Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/02/19
Update

映画『国境の夜想曲』あらすじ感想と考察解説。ドキュメンタリー名匠ジャンフランコ・ロージが撮る武力支配への‟無言の抵抗”|映画という星空を知るひとよ92

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第92回

ドキュメンタリー映画の名匠ジャンフランコ・ロージが手掛けた『国境の夜想曲』。

本作は、第77回ヴェネチア国際映画祭で、ユニセフ賞、ヤング・シネマ賞最優秀イタリア映画賞、ソッリーゾ・ディベルソ賞最優秀イタリア映画賞の3冠に輝きました。

2001年の9.11米同時多発テロから2010年のアラブの春に端を発し、2021年8月のアメリカ軍のアフガニスタンからの撤退と、戦禍の渦中にあるイラク、クルディスタン、シリア、レバノンの国境地帯。

現在も、侵略、圧政、テロリズムがこの地にうごめき、数多くの人々を犠牲にしています。この地で生きる人々は何を思い、なぜそこに踏みとどまっているのでしょう……。

『国境の夜想曲』は、2022年2月11日(金・祝)よりBunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー!

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『国境の夜想曲』の作品情報


(C) 21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINÉMA / Notturno NATION FILMS GмвH / MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GвR

【日本公開】
2022年(イタリア・フランス・ドイツ合作映画)

【原題】
NOTTURNO

【監督・撮影・音響】
ジャンフランコ・ロージ

【編集】
ヤコポ・クワドリ

【編集協力】
ファブリツィオ・フェデリコ

【プロデユーサー】
ドナテッラ・パレルモ、ジャンフランコ・ロージ、セルジュ・ラルー&カミーユ・レムル、オルワ・ニラビワ、エヴァ=マリア・ヴェールツ

【作品概要】
本作『国境の夜想曲』は、2020年に第77回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、第33回東京国際映画祭では『ノットゥルノ 夜』のタイトルで上映されました。

手がけたのは、2013年ベネチア国際映画祭の金獅子賞受賞作『ローマ環状線、めぐりゆく人生たち』や、『海は燃えている イタリア最南端の小さな島』で2016年ベルリン国際映画祭の金熊賞受賞経験のあるジャンフランコ・ロージ監督です。

ドキュメンタリー映画で最高賞を受賞しているジャンフランコ・ロージが、3年以上の歳月をかけ、イラク、クルディスタン、シリア、レバノンの国境地帯で撮影したドキュメンタリー。

映画『国境の夜想曲』のあらすじ


(C) 21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINÉMA / Notturno NATION FILMS GмвH / MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GвR

9・11米同時多発テロやアラブの春、そしてアメリカのアフガニスタンからの撤退があったイラク、クルディスタン、シリア、レバノンの国境地帯。

さまざまな情勢によって巻き起こる侵略、圧政、テロリズムなどにより、多くの人々が犠牲となり、数多の痛みが満ちた土地です。

この地をジャンフランコ・ロージ監督はひとりで旅をし、土地に残された母親や子ども、若者たちの声に耳を傾けます。

かつて牢獄として使われたであろう小部屋の中で、母親たちが亡き家族の痕跡を探して捧げる哀悼の意。

精神病院の患者たちによる政治の無意味さについての演劇。

任務から戻って来たペシュメルガと呼ばれるイラク北部クルド自治政府の治安部隊の女性兵士たち。

幼い少年少女らが語るISISに襲われた時の悲惨なエピソード。

スマホから流れるSISの監視下に置かれた娘たちからのメッセージ。

雄大な自然の中、たくさんの車や人が渡し船に乘って行き交う河。

数多の事例をつぶさに映像に映し出し、癒えない痛みを抱えながら、それでも生きている人々の姿がスクリーンから浮かびあがります。

スポンサーリンク

映画『国境の夜想曲』の感想と評価


(C) 21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINÉMA / Notturno NATION FILMS GмвH / MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GвR

銃を手にする意味

さまざまな場面の語りで紡がれる本作で、印象深いのは任務から帰還して戦闘服のまま眠るペシュメルガの女性兵士たちでした。

イラク北部クルド自治政府の治安部隊はペシュメルガと呼ばれています。

ペシュメルガとは、クルド語で「死と対峙(たいじ)する者」を意味し、強力な装備と練度の高さから、戦闘力は一国の軍隊に匹敵するとされているそうです。

映像に映るのは、ペシュメルガの女性兵士たちが天幕へ帰隊した様子。ストーブに手をかざして暖をとり、一つにまとめた髪をまた取りまとめ、身繕いをします。

何気ない日常の仕草ですが、彼女たちは迷彩の戦闘服姿で、部屋の傍らには立てかけてあるのは小銃です。

女性兵士たちは、殺意のみを持って銃を手にしているわけではありません。平和な日常が過ごせないのなら、自らが銃を手にして家族と平和な暮らしを守るしかないのです。

女性蔑視が厳しい地域で、男性同様に女性が兵士となって戦うということは、そうならざるを得ない社会情勢があり、そこには兵士を志願する女性たちの並みならぬ決意と勇気が存在します。

日々銃声と隣同士の暮らしをしている彼女たちと平和に生きている私たちとの大きな違いです。

また、軍隊などの組織で「守ること」「戦うこと」を教育される兵士たちと、やらなければならないとの思いからそれを習得しようとする彼女たちとは、明らかに心構えが違います。

緊急事態を察して身を守る必要から銃を手にする彼女たちに見受けられるのは、揺るぎない覚悟でした。

逼迫した状況の中で日常生活を守るためにペシュメルガに志願する女性たち。

本作ではわずか数分の登場シーンですが、自分たちのことを不幸だと嘆く前に、自らが戦おうと立ち上がる姿に逞しさを感じます。

守べきものを守るため、死をも恐れぬ彼女たちこそ、真の勇者であり本当の優しさを持っていると言えるでしょう。

ジャンフランコ・ロージ監督の想い


(C) 21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINÉMA / Notturno NATION FILMS GмвH / MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GвR

軍隊の足音で幕を開ける『国境の夜想曲』。映像は続けて、夜明けのがらんとした建物の中に集まる女性たちが映し出され、戦争の爪痕が深く残る地域の様子へと繋がれます。

本作では、通常のドキュメンタリー映画で使用される挿入曲やナレーションなどの手法は用いていません。

その場所で暮らす人々や、風景の中にカメラを構え、話を聞き、ただ静かに彼らを見つめるという映像のみが流れます。

残虐な拷問シーンや銃撃戦は一切なく、その体験を語る関係者の言葉のみを監督はありのまま伝えました。

戦禍を被り涙を流しながらも逞しく生きて行こうとする人々の姿や、予告動画の「どんな場所でも、どんな夜でも、かならず朝は来る」という言葉から、希望の光が感じられます。

本作は、ドキュメンタリー映画の名匠ジャンフランコ・ロージ監督が手掛ける、武力支配への‟無言の抵抗”とも言える作品でした。

まとめ


(C) 21 UNO FILM / STEMAL ENTERTAINMENT / LES FILMS D’ICI / ARTE FRANCE CINÉMA / Notturno NATION FILMS GмвH / MIZZI STOCK ENTERTAINMENT GвR

21世紀を迎えても未だに戦禍の絶えないイラク、クルディスタン、シリア、レバノンの国境地帯。そこに住む人々の現状はどうなっているのでしょう。

映画『国境の夜想曲』では、ISISなどの武力組織による弾圧や社会崩壊による貧困などを生の証言で暴き出し、その地を生きる人々の生き様を描き出します。

そこにあるのは、戦争への‟生々しい悲しみと怒り”ですが、逆境にも屈せずに自らの生活を堂々と生きている人々の姿が雄々しく映ります。

ジャンフランコ・ロージ監督がどんなメッセージをこの作品に込めたのでしょう。

観る人によっても捉え方は違うでしょうが、事実は事実。知っておくべき社会情勢が反映された作品です。

『国境の夜想曲』は、2022年2月11日(金・祝)より、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次ロードショー!

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。





関連記事

連載コラム

映画『血を吸うカメラ』ネタバレあらすじと感想評価。マイケルパウエルとヒッチコック「サイコ」の比較解説|奇想天外映画祭アンダーグラウンドコレクション2020【第2回】

2020年8月、映画史に残る怪作・珍作・迷作・凡作・奇作を集めて実施された「奇想天外映画祭 アンダーグラウンドコレクション 2020」。 そこで紹介された作品にイギリス映画の古典的名作を数多く監督した …

連載コラム

【ネタバレ感想】『ワンダーウーマン』映画と原作コミックとの比較解説。新たな女性ヒーローのアイコン|最強アメコミ番付評22

連載コラム「最強アメコミ番付評」第22回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『アベンジャーズ エンドゲーム』に続いて『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告がアップされましたね。 2019年公開の …

連載コラム

『女王陛下のお気に入り』キャスト。ジョー・アルウィン&ニコラス・ホルトのインタビュー【お気に入りの男たち】FILMINK-vol.1

FILMINK-vol.1 「Joe Alwyn and Nicholas Hoult: Favourite Men」 海外の映画情報をオーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツ …

連載コラム

天願大介監督が説く映画づくりの魅力と大学教育の未来。台北市での講演より|映画道シカミミ見聞録18

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第18回 こんにちは、森田です。 映画は国境を越えゆくもの。もうじき東京国際映画祭(10/25~11/3)が開幕しますが、映画には国と国とを、そして人と人とをつなぐ力 …

連載コラム

『アントマン』一般人のスコットはアベンジャーズシリーズを変えた⁈映画『アントマン&ワスプ』はどうなるか|最強アメコミ番付評2

連載コラム「最強アメコミ番付評」第2回戦 こんにちは!野洲川亮です。 毎年のように新作が製作され、2018年もこれまで『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』が公開、いずれも大 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学