Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2020/06/17
Update

映画『のぼる小寺さん』あらすじ感想と考察評価。工藤遥がボルダリング女子を演じる

  • Writer :
  • 村松健太郎

映画『のぼる小寺さん』は2020年7月3日(金)ロードショー

映画『のぼる小寺さん』は、ボルダリングに青春をかけるヒロイン小寺と彼女に影響を受け、自分の青春時代を燃やす“何か”を見つける若者たちの姿を描いた青春劇です。

監督は古厩智之、脚本は吉田玲子という青春劇の達人が、珈琲による話題のコミック『のぼる小寺さん』を映画化しました。
 
ヒロイン小寺には元「モーニング娘。」のメンバーでその後女優に転身、特撮モノ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』で注目を浴びた工藤遥。映画初主演を務めます。

共演に『悪の華』『東京ラブストーリー』の伊藤健太郎、『恋はつづくよどこまでも』『十二人の死にたい子どもたち』の吉川愛、鈴木仁、小野花梨など。

映画『のぼる小寺さん』の作品情報

(C)2020「のぼる小寺さん」製作委員会 (C)珈琲/講談社

【公開】
2020年(日本映画)

【原作】
珈琲

【脚本】
吉田玲子

【監督】
古厩智之

【キャスト】
工藤遥、伊藤健太郎、鈴木仁、吉川愛、小野花梨、両角周、田中偉登、中村里帆、小林且弥

【作品概要】
「珈琲」による話題のコミック『のぼる小寺さん』を古厩智之監督、吉田玲子脚本という青春劇の達人が映画化しました。ボルダリングに青春をかけるヒロイン小寺と彼女に影響を受け、自分の青春時代を燃やす“何か”を見つける若者たちの姿を描いた青春劇。

ヒロインの小寺役に工藤遥、共演に伊藤健太郎、吉川愛、鈴木仁、小野花梨など若手注目キャストが揃いました。

映画『のぼる小寺さん』あらすじ

(C)2020「のぼる小寺さん」製作委員会 (C)珈琲/講談社

クライミング部に所属している小寺さんは大好きなボルダリングに夢中。小寺さんは何事にも一生懸命だけど、球技は苦手で、鉛筆はナイフで削る風変りな一面の持ち主です。

卓球部員としてクライミング部の練習風景を隣で見ている近藤。

なんとなくやる気もなく部活に所属していた近藤でしたが、自分の目標・目の前の壁に対して一心不乱に挑み続ける小寺さんの姿を見て徐々に影響を受け、知らず知らずのうちに小寺さんに惹かれていきます。

しかし、小寺さんの独特の存在に惹かれていたのは近藤だけではありません。中学から小寺さんと同じ四条、ネイルが趣味で不登校気味のギャル系女子梨乃、密かに小寺さんの姿を写真に収め続けるありか。

小寺さんの不器用だけど一生懸命な姿に影響を受けて、周りの人たちの心もまた動き出していきます。

映画『のぼる小寺さん』の感想と評価

(C)2020「のぼる小寺さん」製作委員会 (C)珈琲/講談社

映画『のぼる小寺さん』をはじめ、『ロボコン』(2003)『武士道シックスティーン』(2010)などの古厩智之監督と『きみと、波にのれたら』(2019)『映画聲の形』(2016)の脚本を手掛けた吉田玲子のコンビが新たに送り出す青春劇です。

原作はコミックということもあって、過去にも数多くあった学園モノ、青春モノとカテゴライズされがちですが、この『のぼる小寺さん』はこれまでの作品とは一線を画すといいますか、一味違う映画に仕上がっています。

約4カ月のトレーニングを経て本格的にボルダリングに挑む工藤遥の独特の存在感、この世代では頭一つ抜けた感のある若きテクニシャン伊藤健太郎、子役時代のイメージを脱却して新たなステージに入りつつある吉川愛などなど、ホープという言葉がぴったりな面々が揃いました。

映画の中で白眉にあたるのは文化祭のシーンでしょう。小寺さんの純粋さ、シンプルさを一瞬で表すシーンで、クライマックスでも何でもない一風景の描写ですが、とても心に響きました。

まとめ

(C)2020「のぼる小寺さん」製作委員会 (C)珈琲/講談社

他人から見れば無駄に見えるかもしれないモノに熱中する青春という時代。時に無駄な努力として切り捨てられることもありますが、この映画『のぼる小寺さん』はそんな青春時代を全肯定してくれる映画です。

進路調査票にプロのクライマーと素直に書いてしまう小寺さん。とりあえずはそれを目指してみますと言い切る小寺さん。

工藤遥の好演もありますが、この突き抜け感はとても心地よく、周りの人間が彼女にいい意味で影響を受けるのもわかる気がします。

また、その時、小寺さんがある方向に変にあれこれ言ったり導いたり、諭したりしないのも好感が持てます。とても爽やかな風が吹くような映画で、今年の一本に選びたくなる作品になりました。

映画『のぼる小寺さん』は2020年7月3日(金)ロードショー



関連記事

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ 護られなかった者たちへ】結末ラスト感想と考察解説。本格ミステリーとして佐藤健と瀬々敬久監督が社会保障の落とし穴を暴く

佐藤健が殺人事件の容疑者を熱演する社会派ミステリー 『護られなかった者たちへ』は、作家中山七里の同名小説を『8年越しの花嫁 奇跡の実話』の主演・佐藤健と瀬々敬久監督のコンビで映画化したものです。 東日 …

ヒューマンドラマ映画

映画『エレファント』ネタバレ感想とラスト結末のあらすじ。タイトルの意味解説とガス・ヴァン・サントは日常の闇を如何に描いたか

“キスも知らない17歳が銃の撃ち方は知っている”…ガス・ヴァン・サント監督の代表作のひとつ映画『エレファント』。 ガス・ヴァン・サント監督の演出による映画『エレファント』は、2003年の第56回カンヌ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ガチ星』あらすじネタバレと感想。結末まで安部賢一の熱演と江口カン監督の演出が光る

競輪発祥の地である福岡県の小倉を舞台にした映画『ガチ星』。 演出は福岡発ドラマ『めんたいぴりり』の江口カン監督が務め、主演の濱口役には実際に競輪選手を目指したこともある安部賢一、そのライバル久松役は映 …

ヒューマンドラマ映画

映画『八日目の蝉』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。井上真央×永作博美の演技が角田光代原作を見事に昇華

映画『八日目の蝉』は日本アカデミー賞では作品賞を含む10冠を獲得。 映画『八日目の蝉』の原作は、ベストセラーとなった角田光代原作の同名小説。 「愛する人の子供を一目見たかった」最初はたったそれだけだっ …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】マイ・ブロークン・マリコ|あらすじ結末感想と評価解説。永野芽郁×奈緒で描く“親友の遺骨”と旅する女

永野芽郁と奈緒主演『マイ・ブロークン・マリコ』 『百万円と苦虫女』(2008)、『ふがいない僕は空を見た』(2012)のタナダユキ監督。 彼女が『浜の朝日の嘘つきどもと』(2021)の次の作品に選んだ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学