Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

アクション映画

Entry 2017/12/25
Update

映画『レディガイ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

  • Writer :
  • 馬渕一平

凄腕の殺し屋が、性転換手術で女の姿に!?

主演を務めるのは兄貴こと、ミシェル・ロドリゲス。

漢の映画を撮り続けるウォルター・ヒル御大の約4年ぶりとなる作品。

2018年1月6日(土)公開の『レディ・ガイ』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『レディ・ガイ』の作品情報


(C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

【公開】
2018年(アメリカ映画)

【原題】
The Assignment

【原案・監督・脚本】
ウォルター・ヒル

【キャスト】
ミシェル・ロドリゲス、トニー・シャルーブ、アンソニー・ラパリア、ケイトリン・ジェラード、シガニー・ウィーバー

【作品概要】
刺激的なタイトルに惹かれて調べてみると、なんとウォルター・ヒル監督作!

女に姿を変えられてしまった凄腕殺し屋のフランク・キッチンを演じるのは、『ワイルド・スピード』シリーズのミシェル・ロドリゲス。

フランクを女に変えたDr.レイチェル・ジェーン役には、『エイリアン』シリーズのシガニー・ウィーバー。

年始から男臭いアクションが期待できる作品です!

2.ウォルター・ヒル監督のプロフィール

元祖!送迎屋モノ『ザ・ドライバー』(1978)

脚本家として頭角を現し、監督デビュー作となったチャールズ・ブロンソン主演の『ストリートファイター』から一貫して、男臭い映画を撮り続けるリビング・レジェンド。2018年1月10日で76歳です。

代表作の『ザ・ドライバー』や『ウォリアーズ』、『ストリート・オブ・ファイヤー』に『48時間』はいずれも世界中に多くのファンを持つ名作であり、後世の様々な映画に影響を与え続けています。

元祖!ストリートギャング映画『ウォリアーズ』

また、世界的な人気シリーズである『エイリアン』シリーズの製作を務め、第1作目のリプリーやアンドロイドのアッシュのキャラクター造形にも関わっています。

本作は多忙を極めていた1978年頃から温めてきたアイディアを遂に映画化した、監督念願の企画です。

映画の資金を集めるためにコミック版の『レディ・ガイ』だけでなく、原作コミック『Triggerman』も出版するほど。

お話を聞くだけで午後ローでやってそうなB級臭が漂ってきますが、その実体は果たして…。

スポンサーリンク

3.映画『レディ・ガイ』の出演者プロフィール

ミシェル・ロドリゲス(フランク・キッチン役)

オーディションで主役の座を射止めた『ガールファイト』の女性ボクサー役でデビュー。その後、『ワイルド・スピード』シリーズ、『アバター』、『マチェーテ』、などの話題作に数多く出演。

屈強で男勝りな役を演じることが多い男前な女優さんで、本作も彼女のために用意されたような役のため否が応でも期待が高まります。

性転換手術を勝手に施された男という難しい役柄をどのように解釈して演じているのか気になるところです。

この後の出演作は『それでも夜は明ける』のスティーヴ・マックイーン監督の最新作『Windows(原題)』、日本の漫画「銃夢」を映画化したロバート・ロドリゲス監督の『Alita:Battle Angel(原題)』が控えています。

シガニー・ウィーバー(Dr.レイチェル・ジェーン役)

『エイリアン』シリーズで演じたリプリーが当たり役となり、いまもなおタフな女性のアイコンとして君臨する最強女優。

近年では主演を張ることもなくなってきましたが、『アバター』で演じたグレース・オーガスティン役で久々に大作に帰ってきました。

『アバター』はシリーズ化が決まり、現段階で4作目まで制作される予定で、そのいずれにも同役で出演するそうです。

本作では黒幕となるDr.レイチェル・ジェーン役を演じていますが、その存在感抜群の演技に注目です。

トニー・シャルーブ(Dr.ガレン役)

ブロードウェイデビュー後、テレビや映画で順調にキャリアを重ね、TVシリーズ「モンク」で演じた元刑事の名探偵モンクが一躍お茶の間の人気者となり、同役でエミー賞やゴールデン・グローブ賞テレビ・シリーズ部門の主演男優賞を獲得。

人気アニメーション『カーズ』シリーズでは声優としても活躍。2018年1月5日公開の『ジャコメッティ 最後の肖像』にも出演。

アンソニー・ラパリア(オネスト・ジョン役

主にテレビドラマで活躍してきたオーストラリア出身の俳優。アーサー・ミラーの舞台『A View from the Bridge』でトニー賞を、2002年には『そりゃないぜ!? フレイジャー』でエミー賞を、2004年には『FBI失踪者を追え』でゴールデングローブ賞を受賞。

近年の映画出演作は、『アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち』、声優として『ハッピー フィート』や『ハッピー フィート2 踊るペンギンレスキュー隊』など。

4.映画『レディ・ガイ』のあらすじとネタバレ


(C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

〈ジェーン、現在〉
ジェーンは殺人事件の重要参考人として捕まり、精神鑑定を受けています。

彼女は優秀な外科医として活躍するかたわら、違法な闇手術を行ってきた犯罪者でもありました。

事件は、ジェーンのボディガードとジェーンが襲われ、指紋などの証拠から自殺した助手が犯人だと断定されかかっています。

ジェーンは、フランク・キッチンという殺し屋が復讐のために私をはめたと主張しますが、鑑定を担当するドクターのガレンは彼女の作り話だと思っていました。

〈事の発端、2年前〉
フランクがジェーンの弟を暗殺。弟を殺されたジェーンはどうにかフランクに復讐しようと機会を伺っていました。

〈フランク、1年数か月前〉
フランクは依頼人のオネスト・ジョンから仕事を受け、任務完了後にモーテルに戻るとジョニーという女性と一夜を過ごしました。

次の夜、フランクのモーテルをオネスト・ジョンが再び訪ねてきます。襲われたフランクは応戦も虚しく気絶されられてしまいます。

ジェーンの取引に応じたオネスト・ジョンは、フランクを彼女の手術部屋に運びました。

フランクが目を覚ますと、そこは別の安モーテルでした。自らの身体の異変に気付き、鏡の前に立つと、フランクの顔や身体は女性になっています。

目に付いたバックの中を漁るとそこにはお金とテープレコーダーが。レコーダーを再生すると、そこからジェーンの声が流れてきます。

ジェーンは復讐のためフランクに性別適合手術を施し、精神的な苦痛を与えるのが目的でした。

殺し屋としての人生をやめ、女性としてもう一度人生をやり直して欲しいとジェーンは語り、音声は途切れました。

絶望の淵に立たされたフランクは、怒りに震え、ジェーンへの復讐を計画します。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『レディ・ガイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『レディ・ガイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

連絡先を聞いていたジョニーを頼り、フランクはジェーンの手掛かりを探り始めました。

まずはオネスト・ジョンに関わっている奴らを片っ端から始末していき、遂にオネスト・ジョンに辿り着きます。

オネスト・ジョンはジェーンのことをあまり知らず、ジョニーなら知ってるんじゃないかと告げ、フランクに撃たれました。

信頼していたジョニーはお金を稼ぐためにジェーンの手先としてフランクのことを監視していたのでした。

裏切られたものの愛していた彼女を始末することが出来ないフランクは、お金を渡しジョニーをリノに逃がします。

〈ジェーン、現在〉
ジェーンは本当のことを話すとガレンに伝えますが、公聴会で彼女は再びフランクのことを訴えました。

実在しない殺し屋の話ばかり語り、精神が病んでいると判定されたジェーンの立場は危ういものになっていきます。

〈フランク〉
ジェーンのアジトに忍び込んだフランクですが、その企みは気付かれていました。

気絶されて拘束されたフランクは、二度と銃が持てないように右手をヒレに変える手術を施されようとしています。

隙をついてジェーンの手下を殺したフランクは、助手も撃ち殺し、ジェーンを追い詰めます。

ジェーンのことも撃つと、フランクはメスを持ちました。

その後にフランクは、証拠を完全に消し去ると、助手の仕業に見えるよう現場に細工を施します。

〈ジェーン、現在〉
精神病と鑑定され精神病院でバスタブに浸かるジェーン。

彼女の両手は親指以外の指が全て切り落とされ、二度と手術が出来ない身体になっていました。

スポンサーリンク

5.映画『レディ・ガイ』の感想と評価


(C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

この映画はタイトルから想像されるようなジャンル映画要素の強い派手なB級アクションかと思いきや、その実は割と淡々としたハードボイルドものでした。

話はすごくシンプルながら、構成があまり上手くないのでほとんどの時間がシガニー・ウィーバー演じるジェーンの独白に費やされています。

そのため画にほとんど動きがなく、96分とまとまっているにもかかわらず体感時間はとんでもなく長いです。

この独白はラストのショットを生かすための引っ張りとしてしか機能していないので、もっとミシェル・ロドリゲスが演じるフランクの描写に時間を割くべきだったと思います。

フランク側は、男のシーンもミシェル・ロドリゲスが特殊メイクによって演じているので、まさかのフルチン姿も拝めます。(これはウォルター・ヒルなりのギャグでしょう)

弾を準備するシーンや二丁拳銃で次々と敵を始末していくシーンなど、見どころはあるのですが、いかんせん短すぎるのがもったいない。

やはり兄貴は格好良いので、ファンの方はそこだけ楽しむのもアリかもしれません。

ジョニーとのやり取りで漂うハードボイルド感はたまらないものがありました。

服装や濡れた路面など全体的に地味な雰囲気も含め、70年代の映画を観ているなぁと。

いいところはいいのにイマイチ盛り上がらずに終わってしまうので、あまりハードルを上げずに楽しむのが一番いいのかなと思います。

ジョージ・ミラーは70歳にして『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)という映画史に残るとんでもない傑作を作り上げました。

ウォルター・ヒル御大にもまだまだその可能性はあるはずです。

いちファンとして次回作の情報を楽しみに待ちたいところです。

まとめ


(C)2016 SBS FILMS All Rights Reserved

ウォルター・ヒル監督は1970年代半ばから80年代に、かつての西部劇黄金期の作品をお手本にしながら、あらゆるアクション映画のパターンを作成し、再び映画に活気を蘇らせたことで知られる映像作家です。

その後に作られたアクション映画の多くは、彼の作品の骨格やアイディアを継承したものと言えるでしょう。

ウォルター・ヒル監督がどうして本作に挑んだのか。

その挑戦を刮目せよ!

『レディ・ガイ』は2018年1月6日(土)より公開です。

関連記事

アクション映画

映画『デッドロック』あらすじ感想と評価解説。ドイツ西部劇にロックバンドカンが音楽を担当するカルトムービー

映画『デッドロック』は2021年5月15日(土)より新宿K’s cinemaほか全国順次公開 ニュージャーマンシネマと時代を共にしながら、その栄光に背を向け、ドイツ映画界の知る人ぞ知る存在となったロー …

アクション映画

映画 真・三國無双|ネタバレあらすじ結末と感想評価の解説。実写映画でアクションゲームの英雄伝を再現!

無双が活躍する時代。 仁義のもと闘い抜け。 コーエーテクモゲームスの人気アクションゲーム「真・三國無双」。ゲーム発売20周年を記念し、香港・中国・日本の合作で実写映画化が実現しました。 中国三国時代の …

アクション映画

ワイルドスピード5 MEGA MAX(メガマックス)ネタバレあらすじ感想と結末ラスト解説。キャストもオリジナルが勢ぞろいのシリーズ5作目は豪華な顔ぶれ

メガヒットカーアクション「ワイルド・スピード」シリーズの第5作。 ジャスティン・リンが製作総指揮・監督を務めた、2011年製作のアメリカのメガヒットカー・アクション映画『ワイルド・スピード MEGA …

アクション映画

映画『続 荒野の用心棒』あらすじネタバレと感想。棺桶を背負うガンマンの生き様を描く

様々な映画監督に影響を与えたマカロニウエスタンのカルト人気作品 様々な映画監督に影響を与え、未だカルト的人気が尽きないマカロニウエスタン全盛期の秀作、セルジオ・コルブッチによる 映画『続・荒野の用心棒 …

アクション映画

映画『リベンジREVENGE』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【復讐する強い女をマチルダ・ルッツが熱演】

フランスの女性監督コレリー・ファルジャが描くバイオレンス映画『リベンジ REVENGE』 2018年に公開した映画『REVENGE リベンジ』は、砂漠地帯を舞台に陵辱され捨てられたジェニファーの、男達 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学