Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/08/07
Update

映画『カーター』ネタバレあらすじ結末とラストの感想解説。ワンカット風に描いたノンストップ《殺戮》バイオレンスアクション|Netflix映画おすすめ105

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第105回

鮮烈なホラー描写で鑑賞者を恐怖に陥れた台湾映画『呪詛』(2022)や、グロテスク描写に舵を切りゴア映画ファンの度肝を抜いた『哭悲 THE SADNESS』(2022)。

斬新で良い意味で行き過ぎたアジア映画に世界からの注目が集まる中、「Netflix」にアクション映画ファンの心揺さぶる作品が韓国からやってきました。

今回はバイオレンスアクション映画界の新たな定番的映画になるとさえ言える韓国映画『カーター』(2022)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『カーター』の作品情報


(C)2022Netflix

【公開】
2022年(韓国映画)

【原題】
카터

【監督】
チョン・ビョンギル

【キャスト】
チュウォン、イ・ソンジェ、チョン・ソリ、キム・ボミン

【作品概要】
『殺人の告白』(2013)を手がけたチョン・ビョンギルが監督を務めたNetflix独占配信作品。

日本でもリメイクされた韓国ドラマ『グッド・ドクター』で主演を務めたチュウォンが記憶喪失の主人公カーターを演じました。

映画『カーター』のあらすじとネタバレ

人の凶暴性を増幅させる「DMZウイルス」が北朝鮮から世界各地に伝播。

CIAのエージェントたちは、世界で唯一治療を成功させたチョン博士を誘拐したと言う脅迫ビデオを送った男を追いモーテルへと駆けつけました。

目を覚ました男はエージェントたちに囲まれながらも自身の記憶が全くなく、突如かかってきた電話の相手から自身の名前がカーターであることを聞きます。

カーターの後頭部には十字の手術痕があり、耳には通信機が埋め込まれており、その通信機から聞こえる謎の女性の声から逃げ道を指示されます。

カーターは高い戦闘能力で自身を狙うエージェントやマフィアを撃退しその場を切り抜け、女の用意した車に乗り込みました。

車に乗っていた韓国の国家情報院のチェと会うと、通信相手の女性は自身が朝鮮労働党のハンであると名乗り、血液がDMZウイルスの治療薬となり得るチョン博士の娘のハナをCIAの秘密組織「A9」から守り北朝鮮へ送ると言う任務をカーターに命じます。

カーターが元CIAのエージェントであり感染した娘のユニを救うため、記憶を消して任務への従事を希望したとハンは言い、カーターの頭部には発信器が付けられ任務からの逃亡は認められないと脅迫されました。

倒したA9のエージェントから奪った携帯からA9のアジトを特定したチェはカーターをアジトに送り届けます。

アジトにはハナが監禁されており、ハナはカーターの携帯でチョン博士と連絡を取るとカーターを信用。

A9に追われながらも2人はアジトを抜け出し北朝鮮へと向かう飛行機が用意されている空港へと向かいます。

チョン博士は既に北朝鮮についており、今回の件が北朝鮮と韓国の関係崩壊を狙ったアメリカ政府の陰謀であると報道され、韓国内ではデモが発生していました。

するとカーターに何者かから「ハンたちが内緒にしている真実を教える」と書かれたメッセージが届き、カーターはハンの命令に逆らいメッセージの送り主に従いバスに乗り込みます。

カーターを待ち構えていた女性はカーターの本名はマイケルであると言い、ハンたちは事実を隠していると忠告。

しかし、バスの停車と共に女性は何者かに撃たれた上にハナがCIAに攫われ、カーターは大量のエージェントたちと戦いながらハナを追います。

ハナを奪い返し、ハンの指示通り国家情報院のキムが乗る北朝鮮への移送のための飛行機にカーターとハナは乗り込むことに成功しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『カーター』のネタバレ・結末の記載がございます。『カーター』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

キムは飛行機の中にハナを狙うものが乗り込んでいる可能性をカーターに示唆すると、機長がDMZウイルス入りのコーヒーを飲んでしまい機内のエージェントたちは疑心暗鬼に陥ります。

騒動の中で医療班のリがハナを攫っており、リはキムを射殺するとCIAと繋がりがあることを自白。

リから逃げ出したハナの告白を聞き、機内に乗り込んだ北朝鮮と韓国のエージェントの間に対立が巻き起こります。

そこに感染症を発症したエージェントが乱入し機内はパニックとなり、爆発した機内からリはハナを連れパラシュートを装備し飛び降ります。

カーターは落下する中でリからパラシュートを奪い殺害すると豚を運ぶトラックにハナと共に着地しますが、そこにリの呼んだエージェントが殺到。

エージェントを倒しハンとの合流地点に向かうカーターとハナは山の中で感染者の集団に襲撃されます。

追い込まれた2人でしたが、ハンが仲間を連れて駆けつけたことで感染者を撃退すると、ハンはカーターの耳につけられた装置を外しハンの記憶を呼び戻そうとします。

しかし、ハンの上司である中将がカーターとハンを拘束すると、自身が韓国政府内の裏切り者であることを告白。

ハンこそが自身の妻であると知ったカーターはカーターを殺害しようとした兵士を殺害すると、中将のアジトへと突入します。

アジトに捕われていたチョン博士がハナの血液で作った血清を使い捕われていたユニの症状を抑えると、カーターはハンとハナ、ユニとチョン博士を救出し脱出。

脱出の最中でハンによる治療で記憶を取り戻したカーターは自身が中将に家族を人質に取られ、記憶を無くしハナを中将のもとに連れてくる任務に挑むハメになったことを思い出します。

ハナを中将の手出しできない中国政府の管轄下に送り届けることにしたカーターはハンとチョン博士の援護を受けながら、大量の兵士を倒しつつ走行する貨物列車に乗り込みます。

ヘリコプターで追いかけてきた中将とその配下を倒し束の間の平和を迎えたカーターたちでしたが、彼等の乗る列車の線路の先が何者かによって爆破されるのでした。

スポンサーリンク

映画『カーター』の感想と評価


(C)2022Netflix

物語をワンカット風に描いた殺戮ロードムービー

どのように撮影したのかが想像がつかないほどの独特なアクション演出が話題となった韓国映画『悪女』(2018)。

そんな『悪女』を手がけたチョン・ビョンギルが新たに製作した『カーター』は、またしても監督の独自性に溢れた作品になっていました。

本作では主人公カーターを狙うエージェントが彼を包囲するシーンから物語が始まり、その後はカーターが気を失うシーンを除き物語が途切れることなく進むワンカット風の演出が行われています。

1917 命をかけた伝令』(2020)のようなロードムービーでありながら、常にカーターが襲い来る敵を殺害し続ける殺戮の旅路が繰り広げられる本作。

ワンカット風の撮影方法をしつつもアクションシーンにおける特異なカメラ回しは健在であり、止まることのない興奮を味わえる作品でした。

血に塗れた新時代のバイオレンスアクション

ワンカット風のロードムービー的な本作ですが、特徴はその部分だけでなくアクションシーンそのものにもあります。

本作は刃物を中心にした戦闘が多いにも関わらず身体に追う傷の描写に手加減がなく、戦いの中で敵は首を切られ、時に部位を切断され死亡していきます。

特に銭湯での戦いはほぼ裸体の状態で刃物での乱闘が行われるため、血を血で洗うような血みどろのバイオレンスアクションが繰り広げられていました。

さながら過激なバイオレンス表現と繰り返されるアクションが話題となったインドネシア映画『ザ・レイド』(2012)のようであり、ワンカット風の演出と併せて過激な戦闘の数々が頭を切り替える暇すらなく次々と展開していきます。

バイオレンスアクションが好きな人は間違いなく本作にハマること間違いなしの、新たな定番的作品となる作品でした。

まとめ

常に主人公にカメラを当て続けるロードムービー的演出と、血みどろかつ高クオリティなバイオレンスアクションが融合した映画『カーター』。

進化し続けるアクション映画に更なる進化の道筋を見せた本作は、『ザ・レイド』や『ハードコア』(2017)などの時代を変えたバイオレンスアクション映画の面白味をしっかりと引き継いでいました。

続編を匂わせる終わり方をした韓国映画『カーター』は続編の構想や世界からの評価など、今後の展開が気になる大注目の作品です。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

台湾俳優ロイ・チウ映画『先に愛した人』あらすじと感想。オーサカ Asiaスター★アワード&トークリポート|OAFF大阪アジアン映画祭2019見聞録10

連載コラム『大阪アジアン映画祭2019見聞録』第10回 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で第14回目となります。2019年3月08日(金)から3月17日(日)までの10日間に渡ってアジア全 …

連載コラム

ロマン・ポランスキーの映画『毛皮のヴィーナス』 彼女は魔女か、それとも女神か|偏愛洋画劇場6

連載コラム「偏愛洋画劇場」第6幕 今回取り上げるのは『ローズマリーの赤ちゃん』(1968)、『戦場のピアニスト』(2002)でおなじみ、80歳を過ぎた今も精力的に創作を続ける巨匠ロマン・ポランスキーに …

連載コラム

映画『祖谷物語 おくのひと』あらすじと感想。解説はロケ撮影で四季を描く『楢山節考』との比較|映画道シカミミ見聞録24

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第24回 こんにちは、森田です。 2018年12月14日、吉祥寺パルコ地下2階に全5スクリーンの複合型ミニシアター「アップリンク吉祥寺」がオープンします。 これまで「 …

連載コラム

鬼滅の刃アニメ2期遊郭編|漫画ネタバレ感想評価とあらすじラスト結末。いつ放送か注目の作品を原作で解説【鬼滅の刃全集中の考察17】

連載コラム『鬼滅の刃全集中の考察』第17回 大人気コミック『鬼滅の刃』の今後のアニメ化/映像化について様々な視点から考察・解説していく連載コラム「鬼滅の刃全集中の考察」。 今回はテレビアニメ化が決定し …

連載コラム

映画『ゴーストマスク 傷』ネタバレあらすじと感想。口裂け女をモチーフに“姉妹の感情”が入り混じる愛憎劇|サスペンスの神様の鼓動21

連載コラム『サスペンスの神様の鼓動』第21回 こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学