Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/02/28
Update

映画『ヘラクレス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • yuki_0410

泥くさいアクション満載のスカッとする作品。

ドウェイン・ジョンソン主演、ヘラクレスのご紹介です。

スポンサーリンク

映画『ヘラクレス』の作品情報

【公開】
2014年

【原題】
Hercules

【監督】
ブレット・ラトナー

【キャスト】
ドウェイン・ジョンソン(ヘラクレス)
リース・リッチー(イオラオス)
イアン・マクシェーン(アムピアラオス)
ルーファス・シーウェル(アウトリュコス)
アクセル・ヘニー(テュデウス)
イングリッド・ボルゾ・ベルダル(アタランテ)

【作品概要】
全能の神ゼウスと人間の女性の間から生まれた男ヘラクレス、そんなギリシャ神話を映画化。
WWEのスーパースター、ドウェイン・ジョンソンがその美しい肉体でヘラクレスを演じます。
神話の内容はもちろん、人間くさいヘラクレスの姿は今までとは違う新しい物語です。

映画『ヘラクレス』のあらすじとネタバレ

神々の王ゼウスと人間との間に生まれた子供ヘラクレス。

夫の不貞に怒ったゼウスの妻ヘラはこの子供を殺そうとしますがうまくいかず、そのままヘラクレスも青年へと成長していきます。

神々はヘラクレスに12の難行を命じました。全てを無事に終えればヘラも許すというのです。

次々とその難行をこなしていくヘラクレス。

そんなヘラクレスの神話を海賊の前で囚われながらも悠々と語る青年イオラオス。
海賊はただの神話だとバカにしています。

そんなとき、本物のヘラクレスが彼らの前に現れます。
たったの一撃で5人を倒すヘラクレス。そこへ仲間も加わり海賊を一気に退治します。

戦いで強靭な力を見せつけるヘラクレスですが、イオラオスが語った神話は全て敵を怯ませる為の話でしかなく、彼自身の正体は報酬目当てのただの傭兵でしかなかったのです。

そんなある日、コテュス王の娘メガラがヘラクレスの元へ訪ねてきます。

戦のせいで国が荒れており助けて欲しいとヘラクレスを雇いにきたのです。多額の金貨が報酬として支払われると知り、トラキアの王の元へ向かう一行。

戦の相手レイソスはとても強く、コテュス王は苦戦しており兵士はほとんどいなくなってしまった為戦えるのは農民しかいない状態です。

それを見兼ねたヘラクレスは農民達を兵士へと鍛え上げるべく特訓を重ねていきます。

しかしその途中で、レイソス軍が国に近い村へ向かっている情報を手に入れました。

その村が落ちてしまえば国が危険なため、今いる農民達で阻止したい王ですがヘラクレスは農民軍の出来に不安しかありません。

翌日、村へと出立したコテュス軍はまんまとレイソス軍の罠にはまってしまいます。

意気消沈するコテュス軍ですが、イオラオスが語る神話とそれを裏ずけるかのようなヘラクレスの戦いを見て鼓舞します。

その勢いのまま勝利はしたものの、まだ戦いには準備が出来ておらず時期尚早だった農民軍は半数が死んでしまいます。

その夜ヘラクレスは悪夢にうなされます。
自分の大切な妻子をヘラクレス自身が殺害する夢です。

これは兵達にも噂になっており心配した王の娘は仲間達に真相を聞こうとします。

アウトリュコスが言うにはヘラクレスは故郷アテネで武勲をあげていき、王達から危険な任務である12の難業を任されるようになっていきました。

幼馴染のアウトリュコスと任務を遂行するなかで、今の仲間達に出会います。

スキタイではアタランテと共に戦い、テーベではテュデウスを保護し育て、アルゴスの預言者アムピアラオスも加わり、その偉大な活躍を利用し甥のイオラオスにヘラクレスの伝説を語らせました。

しかし仲間達もそれ以上の真相はわかりません。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ヘラクレス』ネタバレ・結末の記載がございます。『ヘラクレス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そして、とうとう敵の野営地に乗り込むコテュス軍ですが、ここでも動きを読まれており囲まれてしまいます。

しかし、この戦いへ向けて特訓を重ねてきた農民軍は巧みな作戦と圧倒的な強さでみごと勝利します。

敵軍を捕虜にしますが、ヘラクレスはそこでコテュス王は暴君であり悪はこちらである事を告げられます。

王はトラキアを征服する為に戦を仕掛け、民にも酷いことをしていたのです。

ヘラクレスはこの状況に納得できずトラキアを救おうと提案しますが、アウトリュコスは報酬を受け取りトラキアを去ってしまいます。

残された仲間達で王に立ち向かうも捕らえられてしまうヘラクレス。

意識を取り戻したヘラクレスの前に故郷アテネのエウリュステウス王が現れます。

そこでヘラクレスの家族を殺したのはエウリュステウス王だと真実が告げられます。

国のために戦うヘラクレスは王よりも国民に人気があり、それに嫉妬した王が殺したというのです。

真実を知り絶望するヘラクレスですが、預言者アムピアラオスの言葉に我を取り戻したヘラクレスはエウリュステウス王を倒し家族の復讐を果たします。

しかしかつて指導したトラキア軍はコテュス王の味方になってしまいピンチの状態に。

去ってしまったはずのアウトリュコスが助けにきてくれますが、ヘラクレス達はトラキア軍達に追い詰められテュデウスが亡くなってしまいます。

悲しみの中でヘラクレスは人間を超えた神の力を発揮し、コテュス王を倒します。

トラキア軍達は彼が真のヘラクレスだと讃えます。

スポンサーリンク

映画『ヘラクレス』の感想と評価

ヘラクレスでは有名な神話の戦いの数々を、現実の人間同士の戦いにうまく落とし込みアクションの迫力だけでなくストーリーも見応えのある作品になっていると思います。

ヘラクレスという題名にはなっていますが、実際は神はおろかケンタウロスなど神話上の怪物も登場しません。

全ては人間が起こした人間の戦いに終始しているからこそ、このラストがとてもカッコよくみえます。

また上映時間が99分とコンパクトなのもテンポよく最後までみれました。

WWEのザ・ロックとして有名なドウェイン・ジョンソンですが、やはりその筋肉は本当にすごいです。

ライオンの毛皮を被っている姿がこんなに様になっている人はいないと思います。

その体から繰り出されるアクションシーンはとても迫力があり、特にベッシ族との戦闘シーンは仲間達のコンビネーションも相まって目が離せませんでした。

野営戦での戦いではスパルタの戦士を彷彿とさせる守りの作戦で見ていてスカッとします。

まとめ

ブレット・ラトナー監督は「ラッシュアワー」シリーズ、「X-MEN:ファイナル・ディシジョン」などのヒット作を次々ととばす有名な監督ですが、こういう新しい視点で描かれる作品でもきちんと大衆の心をぐっと掴む演出が多く、男性ならば思わずカッコいい…と感嘆してしまうシーンがとても多かったように思います。

ただスカッとした映画を観たいという人にも、英雄譚を期待している方にも、ドウェイン・ジョンソンの肉体を堪能したい方にもオススメな映画です。

またBlu-rayでは怪力ロングバージョンがあり、劇場版では描かれなかった真のラストが観れます。

このラストでも充分なのですが、よりしっくりとくるラストになっています。

関連記事

アクション映画

韓国映画『エンドレス 繰り返される悪夢』感想と評価。ラスト結末は?

娘を交通事故から救うことができるのか!? 同じ時間をループしていることに気付いた外科医は、何度も何度も娘を助けようと試みるが…。 キム・ミョンミン主演のノンストップ無限ループアクション『エンドレス 繰 …

アクション映画

映画『居眠り磐音』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。松坂桃李が演じたニュー時代劇のヒロイズム

映画『居眠り磐音』は2019年5月17日(金)より全国公開! 「平成」の大ベストセラーが新たに「令和」を向かえ堂々の映画化。 切ないほど、強く、優しい“ニューヒーロー”坂崎磐音が活躍する映画『居眠り磐 …

アクション映画

映画『東京リベンジャーズ』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。実写化したヤンキー・タイムリープSF!

ダメな人生を変える壮絶なリベンジの物語! 累計発行部数2500万部を達成し講談社漫画賞を受賞した大人気漫画「東京卍リベンジャーズ」。 アニメシリーズの公開によって人気が勢いに拍車がかかるこの作品が20 …

アクション映画

映画『SHADOW/影武者』あらすじとネタバレ感想。チャン・イーモウ監督の美学が溢れる武侠アクション

王や貴族の身代わりを務める“影”という存在。 『HERO』、『LOVERS』で最高の武侠アクションを創造したチャン・イーモウ監督の映画『SHADOW/影武者』。 自由と引き換えに無謀な任務に挑む影武者 …

アクション映画

映画『レオン完全版』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【ジャンレノ×ベッソン代表作】

映画『レオン』は1994年にリュック・ベッソンがハリウッド初監督を果たした、ジャン・レノの代表作。 そしてオーディションでヒロイン役の少女マチルダに選ばれ、鮮烈にデビューを飾ったのは、2010年『ブラ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学