Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Netflix映画『シャドー・オブ・ナイト』ネタバレあらすじと感想考察。ザ・レイドの出演俳優が過激すぎるバイオレンスアクションを魅せる!

  • Writer :
  • 糸魚川悟

Netflix映画『シャドー・オブ・ナイト』

疲れやストレスの溜まりやすい日常に無性に鑑賞したくなるアクション映画。

難しいことを考えずに画面内の動きを楽しむひと時は、アクション映画好きにとっては至福の時間であると言えます。

今回はインドネシアのアクション俳優たちが出演した壮絶なバイオレンスアクション映画『シャドー・オブ・ナイト』(2018)を、ネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『シャドー・オブ・ナイト』の作品情報

Netflix シャドー・オブ・ナイト

【配信】
2018年(Netflix限定配信)

【原題】
The Night Comes for Us

【監督】
ティモ・ジャヤント

【キャスト】
ジョー・タスリム、イコ・ウワイス、アシャ・クニェリ・ベルムデス、サニー・パン、サルビタ・デコルテ、ジュリー・エステル

【作品概要】
北村一輝が主演した映画『KILLERS キラーズ』(2013)で監督を務めたティモ・ジャヤントが製作したバイオレンスアクション映画。

『ザ・レイド』(2012)に出演後、ハリウッド映画への進出を果たしたアクション俳優のジョー・タスリムとイコ・ウワイスが出演したことで話題となりました。

映画『シャドー・オブ・ナイト』のあらすじとネタバレ

アジアの麻薬ルートの8割を牛耳る巨大組織「トライアッド」は、麻薬ルートでのトラブルを解決するため、身元不明者6人を使った精鋭部隊、通称「6つの大海」を結成しました。

ある日、トライアッドの幹部のイトウは村人の虐殺の任務の途中、村の少女レイナを殺害することが出来ず彼女を助けてしまいます。

イトウは元彼女のシンタの家にレイナを連れ帰り、異常を感じたシンタはイトウの友人でありギャングのファティを呼び寄せます。

イトウから経緯を聞いたファティはトライアッドを裏切り自分たちを危険に晒しているイトウに怒りますが、彼の行動が間違っていないことを感じるファティは、偽造パスポートを取得し、イトウとレイナが国外に脱出するまでサポートすることを誓います。

一方、イトウの旧友であるアリアンはトライアッドからマカオを任されるほどに出世していました。

アリアンはトライアッドの上層部に呼び出され、イトウが麻薬を盗み横流ししていた村の虐殺任務の最中に仲間を殺し、村の少女と逃げたことを伝えられます。

レイナが将来、組織の敵になるかもしれないと判断した組織の上層部はアリアンにイトウの殺害を命じます。

偽造パスポートの用意や国外逃亡の手はずを整えるために金が必要になったイトウは、かつてギャングとして稼いだイトウの金をシマごと乗っ取ったヨハンと言う男の存在をファティから聞き、ヨハンの経営する肉屋を訪れます。

イトウと対峙したヨハンはトライアッドに「イトウが現れたら報告しろ」と警告されており、イトウの存在を組織に報告すると共に手下を使いイトウを殺害しようとしますが、イトウは恐るべき身体能力でヨハンの手下を全員殺害するとヨハンの足をショットガンで撃ち、金の場所と組織の情報を聞きだそうとします。

しかし、次の瞬間、肉屋に武装をし突入してきた集団にイトウは捕らえられてしまいます。

そのころ、ファティはシンタの家の存在がトライアッドにバレたことに気づき、イトウと共通の友人であるビリーに彼女を逃がすように言います。

シンタを逃がしたビリーは、部屋に武器を持った男たちが入っていく様子を目撃し、ファティを助けるため部屋へと押し入りファティと仲間のウィスヌと共に奮戦します。

しかし、トライアッドの中でも精鋭の殺し屋である女性2人がビリーとウィスヌを殺害し、ファティはレイナと共に追い詰められてしまいます。

すると突如その場に現れたアリアンが殺し屋を気絶させ、ファティとレイナを救います。

ファティはシンタの家の場所を知っている人間が自分たち以外には旧友のアリアンしかいないことから、トライアッドにこの場所を教えた人間がアリアンであることを見抜き激怒しますが、かつての仲間であるアリアンを殺害することなくその場にアリアンを残し離れます。

地下駐車場で車に乗り逃げようとするファティでしたが、全ての出口に敵がいることに気づくと、レイナを他の車の下に隠し自身1人で敵に特攻し死亡。

一方、スタンガンで眠らされていたイトウは警察に偽装する男たちの乗る護送車の中で目を覚まし、男たちの持っていた手榴弾を車内で爆破させ脱出。

男たちの会話からシンタの部屋がバレていたことに気づくイトウは、シンタのマンションの地下駐車場へと向かいますが、そこは既に警察によって封鎖されてファティやビリーたちの死を確信したイトウは慟哭します。

車の下に隠れていたレイナと合流したイトウは、電話でシンタの無事を知ると彼女にスマホを捨てさせ、戻らないように指示しました。

そのころファティたちに加勢したアリアンはトライアッドの幹部に詰問されます。

イトウの殺害を命じられた覚えはあれど、他の旧友たちを巻き込むとは聞いていなかったと答えるアリアン。

彼の返答を聞いた幹部の男は、裏切る前のイトウは「6つの大海」の1人だったことを話し、今回の件を片付ければアリアンが「6つの大海」になれると言います。

アリアンはかつての故郷を守りたい一心でこの職に就き、「6つの大海」となることは故郷を守ることにも繋がると考え始めます。

隠れ家に着いたイトウは覆面をした女性に襲われます。

イトウを上回る戦闘能力を持つ女性に圧倒され殺害されかけますが、レイナの姿を見つけるとその女性はイトウの殺害を止め、イトウが「6つの大海」の1人であり自身の殺害対象であることをほのめかします。

しかし、レイナの存在によって今はイトウがトライアッドに追われる立場になったことを知った女性は、イトウ殺害のためにアリアンを動かしているのは、チェン・ウーというトライアッドの大物であることを示唆しました。

アリアンはファティの携帯を使いイトウに電話をかけ、全ての片をつけることをお互いに了承。

イトウは女性にレイナを守ってほしいと頼み、女性は全てが終わったらイトウを殺害することを条件にレイナを守ることを承諾しました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『シャドー・オブ・ナイト』のネタバレ・結末の記載がございます。『シャドー・オブ・ナイト』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

イトウはかつてトライアッドに加入する前、ファティやアリアンたちと共に拠点としていた倉庫へとやってきました。

そこにはトライアッドの構成員が多数いましたが、修羅となったイトウはトライアッドの構成員たちを全員殺害します。

一方、隠れ家にもトライアッドの構成員たちがやってきますが、イトウからレイナを守るように懇願された女性が構成員たちを次々と殺害。

遅れて女殺し屋の2人も現れ、女性と殺し屋2人は激しい戦闘となります。

女性は2人の殺し屋を殺害すると、レイナを連れ埠頭へと向かいます。

そのころ、倉庫内の構成員を殺害したイトウは工場の奥でアリアンと再会。

イトウを殺すことで「6つの大海」になると言う野心に魅せられ、既にファティを救った「仲間想いのアリアン」はそこには居ませんでした。

2人はお互いの命を狙い壮絶な死闘を繰り広げます。

双方が瀕死の重傷を負う戦闘の末イトウが勝利し、イトウはアリアンにトドメを刺そうとしますが「既に死んでいる男は殺せない」と言うとイトウは倉庫を去っていきます。

茫然とするアリアンの前にチェン・ウーと「6つの大海」が現れ、イトウの殺害に失敗したアリアンを射殺します。

満身創痍の状態で埠頭についたイトウはレイナと再会すると、レイナを守り抜いた女性と別れ、レイナを国外へと出る船に乗せます。

レイナの乗る船を見送ったイトウが車に乗ると埠頭には、チェン・ウーを含む大量のトライアッドの構成員が現れます。

イトウは笑みを浮かべると、構成員たちによる銃撃が始まる中、構成員たちの群れに向かって強くアクセルを踏み込みました。

スポンサーリンク

映画『シャドー・オブ・ナイト』の感想と評価

Netflix シャドー・オブ・ナイト

およそ100分ほどの上映時間内に、出演者の恐るべき身体能力を駆使した格闘アクションを限界まで詰め込んだ作品として、世界で絶賛されたインドネシア産アクション映画『ザ・レイド』。

そんな『ザ・レイド』の主演俳優であるイコ・ウワイスと、ジョー・タスリムが出演した本作『シャドー・オブ・ナイト』は、『ザ・レイド』に負けないほどの熱量を持ったアクション映画となっていました。

少女を守るため麻薬組織と対立することになったジョー・タスリム演じるイトウの仲間たちと、組織の構成員たちの戦いがメインとなる本作は、人体損壊描写が当たり前なバイオレンスすぎるアクション映画であり、基本的にアクションシーンは画面が血で覆われています

ほぼ全ての登場人物が異様にタフであり、身体がボロボロになりながらも壮絶な戦いにひるまず挑んでいく姿は心が熱くなります。

インドネシアの格闘技「シラット」を使った多人数との戦いの殺陣も見事であり、今や『スター・トレック BEYOND』(2016)や『マイル22』(2018)といったハリウッド映画にも出演する主演2人の壮絶なアクションが心行くまで楽しめる限界突破のアクション映画です。

まとめ

いかがでしたか。

『ザ・レイド GOKUDO』(2014)で話題となったハンマーを使った女殺し屋「ハンマー・ガール」を演じたジュリー・エステルが美しい素顔で登場し、またも激しいアクションを見せてくれる本作

映画『シャドー・オブ・ナイト』は、映像配信サービス「Netflix」で独占配信中です。


関連記事

アクション映画

映画『クロガラス1』ネタバレあらすじと結末解説の感想。崎山つばさを主演に裏社会を描いたハッピーエンドなエンターテインメント・ムービー

人気俳優の崎山つばさの映画初主演作『クロガラス1』 小南敏也が監督を務めた、2019年製作の日本のアクションエンターテイメント映画『クロガラス1』。 600万円のツケを残したまま姿をくらました常連客を …

アクション映画

韓国映画『ディヴァイン・フューリー/使者』感想レビューと評価。梨泰院クラスが話題のパク・ソジュンがエクソシストとバディを組んだアクションムービー

映画『ディヴァイン・フューリー/使者』は2020年8月14日(金)よりシネマート新宿ほかにて全国順次ロードショー! 日本でもNetflixで配信され話題沸騰中のドラマ『梨泰院クラス』の主演俳優パク・ソ …

アクション映画

映画トゥームレイダー2018ファーストミッションの新作あらすじとキャスト紹介

アンジェリーナ・ジョリーが強烈な印象を残したアクション映画『トゥームレイダー』から17年後、遂にリブート版『トゥームレイダー ファースト・ミッション』は、3月21日(水)に全国ロードショー! 監督はハ …

アクション映画

香港映画『プロジェクト・グーテンベルク』感想とレビュー評価。贋札王ユンファ×クォックの演技力が光るクライムアクション

映画『プロジェクト・グーテンベルク 贋札王』は2020年2月7日(金)よりロードショー。 “亜州影帝(アジア映画界の帝王)”チョウ・ユンファが完全復活、アーロン・クォックとの強力タッグで魅せる予測不能 …

アクション映画

【結末ネタバレ】映画キングダムの評価感想と考察。佐藤信介の特徴はスタッフ総出の実現力!

映画『キングダム』は2019年4月19日(金)ロードショー! 日本映画の枠を超えた大スペクタクル巨編『キングダム』。 夢のために戦う2人の少年の熱い物語、圧倒的スケール感のロケーション、大迫力のアクシ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学