Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『バハールの涙』あらすじと感想。実話から描かれた女性たちが戦地へと身を投じた理由とは

  • Writer :
  • 田中比奈

映画『バハールの涙』は、1月19日(土)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国でロードショー


本作はニュースだけでは決して分からないイラク紛争の光景を、IS(イスラム国)が行ってきた人身売買の被害者として、銃を取った女性達の緊迫感溢れる描写で明らかにしていきます。

スポンサーリンク

映画『バハールの涙』の作品情報


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)
【公開】
2018年(フランス・ベルギー・ジョージア・スイス合作)

【原題】
Les filles du soleil(太陽の女たち)

【監督】
エバ・ユッソン

【キャスト】
ゴルシフテ・ファラハニ、エマニュエル・ベルコ、ズュベイデ・ブルト、マイア・シャモエビ、エビン・アーマドグリ

【作品概要】
息子を助けるために銃を取ったクルド人女性と、自らも小さな娘を持ち、紛争地の真実を伝え続ける女性ジャーナリストが主役となる戦争ドラマ。

2018年・第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品。

主人公のバハール像は、監督自ら内戦が続くクルド人自治区に赴き取材した女性戦闘員たちの実体験から生まれています。

”世界で最も美しい顔100人”トップ常連であり、イラクを代表する女優ゴルシフテ・ファラハニがバハールを熱演。

ジャーナリスト・マチルダは、カンヌ受賞歴もある演技派、エマニュエル・ベルコが演じました。

映画『バハールの涙』のあらすじ


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)
2015年11月。戦場ジャーナリスト・マチルダ(エマニュエル・ベルコ)はイラクとトルコの国境を訪れます。

国境はイスラム過激派(IS)とアサド政権軍隊、そして独立を求めるクルド人組織が入り乱れる紛争地帯。

女性兵士部隊“太陽の女達”を率いるバハール(ゴルシフテ・ファラハニ)は誘拐された息子を取り戻すため、ISと日夜戦いを繰り広げていました。

マチルダはバハールのもとにつき、銃弾が飛び交う中取材を行っていきます。

女性兵士は皆、過激派などの弾圧者によって尊厳と家族を奪われた過去を持っていました。

「この体と血が大地を育む。命、女、自由の時代・・・」

女達は時に歌い、時に鼓舞しあいながら限界の戦いを続けます。

マチルダと交流する中で、少しずつ明らかになるバハールの過去。

バハールは元弁護士であり、夫と息子にも恵まれ幸せな生活を送っていました。

しかしバハールが故郷の村に帰省した日、ISが村を奇襲し、バハールは誘拐され息子とも引き離されてしまいます。

彼女の夫と父を含む村の男性は皆殺しにされました。

そして現在、戦地となっているこの国境こそがかつてのバハールの村でした。

ISによって集められた幼い男の子たちは、将来ISの兵士となるべく学校に集められます。

息子はきっとこの村の学校にいる。バハールはその希望だけを頼りに、前線へと身を投じます。

ある日、奇襲してきたIS兵士を捕虜にしたことで、事態は大きく動き出します。

かつて彼女の身に起こった、おぞましい人身売買の実態とは、そしてバハールは無事息子と再会できるのでしょうか…。

スポンサーリンク

映画『バハールの涙』の感想と評価


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)
本作ではバハールがISに誘拐され、脱出するまでの過去と、ISと闘うバハールの現在の物語が交互に、サスペンスフルに展開されます。

特に奴隷として囚われた屋敷から脱走するシーンは息の詰まるような緊迫感があり、バハール、そして同行する女性達の汗や拍動が観客に生々しく迫ってきます

全編を通してイラクの厳しい自然や女性兵士の逞しい姿、苦悩する表情をひたすら克明に追求しており、内戦に対する俯瞰的な視点はありません

また本作は、中東情勢に詳しくなくとも「バハールの目的と動機は何か」が理解できるシンプルな構成となっています。

それでいて恐ろしくも目を背けられない紛争の光景が、エバ・ユッソン監督の綿密な取材によって作り上げられました


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)

主人公バハールのモデルは、2018年ノーベル平和賞を受賞したナディア・ムラド女史です。

ムラド女史はイラク内自治区で暮らす少数の宗教民族・ヤズディ教徒の出身で、ヤズディ教徒は以前からイスラム過激派に“異教徒”として槍玉に挙げられており、ISの侵攻ではムラド女史を含む多くの女性と子供が誘拐され、男性は虐殺されました。

誘拐された女性は奴隷としてIS兵士に「分配」されるか売り飛ばされ、子供もやはり奴隷かISの神学校に入れられ、兵士になるよう教育されました。

ISの奴隷は潤沢な資金源であり、強固な密売ルートを持っていたとして知られています。

イラクにISが現れた時点で予想される事態でしたが、誰もこの悲劇を防ぐことはできませんでした。

脱出を果たしたムラド女史はその後平和活動家の道を歩みます。

しかし、本作の主人公バハールは女性兵士部隊を組織し、打倒ISと人質の救出を目指します。

戦士を選択したバハールを「間違っている」と評価することは非常に困難に感じます。

彼女らを戦士として駆り立てた原因はISにあるのか。殺し合いだけが家族と尊厳を取り戻す唯一の手段なのか。バハール達の存在とは一体なんなのか

生き抜くために走り続ける女性達の物語は、そんな込み上げてくるような問いを観客につきつけます

紛争と性暴力が生み続けるものとは


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)
「あなたの兄は死んだ」

「天国に行ったと言え」

「いいえ。彼は私に殺されてここに横たわっている。女に殺されると天国に行けないのよ」

これはバハールとIS兵士が会話する一場面です。

バハールの言う通り、IS兵士の間では「女に殺されると天国に行けない」と信じられており、彼らは天国に行けないことを何よりも恐れています。

なぜならIS兵士は「この世は仮宿であり、聖戦で死んだ兵士は本当の住処、天国に行ける。天国では73人の処女に迎えられ、永遠に富んだ生活ができる」と徹底的に教育されている為です。

そしてISの中では、異教徒に対する虐殺・強姦・略奪は全て聖戦として正当化されます。

ちなみに“73人の処女に迎えられ”とはコーランに記述はありません。

むしろコーランにおいては異教徒への弾圧や強姦は厳しく戒められています

過激派が繰り返す性暴力は、名誉殺人などに代表されるイスラム文化の女性差別も下地にあるとも言われます。

ですが破壊行為が許容どころか賛美され、しかも天国行きが確約されているとなれば、暴虐に傾いていくのはある意味人間の自然な姿なのかもしれません。

特に戦時性暴力と呼ばれる暴行は大きな戦略的効果を発揮します。

かつてノーベル平和賞候補にも挙がったコンゴのムクウェゲ医師は「性暴力はコミュニティを破壊するテロリズムだ」と発言しました。

戦争において女性達は多くの場合、強姦の上に奴隷にされる、辱められる、体をひどく傷つけられるなどして心身に重大な傷を負います。

救出されてももはや元の生活には戻れず、周囲も簡単にそんな女性を受け入れられません。

女性が再起不能となった集団は大きく動揺し弱体化します。

この原因は、出産し育む女性の肉体性による面も大きくあるでしょう。

戦時性暴力は古代から現在に至ってもコンゴやメキシコなど世界中で繰り返されており、敵への有効性が実証されてきました。

それは同時に、人間が消費財でしかない戦争のむごさ、空々しさを浮き彫りにしています。

「彼らは私達をレイプし、私達は彼らを殺す」と掲げる女性兵士の存在は、そんな性暴力に対する最大のカウンターであり皮肉と言えます。

バハール達は信念の元に子を産み、励まし合い、我が子を取り戻すために戦い抜きます。

マチルダもやはり、娘への思いを支えに真実を求めて戦地へと身を投じました。

そこにはっきりと象徴されるのは、命を育む者と根絶やしにする者、二者の熾烈な対立です。

女性兵士の戦いがこの先どのような結末を迎えるのか、そもそも終わりは来るのか。

それはまだ分かりませんが、性暴力がもたらす傷について、そして彼女たちは何のために闘ったのかを描いた記録として本作は大きな意味を持っています

スポンサーリンク

まとめ


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)
家族と尊厳を取り戻す為に闘う女性を、質実かつ力強く描写した映画『バハールの涙』。

本作は女性が主人公の映画でしたが、長く続く内戦は男女を問わず、確実に人々の心を蝕んでいるでしょう。

本作において略奪を繰り返し、女性を金に換える兵士達は決して幸福には見えませんでした。

弱者を弾圧するたびに加害者の精神もまた荒廃していく、そんな様が手に取るように感じられます。

ですがその荒廃に抵抗する女性達の姿は、苦しみの中に希望が育っていく奇跡をしっかりと見せてくれました

映画『バハールの涙』は1月19日(土)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショーです。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

NETFLIX映画『砂の城』ネタバレ感想と考察評価。実話だからこそ描けた「いち兵士」から見た”戦場の現実”

NETFLIX映画『砂の城』 様々な社会問題を正面から捉えた作品を多く世に排出する映像配信サービス「Netflix」。 今回は愛国心も義務感も薄い1人の兵士から見た「イラク戦争」を描いた映画『砂の城』 …

ヒューマンドラマ映画

『ラッシュ/プライドと友情』動画無料視聴!ネタバレと実話の評価は

『インフェルノ』『白鯨との闘い』など、大味な作品を手がけるイメージの強いロン・ハワード監督。 そんな監督が、実在のF1レーサー、ジェームズ・ハントと、ニキ・ラウダの熱い戦いと、そこから芽生える男らしい …

ヒューマンドラマ映画

映画『孤狼の血』ネタバレ感想と結末解説の評価。タイトルの意味から刑事と暴力団の歪な関係を解く

白石和彌監督×作家柚月裕子 役所広司・松坂桃李で描く映画『孤狼の血』 映画『孤狼の血』は、広島を舞台に「警察小説×『仁義なき戦い』」と評された柚月裕子の同名小説を描いたものです。監督は『凶悪』(201 …

ヒューマンドラマ映画

映画『わたしはダフネ』感想評価と解説レビュー。感動の家族愛でダウン症の娘とその父親が喪失感から立ち直る姿を描く

 映画『わたしはダフネ』は2021年7月3日(土) より、岩波ホールほかにて全国順次公開予定。   母を亡くしたことをきっかけに、生活が急変してしまった父ルイジと娘ダフネの喪失と克服を描いたヒューマン …

ヒューマンドラマ映画

映画『そして父になる』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【福山雅治×是枝裕和代表作】

是枝裕和監督と福山雅治がタッグを組んだ映画『三度目の殺人』が話題ですね。 その原点といえる是枝監督の代表作『そして父になる』9月16日にフジテレビ系土曜プレミアムで放送。 病院で子どもを取り違えられて …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学