奮闘するさまを歌と踊り満載で描く!|インド大映画祭IDE2023・厳選特集2

連載コラム『インド大映画祭IDE2023・厳選特集』第2回 「インド映画同好会」による『インド大映画祭 IDE 2023 in K’s cinema』が、6月17日(土)~7月7日(金)の21日間、新 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学