Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/14
Update

Netflix『全裸監督』第5話あらすじネタバレと感想。AV女優の黒木香がデビュー!|パンツ一丁でナイスですね〜!5

  • Writer :
  • 白石丸

連載コラム『パンツ一丁でナイスですね〜!』五丁目

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』が2019年8月8日より配信中です。

伝説のAV監督村西とおるを描いた本シリーズ。

前話で自分の出生の秘密を知った恵美。第五話「開花」ではついに彼女が黒木香として強烈なデビューを果たし、村西とおるの代表作が誕生します!

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』記事一覧はこちら

ドラマ『全裸監督』の作品情報


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』

【総監督】
武正晴

【監督】
河合勇人、内田英治

【原作】
本橋信宏

【脚本】
山田能龍、内田英治、仁志光佑、山田佳奈

【キャスト】
山田孝之、満島真之介、森田望智、柄本時生、伊藤沙莉、冨手麻妙、後藤剛範、吉田鋼太郎、板尾創路、余貴美子、小雪、國村隼、玉山鉄二、リリー・フランキー、石橋凌

【作品概要】
80年代、ビニ本ブームを爆発させ、49番目の体位“駅弁”を生み出し、AVという言葉を日本に定着させた男・村西とおる。

エロで外交問題を起こし、前科7犯、アメリカでは懲役370年を求刑された生きる伝説を描く、Netflix限定配信ドラマ『全裸監督』が配信中です。

村西を演じるのは日本を代表する怪優となった山田孝之。

村西と深い絆で結ばれる有名女優・黒木香を演じるのはオーディションで抜擢された森田望智。

その他、満島真之介、玉山鉄二、リリー・フランキーをはじめ、カメオ出演まで含めてそうそうたる豪華キャストが出演しています。

総監督は『百円の恋』(2014)『リングサイド・ストーリー』(2017)『銃』(2018)の武正晴。

演技、演出と同じく、80年代の日本を見事に再現した美術も見所のひとつ。

すべてが世界基準のアウトロー一代記です。

ドラマ『全裸監督』第五話「開花」のあらすじとネタバレ

恵美は、図書館でイタリアへの留学費用を計算していました。

その頃、池沢は各メーカーを呼び、日本アダルトビデオ規制委員会を設立させ、モザイクの基準を制定し、それに従わない会社の作品は販売させないことに決定。

トシは古谷の元を訪れて、池沢の圧力で女優が出演してくれなくなっている現状を訴えます。

古谷は「表の世界を牛耳るのは資本力のある奴らだ。でも最後に勝つのは表も裏も牛耳った奴だよ」とトシの肩を揉みますが、不穏な空気を感じたトシはその場を去りました。

村西と川田は池沢に呼び出され、モザイクが薄いサファイア映像の作品は修正しなければビデオ委員会には加入できないと言われてしまいます。

それは作品の流通を止められてしまうことを意味し、資金面も苦しいサファイア映像は窮地に立たされていました。

恵美は丸一日無断で家を空けたため、母に咎められます。

恵美は納戸で見つけた母の愛人時代の写真を見せ、「私もお母さんのように好きに生きると決めました」と言い放ち、翌日サファイア映像の事務所を訪れます。

アダルトビデオに出演したいと告げる恵美を、村西たちは歓迎。

面接中、出演理由を聞かれた恵美は「厭らしくて、汚いかも知れない自分をそのまま出したい」と語ります。

抱きしめて安心させて欲しいという恵美を、村西は抱きしめました。

村西はふと好きな色を彼女に問います。黒と答えた恵美に、村西は「黒木香」の女優名を授けました。

恵美改め黒木香は上着を脱ぎ、生えっぱなしになった腋毛を晒します。そのままで素敵だと伝える村西。

一旦撮影を止めて、最高の準備をしてから黒木香のデビュー作を撮ることになりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『全裸監督』第五話「開花」ネタバレ・結末の記載がございます。『全裸監督』第五話「開花」をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

日本アダルトビデオ規制委員会の規定通りモザイクは守るが、抜け道を作ると言った村西は、トシに笛を買って来させました。

村西は、香に手の動きの情感と目を閉じないことを指導し、自分も男優として出演するためパンツ一丁になります。

川田たちは戸惑いますが、村西はいつの間にかセールストーク時の独特の喋り方になって「人前でしゃべるのは得意です。昔はトップセールスだったんですよ」と笑いました。

カメラが回り、撮影開始。

村西はトシが買ってきた笛を香に渡し、「まあまあ気持ちよくなってきたら一回、もっと感じたら二回、たまらなくなったら三回吹いてください」と説明しました。

荒々しく抱いて欲しいとねだる香に、村西はエスコートしつつ彼女の要望に応えます。香は何回も笛を吹き、獣のように乱れました。

ですがだんだん香がSEXの主導権を握っていき、村西は余裕が無くなってしまいます。

撮影を終えたあとも、香は自慰を始め、それを止めようとした村西に抱きつき、またSEXが始まってしまいます。

再びカメラを回し、二回戦も撮影。村西は必死で彼女を抱きました。

撮影素材を見た村西たちは、今まで無かった女性主導の作品になっていることに驚きます。モザイクは濃くしましたが、笛の音が十分想像を掻き立てました。

母は香のスケッチを見て、娘の欲望を目の当たりにします。帰宅した香は、イタリア留学は自分がアダルトビデオで稼いだ金で行くと宣言。

怒り狂った母はビデオ規制委員会に乗り込み、すぐに出演作品の販売を辞めろと騒ぎました。

委員会の人間が母とともにサファイア映像へやってきます。面接初日に撮影したことなどを指摘し、香のデビュー作は販売中止になってしまいました。

村西は承諾し、母親に謝罪。ビデオは全て事務所に返品され、サファイア映像の売上はゼロに。

喫茶店で香と会った村西は、母の事を謝る彼女に、撮影時のことを褒め称え、香も笑顔で応えました。

その夜、事務所で脚本を書いていた村西に、川田は資金面のことを悲観的に語ります。

しかし村西は米ポルノ雑誌ハスラーの表紙を見せて、ポルノスター女優を使ってハワイで撮影するアイデアを話しました。

川田は彼の誇大妄想に怒りますが、村西は自分の撮りたいものを撮ると言い切ります。

2人が口論をしていたところにトシが現れ、川田をたしなめました。川田は村西のアイデアを承諾しますが、次に失敗したら会社は終わると念を押します。

翌日、三田村たちに撮影プランを熱く語る村西を、川田は苦々しげな表情で見つめていました。

ドラマ『全裸監督』第五話「開花」の感想と評価


Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』

タイトル通り、これまでずっと性への異常なまでの執着を見せていた恵美が、“黒木香”として完全に開花する五話。

とにかく今話は村西と黒木香の絡みの場面の凄さに尽きます。

黒木香のデビュー作『SMぽいの好き』は当時ビデオ評論家たちにも大絶賛され、一般週刊誌にも取り上げられるほど話題となりました。

原作の『全裸監督 村西とおる伝』では、作者の本橋信宏が「平凡パンチ」で村上龍と黒木香の対談のまとめ役をしたエピソードまで載っています。

それほどまでに凄まじかった黒木香と村西とおるの絡みを本作『全裸監督』は逃げずに再現してみせました。

黒木香役の森田望智は、腋毛を生やしているのはもちろん、上品な佇まいからの獣のような乱れぶりへの変貌は必見で、まさに体当たり演技。

それを受ける山田孝之もモードを完全に切り替えて、村西とおる節を炸裂させます。

そもそも日本の映倫審査では、男が腰をカクカク動かしただけでR18指定にされてしまうので、劇場映画でもここまでリアルな濡れ場を見ることはなかなかありません。

香と村西の絡みを見て驚く、撮影現場のキャラクターたちのリアクションも絶妙で、エロさよりも常軌を逸した激しさが際立ちました。

ドラマ全体のターニングポイントになるようなシーンであり、天才対天才の頂上決戦のように撮られていて作り手の気合がこもっているのが伝わります。

その撮影が始まる前の、香が自分をさらけ出してそれを村西が優しく受け止める場面は、後のシーンと対比する、とてもロマンチックな雰囲気で撮られており、心に残りました。

ここで彼女が言う「本当の自分でいたい」というセリフは、人間のありのままを撮ることを追求した村西を描く、作品全体のテーマを表しています。

まとめ

参考:Netflix Japanの公式ツイッター

激しい絡みを経て作品を出してもまだまだ村西たちの苦難は終わりません。

既存の規制の壁や、理解してくれない人間の壁はどこまでも高く立ちはだかるのです。

しかしそれでも前を向いて、作品で取り返そうとする村西の姿に勇気をもらう人は多いのではないでしょうか。

ちなみに彼がハワイで海外の女優と撮影したいと言い出すのは唐突に感じるかもしれませんが、第一話の冒頭で村西がハスラーで自慰をしている場面があったり、三話で歌舞伎町にやってきた時にハワイ旅行のポスターが貼ってあったりと伏線が巧妙に貼られていたんです。

果たして村西たちの撮影は成功し、サファイア企画を再建できるのか。村西たちと池沢の間で暗躍する古谷の思惑にも注目です。

第六話「誇大妄想」の記事をお楽しみに!

Netflixオリジナルシリーズ『全裸監督』は2019年8月8日から全世界で配信中です。

【連載コラム】『パンツ一丁でナイスですね〜!』記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

『アポストル 復讐の掟』感想と考察。映画における「宗教」の描かれ方を考える|SF恐怖映画という名の観覧車20

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile020 『ザ・レイド』(2011)の監督として世界で有名になったギャレス・エヴァンスによるNetflixオリジナル映画『アポストル 復讐の掟』( …

連載コラム

スター・ウォーズや宇宙大作戦が育んだ「スペースオペラ」の礎と可能性|SF恐怖映画という名の観覧車3

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile003 映画好きでなくとも知っている映画シリーズ、「スター・ウォーズ」。 シリーズ7作目である『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で …

連載コラム

『フジコ・ヘミングの時間』ピアニストたちの奏でる人生とは|映画と美流百科3

連載コラム「映画と美流百科」第3回 (C)2018「フジコ・ヘミングの時間」フィルムパートナーズ 今回ご紹介するのは、ドキュメンタリー映画『フジコ・ヘミングの時間』(2018/日本)です。 フジコさん …

連載コラム

映画『来る』解説。中島哲也と岡田准一の新境地を日本ホラー観点から解く|SF恐怖映画という名の観覧車26

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile026 『リング』(1998)や『着信アリ』(2003)など、和製ホラーはハリウッドでもリメイクされ、世界でも人気のジャンルの1つです。 「音」 …

連載コラム

高校球児にこそ観てほしい野球映画。そこで知る再起の姿勢とは|映画道シカミミ見聞録8

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第8回 (C)Disney こんにちは、森田です。 夏の甲子園がはじまり、全国の若き高校球児たちが頂点を目指して白球を追いかけています。 その姿は野球に縁のない人々の …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP