Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2019/01/21
Update

『バハールの涙』ネタバレ感想レビュー。実話を基にした映画でゴルシフテ・ファラハニバが演じた女性の強さとは

  • Writer :
  • 福山京子

2018年ノーベル平和賞受賞者ナディア・ムラトの言葉によって、全世界に性暴力の被害の実態が訴えられました。

映画『ババールの涙』は、ナディアと同じ境遇を持ち、捕虜となった息子を助けるために銃を取り立ち上がったクルド人の女性たち。

そして、紛争地の現実を伝え続ける隻眼のジャーナリストの真実の物語です。

スポンサーリンク

映画『バハールの涙』の作品情報


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)

【公開】
2018年(フランス・ベルギー・ジョージア・スイス合作映画)

【原題】
Les filles du soleil

【脚本・監督】
エバ・ユッソン

【キャスト】
ゴルシフテ・ファラハニバ、エマニュエル・ベルコ、ズュベイデ・ブルト、マイア・シャモエビ、エビン・アーマドグリ、ニア・ミリアナシュビリ、エロール・アフシン

【作品概要】
“世界で最も美しい顔100人”トップ常連であり、イラクを代表する女優『パターソン』(2016)のゴルシフテ・ファラハニが、捕虜となった息子の救出のためISと戦うこととなったクルド人女性武装部隊のリーダーを演じるドラマです。

『青い欲動』(2014)のエバ・ウッソン監督が、自らクルド人自治区に入り、実際に女性戦闘員たちの取材にあたって描きました。

ジャーナリスト・マチルダは、カンヌ受賞歴もある演技派、エマニュエル・ベルコが務めます。

2018年、第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作品です。

映画『バハールの涙』のあらすじとネタバレ


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)

埃まみれの女性が目を閉じて横たわり、動揺しつつも放心した状態で佇んでいます。

2014年8月3日。棚引く白と黒の煙が画面いっぱいに広がります。

時は遡り、11月11日、隻眼の女性が部屋から電話をしています。

パソコンの画面には、夫と娘の写真が写っています。

彼女は、フランスの戦場記者マチルドで、ジャーナリストの夫を紛争地で亡くし、自らも地雷の爆破で右目を失明してしまいました。

彼女は、コルディン町のクルド自治区のに行き、そこで取材のために女性武装部隊「太陽の女たち」のリーダー、バハールに出会います。

マチルドは、バハールに部屋を案内されますが「ここは地下道に繋がっているから、寝るときは銃を持って」と冷たくあしらわれます。

地下道を塞いで欲しいと不安がるマチルドに、バハールは夜は冷えるので毛布を被ってと言って去っていきます。

その夜マチルドがなかなか寝付かれずにいると、そばにバハールが横に座り、マチルドに何故ここに来たのか尋ねます。

マチルドは、自分の過去と喪失感に苛まれる日々、そして娘を本国に置いても真実を伝え続ける思いをバハールに語ります。

その日から、マチルダはバハールの最前線で動き回る背後にぴたりと付き、バハールたちの写真や映像を収めていきます。

バハールも少しずつマチルドに心を許し、自ら過去を回想し語り始めます。

クルド人自治区コルディンで、弁護士のババールは夫と息子と幸せな生活を送っていました。

ある夜その町でIS(イスラム国)の襲撃を受け、男性は皆殺しとなり、女性と子ども達は奴隷として連れて行かれます。

バハールも息子と共に数人の女性と奴隷として売られ、その家で息子を連れ去られました。

バハールたちは日々性奴隷として扱われ、バハールの妹は自殺をします。

ISの主人は、クルドの女性たちに飽きると売買を繰り返しました。

コルディンの自治政府軍と話し合うリーダーのバハールが映し出されます。

バハールの横でマチルダの取材を続けています。

バハールは、丘を越えて向かわなければ、地下道を通ってISたちが夜にやってくると強く主張しますが、丘を越えることは多くの犠牲者が出る。アメリカの空爆がもうすぐあるので待てと自治政府軍の主要メンバーに止められます。

夜、薪の火の元に女性部隊メンバーが集まって銃を持ちながらも、踊り歌います。

1人の女性ラミアが、マチルダに「バハールしか、リーダーはできないわ」と呟きます。

あるISの主人の家で、バハールはクルド人の女性代議士ダリアのインタビューを目にします。

ダリアはバハールの弁護士時代の上司で、ダリアは性奴隷の女性たちに「必ず助けだすから、何とかして私に電話をして」と訴えかけます。

バハールは何度も彼女の電話番号を暗唱し、主人の充電器を手に入れ、ダリアとの連絡に成功します。

バハールに見つかったら殺されると何度も訴えていたラミアは、妊婦となっていました。

ISの祈りの集会の日、いよいよ脱出が決行されます。

以下、『バハールの涙』ネタバレ・結末の記載がございます。『バハールの涙』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)

 
家の外に車が待機し、バハールたちは決死の覚悟で車に逃げ込みました。

祈りの時間は10分で、バハールは時計を確かめます。

バハールたちは近くの家に匿われ、すぐに追手がやってきましたが、家の主人は知らないと押し返します。

地下室でバハールたちは一時生活をして凌ぎますが、ラミアが破水しハバールが励まします。

ある夜、銃声が聞こえないと怪しむバハールの声に、女性たちは銃を持ち身構えています。

明け方ISの奇襲を受け、部隊の犠牲者が出てましたが、捕虜を捕まえます。

「女性に殺されると、天国に行けないのよ」とバハールは、マチルダに微笑みます。

バハールの回想が映し出されます。

車が止まり、ここから30メートル先に自由へのボーダーが見えます。

手引きしてくれた相手に感謝を述べたバハールは産気づくラミアを抱きかかえ、「あと20歩、一緒に数えるのよ」と励まします。

ボーダーの向こうにダリアの待つ姿が見え、バハールは歩けず倒れるラミアを抱きながら、ダリアの元へ辿り着きました。

その場所でラミアは赤子を産み落とします。

その後、娘の誕生を喜び合うバハールにラミアは被害者でいるより、戦いたいと伝えます。

バハールは、ラミアの言葉に心を動かされ、拉致された息子を助け出すために武器を持って戦う決意をしました。

捕虜の話から、バハールは丘の向こうの街に拉致された少年たちがIS戦闘員として養成される「小さき獅子たちの学校」があることを知ります。

バハールは再び自治政府軍と話し合い、ハバールの部隊はマチルダとともに学校のある街まで地雷が仕掛けられている地下道を、捕虜を先頭にして向かいました。

長く暗い地下道で緊張しながら進むバハールは、捕虜の異様な動きを察知し、すぐに部隊を止めたその瞬間目の前が爆発し、多くの女性が吹き飛ばされました。

部隊の1人が犠牲になり、捕虜も行方がわからないまま、部隊は地下道を突破し学校に潜入します。

銃を向ける少年たちが、銃を置いてバハールの方へ走ってきますが、バハールの息子の姿はありませんでした。

部屋の奥から音が聞こえ、部隊はさらに進んでいきます。

廊下の部屋の前で銃を構えるハバールとマチルダの目が合った途端、すさまじい爆発音が響きます。

ドアやガラスが飛び散る中、ハバールもマチルダも飛ばされ、2人は瓦礫に埋もれます。

砂煙が舞う中、砂塵に塗れたバハールがゆっくり起き上がるのを、マチルダが目にします。

ハバールの元に息子が駆けつけます。

放心状態のハバールの頬に涙が伝いました。

自治区政府軍の援軍がすぐに駆けつけ全員を助け出し、助け出されたマチルダの車に向かって、息子を抱いたバハールが手を振っています。

スポンサーリンク

映画『バハールの涙』の感想と評価


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)

冒頭の砂塵に塗れた女性の顔のあまりにもの美しさと、強い静寂ささえもを感じる映像に息を呑みました。

これが映画を観終わった後に、映画のすべてを映し出していることに更に驚きを隠せず、しばらく余韻に浸ります。

この女性が放つ美しさと強さはどこから来るのか。本作の主人公バハールの背景となるものを辿っていきます。

バハールの強さと美しさの背景

本作で描かれている出来事は、ISに拉致され、性的虐待や暴力を受けるなどの極限状態に置かれたことを訴え、人権活動家として2018年ノーベル平和賞を受賞したヤズディ教徒、ナディア・ムラドさんの体験と重なります。

2014年8月3日、ISはヤズディ教徒を虐殺するためイラク北西部のシンジャル山岳地帯の村々に奇襲攻撃を仕掛けます。

ヤズディ教徒とは、シンジャル山脈という自然の要塞に守られた山岳地帯で、ヤズディ教という独自の宗教を守り続ける人々のことで、ISの過激なイスラム教徒にとって異教徒として、迫害せれてきた歴史がありました。

侵攻された時に50万人のヤズディ教徒が他国へ脱出しましたが、逃げ遅れた男性は殺害され、7000人以上の女性と子ども達は拉致されました。

本作のように、女性たちは性的虐待を受け奴隷として売られ、少年たちはバハールの息子のように、幼い頃から人を殺すことを学ぶ戦闘員養成学校へ送られました。

この映画に描かれていることは事実に基づくものであり、観るものは、バハールの語る深い眼差しと強いカリスマ的リーダー性に導かれ、その事実と衝撃を真摯に受け止めることができます。

映画の中で、バハールは自分の息子を助けるために銃を取ったと語りますが、実際にバハールと同じように愛するものを奪われ、戦いに身を投じた女性にエバ・ウッソン監督は出会っています。

実際にムスリムは女に殺されると天国に行けないと信じられていて、女性部隊に恐れ慄いていることも知ります。

ゴルシフテ・ファラハニバが演じるバハールは、監督が出会った女性たちの証言から作り上げた人物です。

人身売買を何度も繰り返されたある女性が、勇気を奮い起こし、信じがたい優しさと強さを持って監督に語った事実が、バハールの美しいまでの強さを映像に押し出しました。


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)

映画に出てくる戦場記者マチルダは、片眼を失明しPTSDを患いつつも世界の紛争を報道し続けた女性ジャーナリスト、メリー・コルヴィンと、へミングウェイの3番目の妻で従軍記者として活動したマーサ・ゲルホーンがモデルとなっています。

夫を失った喪失感に苛まねながらも、真実を追求するジャーナリストのマチルダを、女優であり監督でも活躍するエマニュエル・ベルコが熱演しています。

彼女の「娘がいるから頑張れる」という真剣な表情に圧倒されます。

紛争地帯に真実を追求し取材を続ける姿に、バハールも背中を押されていきます。

「人が信じたいのは、将来の夢や希望。必死で悲劇から目を背ける、それでも真実を置い伝え続けないと」

そう語るマチルダの言葉で、バハールの心に明かりが灯され、自らを語り一歩を踏み出していきます。

まとめ


(C)2018 – Maneki Films – Wild Bunch – Arches Films – Gapbusters – 20 Steps Productions – RTBF (Television belge)

バハールの心の奥の声を救った瞬間は、後半バハールが産気づいたラミアを抱きかかえボーダーの前に佇み、自由な世界へと解き放たれる場所まで30メートルを歩くシーンです。

まさに女性が自由を求めて命がほとばしるクライマックスです。

ボーダーを超えるや否や赤子を産み落としたラミアは「被害者ではなく、戦いたい」とバハールに語ります。

その瞬間、バハールは確かに自分の魂の声を聞いたのでしょう。

そして、夜に女性武装部隊が踊り歌っていた魂の歌声と重なります

女性武装部隊の名前は、仏語で「Les filles du soleil」

意味は、命の源である「太陽の女性たち」、本作のテーマソングのタイトルとなっています。

「太陽の女性たち」が、歌いながら扮装地帯を突き進む映像が、最後まで心に残ります。

命と自由の時代を求めて、新しい時代を掴むために、美しい映像の中で、生き抜く魂の叫びをバハールと共に身体全体で感じに行きませんか。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『猿(Monos)』あらすじネタバレと感想。少年兵役は800人から選ばれた演技経験の殆どない7人

2019年度サンダンス映画祭の審査員特別賞『Monos(邦題;猿)』 映画『猿 (原題:Monos)』は、南米の山頂にキャンプを張る少年兵を描いた物語。 上官から猿と呼ばれる彼等の仕事は、人質として拘 …

ヒューマンドラマ映画

『プリズン・エスケープ』映画考察と評価解説。“木製の鍵”で自由と解放を求めた男たちの驚きの実話を描く

ダニエル・ラドクリフが実在の脱獄囚を演じるポリティカル・スリラー 自由と平等を求めて“木鍵”使って脱獄を企てた男たちの実話 「ハリー・ポッター」シリーズ(2001~11)のダニエル・ラドクリフ主演最新 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ドッグマン』あらすじと感想。実話を基に結末まで説得力のある人間関係の闇を活写!

映画『ドッグマン』は2019年8月23日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国ロードショー! イタリアの片田舎で犬のトリミングサロンを営みながら、平穏に暮らしていたマルチェロ。しかし一方で彼 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アイリッシュマン』のあらすじネタバレと感想。マーティンスコセッシ監督とデ・ニーロらキャストで描く極上の演技合戦

暴力と裏切りの支配するアメリカ裏社会の男たちの生き様を描く映画『アイリッシュマン』 映画『アイリッシュマン』は2019年11月27日からNetflixにて配信。 『グッドフェローズ』(1990)『カジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『サンキューフォーカミング』ネタバレあらすじと感想。吉田真由香が描く女性の生き方と親子の関係性

『サンキューフォーカミング』は2020年2月15日(土)より新宿 K’s cinemaにて1週間限定ロードショー。 子どもが親を選べないと思ってたんだけど違うみたい。 不倫をきっかけに初めて自分の人生 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学