Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/10/29
Update

大林宣彦監督が新作『海辺の映画館』にて、東京国際映画祭2019のレッドカーペットに登場|TIFF2019リポート3

  • Writer :
  • Cinemarche編集部

第32回東京国際映画祭は2019年10月28日(月)から11月5日(火)にかけて10日間開催!

2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5日(火)までの10日間をかけて開催されます。


(C)Cinemarche

そして本映画祭の「Japan now」部門の特集上映「映像の魔術師 大林宣彦」にて上映される作品の一つが、巨匠・大林宣彦監督が20年ぶりに故郷にして聖地「尾道」での撮影を敢行した、圧倒的なメッセージで贈る最新作『海辺の映画館ーキネマの宝箱』です。

第32回東京国際映画祭での上映がワールド・プレミア(世界初上映)となる本作。

開催初日の10月28日(月)のレッドカーペットでは大林宣彦監督をはじめ、出演した女優・常盤貴子や成海璃子らスタッフ・キャスト陣が登壇。

本記事では映画『海辺の映画館ーキネマの宝箱』監督・キャスト陣のレッドカーペットでのご様子をお届けいたします。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『海辺の映画館ーキネマの宝箱』レッドカーペット・リポート

大林宣彦監督


(C)Cinemarche

本映画祭では特集上映のみならず、永年の国内外を含めた映画界への貢献が目覚ましい方々へと贈られる特別功労賞の授与も決まっている大林監督。

レッドカーペットにはキャスト・スタッフ陣が引く車椅子で登壇。

またその隣には大林監督作のプロデューサーを長年務め、妻としても大林監督を支え続けてきた大林恭子さんの姿もあり、お互いに車椅子に乗りつつも和やかに談笑する様子には、長い年月を連れ添ってきた夫婦の仲睦まじさを感じられました。


(C)Cinemarche

そしてキャスト・スタッフ陣全員と手で「決めポーズ」を見せるなど、映画監督ならではのサービス精神をメディア報道陣に魅せました。

また映像インタビューでは、常盤貴子さんも報道陣とともにしゃがみ、大林監督の言葉に耳を傾ける姿を見せました。

映画『海辺の映画館―キネマの玉手箱』の作品情報

©「海辺の映画館ーキネマの玉手箱」製作委員会/PSC 2020

【上映】
2019年(日本映画)

【監督】
大林宣彦

【キャスト】
厚木拓郎、細山田隆人、細田善彦、吉田玲、成海璃子、常盤貴子

スポンサーリンク

大林宣彦監督のプロフィール


(C)PSC

大林宣彦(おおばやしのぶひこ)は1938年広島県尾道市生まれ。

3歳の時に自宅の納戸で出合った活動写真機で、個人映画の製作を始めます。

上京後、16㎜フィルムによる自主製作映画『ÈMOTION=伝説の午後・いつか見たドラキュラ』が、画廊・ホール・大学を中心に上映されジャーナリズムで高い評価を得ました。

『喰べた人』(1963)はベルギー国際実験映画祭で審査員特別賞を受賞。この頃からテレビコマーシャルの草創期に本格的に関わり始め、チャールズ・ブロンソンの「マンダム」、ソフィア・ローレン、カトリーヌ・ドヌーヴなど外国人スターを多数起用、その数は3000本を超えます。

1977年『HOUSE/ハウス』で商業映画にも進出。同年の『瞳の中の訪問者』と共に“ブルーリボン新人賞”を受賞。

故郷で撮影された『転校生』(1982)『時をかける少女』(1983)『さびしんぼう』(1985)は“尾道三部作”と称され親しまれています。

『異人たちとの夏』(1988)で“毎日映画コンクール監督賞”、『北京的西瓜』(1989)“山路ふみ子監督賞”、『ふたり』(1991)“アメリカ・ファンタスティックサターン賞”、『青春デンデケデケデケ』(1992)“平成4年度文化庁優秀映画作品賞”、『SADA』(1998)“ベルリン国際映画祭国際批評家連盟賞”、宮部みゆき原作『理由』(2004)は“日本映画批評家大賞・監督賞”、“藤本賞奨励賞”を受賞。

東日本大震災を受けた『この空の花-長岡花火物語』(2011)ではTAMA映画賞・最優秀作品賞ほか多くの賞を受賞。

近年の作品に、少年少女版『この空の花-長岡花火物語』として製作されたAKB48のPV『So long ! THE MOVIE』(2013)、北海道芦別市を舞台にしたふるさと映画『野のなななのか』(2014)等があります。

『この空の花-長岡花火物語』『野のなななのか』に続く『花筐/HANAGATAMI』(2017)は、余命宣告を受けながら完成させた大林宣彦的“戦争三部作”となりました。

第32回東京国際映画祭の開催概要

【開催期間】
2019年10月28日(月)~11月5日(火)

【会場】
六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区) 、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか

※詳細につきましては東京国際映画祭公式サイトにてご確認ください。

【連載コラム】『TIFF2019リポート』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『アクト・オブ・キリング』あらすじ感想とレビュー評価(ネタバレあり)。インドネシア大虐殺を加害者自ら”殺人遊戯”で再現|だからドキュメンタリー映画は面白い40

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第40回 インドネシア大虐殺を自ら再現する加害者から見えてくる、人間の闇。 今回取り上げるのは、2014年に日本公開のジョシュア・オッペンハイマー監督作 …

連載コラム

【シネマルNEWS】カルトな映画やドキュメンタリーの連載コラムが新スタート!海外の映画情報はFILMINKと連動リンクで発信も

2019年連載スタートの連載コラム&レビュー情報 ©️Cinemarche 2019年の新春のCinemarcheは、寒風に咲く白梅の如し。 新たな連載企画が専門的なコラムとし …

連載コラム

映画『スキンウォーカー』あらすじネタバレと感想。最後までラストの意味を掘り下げた監督ジャスティン・マクコーネルの秀作とは⁈|未体験ゾーンの映画たち2020見破録38

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第38回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第38回で紹介するのは、恐るべき生態を持つ、謎の怪物を描いたSFスリラー映画『スキンウォーカー』。 …

連載コラム

【2018年のご挨拶】読者さんとお世話になっている映画関係者の皆さんへ

2018年も、「映画感想レビュー&考察サイト Cinemarche」をお読みいただき、誠にありがとうございます! 山の辺の道(天理〜桜井)©︎Cinemarche スポンサーリンク 見手であ …

連載コラム

映画『探偵なふたり:リターンズ』あらすじと感想レビュー。クォン・サンウが恐妻家のホームズを演じる|コリアンムービーおすすめ指南8

祝!探偵事務所オープン! シャーロック・ホームズに心酔する推理オタクとハミ出し刑事がコンビを組んで難事件に挑んだ『探偵なふたり』(2015/キム・ジョンフン監督)。 あのコンビが本物の探偵となって再び …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP