Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/30
Update

『ホール・イン・ザ・グラウンド』ネタバレ感想と結末考察のあらすじ。ホラー映画の解釈を息子に疑心暗鬼となる母親から読み解く|B級映画ザ・虎の穴ロードショー16

  • Writer :
  • 菅浪瑛子

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第16回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT】で鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー第16回は、リー・クローニン監督のアイルランド発の新感覚ホラー映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』です。

新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」の上映作品として上映された映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』。

「あなたの息子じゃない」と告げる老婆、森の中にある大きな穴。次第に自分の息子ではないのではないかと疑心暗鬼になっていく母親の姿を不穏な空気で描く新感覚ホラー映画。

森の中にある穴は何なのか、息子ではないとしたら何なのか、謎が謎をよぶ不穏さ、暗い映像で不安を煽る演出が観客の心を引きつけます。また、不安に駆られる母親と、奇妙な言動を繰り返す息子の演技にも注目して見て欲しい映画です。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』の作品情報

(C)ホール・イン・ザ・グラウンド

【公開】
2019年(アイルランド・ベルギー・フィンランド合作映画)

【原題】
The Hole in the Ground

【監督】
リー・クローニン

【キャスト】
サーナ・カーズレイク、ジェームズ・コスモ、シモーヌ・カービー、スティーブ・ウォール、ジェームズ・クイン・マーキー、オーエン・マッケン

【作品概要】
新宿シネマカリテの特集企画「カリコレ2019/カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」の上映作品。

主人公サラ役を演じたのは『マッド・メアリー』(2018)のサーナ・カーズレイク、『ブレイブハート』(1995)のジェームズ・コスモ、『過去のない男』(2003)のカティ・オウティネンなど。

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』のあらすじとネタバレ

(C)ホール・イン・ザ・グラウンド

シングルマザーのサラ(サーナ・カーズレイク)と息子のクリス(ジェームズ・コスモ)はアイルランドの田舎に引っ越してきます。

田舎に向かう道中クリスが「危ない!」と叫びその視線の先には黒いフードを被った人物が道路の真ん中で立っています。慌てて避けたものの問いかけにも応じずぶつぶつ何かをつぶやいている人物を不気味に思ったサラは急いで家へと向かいました。

新たな土地で生活を始めた母子。ある日、冷めないうちに昼ごはんを食べるようクリスに促すと、クリスはもう冷めているから嫌だと駄々をこねます。そんなクリスにチーズをかけたらとサラが言いますが、チーズはかけたくないとクリスは言いそのままお昼を食べ始めます。

クリスの機嫌を直そうとサラはいつものゲームをやろうとします。3・2・1の掛け声でお互いに変顔をして笑わせるというゲームをしたクリスは笑って機嫌を直します。

ほっとして家の修理に取り掛かっていたサラでしたが、クリスが「ママ!早くきて!」と叫ぶ声が聞こえ慌ててクリスの元に戻ります。すると、クリスは蜘蛛が出たことに怯えていたのでした。

「どうして僕たちだけ来たの?」と不思議がるクリスに複雑な事情があって…とサラは言葉を濁します。「嘘つき!」とクリスは怒り、外に逃がそうとした蜘蛛を踏み潰してしまいます。そしてそのまま家の裏に広がる森へと走っていってしまいます。

慌ててクリスを追いかけるサラの目の前に突然大きな穴が現れたのです。原因不明の巨大な穴を目にし、不安にかられたサラは必死でクリスの名を呼びます。するとサラの背後からクリスが現れ2人は家に戻りました。

夜、物音がして起きたサラは部屋のクリスがいないことに気づき、家のなかや地下室を探しますがクリスの姿がありません。慌てて警察に電話しようとすると、背後にクリスが急に現れました。

ホッとするもどこにいたのかと戸惑いを隠せないサラは、次の日医師の診断を受けます。その際おでこの傷について医師に聞かれると、一年以上前の傷だが時折炎症を起こすと説明します。そして医師から安定剤を処方されます。

新たな地にまだ慣れていないサラは、クリスを乗せ車に乗っていた際に道路にたたずむ老婆を見かけます。戸惑っていると、老婆・ノーリーンが近づき恐ろしい形相で「あなたの子じゃない」と叫び出します。ノーリーンの様子に慌てて夫・デズが出てきました。

デズの話によると、妻は突然息子が息子ではないと気づき訴え続けましたが、誰も分からず様子がおかしくなったと思っていました。その息子はデズの運転する車の前に飛び出し、亡くなってしまったと言います。

自分の息子でないはずがないと思っていたサラでしたが、森の中でクリスの気に入っていたおもちゃを見つけ、後日森に行ったのかとクリスと問い詰めるとクリスは行っていないと言います。

嘘つかないでと更に問い詰めると、クリスは怒り机ごとサラにぶつけます。クリスの突然の行動にサラは驚きます。

更に、深夜物音がしてクリスの部屋を覗くと、奇妙な動きをして蜘蛛を食べているクリスの様子を見てしまいます。様子が変なクリスを見てサラは次第に息子ではないのではないかと疑い始めます。

話を聞きに行こうとノーリーンの元を訪ねると、土の中に頭を埋めた姿でなくなっているノーリーンの姿を見つけてしまいます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ホール・イン・ザ・グラウンド』ネタバレ・結末の記載がございます。『ホール・イン・ザ・グラウンド』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)ホール・イン・ザ・グラウンド

少しずつクリスが自分の息子ではないのではないかと疑い始めたサラは、クリスにバレないように部屋にカメラを仕込みます。

その後、学芸会でクリスを見つめていたサラは突然駆け出し、驚いた他の保護者にどうしたのかと心配されると、サラは「息子じゃない」と言います。

そしてデズにカメラの映像を見せに行きますが、「もううんざりだ」とデズは話を聞かず、カメラを受け取ろうともしません。デズに振り払われカメラは壊れてしまいます。

息子ではないという疑いから確信に変わりつつあるサラは昼食を食べるクリスを観察します。「チーズをかける?」と聞くとかつては嫌がったはずのチーズを当たり前のようにかけます。

「久しぶりにあのゲームやる?」とクリスに話しかけ3・2・1と言います。以前ならその掛け声で変顔をしていたはずなのにクリスは何もしません。

息子ではないと確信したサラは「あなたは息子じゃない」と言い放ちます。最初は「どうしたのママ?」と言っていたクリスでしたが、表情が一変し、真顔でサラを投げ飛ばします。

朦朧とした意識の中サラはクリスに引っ張られ外に連れて行かれます。クリスは穴を掘り、サラの頭を土の中に埋めてしまいます。

何とか意識を取り戻したサラは自力で土の中から抜け出します。隣で倒れていたクリスを地下室に連れていき、縛りつけます。抵抗し暴れるクリスを鏡にうつすと鏡には人間ではないものが映ります。

サラは森の中の大きな穴に入っていきます。するとそこに倒れたクリスがいました。その近くに大量の人間ではない怪物がいました。クリスを抱え慌てて逃げるサラ。

その足を一体の怪物が掴みます。するとその怪物はみるみるサラそっくりの姿になります。驚きつつも振り払い家に戻ったサラはクリスを抱え、家に火をつけます。

場面はかわり、都会の大学に通うサラの姿が映し出され、自転車に乗るクリスの姿もあります。サラは自転車に乗るクリスを写真に撮り、クリスの顔を拡大します。そんなサラがいる部屋には大量の鏡が…。

スポンサーリンク

映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』の感想と評価

(C)ホール・イン・ザ・グラウンド

疑惑から確信へ

本作『ホール・イン・ザ・グラウンド』は、ノーリーンの「あなたの息子じゃない」という発言から、サラは次第に息子ではないのではないかと疑い始めます。疑惑から確信へと変わっていくまでのきっかけとなった出来事があります。

疑惑を持ち始めたのは、森の中でクリスの人形を見つけ、森に行ったのか問いただした際に、否定した上にサラに暴力的な行動を取ったこと、深夜に奇妙な動きで蜘蛛を食べていたあたりからだと思われます。

その頃からサラのクリスに対する目に疑惑の色が見え始めます。同時にクリスの方も母に感づかれているのではと思っているような様子が伺えます。

息子ではないのではと疑うサラはクリスの部屋にカメラを仕掛けます。その映像を見たサラは息子ではないと確信を強め、デズに見せに行きますが、相手にされず、その映像が観客に映し出されることはありません。そしていよいよサラが確信を持つ場面が印象的です。

冒頭の引っ越してきてすぐのランチ、そして3・2・1で変顔をするゲームと同じことをします。

観客もここでクリスの反応の違いに気づくでしょう。前半ではかけなかったチーズをかけ、3・2・1の合図を聞いても何もしないクリス。その反応を見たサラは「息子じゃない」と言い放つのです。

息子の正体は?

クリスではないとしたら何者なのでしょうか。森の中の穴の中にサラが入っていくと、そこには横たわったクリス、更にその近くには人間ではない怪物がたくさんいます。

これらの正体は分かりませんが、サラの足に触れたら怪物がサラの姿になったことからそのようにして<人間になりすましていたのではないかと推測できます。

森の中にできた穴はいつからあるのか、なぜそこにあるのかは説明されません。ノーリーンが息子が何者かに変わったと言っていたことから、サラたちが来る前から穴はあったのではないかと考えられ、気づいていないだけで他にも何者かとすり替わっている人物がいたのかもしれません。

ノーリーンは夫デズが変わってはいないかと常に観察し、家に多くの鏡を設置していました。それは乗り移った人物を鏡に写すとその正体が写るからです。

ラスト、引っ越したサラとクリスの部屋にも多くの鏡があり、クリスをカメラで撮影し、その顔を拡大するサラの姿が映し出されます。

それは引っ越してもなおクリスが他の者とすり替わっていないかという不安が拭えないサラの様子を表しています。

サラの妄想の可能性

ここまで、息子が何者かとすり変わっているのかという観点でみてきましたが、あくまで映画はサラの視点で描いています。視点を変えてみましょう。

サラはクリスと2人アイルランドの田舎にやってきます。なぜパパはこないのかと尋ねるクリスに対し、複雑な事情があるとサラは言葉を濁します。

そしてサラのおでこには傷跡が。医師に聞かれた際には一年以上前の傷だと説明します。それらの点から、夫によるDVで傷をうけ、離婚しアイルランドの田舎にやってきたのかもしれません。

それだけでなく、新天地にやってきたサラは医師に安定剤を処方されています。友人らとの食事で、妊娠により大学を中退した過去を話しています。

更にいつか復学したいということも言っています。それらの点からどこかで自分の人生を変えた、変えざるを得なかったクリスを疎ましく思っている可能性もあります。

クリスの奇妙な行動もサラの視点でみたものです。3・2・1のゲームもクリスが成長し、そのようなゲームに興味を持たなくなった、クリスが親離れしつつあるという風に考えることもできるのです。

果たして本当にクリスは何者かとすり替わっていたのか、それともクリスを疎ましく思う気持ちが妄想となったのか。明確に語られないからこそ、さまざまな解釈ができる新感覚ホラーになっています。

まとめ

息子ではないのでは…と疑惑を持ち始め、疑心暗鬼になる母親を描く映画『ホール・イン・ザ・グラウンド』。

子供の様子がおかしいと疑う母親を描いた映画は『ブライトバーン 恐怖の拡散者』(2019)や『プロディッジー』(2019)などさまざまな映画があります。

本作は更に森の中にある巨大な穴を登場させることで不穏さを掻き立てる映画となっています。

果たして本当に息子ではないのか、母親のサラ、息子のクリスの演技の変化を楽しみながらみてみても良いかもしれません。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

Netflix映画『プロジェクトパワー』ネタバレ感想と考察評価。”超能力”によってスーパーヒーローと麻薬捜査の魅力を引き出す|SF恐怖映画という名の観覧車116

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile116 「バットマン」や「スーパーマン」、そして近年では「アベンジャーズ」シリーズなど漫画の中だけでなく映画界でも長年、超能力を持った「ヒーロー …

連載コラム

ゴジラ映画の感想と考察。シリーズ初代の由来と1984年版とシンゴジの共通点を徹底解説|邦画特撮大全21

連載コラム「邦画特撮大全」第21章 昨年2017年東宝は11月3日を“ゴジラの日”に制定し、日本記念日協会から認定を受けました。 これは東宝が製作した特撮映画『ゴジラ』(1954)の公開日、昭和29年 …

連載コラム

映画『ザ・ペンシル』あらすじ感想と評価。監督賞と審査員特別賞をW受賞した“鉛筆”と“意志”の物語|2020SKIPシティ映画祭8

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2020エントリー・ナタリア・ナザロワ監督作品『ザ・ペンシル』がオンラインにて映画祭上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマの …

連載コラム

【日本映画大学の卒業制作2019上映会】作品内容と解説。映画を知り人間を知る「社会人基礎力」|映画道シカミミ見聞録32

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第32回 こんにちは、森田です。 日本映画大学は2019年2月10日に、イオンシネマ新百合ヶ丘にて「第5回卒業制作上映会」を開催します。 第5回 日本映画大学卒業制作 …

連載コラム

映画『樹海村』あらすじ感想と内容解説。実在の心霊スポットと都市伝説をモデルに犬鳴村と異なる“村ホラー”を描く|シニンは映画に生かされて25

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第25回 2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開予定のホラー映画『樹海村』。 前作の「犬鳴村」同様、有名な心霊スポットである富士・青木ヶ原樹海にまつわる …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学