Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/04/25
Update

ドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』あらすじ。伝説のフラメンコダンサーとは

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ドキュメンタリー映画『ラ・チャナ』は、2018年7月21日(土)よりヒューマントラスト有楽町、アップリンク渋谷ほか全国順次公開

公開されたチャーミングな表情を見せる女性は、現在71歳、伝説のフラメンコダンサーのラ・チャナ

“笑い、吠え、踊り、生きる!”と形容詞されたラ・チャナの真実に迫るドキュメンタリーは、 結婚、出産、キャリアの頂点での引退、どん底からの復帰と、そして迫りくる老いを見つめます。

ラ・チャナの波乱に満ちた人生とは、そして彼女の情熱の源とは何か?

スポンサーリンク

映画『ラ・チャナ』の作品情報


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions

【公開】
2018年(スペイン・アイスランド映画)

【原題】
La Chana

【監督】
ルツィア・ストイェヴィッチ

【キャスト】
ラ・チャナ、アントニオ・カナーレス、カリメ・アマヤ


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions

映画『ラ・チャナ』のあらすじ


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions
若くしてその才能を開花させたラ・チャナ。

本名はアントニア・サンティアゴ・アマドールと言い、18歳で結婚した後出産。

夫がマネージャーとなり、フラメンコダンサーの活動をつづけていました。

シュルレアリスムの代表的な天才画家サルバドー・ダリを魅了させてるラ・チャナ。

そして、1968年の映画『無責任恋愛作戦』で歌う闘牛士フワン・バウチスタ役を演じた名優ピーター・セラーズと共演すると、彼をも魅了し、映画の都ハリウッドへと招かれます。


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions

しかし、封建的なヒターノ(ジプシー)社会で女性が自らの意見を言うことは許されず、彼女がハリウッドに進出することはありませんでした。

その後も、情熱で多くの人たちを魅了し尽くすラ・チャナの人気は衰えることを知りません。

テレビ出演や世界ツアーなど、彼女はすべてのアーテストが目指す頂点に立ちました。

そんな、ある日、突然、表舞台からラ・チャナは姿を消します…。

本作『ラ・チャナ』では、彼女をとりまく状況を、ラ・チャナ本人へのインタビューや周囲の証言、残された映像や資料とともに丁寧に解き明かしていく作品です。


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions

スポンサーリンク

映画『ラ・チャナ』の感想と評価


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions
本作に登場するラ・チャナの素顔に迫る遍歴は、結婚、出産、キャリアの頂点での引退、どん底からの復帰と、迫りくる老いによって描かれています。

現在71歳になった伝説のフラメンコダンサーの女王と呼ばれるラ・チャナの半生に潜む波乱と情熱の源に映画は迫っていきます。

また、栄光の裏側にあるのは、男性社会で女性が活躍することの難しさや過去の家庭内暴力、そして、どん底からの復帰と、人生を共に歩む運命の相手との出会いなども見つめていきます。

ラ・チャナの人生は困難に満ちたものだったかもしれないが、彼女は絶望すら受け入れ、前に進む強さを教えてくれます。

スクリーンから溢れるラ・チャナの魅力は、激しい彼女のリズムとパワフルな踊り、そして何よりも会話から感じるチャーミングな人柄です。

その生み出す言葉のひとつひとつが、きっと、あなたを魅了するはずです。


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions

まとめ


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions
世界中の人々を虜にした伝説のフラメンコダンサー、ラ・チャナの波乱の人生を描くドキュメンタリー。

ラ・チャナのチャーミングでユニークなキャラクターと、それとは逆にリズムを刻めば、ストイックなフラメンコダンサーの顔が彼女の全ての魅力を表現して見せてくれることでしょう。

キュートでパワフルなラ・チャナの幸せな日々を映し出しつつも、彼女の平坦ではなかった1人の女の人生に迫ります。

笑い、吠え、踊り、生きる!ラ・チャナに注目です!

スポンサーリンク

世界の映画祭で映画賞の賞賛


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions

アムステルダム国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ブダペスト国際ドキュメンタリー映画祭 観客賞受賞
ガウディ賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
フェロス賞 最優秀ドキュメンタリー賞受賞
ドック・オブ・ザ・ベイ映画祭 観客賞&SADE賞受賞
レ・ボーチ・デル・インチエスタ 観客賞受賞
ヨーロッパ映画賞 ドキュメンタリー部門ノミネート
カナディアン・ドキュメンタリー国際映画祭 観客賞ノミネート


©2016 Noon Films S.L. Radiotelevisión Española Bless Bless Productions

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『女と男の観覧車』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

音信不通だった夫の娘が突然帰ってきたその日から、慎ましく暮らしていた女の人生が狂い始める…。 1950年代、NY・コニーアイランドを舞台としたウッディ・アレンの新作『女と男の観覧車』をご紹介します! …

ヒューマンドラマ映画

映画『それだけが、僕の世界』あらすじと感想レビュー。パク・ジョンミンら俳優陣の演技力は必見!

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 伝説的スターであるイ・ビョンホン、超大型の若手俳優パク・ジョンミン、ベテラン女 …

ヒューマンドラマ映画

映画『水上のフライト』あらすじと感想レビュー。キャスト中条あやみと杉野遥亮で描くパラカヌーを目指すヒロイン

映画『水上のフライト』は2020年11月13日(金)より全国ロードショー。 「負けることは嫌い」。中条あやみ演じる勝気なヒロインがハンディキャップを乗り越えていく パラカヌーでオリンピックを目指すヒロ …

ヒューマンドラマ映画

トゥルーマンショー動画無料視聴はHulu!感想レビューと考察も

ジム・キャリー主演と聞くと、やはり真っ先に頭をよぎるのはコメディです。 今作『トゥルーマン・ショー』でもジャケットを見る感じ、お間抜けな寝顔を全世界にさらして・・・笑 なんて思ってしまいがちですが、と …

ヒューマンドラマ映画

映画『レディ・バード』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【グレタ・ガーウィグ監督おすすめ代表作】

女優グレタ・ガーウィグの初単独監督・脚本作で、第90回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の5部門にノミネートされた、映画『レディ・バード』。 『フランシス・ハ』『20センチュ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学